生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店のゴキブリ対策&駆除方法!徹底的に排除するために必要なこと

投稿日:2018-02-05 更新日:2020-08-18

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ゴキブリは見た目にも不衛生ですが、人体へ悪影響を及ぼすおそれもある生き物です。自分の家で遭遇するのも嫌ですが、飲食店でゴキブリに出会ってしまうと、そのお店への不信感は強まるばかりです。そのため、「そんなお店にはもう二度と行きたくない」と思う方がほとんどではないでしょうか。

そう思われてしまう前に飲食店ではゴキブリ対策をしっかりおこなわなければなりません。そこで、この記事では飲食店ならではのゴキブリ対策について、徹底的にご紹介していきます。

飲食店にゴキブリを発生させないためにすべきこと

飲食店のゴキブリを徹底的に排除するためには、以下の4つのことが重要になります。

・ゴキブリの種類を特定する
・ゴキブリが発生しやすい環境を作らない
・ゴキブリの侵入経路を塞ぐ
・隠れているゴキブリを退治する

ゴキブリは小さな隙間さえあればどこでも侵入してしまうため、なかなか駆除しきれないと感じるかもしれません。しかしこの4つの対策をおこなえば、ゴキブリを店内に寄せ付けないようにすることができるのです。それぞれの詳しい対策方法について順番に見ていきましょう。

【STEP1】ゴキブリの種類を特定する

飲食店に発生しやすいゴキブリの種類は「チャバネゴキブリ」といわれています。チャバネゴキブリは寒さに弱いため、屋内に巣を作り繁殖してしまうのです。

チャバネゴキブリの繁殖スピードは高く、1年中産卵することができるといわれています。もし店内でチャバネゴキブリを発見したら、早めに対策をおこなうようにしましょう。

チャバネゴキブリの特徴
・11~15mmの大きさ
・薄い茶色

日本の屋内には、チャバネゴキブリ以外にも「ヤマトゴキブリ」「クロゴキブリ」「ワモンゴキブリ」といったゴキブリの種類が発生することもあります。

これらのゴキブリはどれも大型ですので、体長が15mm以上だったという場合はチャバネゴキブリ以外の種類である可能性が高いです。黒色の体であれば「クロゴキブリ」、茶褐色なら「ワモンゴキブリ」、黒褐色なら「ヤマトゴキブリ」と見分けることができます。

チャバネゴキブリは他のゴキブリの中でもとくに小さく色も薄いため、比較的見分けがつきやすいでしょう。
チャバネゴキブリとそれ以外のゴキブリの違い

【STEP2】ゴキブリが発生しやすい環境を作らない

ゴキブリを発生させないためには、環境を改善する必要があります。もしゴキブリが好むようなものがあるようでしたら、排除するようにしましょう。

ゴキブリが発生する原因

飲食店にはゴキブリが発生しやすい条件が揃っています。ゴキブリは「暖かい」「エサが豊富にある」「水がある」という場所を好みますが、飲食店はそのすべての条件がそろっていることが多いです。ゴキブリの対策をする際は、それぞれの原因をできるだけ無くし、ゴキブリが発生しにくい環境を作るようにしましょう。

(1)暖かい
飲食店はお客様に快適に過ごしてもらうため、空調を効かせることが多いです。また、火を使うことも多いので年中暖かい環境となります。とくにチャバネゴキブリの場合、寒さに弱いという特徴から、過ごしやすい環境となってしまうのです。

飲食店のゴキブリ対策③-清掃しよう

ただし、このような環境に関しては、飲食店を経営していくうえでどうしようもないことでもあります。そのため、可能であれば適切に換気などをして温度管理をするように心掛けましょう。

<対策>
・こまめに換気をする

(2)エサが豊富にある
ゴキブリは、さまざまなものを食べます。その中でも好むものの一例として、以下のものが挙げられます。

タマネギ、ネギ、ジャガイモ、油、砂糖、パン、バナナ、ビール、肉、エビ

これらはあくまで一例ですが、飲食店には豊富にある食材となるものが多いです。そのため、適切に食材を管理して対策をしておかなければ、ゴキブリがエサを求めてやってきます。

また、ゴキブリは腐敗したにおいも好みます。そのため、毎日出る生ゴミや、清掃の行き届いていないグリストラップからのにおいにつられて寄ってくるということもあるのです。そのような部分もしっかり対策しておかなければいけません。

<対策>
・食材を放置しない
・生ごみを溜めない
・すみずみまで清掃をおこなう

(3)水がある
飲食店では、水は重要なものだと思います。料理や洗い物をするために、大量の水を使用するからです。そして、厨房では多くの水を使用しますし、床に水を流すこともあるため、湿度も高くなりやすいでしょう。

このような状況は、ゴキブリにとって過ごしやすいものとなります。ゴキブリも人間と同じく生きていくためには水を必要としますし、湿度の高い環境を好みます。

そのため、水回りにおいても対策をしっかりし、ゴキブリが過ごしやすいようにならないようにしなければいけません。

ほかにも、人間から隠れる場所がたくさんあり、冷蔵庫や調理台などは巣作りや、隠れる場所に最適となっています。また、状況によっては石鹸や、髪の毛も食べるため洗面所やトイレなども好んで生息していることもあります。

いくら掃除しても、ゴキブリは生命力が強いため、1滴の水さえあれば数週間は生き延びるといわれています。そのため、人間が気づかないうちに繁殖を繰り返し、気づいたときには大量発生している非常にやっかいな害虫となっています。そのため、上で述べたゴキブリの発生原因を踏まえて、しっかり対策をし、ゴキブリを寄せ付けないことが必要です。

<対策>
・除湿器や換気で除湿をする
・水滴を拭き取る

とにかく清潔にするのが大事!

営業が終了したあとは、巣を作られやすい冷蔵庫の下、調理台の下などにたまりがちなゴミを掃除して清潔に保つようにしましょう。そのようなことが、ゴキブリを寄せ付けない環境を作るのに一番効果的な方法となります。

また、ゴキブリは水がある場所を好みます。シンクを掃除したあとは、乾拭きをして水滴を残さないようにしておくのも大切です。

飲食店では作業も多く、閉店作業も大変なため、ついつい手抜きしてしまうかもしれませんが、日々の心掛けが店の信用につながるかもしれません。

【STEP3】ゴキブリの侵入経路を塞ぐ

ゴキブリは1ミリの隙間さえあれば簡単に侵入してきます。ゴキブリに侵入されてしまえば店内で繁殖されてしまうおそれもありますので、侵入口となる場所はなるべく塞ぐようにしましょう。

ゴキブリは以下のような場所から侵入します。

・換気扇
・通気口
・エアコンの室外機
・排水溝
・排水管
・窓の隙間

小さな隙間を塞ぐためには、隙間テープなどのテープ類で塞ぎましょう。換気扇は厚めのフィルターを付けることで侵入を予防することができます。閉店後には排水溝のふたを隙間なく閉めるようにしましょう。換気扇の音をゴキブリは嫌うので、閉店後でもつけっぱなしにしておくことも有効的です。

飲食店のゴキブリ対策①-侵入経路を防ごう

また、靴についたゴキブリの卵が店内に入るとそこから繁殖してしまうおそれがあります。店内の入口には足についた卵が落ちるようなマットを敷くこともおすすめです。壁に亀裂が入っていたり穴が開いていたりするようなら、早めに修理するとよいかもしれません。

【STEP4】隠れているゴキブリを退治する

飲食店に発生しやすいチャバネゴキブリは繁殖力が高いため、徹底的に駆除しなければ再び発生してしまいます。ゴキブリの駆除グッズには毒餌燻煙剤捕獲シートなどさまざまな種類がありますが、店内のゴキブリを駆除するなら毒餌を設置するとよいでしょう。

毒餌はゴキブリが好むニオイによって誘引させる効果があり、殺虫成分の入った毒餌を食べてもらうことでゴキブリを殺虫することができます。また、毒餌を食べたゴキブリの糞や死骸を他のゴキブリが食べることで、周りのゴキブリも殺虫することもできる優れものなのです。


【ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

こちらの商品は卵を持つメスのゴキブリを卵ごと駆除することができるため、繁殖力の高いチャバネゴキブリにはとくにオススメです。

毒餌を設置するときは、以下のようなゴキブリが潜みやすい場所に設置してみましょう。

毒餌の設置にオススメな場所
・厨房機器の隙間
・暖かい場所
・食器棚
・水道の周辺

また、先ほどお伝えしたようなゴキブリの侵入口となる場所に設置するのも効果的です。

飲食店のゴキブリ対策を怠るとどうなるの……?

飲食店に限らず、できればゴキブリにはいてほしくないものです。ゴキブリは衛生害虫といわれており、不快な生物であるばかりか衛生面からみても非常に問題のある害虫のひとつです。

ゴキブリは人間にとって、害のあるさまざまなウイルスを体につけて動き回っています。ゴキブリから検出される菌は、主にサルモネラ菌・大腸菌・チフス菌・赤痢菌・ピロリ菌などです。とくにサルモネラ菌は食中毒の原因となる菌でとても危険です。

このような菌を全身につけてさまざまな場所を移動しているため、食べ物に付着してしまうおそれも高く注意が必要です。そのため、飲食店でのゴキブリ対策はとくに注意が必要となっています。

また、ゴキブリのフンや死骸にも気をつけなければなりません。空気中に舞い上がったフンや死骸を人間が吸い込むと、アレルギー症状を起こしてしまうおそれもあるのです。他にも、電化製品に入り込んだり、配線やコンセントに入り込んだりすると、火災の原因になることもあります。

飲食店のゴキブリ駆除・対策をプロに依頼するメリット

飲食店でゴキブリ対策をしっかりすることは、とても大事なことです。しかし、飲食店を経営していると、「忙しくてゴキブリ対策をしている余裕がない!」などということも多いでしょう。さらに、ゴキブリを駆除するための薬剤などに、一般家庭より気を使わなければいけないはずです。

そこで、選択肢のひとつとしてあるのが、ゴキブリ駆除業者に対策を依頼するということです。駆除業者はゴキブリのことに精通しており、適切な対策を取ってくれるでしょう。ただし、一般家庭とは違うので、業者を選ぶ際は事前調査を受けてどのような対応をしてくれるのか確認をしましょう。たとえば、薬剤を使う場合はその成分や影響を確認し、きちんと説明や対応策を出してくれる業者を選ぶなどです。

まとめ

実際に飲食店でゴキブリを発見してしまうと致命的なイメージダウンにつながります。お店の経営や信頼関係にも影響する非常に重要な問題です。

毎日の清掃を徹底し、お店を清潔に保ち未来のゴキブリが増えないようにしていても、飲食店でのゴキブリ対策は難しいかもしれません。自分の知識では不安、虫が苦手、徹底的に駆除したいという方は駆除業者に頼ってみるのもよいかもしれませんね。

(この記事は2020年8月3日に加筆・修正しています)

駆除はプロが迅速対応!
即日対応可能!お電話下さい!
※対応エリアや加盟店によって変わります
被害状況によりますが、適切な薬剤や駆除方法を選択できます。一戸建てやマンション、飲食店など環境に合わせた薬剤の選択も可能です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン、床下、トイレなど徹底的に調査します。
ゴキブリ駆除 10,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-08-18 10:37:12
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_cockroach/36309/
害虫駆除
ゴキブリは見た目にも不衛生ですが、人体へ悪影響を及ぼすおそれもある生き物です。自分の家で遭遇するのも嫌ですが、飲食店でゴキブリに出会ってしまうと、そのお店への不信感は強まるばかりです。そのため、「そんなお店にはもう二度と行きたくない」と思う方がほとんどではないでしょうか。そう思われてしまう前に飲食店ではゴキブリ対策をしっかりおこなわなければなりません。そこで、この記事では飲食店ならではのゴキブリ対...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ゴキブリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!