生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリートは1日にしてならず!コンクリートの固まる時間とは?

投稿日:2017-11-08 更新日:2020-06-25

コンクリートが固まる時間とは|天候に左右されない!早く固める方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

コンクリートにも固まる時間があるというのをご存知でしたか?工場でつくられた生コンクリートは水と混ぜ合わせてから2~5時間で固まってしまうことがあります。そのためコンクリートを混ぜ合わせてから90分で現場まで届けなければならないというルールがあるようです。

今回はそんなコンクリートの固まる時間と天候との関係について詳しくご紹介したいと思います。

24時間でコンクリートはどこまで固まるのか

そもそもコンクリートはセメントに砂と砂利、そして水を加えて混ぜ合わせたものです。日本は世界でも有数のセメント生産国といわれており、コンクリートやセメントが使われることも大変多くなっています。

セメントの強度は本来の強度を100%とした場合、7日で約45%、28日で80%、3か月で90%、1年で95%といわれています。それだけセメントはとても堅いものですが、日数によっては100%に近づくことはなくても十分堅いことが多いようです。

コンクリートは水を混ぜ合わせることで固まります。乾燥させて固まるものではなく、化学変化によって凝固します。そのため化学変化の影響がでるまで時間が必要になりますが、24時間ではほとんどその変化は起こっており、かちかちに固まっています。

しかしコンクリートにも種類があり、24時間でかちかちになるものもあればそれより少ない時間で固まるものもあります。また24時間以上の時間が必要になることもあります。
      24時間でコンクリートはどこまで固まるのか

コンクリートに車乗り入れができるほど固まるまでにかかる時間は?

コンクリートにも固まる時間があり、それまでは車は乗りいれることができません。コンクリートの種類にもよりますが、普通乗用車の場合6日はかかります。駐車場を強度のあるコンクリート舗装にしたいという場合は、少なくとも1週間は車を乗り入れないほうがよいでしょう。

新築でコンクリート舗装の駐車場にしようとお考えのかたは入居前にコンクリートの施工を終えているほうがいいかもしれません。

先ほどお話したとおり、24時間でかちかちに固まることもありますが、車が乗り入れるようになうまでには念のため十分な時間をおいたほうがよさそうです。
      コンクリートに車乗り入れができるほど固まるまでにかかる時間は?

コンクリートが完全に固まるのにかかる時間について

コンクリートの固まる時間は季節や環境に大きく影響します。そのため、堅さの基準として打設後28日目を基準としています。コンクリートの種類にもよりますが、通常コンクリートを乾燥させるまでに数週間はかかってしまいます。

普通ポルトランドセメントで気温が15度以上の場合以下のような日数がかかります。
▼3日 人が立ち入ることができる
▼6日 普通乗用車が乗り入れることができる
▼28日 完全に固まる

コンクリートが完全に乾くまでに養生期間というものがあります。養生期間はコンクリートが固まるまでの間に急激に乾燥してしまったり、雨に濡れてしまったり、気温の変化などから施工部分を保護することです。シートを掛けたり、亀裂が入ってしまうのを防ぐために必要に応じて水をかけたりします。

養生期間は公共工事の場合3日~7日となっており、少なくとも完全にコンクリートが固まるまでに1週間以上はかかることがあります。

コンクリートが固まるのに天候は関係があるのか

コンクリートが固まる時間には天候が関係しています。外気温には左右されやすく、コンクリートの強度にも影響します。

コンクリートは温度が高いほど固まる時間は短くなります。そのため気温の低い冬の間、コンクリートはゆっくりと固まり、強度が出るのも夏と比べ時間がかかります。

そのためコンクリート工事の業者によっては工事の時期と天気予報を考慮して、工事の日程を決めることがあります。梅雨の時期や真冬の時期はコンクリートの固まり方に大きく影響がでるので、その時期をさけて工事をおこなう場合もあるようです。

コンクリートを早く固める方法について

コンクリートが固まる時間はどうしてもそれなりに時間がかかってしまいます。コンクリートをいち早く固めたいというときはどうすればよいのでしょうか。

コンクリートを早く固めるためには先ほどお話した通り、気温や天候が大きく影響します。気温の高い夏の間かつ、雨の降らないような期間にコンクリート工事をおこなうとよいでしょう。

また近年は化学混和剤メーカーやコンクリートの再利用システム会社などからとても早くコンクリートを固めるための製品、またはコンクリートが開発され製品化されています。場合によってはそのようなものを利用してもいいかもしれません。

まとめ

コンクリートの固まる時間は強度を重視する場合、何日もかかることがあります。またそのコンクリートにもさまざまな種類があり、気温や天候にも左右されます。用途に合わせたコンクリート工事をご自身でおこなうのはたくさんの知識が必要になるので面倒に感じてしまうかもしれません。

これから冬の時期に入りコンクリートが固まりにくい季節になりますが、コンクリート工事をご希望の方でお困りの際は業者に相談してもいいかもしれません。

コンクリートの工事を依頼できる業者と料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ブロック工事・コンクリート工事」をご覧ください。

無料現地調査いたします!
ご希望の日時で作業可能!
※対応エリアや加盟店によって変わります
欠けたりひびが入ったブロックの補修からブロック塀の撤去まで、幅広い種類の依頼に対応しています。もちろん撤去したブロック塀の処分はお任せください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
基礎工事や外構工事、補強工事などさまざまな工事に対応します
ブロック工事 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
106投票,  平均評価値:4.4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-25 14:30:27
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_block/17155/
お庭
コンクリートにも固まる時間があるというのをご存知でしたか?工場でつくられた生コンクリートは水と混ぜ合わせてから2~5時間で固まってしまうことがあります。そのためコンクリートを混ぜ合わせてから90分で現場まで届けなければならないというルールがあるようです。今回はそんなコンクリートの固まる時間と天候との関係について詳しくご紹介したいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 ブロック工事・コンクリート工事

ブロック工事・コンクリート工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

ブロック工事・コンクリート工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!