生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決する方法!交換方法も

投稿日:2020-04-16 更新日:2020-04-16

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決する方法!交換方法も

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決したいなら、充電をおこないましょう。バッテリー上がりとは、バッテリー内部にある電力が足りていないからです。バッテリー上がりから回復させるためには、エンジンが始動するまで充電する必要があります。

ここでは、バッテリー上がりをすぐに解決できる方法を3つご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。また、バッテリーの交換時期の目安や自分で交換する方法についてもお教えします。

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決する方法

アクティバンのバッテリー上がりを解決する方法は、以下のとおり3つあります。

・ブースターケーブルと救援車を使う
・ロードサービスを利用する
・カーバッテリー業者を呼ぶ

ここでは、それぞれの方法について、やり方をくわしくご紹介いたします。自分に合ったやり方をぜひ試してみてください。

【1】ブースターケーブルと救援車を使う

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決する方法!交換方法も

自力でバッテリー上がりを解決するためには、『ジャンピングスタート』という方法をおこなう必要があります。ジャンピングスタートをおこなうためには、ブースターケーブルと救援車がなければなりませんので、これらが用意できる人は試してみましょう。

ブースターケーブルとは、黒と赤のケーブルが1本ずつでワンセットになっているアイテムのことです。救援車とは、標準的な12Vのバッテリーを搭載した、何もトラブルの起きていない他車になります。ただし、ハイブリッド車はやめておきましょう。ハイブリッド車を救援車にすると、故障するリスクがあるからです。

ブースターケーブルと救援車を用意することができたら、アクティバンのボンネットを開いてください。アクティバンはほかの多くの車と違って、バッテリーの上にウォッシャー液の入ったタンクがあります。ジャンピングスタートをおこなうためには、まずこのタンクを取り外さなければならないのです。

ボンネットを開けたあと、固定チューブを外して、タンクを動かせるようにします。タンクを端に寄せて、バッテリーの上を開放することができたら、以下の手順を試してください。

1.アクティバンのバッテリーの+端子に、赤色のブースターケーブルを接続する
2.赤色のブースターケーブルのもう一端を、救援車のバッテリーの+端子に接続する
3.救援車のバッテリーの-端子に、黒色のブースターケーブルを接続する
4.黒色のブースターケーブルのもう一端を、アクティバンのアース線端子に接続する
5.救援車のエンジンをかけ、少し高めの回転数に維持する
6.アクティバンのエンジンを始動させる

これでアクティバンのエンジンがかかれば、無事にジャンピングスタートは成功です。2本のブースターケーブルを、接続したときとは逆の手順で取り外しましょう。

救援車、ブースターケーブルを用意できないという人は、次の項目で解説する方法を試してみてください。

【2】ロードサービスを利用する

JAFの会員である場合はJAFに、自動車保険の加入先の連絡先を知っている場合は保険会社に連絡しましょう。JAFの会員であったり、保険会社がロードサービスをおこなっていたりするなら、無料でバッテリー上がりを解消してもらえるからです。

ブースターケーブルが手元にある、救援車もすぐに用意ができそうという状況でも、無料で利用できるのならロードサービスを利用するとよいでしょう。JAFも保険会社のロードサービスも、現場に来るまでそれなりに時間はかかりますが、安全かつ確実に問題を解決してくれます。

JAFの会員でない、保険会社の連絡先不明・ロードサービスをおこなっていない場合は、次の項目で解説するカーバッテリー業者に依頼することをおすすめします。

【3】カーバッテリー業者を呼ぶ

JAFは非会員であっても、利用することが可能です。しかし、会員と違って『およそ1万3千円』の費用が発生します。

非会員であれば、カーバッテリー業者に依頼することも検討するとよいです。カーバッテリー業者であれば、『およそ8,000円~1万2千円』の費用で、バッテリー上がりを解決してもらえる場合があります。

エンジンが動いたらしばらく充電してみよう!

ジャンピングスタートをおこなって、エンジンを再び始動させることができたからといって、すぐに切ってしまうことはやめましょう。まだ十分に電力が溜まっていない状態であるため、またバッテリー上がりを起こすおそれがあるからです。

ジャンピングスタートをすることができたら、約10分間アイドリングをしたあと、2~3時間ほど走行させましょう。なぜならバッテリーは、エンジンが動いている間に発電機が回ることで、充電されていくからです。エンジンを止めてしまえば、発電機も回らないため、充電されません。走行させるのは、充電するためなのです。

アイドリングでも充電することは可能ですが、あまりオススメはしません。走行させて充電するよりも、アイドリング中はエンジンの回転数が低いため、充電効率が悪いからです。また、住宅街など、場所によってはアイドリングしていると近隣の迷惑になるおそれもあります。エンジンがかかったなら、その場にとどまっている意味はとくにないため、早々に移動したほうがよいでしょう。

バッテリーの交換はそろそろしたほうがよいの?

バッテリー上がりは、バッテリーに寿命がきている場合、発生しやすくなります。バッテリーの寿命は、走行距離など車の使用状況によって変動するものですが『およそ2年~3年』です。アクティバンに乗り始めてからそれだけの年月が経っているのに、一度もバッテリーの点検を受けたことがないという人は、受けたほうがよいでしょう。

ここでは、バッテリーの寿命が近いときにあらわれやすい症状や、バッテリーの点検をどこで受けられるかなどについて、ご紹介いたします。

バッテリーの寿命が近いときの症状

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決する方法!交換方法も

バッテリーの寿命が近いときは、以下のような症状があらわれやすいです。

・セルモーターの回る勢いが弱い
・ライトの明るさが一定ではない
・パワーウィンドウの開閉がゆっくりになった
・クラクションが小さい

乗車する際に、もしこのような違和感に気が付いたときは、バッテリーの寿命がだいぶ近づいていると考えましょう。

バッテリーの電圧を測ってもらおう!

バッテリーの点検内容は、電圧の強さが正常かどうかを計測するものになります。電圧は『12V~13V』が正常な値です。12Vを下回ることがあれば劣化していると考え、バッテリー交換を検討したほうがよいでしょう。

バッテリーの電圧測定は、自力でもおこなえます。カー用品専門店などで測定器を購入してやってみましょう。「機械を使うことは得意じゃないな……」と不安に思われた方は、カー用品専門店やガソリンスタンドで電圧測定をやってもらうとよいです。

アクティバンのバッテリーを自分で交換する方法

アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決する方法!交換方法も

アクティバンのバッテリーは、自力でも交換することが可能です。ただし、適合しているバッテリーを新しく購入する必要があります。

アクティバンに適合しているバッテリーは『60B19L』という型番のものが一般的です。ネット通販やカー用品専門店などで購入しましょう。費用はネット通販のほうが安いです。しかしネット通販は自力で選ばなければなりません。自力で選ぶことに不安がある人は、カー用品専門店など、店員さんのいる店舗で購入したほうがよいでしょう。

新しいバッテリーを購入できたら、以下の道具も揃えましょう。

・レンチ
・厚手のゴム手袋
・メモリーバックアップ

道具を揃えることができたら、以下の手順を試してみてください。

1.旧バッテリーを外す
レンチを使って『-側(黒または青いキャップのほう)の端子』を外す。次に『+側(赤いキャップのほう)の端子』を外しましょう。最後に、ステーという、バッテリーの上下にあるふたつの固定具を外したら、バッテリーを引き出します。

2.新バッテリーを取り付ける
旧バッテリーが収納されていた受け皿に、新バッテリーを置きましょう。『+側の端子』と『-側の端子』の位置を間違えないように注意してください。設置できたら、まずはステーを取り付け、新バッテリーを固定しましょう。

ステーの取り付けが済んだら、『+側(赤いキャップのほう)の端子』から取り付けてください。そして、『-側(黒または青いキャップのほう)の端子』を取り付けてください。

最後に、エンジンをかけてみて、無事に始動することができれば、バッテリーの交換作業は完了です。工具を使った機械いじりが得意な方には、さほど難しい作業ではありません。ただし、自分でやることを少しでも不安に思った方は、やめておきましょう。

自力で交換できない場合の手段についてと、バッテリーを長持ちさせるコツなど、以下でご紹介していきます。

自分でバッテリーが交換できない場合は?

自力でバッテリー交換できないときは、『ガソリンスタンド』『ディーラー』『カー用品専門店』などに車を持っていきましょう。費用は発生しますが、バッテリー交換をしてもらえます。点検と同時におこなってもらうと、一度に済んでよいでしょう。

バッテリーを長持ちさせるためにできること

バッテリーを長持ちさせるためには、以下のような点に気を付けるとよいです。

運転頻度を少なくしない

先述しましたが、バッテリーはエンジンが回っているときに充電されます。運転頻度が少ないと、充電されない時間が続いてしまうため、寿命は縮まってしまうのです。できることなら毎日、数十分は乗ってあげるようにするとよいでしょう。

電気系の機能を使用しすぎない

エアコンやオーディオなどの機能を使いすぎれば、そのぶん消費される電力も増えます。無駄遣いをしないように意識することが大切です。また、ライト類の消し忘れなどにも気を付けましょう。

まとめ

アクティバンでバッテリー上がりが起きたとき、ブースターケーブルや救援車の用意ができる場合は、ジャンピングスタートをおこないましょう。外部から電力を供給してもらうことができれば、エンジンを再びかけられるようになります。

ブースターケーブルや救援車の用意が難しい場合は、ロードサービスを利用するとよいです。JAFの会員である場合はJAFに、加入している保険会社の連絡先がわかる場合は保険会社に連絡してください。無料で助けてもらえるはずです。JAFの会員でない、保険会社の連絡先がわからない、ロードサービスをおこなっていない場合は、カーバッテリー業者への依頼も選択肢に入れましょう。

JAFは非会員相手でもサービスをおこなっていますが、有料です。カーバッテリー業者に依頼したほうが費用を安く抑えられる可能性があります。

バッテリー上がりを解消できたら、バッテリーの点検を受けましょう、交換が必要であればおこなってください。点検や交換を自力でおこなえないときは、カー用品専門店やガソリンスタンド・ディーラーに依頼するとよいでしょう。

カーバッテリー業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご相談ください。多数の業者が加盟しているため、早朝であれ深夜であれ、現場まで最速で駆けつけられる業者をご紹介いたします。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-15 14:12:19
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/196150/
その他
アクティバンのバッテリー上がりをすぐに解決したいなら、充電をおこないましょう。バッテリー上がりとは、バッテリー内部にある電力が足りていないからです。バッテリー上がりから回復させるためには、エンジンが始動するまで充電する必要があります。ここでは、バッテリー上がりをすぐに解決できる方法を3つご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。また、バッテリーの交換時期の目安や自分で交換する方法についても...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!