生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひょっとしてスズメバチの巣?その見分け方や営巣時期・駆除方法まで

投稿日:2020-05-14 更新日:2020-05-13

ひょっとしてスズメバチの巣?その見分け方や営巣時期・駆除方法まで

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

スズメバチの巣は多くの場合、ボールのような形状をしており、最大で50cmを超えることもあるほど。もしこれを駆除したいのであれば、基本的には業者に依頼することをオススメします。

なぜなら、そのような形状になっている時点ですでに巣には大量のスズメバチがいるから……とはいえ、まだ小さな『初期の巣』であれば、自分で駆除できるかもしれません。

ただしそんな巣の形状・営巣場所はスズメバチの種類によって大きく異なります。まずはスズメバチの巣について知りつつ、どう駆除すべきか判断してみましょう。

このコラムでは、そんな”スズメバチの巣”についてくわしく解説していきます。駆除したいと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

※スズメバチなどの巣に関して、駆除などしたいのであればすぐに対応してもらえる業者に相談するのが確実です。当サイト・生活110番ではお近くの蜂駆除業者を、お電話一本で最短即日ご紹介いたします。調査・見積りももちろん可能、見積り後のキャンセルもOKですので、お気軽にご相談ください。

スズメバチの巣の形状・場所|種類・時期ごとに変わるその見た目

スズメバチの巣の見た目や形状は基本、前述したように『大きなボール型』。主に『茶色に近いマーブル模様』になっていることが多いです。

場所としては、見つけやすいところでいえば軒下や木の枝などに営巣されています。しかし、種によっては屋根裏や軒下、換気扇など気が付きにくい場所に営巣することもあるため、注意が必要です。蜂が最近家の周りをうろうろしている、という場合、そういった見えない場所に営巣されているかもしれません。

また、とくに巣の形状に関してはアシナガバチやミツバチとは、大きく異なる特徴となっています。

アシナガバチ:巣穴がむき出しで、小型のシャワーヘッドのような見た目
ミツバチ:平たい板が並んだような形状の巣

これはぱっと見でも、比較的カンタンに見分けることができるでしょう。

しかしこの形状や場所に関しては、スズメバチの種類や時期に応じて差があります。まずは安全な場所から観察したり、心当たりを思い浮かべたりして観察してみましょう。

特殊な形状の巣を持つスズメバチ

ひょっとしてスズメバチの巣?その見分け方や営巣時期・駆除方法まで

一般的によく目にするスズメバチは、主に『オオスズメバチ』・『キイロスズメバチ』・『モンスズメバチ』・『コガタスズメバチ』・『ヒメスズメバチ』あたり。なかでも前述のようなイメージしやすい見た目・場所の蜂の巣を作るのは、主にキイロやコガタです。
※キイロは初期の巣は閉鎖空間、大きくなってくると開けた場所に引っ越す傾向にある。

しかし、それ以外の種類の巣は、すこし形状や営巣場所に特徴があります。

オオスズメバチ

場所:地中や木の穴
形状:主に底が抜けていて、ボールというよりは釣鐘が重なったような形が多い

モンスズメバチ

場所:主に屋根裏・床下などの閉鎖空間
形状:ぱっと見はボール状。底は開いていて、巣穴が見える

ヒメスズメバチ

場所:雨風の影響を受けにくい場所(巣が小さいので下駄箱や植木鉢などにも)
形状:球状ではなく、巣穴が見えていて、小さいボールを半分に割ったような形

なかでも危険なオオスズメバチは、意外と民家などには営巣しにくいという特徴があります。そのため、人への被害は意外とキイロの方が多い、なんてことも。

またヒメスズメバチの巣は、すこしだけアシナガバチにも似ているため注意が必要。比較的おとなしめのスズメバチですが、うっかり巣を刺激すると刺されてしまうこともあるため、見つけたらハチ駆除業者に相談しましょう。

初期(4~5月ごろ)の巣は形状が特殊!

スズメバチは基本的に4~5月ごろから巣を作り始めます。このときの巣は基本的に小さく、巣穴もむき出しになっているため、少々イメージとは異なる形状になっています。

また、なかでも初期~作りかけの巣は特徴的で、巣穴が見えていたり、ときには球体から細い管が伸びたような形状をしていたりすることも。フラスコを逆さにしたような、という例えもよく用いられますね。

この時期の巣であれば蜂の数も少ないため、自分で駆除することもできるかもしれません。しかし、相手はおそろしいスズメバチ。油断すれば全身を刺される恐れもあるため油断は禁物です。

駆除をしてみたい、という方は次の章でくわしく解説していきますので、このまま続きをご覧ください。『業者に相談してみたい……』と思われた方は、後述の『スズメバチの巣の駆除を業者依頼した際の費用相場』にて費用相場や依頼のコツを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

スズメバチの巣の駆除方法|DIYできるか判断する3つのポイント

ここではスズメバチの巣の駆除方法について解説していきます。しかし、第一にスズメバチの駆除は、できればDIYはしない方がよいでしょう。理由は当然ながら、素人の作業では刺される危険性があまりにも高いからです。

とはいえ、前述したように初期の巣であれば働き蜂もいないことが多いため、比較的カンタンに駆除することができます。まずは以下の3つの基準を確認して、自分で駆除できるかをチェックしてみましょう。

1.7月以前かつ、巣のサイズが約10cmを上回っていない
2.防護服を用意できる
3.巣の場所が明確に分かる

難易度は低いとはいえ、相手は凶暴なスズメバチ、身を守る防護服でしっかり身を包んでおきましょう。また、巣の場所がつかめていない状態で駆除するのは大変危険です。まずは業者に調査だけでもしてもらいましょう。

なかでも重要なのは、時期です。これ以降の巣はサイズが大きく、働き蜂も増えており、最悪数百匹もの大群で襲われてしまうことも。この場合は装備があっても大変危険なので、少しでも不安な方はすぐにプロに相談するようにしましょう。業者依頼に関しては次章で解説します。

スズメバチの駆除に必要なモノ

ひょっとしてスズメバチの巣?その見分け方や営巣時期・駆除方法まで

自分で駆除できる基準を満たしつつ、不安がないのであれば、駆除にチャレンジしてみましょう。まずは、必要な道具をそろえるところからです。

・防護服
・蜂用の殺虫剤(スプレータイプ)
・丈夫なビニール袋(巣を入れる用)

この防護服はスズメバチ用の良質なものを買うと、数万円~数十万円することもあります。レインコートや合羽、軍手やマスク、帽子等を重ねて厚くし、すき間をなくせば代用できますが、大事を取るなら購入したほうが確実に安心です。

場合によっては役所で貸し出していることもあるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

また、殺虫剤は多めに買っておいた方がよいでしょう。もし手持ちの殺虫剤で駆除できなければ、怒ったスズメバチを丸腰で対峙することとなります。予備は今後の予防にも役立つので、すこし余裕を持って準備してくださいね。

スズメバチの巣の駆除手順

スズメバチの巣を駆除する手順は、以下の通りです。必ず巣のサイズを確認しつつ、少しでも不安や危険を感じたらやめておくようにしてください。

1.巣から3mほど離れた場所までそっと接近する
2.そこからは蜂用の殺虫スプレーを吹きかける
3.羽音がしなくなったら、巣穴にもスプレー
4.巣を引きはがし、ビニール袋へ捨てて再度スプレー

作業が終わったら、巣があった場所はもちろん、今後巣が作られそうな場所にも重点的にスプレーしておきましょう。今後巣を作られる予防にもなりますし、駆除したときに巣にいなかった働き蜂、通称『戻り蜂』の予防にも繋がります。

巣駆除の際の注意点

屋根裏などに営巣している場合は、スプレーを吸い過ぎないよう注意が必要です。また、駆除の際は近隣の住民にも声をかけておきましょう。蜂の被害を受けるのは、何もあなたや家族だけではありません。皆の安全を考えつつ、細心の注意を払って作業しましょう。

また、巣が大きくても、12月~1月などの冬場の巣であればすでにスズメバチはいないことも多いです。とはいえ近年では冬場も温かいことが多く、長めに活動していることも。そのため油断して近づいたりせず、念のため業者に相談しておいた方が安心ですね。

少しでも『難しそうだな……』と思った場合は、安全のためにも蜂の巣駆除の業者に依頼するようにしましょう。初期の巣であれば、それほどお金も高くありません。くわしくは、次章でまとめて解説していきます。

スズメバチの巣の駆除を業者依頼した際の費用相場

スズメバチの巣の駆除費用は、状況に応じてかなり差があります。

難易度が低い場所であれば2万円前後、屋根裏や高所など難しければ4~5万、またはそれ以上になることもあるなどその相場はバラバラです。

とはいえ、初期の巣であれば2万円を下回ることもあるなど、比較的安め。作業自体もすぐに終わることが多めです。何より実際の価格は現場の状況に応じてケースバイケースなので、まずは見積りから確認してみてはいかがでしょうか。

まずは役所の蜂駆除サービスをチェック!

お住まいの自治体によっては、スズメバチの駆除に対して補助金が出たり、業者を紹介してもらえたり、なんてサービスをしているところもあります。対応までに数日かかったり、そもそも対応していなかったり、なんてこともありますが、一度調べてみて損はありません。

「できるだけ早く対処したい……」
「役所で対応していなかった……」

そんなときは、自分でピッタリのハチ駆除業者を探してみましょう!

蜂の巣の駆除業者選びはお任せください!

ひょっとしてスズメバチの巣?その見分け方や営巣時期・駆除方法まで

できればすぐに何とかしたい蜂の巣の恐怖、そんな中で慣れない業者選びをするにも焦りや不安があるもの……。

そんなときは、当サイトの無料相談窓口をご活用ください。全国数百もの提携業者の中から、あなたのエリア・ご要望にピッタリの業者をお探し致します!

受付窓口は24時間365日対応中ですので、最短その日のうちに調査・駆除に駆け付けられることも! 見積り・調査無料の業者も数多く加盟しているので、ご希望があれば電話・メールなどでご相談ください。すぐにお探し致します!

業社によっては見積りや調査に費用がかかることもありますが、その際は必ずご確認いたします。見積りや調査の結果が不安……という方でも、作業に入るまではもちろんキャンセルOKですので、安心してご検討ください。調査・見積りだけというご相談も大歓迎です!

蜂の巣を一刻も早く駆除してほしい、という方は、フリーダイヤル・メールフォームよりぜひお気軽にご相談ください!

まとめ

スズメバチの巣は基本的にマーブル模様の球状。場所は軒下や木の枝などの開放的な空間から、天井裏などの閉鎖的な空間までさまざまです。これを駆除しようと思った場合は、まずは一度その巣の状態を確認してみましょう。

巣が初期(作りはじめ)の状態であり、かつしっかり防護服を用意できるのであれば自分でも駆除できるかもしれません。しかし、すでに巣が大きい場合や、少しでも不安がある場合は、すぐに業者に連絡することをオススメします。

当サイト・生活110番では、24時間365日受付対応の無料相談窓口から、すぐにお近くの蜂駆除業者をご紹介。最短即日、業者が現場に急行します!

調査や見積りのご相談ももちろん大歓迎です。見積りまではキャンセル可能ですので、どうぞ安心して料金をお確かめください。

スズメバチに限らず、蜂のことでしたら、いつでもお気軽にご相談ください!

ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
蜂の巣駆除 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-05-13 10:30:23
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/197796/
害虫駆除
スズメバチの巣は多くの場合、ボールのような形状をしており、最大で50cmを超えることもあるほど。もしこれを駆除したいのであれば、基本的には業者に依頼することをオススメします。なぜなら、そのような形状になっている時点ですでに巣には大量のスズメバチがいるから……とはいえ、まだ小さな『初期の巣』であれば、自分で駆除できるかもしれません。ただしそんな巣の形状・営巣場所はスズメバチの種類によって大きく異なります。...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

蜂の巣駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!