電気温水器から水漏れ…修理したほうがいいの?水漏れ原因は劣化かも

2021.4.30

電気温水器から水漏れ…修理したほうがいいの?水漏れ原因は劣化かも

みなさんが普段使っている家電は、長い間使っていれば経年変化により劣化してしまいます。家電の水漏れも劣化が原因の可能性があります。
今回は家電の中でも、電気温水器の水漏れについて詳しくご紹介いたします。電気温水器は本来の機能以外に、環境にやさしく電気代の節約もできるのが魅力的ですよね。しかしそんな魅力的な電気温水器も使っていれば水漏れなどのトラブルを起こしてしまうかもしれません。ではいったい、どのような原因で水漏れが発生するのか、みていきましょう。

給湯器修理・交換のおすすめサービス

電気温水器のしくみ

電気温水器から水漏れしている原因を探す前に、まずは電気温水器とはどういったものなのか基礎からご紹介いたします。

電気温水器とは電気を使って水を温め、お湯をつくりだす給湯器の一種です。電気温水器はガスを使用しないため、ガス漏れなどの心配がなく、比較的安心して使用することができます。

そんな電気温水器には「瞬間式」電気温水器と、「貯湯式」電気温水器の2種類があります。瞬間式と貯湯式ではどのような違いがあるのかみていきましょう。

瞬間式電気温水器

瞬間式電気温水器は、使いたいときに使いたい分だけ沸かせる特徴を持っています。給湯栓を開けるとそのタイミングで加熱し始めて給湯するという構造です。

貯湯式電気温水器

一方の貯湯式は、前もって沸かしておいたお湯を使いたいときに使うものです。名前の通り、タンクに水を貯めてからお湯を沸かす構造になっています。

      電気温水器のしくみ

電気温水器から水漏れする原因

では、電気温水器から水漏れする原因にはどういった理由があるのでしょうか。ご紹介いたします。

劣化による水漏れ

どの家電や部品も使用していれば経年変化で劣化していきます。ゴムで出来ているパッキンと呼ばれるものや、減圧弁などが劣化しやすいので注意が必要です。

減圧弁とは蒸気やガスなどの圧力が使用目的に対して高すぎる場合に減圧をして、減圧後の圧力を保つための弁です。この減圧弁から水漏れしている場合は、減圧弁に触れてはいけないので業者を呼び修理の依頼をするしかありません。

タンクや配管などの亀裂による水漏れ

寒さの厳しい季節の場合、タンクや配管などが外気の影響を受けて凍結してしまうことがあります。その際にヒビが入ってしまい、水漏れが起こるのです。

水漏れは劣化のスピードを早めますので、すぐに対処しましょう。

      

水漏れ箇所のチェック方法

電気温水器の水漏れは、場所によって自分で対処できる場合もあります。確認すべき場所のチェックをきちんとし、業者に依頼するか判断するといいでしょう。水漏れチェックでは注意点もあるのでそちらも含めご紹介いたします。

電気温水器が水漏れを起こしやすい箇所は、タンク、配管、給水ホース、部品と部品の接続部分、減圧弁などの弁です。じんわりと水漏れしている可能性もあるので、パッと見て水漏れを確認するのではなく、しっかり見てチェックするのがいいでしょう。

業者に依頼したほうがいい状況は以下のとおりです。

・大量に水漏れしているとき
・水漏れしている場所がわからないとき
・自分では部品交換できない場所に水漏れしているとき

しかし自分で部品交換できそうな場所であっても、素人の私たちの修理では完全な修理はできないかもしれません。不安があれば業者に依頼するのがいいでしょう。

水漏れ箇所チェックの注意点

そして水漏れのチェックの際にやってはいけないことがあります。それは電源がついたまま水漏れ確認をすることです。電源がついている状態は、電気がとおっていますので水漏れしている箇所に触れてしまうと感電する危険性があります。必ず電源は切っている状態にしましょう。

放置は危険?対処方法について

「電気温水器が少し水漏れしているぐらいであれば、修理は必要ない」と考えている場合、その考えは危険です。確かに水漏れしているからといって必ず故障する、というわけではありません。しかし使い続けることによって命に危険が及ぶこともあるので注意が必要です。

電気温水器の水漏れを放置してしまうと場合によっては不完全燃焼を起こす危険性があり、不完全燃焼が起きれば一酸化炭素が発生し、それを吸ってしまうと命の危険性もあるのです。そのため少しの量の水漏れであっても、すぐに対処するようにしましょう。

      放置は危険?対処方法について

修理と交換はどっちがいい?

ではいったい、電気温水器が水漏れしてしまった場合に修理と交換どちらがいいのでしょうか。

修理を行ったほうがいい場合

電気温水器の故障が一部の部品交換で直るような場合は修理をするのが費用的にも最適です。自分で直せるのであれば自分で直し、できないようなら業者に依頼します。業者に依頼する場合、自宅に来てもらい直してもらう方法と給湯器を回収して直してもらう方法があります。回収されてしまう場合には修理中の数日間お湯を使えなくなるということを頭に入れておいたほうがいいでしょう。

交換を行ったほうがいい場合

修理費用が高額なとき、電気温水器が寿命であるときは交換を行ったほうがよさそうです。
ヒートポンプなど大きな部品も交換する場合は修理費用が高額になる場合があります。修理費用が高額の場合は交換のほうが費用をおさえられることもあるので、一度業者に見積もりをとるといいかもしれません。また電気温水器が寿命の場合は、修理してもまたすぐに故障してしまう可能性があります。修理するより新たな電気温水器に交換したほうが、お財布にもやさしいのではないでしょうか。

給湯器修理・交換のおすすめサービス

まとめ

電気温水器の水漏れは放置してはいけません。水漏れの放置は劣化を早めるだけでなく、多少の水漏れであっても命に危険が起こる可能性があることを忘れないでください。ですから水漏れを発見したら早めに対処しましょう。

電気温水器のトラブルで不安がある方は、給湯器修理・交換のプロに相談・依頼することをオススメします。給湯器修理・交換のプロがあなたの不安を解決してくれるでしょう。

給湯器修理・交換はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

給湯器修理・交換のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

給湯器修理・交換の記事アクセスランキング

給湯器修理・交換の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧