生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

クローブでゴキブリ対策!自宅で出来る3つの方法のご紹介!

投稿日:2018-02-05 更新日:2019-01-17

クローブ でゴキブリ対策!自宅で出来る3つの方法のご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ゴキブリの発生をどう予防、駆除するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ホウ酸団子のような毒エサを使わず、できれば自然のもので安心して退治したいと思っているならこの記事は必見です。

ここではスパイスのクローブでゴキブリ対策をする3つの方法をご紹介します。ペットを飼っていて殺虫剤をできるだけ使用したくない方にもおすすめです。クローブを使ったゴキブリ予防、退治法をぜひ参考にしてみてください。

クローブとは?

クローブとはスパイスの一種でスーパーのスパイス売り場などで必ずといっていいほど見かけるメジャーなものです。強く甘い香りが特徴で、このクローブに含まれているオイゲノールという成分はゴキブリなどの害虫が嫌うと言われており、キッチンやゴミ置き場などに置くだけで効果があるとされています。

日本でも平安時代にはクローブを入れた香り袋を防虫用につるしていた、という記録があります。他にも胃薬や鎮痛剤として使ったり、武具の香りづけに使ったり、クローブは意外と日本人にも深くからなじみのあるスパイスです。

クローブの最大生産国であるインドネシアは、同時にクローブの最大消費国でもあります。その用途のほとんどはタバコであり、クローブをタバコの葉に混ぜて利用しています。「ガラム」というタバコがありますが、少し遠くで吸われていてもそれとわかるガラムの強くて甘い香り。あの香りはクローブの香りだったのです

それほど強い香りのクローブがゴキブリ対策には有効だといわれています。ではその方法3つをご紹介します。

      クローブとは?

クローブを使ったゴキブリ対策①:スプレー

クローブでゴキブリ対策をする際、手軽に作れるものとしてクローブのスプレーの作り方をご紹介します。

準備するものは「クローブ」「無水エタノール(消毒用アルコールでも可)」「オイル(ベビーオイルやホホバオイルがおすすめ)」の3つです。

作り方はまず、携帯用サイズのスプレー容器の半分くらいまでクローブを入れます。その中に無水エタノールを八分目まで注ぎます。最後にベビーオイルを数滴入れ、容器の口をしっかりしめて2~3日ねかせます。アルコールの中にクローブの成分が溶け込み、液体が薄く色づいてきたら完成です。

このスプレーをゴキブリが出そうな場所にスプレーしたり、衣類や布団などにスプレーをしてゴキブリ除けとして使用します。作ったスプレーは冷暗所で保管するようにして、2週間を目安に使い切るようにしましょう。

クローブは天然素材なので、有害なものではありませんが、場合によっては使用を控えた方がいい場合があります。特に妊婦さんは匂いに敏感になっているため、クローブ独特の香りで気分が悪くなることもありますので注意が必要です。

クローブを使ったゴキブリ対策②:アロマオイル

アロマオイルには人工的に作られた合成香料と、100%天然由来の精油(エッセンシャルオイル)、その両方が混ざったものがあります。ゴキブリなど、害虫駆除効果を期待するのであれば100%の精油を使用してください。

忌避効果のあるアロマはたくさんありますが、虫によって好き嫌いがあるため、撃退したい虫によって効果のあるアロマを選ぶことが大切です。

シナモンとクローブがゴキブリにとっては精油の中では断トツで駆除効果があります。
飼育ケースに1滴入れただけでもあきらかに動きが弱り香りを嫌っているのがわかった、いう実験結果もあります。

アロマオイルの具体的な使用法ですが、ゴキブリが出そうな場所で芳香器を使ってアロマを炊くのが一般的です。部屋全体に香りが漂います。火を使わずに使用できるアロマランプとよばれる電気式タイプのものもありますので、お好みにあわせて使い分けてください。火を使用するアロマポットを使用する際は、ペットやお子様から届かない場所で行うようにしてください。

      クローブを使ったゴキブリ対策②:アロマオイル

クローブを使ったゴキブリ対策③:そのまま使用

クローブをスプレーにして使用したりアロマとして使用しなくても、香りの強いクローブはそのままでもゴキブリ対策として使用できます。

クローブをゴキブリが出そうな場所に置いておくだけで大丈夫です。お皿やトレイなどに盛ってもいいですし、ティーバッグやポプリを入れるような袋に入れるとインテリアの邪魔にもなりません。

そのままで使用する場合は、1~2ヶ月程度で効果が無くなってしまうので、定期的に取りかえることをおすすめします。

      クローブを使ったゴキブリ対策③:そのまま使用

ハーブやスパイスを使用した方法は効果が無いという話も…

ここまで見てきたように、クローブをはじめとしたハーブ類やスパイスはゴキブリ対策として効果があることは確かでしょう。しかし実際に使ってみるとあまり効果が感じられないという声も。なぜ、そのような現象が起こるのでしょうか。

まずはエサとなるものをなくす、根本的な対策を!

クローブでできるのは、あくまでゴキブリを遠ざけるための対策です。そのためすでにゴキブリがいるような環境にクローブを置いても、その効果は限られます。逆に「エサが豊富な環境=クローブのにおいがする」という関連付けができてしまうと、ゴキブリを呼ぶことにもなりかねません。

まずはゴキブリが出ないように掃除をする。それがゴキブリ対策にとってもっとも重要なのです。

      クローブを使ったゴキブリ対策③:そのまま使用

まとめ

 殺虫スプレーなど有害なものを使用せず、できるだけ安全でナチュラルなものでゴキブリ対策をしようとするなら、クローブなどの強い香りのハーブ類を使うことは有効です。

しかし効果も弱く持続性もあまりない為、徹底的にゴキブリを駆除したいのであれば、やはりゴキブリ駆除のプロに相談するのがいいでしょう。クローブでゴキブリ対策してもあまり効果がなかった……と言えば、別の有効な対策法や、ゴキブリが寄りにくくなる環境作りのアドバイスなどもしてもらえます。

ゴキブリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ゴキブリ駆除」をご覧ください。

駆除はプロが迅速対応!
即日対応可能!お電話下さい!
※対応エリアや加盟店によって変わります
被害状況によりますが、適切な薬剤や駆除方法を選択できます。一戸建てやマンション、飲食店など環境に合わせた薬剤の選択も可能です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン、床下、トイレなど徹底的に調査します。
ゴキブリ駆除 10,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-17 09:43:44
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_cockroach/36373/
害虫駆除
ゴキブリの発生をどう予防、駆除するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ホウ酸団子のような毒エサを使わず、できれば自然のもので安心して退治したいと思っているならこの記事は必見です。ここではスパイスのクローブでゴキブリ対策をする3つの方法をご紹介します。ペットを飼っていて殺虫剤をできるだけ使用したくない方にもおすすめです。クローブを使ったゴキブリ予防、退治法をぜひ参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ゴキブリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!