特殊清掃

特殊清掃業者比較 目安料金について 20平米の部屋を特殊清掃した時に掛かる費用の目安となります。

検索結果
38社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

特殊清掃ならどんな現場でも対応いたします。

特殊清掃に関することはお気軽にご相談ください。自殺、孤独死、事故現場等の大変な現場にも対応いたします。害虫駆除や遺品整理についてもお任せください。 続きを読む

便利屋しあわせや/とみた運送

突然の遺品整理は事件現場特殊清掃士・遺品整理士在中の当社にお任せください

便利屋しあわせやではお亡くなりになられた方の部屋のかたずけを行い、不用品の処分、粗大ごみの処分、特殊清掃(除菌や消臭、お炊き上げ供養等)や遺品の配達や引越など運送を致します。便利屋と運送業の当社ならではのサービス体制で突然の遺品整理等でお困りのお客様のサポートをさせていただきます。また、遺品整理だけではなく沢山のゴミの処理や重たくてどうにもなら... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
生前整理・老前整理
特殊清掃

三洋トータルサービス

三洋トータルサービスが特殊清掃をお引き受けします

【突然訪れる死】 人は生きている以上必ず死が訪れてしまうのですが、全ての人が清潔感溢れる病院でご遺族に見送られながら息絶えるわけではありません。少子高齢化と言われている日本では、近年孤独死が増えてきており、急な病気に襲われてしまって誰にも助けを呼べないまま命を落としてしまう方が多く居られます。また自殺者数も日本国内に多く、1日に100人以上が自ら命... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
特殊清掃

きれいずきサービス株式会社

23年の実績があるきれいずきサービス株式会社に特殊清掃はお任せください

きれいずきサービスは、三重県の遺品整理・遺品回収を実施しております。故人さまが残された遺品の整理や仏壇処分、ゴミ屋敷の部屋掃除から原状回復まで、お住まいを丸ごとお片付けいたします。もちろん秘密は厳守いたしますので、ご安心してご利用くださいませ。尚、ご希望がございましたら、殺菌・消毒・ハウスクリーニング・リフォーム・解体も行っています。また、お見... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

株式会社ACS

愛知県の特殊清掃は株式会社ACSまでどうぞ

株式会社ACSは、愛知県の知多郡東浦町に本社を置き、特殊清掃に力を入れて取り組んでいる会社です。東浦町などの知多郡を含め、愛知県内のさまざまな市町村へと素早く駆けつけます。また年中無休で営業しているので、急なご依頼にも対応することができます。 【孤独死と特殊清掃】 近年は少子高齢化問題が叫ばれ、それに伴って高齢者の孤独死も増えてきています。一人暮... 続きを読む

関連リンク
原状回復

防虫駆除クリーンアップ有限会社

クリーンアップはお部屋を隅々まで消毒殺菌し清潔な状態に戻します

特殊清掃のご依頼は、愛知県岡崎市のクリーンアップ有限会社がお引き受けいたします。当社では特殊清掃に必要とされる、消毒、殺菌作業、害虫駆除、防虫に非常に効果的な作業をスタッフが徹底して行います。お部屋の床や壁だけでなく、空気中の菌も殺菌し、迅速に消臭する事ができます。 【特殊清掃が必要な現場とは】 普段はあまり聞きなれないこの特殊清掃という言葉... 続きを読む

関連リンク
特殊清掃

ダスメルクリーン

残されたご遺族の方をサポートさせていただきます

残されたご遺族の方に何か手助けできることはないか、その想いからダスメルクリーンは始まりました。お客様の暖かいお言葉に支えられ僭越ながら、お客様をサポートさせていただけるまでに至ることができました。特殊清掃につきましては、故人への配慮を欠かすことはございません。亡くなられてしまったとはいえ、変わり果ててしまった姿を見られたくはないはずです。当社で... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

ホワイトカンパニー秋田

ホワイトカンパニー秋田は秋田県で特殊清掃をしています

ホワイトカンパニー秋田は、秋田県の県庁所在地である秋田市に本社を置き、特殊清掃を行なっている会社です。秋田新幹線が通って交通の要所になっている秋田市内はもちろん、秋田県内のさまざまな市町村へ出張することができます。また年中無休・24時間営業をしているので、緊急に作業が必要になった場合でも安心です。 【特殊清掃をしないとどうなるか】 孤独死や突然... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

合資会社ティー・アイ・サービス

汚染を取り扱う仕事は合資会社ティー・アイ・サービスにご依頼ください

家の中にはさまざまな汚れがあります。普段掃除をしなかったために溜まった汚れもありますし、また害虫や害獣による汚れもあります。私たち合資会社ティー・アイ・サービスはその汚れを掃除する作業をしており、より清潔な暮らしを求める方や清潔な環境が必要な店舗、病院などからは非常に信頼を得ている業者です。一般的な汚れから害獣、害虫の駆除などを取り扱っておりま... 続きを読む

関連リンク
特殊清掃

有限会社アートクリーン消毒

有限会社アートクリーン消毒が現場を徹底的に消毒消臭いたします!

私たち有限会社アートクリーン消毒は害獣や害虫の駆除を行い、その痕跡を消臭、消毒することい長けた業者です。この消臭、消毒の能力は害獣や害虫相手だけではなく、他の現場でも活用されます。それが特殊清掃の現場です。皆さまは特殊清掃という言葉をご存じでしょうか。特殊清掃は、人の遺体があった部屋の消臭、消毒を行う作業のことです。これは単なる掃除ではなく、病... 続きを読む

関連リンク
特殊清掃

有限会社綜合消毒アライ

特殊清掃において大切な消毒を徹底的に行う総合消毒アライにお任せください

私たちは静岡市で主に害虫駆除を行っている会社です。多くのお宅で害虫駆除、予防、消毒を行ってきた経験と技術を活かして、特殊清掃の必要な現場でもお客様のお役に立ちます。大切な資産である建物に、様々な事情で特殊清掃が必要となった際には、その価値を守るために全力を尽くします。 【特殊清掃には消毒・害虫対策が必要です】 ハウスクリーニングと特殊清掃の違... 続きを読む

関連リンク
特殊清掃

生活110番おすすめサービス

特殊清掃ならどんな現場でも対応いたします。

特殊清掃に関することはお気軽にご相談ください。自殺、孤独死、事故現場等の大変な現場にも対応いたします。害虫駆除や遺品整理についてもお任せください。 続きを読む

特殊清掃業者をエリアから探す

特殊清掃に関する、みんなの暮らしの知恵袋

特殊清掃について

  • 特殊清掃に含まれる範囲について

    特殊清掃という言葉を聞いたことがあるでしょうか。名前の通り清掃作業の1つなのですが、部屋のゴミなどを掃除する作業とは少し違っています。特殊清掃が行うのは室内の原状回復です。それもただの部屋ではなく、孤独死や自殺者が出た部屋の清掃を行っています。つまり遺体があった部屋の原状回復をするのです。しかも、主に行うのは遺体の痕跡を消す作業になります。人は死んでしまえば、当然腐敗してしまいます。その過程で体液や血液が漏れ、それが異臭や床などに跡となって残ってしまうのです。特に特殊清掃で扱うのは、遺体の発見が遅れる孤独死、事故、自殺などが発生した事故現場の部屋であり、遺体が腐乱していることが殆どです。遺体を移動させても、室内に残っている跡や体液の処理はとても一般人には難しいです。そもそも遺体が腐敗した臭いは、冷蔵庫の中などで食べ物が腐った臭いよりもかなり強烈であり、人が腐った臭い、死臭ということで精神的ショックも重なり、最悪の場合は少し臭いがしただけで気絶してしまう人もいるそうです。また少し遺体があった部屋にいただけでも死臭が服や体についてしまい、その酷い臭いを外に持ち出してしまいます。となると一般人がそんな部屋を掃除するのはとても難しくなるのです。そこで特殊清掃の出番になります。遺体があった跡から臭いまで取り除くことが作業であり、作業の幅は意外と広いです。ただ遺体があった跡を掃除するだけではありません。もちろん臭いに対応したマスクや装備をしての作業です。特殊清掃を行う業者であっても全身を覆うスーツを着用し、臭いを遮るマスクがなければ作業できません。まず部屋に入った場合は消臭作業を行います。体液や血液が腐敗し、繁殖した菌による感染を防ぐためです。ウイルス感染症を発生させてしまえば近隣の部屋だけでなく近所の大問題になってしまうので、この作業をまずは徹底的に行います。次に体液で汚れてしまった不用品を処分しつつ、発生したハエやウジ虫の殺虫も作業範囲内です。遺体がなくなっても、体液や血液に発生している場合もあります。不衛生なのでこの害虫もしっかり駆除しないといけません。遺体の体液などが表面だけに流れ出ているのであれば、それを徹底的に掃除します。しかし、場合によっては床下や壁の内側にも広がっている場合があるのです。その場合は床下や壁を掃除するために解体作業をしないといけません。こうした作業も特殊清掃の範囲内です。遺体があった部屋の原状回復であり、ちょっとでも遺体の痕跡が残っていないことを目指さないといけません。先の通り、人の死臭は強烈な臭いです。もしそれが少しでも残っていたら、そこの環境は一気に悪くなってしまいます。遺品整理のように死臭がついた遺品なども整理してくれるので、こうした事故現場を出してしまった方の遺族にとってはとてもありがたい作業です。ただ遺体の痕跡を消すだけでなく、臭いから細菌まで、部屋を解体してまでも消臭・殺菌をし、遺品整理までも行うことが特殊清掃なのです。

  • 遺体の処置について

    事故現場と言われた場合には、自動車事故のような現場以外も指しています。例えば孤独死の現場です。どうやって亡くなったかは問題ではなく、それが自殺であっても病死であっても、孤独死が発生した部屋は事故現場と呼ばれます。警察官が入り、家族であっても立ち入ることができなくなるのです。どうして亡くなったのか、などの警察の調べが終わり、遺体が回収されます。その後に室内で特殊清掃を行うのですが、業者によっては遺体の修復を行ってくれるところもあることはご存じでしょうか。孤独死の場合はほとんどが腐敗した遺体であり、その外観は見るのが辛くなるほどに酷い状態になっているのがほとんどになっています。人の体液や血液が体から染み出てしまうほどであり、例え親子のように近い人間関係のある人であっても直視することすら難しいです。しかし、葬儀の際には遺体を見せる場面があります。その時に腐敗した人の顔を見せる訳にもいかないので、遺体を修復する作業を特殊清掃業者は行うのです。この遺体修復はエンバーミングと呼ばれており、外見回復処置とも呼ばれています。あまり日本では聞き馴染みがない言葉ではないでしょうか。基本的に日本では遺体を火葬にしてしまうので、死に化粧以上のことはあまりしません。しかも亡くなってから火葬までは日を置かないため、腐敗を心配することもあまりないのです。しかしアメリカなどの欧米では棺に入れて埋葬する文化があり、日本とは反対に遺体を火葬にすることはほとんどありません。棺の中でもある程度、容姿を保てるように薬品などで肉体を保持するのです。そのために欧米ではエンバーミングは一般的な言葉であり、死後には葬儀の前に必ずエンバーミングを施します。日本でも最近、このエンバーミングを取り入れる動きが起こっているそうです。腐敗した遺体の場合にはとても役立つことかと思います。「なるべく綺麗な姿にしてあげたい」という遺族の思いによって、特殊清掃業者はエンバーミングを扱うようになったのです。原型が全くない状態の遺体を直すことは無理のようですが、少しの損傷であれば外見回復処置をすることも可能とする業者が増えています。しかし、このエンバーミングはまだ日本では理解も進んでいませんし、法律もまだ整備されていません。少子高齢化社会が酷くなり、高齢者が増えてしまった場合には孤独死の数も増えてしまうことが予想されます。今後は特殊清掃業者の出番も多くなりますが、エンバーミングが必要な遺体も多くなっていくことが考えられるのです。遺族のことを考えると、少しでも綺麗な遺体に処置をするのは特殊清掃業者だからこそできることではないでしょうか。そのためにもエンバーミングの理解を進め、法律に制定することが今後必要となってくるのではないでしょうか。

  • 遺品の処理について

    人が亡くなり、その遺体が腐敗してしまった部屋に何の装備もなしに入るのはとても無謀です。それは特殊清掃の際も同じことが言えます。どれだけ現場を経験している業者であったとしても、特殊清掃をする際には完全防御をしないと仕事になりません。臭いによって頭痛が起きるほどの死臭であり、頭の先から足の先までしっかりカバーした防護服の上にマスクを着けなければ、とても作業をすることはできないのです。この装備は遺体の跡に残っている細菌、害虫対策でもあるのですが、死臭を体につけないための対策でもあります。酷い悪臭が服にも残ってしまうために、こうしてしっかり防御をしないといけないのです。と、これだけ室内の臭いが酷いということは、室内にあるものにも死臭が移っている、残っているということになります。基本的に遺品の整理は遺品整理業者という職種が存在しているのですが、孤独死の現場の遺品整理はできないと断る業者もあるようです。そうした遺品整理業者は腐敗した遺体がある現場を想定している業者ではないために、この対応も仕方がないと言えばそうなります。それだけ現場やものに残った遺体の臭いに耐えられないのでしょう。そのために孤独死の現場の場合は特殊清掃業者が遺品整理も行ってくれることが多いです。ついでにやっているのではなく、実は特殊清掃には遺品整理が必要になっているのです。何故なら特殊清掃の役目は遺体があった部屋の消臭消毒であり、部屋の臭いを完全に消すためには死臭や腐敗臭のついたものを整理し、集め、捨てるという作業も必要なのです。現場があるたびに遺品整理を行っているので、信頼度は高いと思われます。業者が全て遺品整理を行うので、皆さまが現場に入ることはありません。そもそも先の通り、入ることすら難しいでしょう。遺品の仕分けから貴重品の捜索まで幅広く行っています。家財道具に体液が染み込んでいる場合もあり、そういった汚染されたものはしっかり処分をし、形見になりそうなものや貴重品を選別していくのです。もちろん殺菌や消毒は忘れません。これをしないと遺族の手に返せないからです。貴重品と形見になりそうなものを遺族の手に渡し、特殊清掃業者の遺品整理は完了します。もし遺品整理業者と特殊清掃業者を分けて依頼しようとしているのなら止めた方が良いでしょう。その場合だと特殊清掃の後に遺品整理を行うのですが、遺品が運び出せないために完全に死臭が消えたかどうかの確認ができません。もし遺品に死臭が残っていたら遺品整理業者に断られてしまうかもしれませんし、残っていた場合の消臭として再度特殊清掃を行わないといけないかもしれません。二度も特殊清掃業者に依頼することになるかもしれないので、遺品の処理についても特殊清掃業者に任せた方が安心でしょう。

  • 特殊清掃につかう薬剤などの安全性

    特殊清掃の最大の役目は遺体があった部屋の臭い対策と消毒です。他にも害虫駆除や遺品整理などの業務も伴っていますが、基本的には死臭への対応と、遺体や流れた体液などに発生する細菌を死滅させることが最大の役割です。遺体が発する悪臭というものはとても耐えられるものではなく、最悪の場合は失神してしまうほどに強烈な臭いになります。何もしなければこの臭いは当然室内に残ってしまうでしょう。室内の空気だけでなく、部屋の床や壁にまで臭いが染み付くのです。そうなってしまえば一軒家であれば同じ家の中に住むことは難しいですし、マンションの部屋であれば次に貸された人にとって大いに困ります。細菌の場合は感染の危険性があり、こちらも近所迷惑どころか、地域全体の問題に発展する危険性をはらんでいます。そうならないためにも特殊清掃が行われるのです。遺体から染み出た体液を処分し、その跡や室内に殺菌・消臭効果のある薬剤を使用します。この際に気を付けるのは手順をしっかり踏むことです。まず作業前に、作業者の感染を防ぐためにも一度除菌を行います。その後に作業に入り、作業途中でも必要に応じて薬剤の散布を行い、室内の悪臭や細菌を撲滅するようにしているのです。消毒方法も様々な手段を用います。微粒子になった薬剤を出す霧吹きで空気中の細菌を消毒し、体液が流れていた場所には直接薬剤を塗って拭き取るのです。空中薬剤の使用については、どの業者も慎重に行っています。特に臭いが残ってしまうオゾン系の消毒剤は最終手段として使われるものです。もちろん、作業中にマスクは欠かせません。薬剤が安全かと言われれば、人体に無害という訳ではないからです。それなりに強力なものを使っているために、もしも大量に嗅ぎすぎたり、誤って多くの薬剤が口に入ってしまったりしたら、あまり良いことにはなりません。マスクが必要なのはそのための安全管理です。もちろん、残留して人体に影響を与えることはまずないのですが、作業中には慎重な扱いが必要なものになります。家具を運びだした後に消毒作業を家具に行い、状況によっては床下や壁の内側でも消毒作業をしないといけません。排気口や天井裏などの細かいところにも細菌がいる可能性があるので消毒剤を使用します。その後、数日様子を見ます。もし消毒が終了した後は消臭作業です。消毒も消臭も、どちらも徹底的に行います。細菌感染を発生させたくないですし、近所迷惑にもさせたくないからです。これらは数日で終わる作業ではなく、完全に消毒や消臭が終わるまで1ヶ月必要となってしまう場合もあるそうです。これだけ強力にやるのだから特殊清掃後の部屋の様子が気になることかと思いますが、使用する薬品は残留して人に害を与えるものではありませんし、作業後も部屋の使用に関して問題がないようにしてくれるでしょう。

0120-949-986