生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

N-VANのバッテリー上がり対処法!交換方法やサイズの見方を解説

投稿日:2020-04-01 更新日:2020-04-08

N-VANのバッテリー上がり対処法!交換方法やサイズの見方を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

N-VANがバッテリー上がりを起こしたらジャンプスタートでエンジンを始動するか、またはロードサービスや業者に救援を要請してバッテリーを充電しましょう

ジャンプスタートは外部から電力を供給してエンジンをかける方法です。しかしこの方法には専用の道具が必要なので、道具がない場合はロードサービスや業者に救援を要請してエンジンを始動してもらう必要があります

当記事ではN-VANのジャンプスタート手順を解説しますのでお試しください。またロードサービスや業者を呼ぶときに伝えること、バッテリーの交換についても解説しますので、最後までご覧ください

N-VANのバッテリー上がり・ジャンプスタート手順

まずはN-VANがバッテリー上がりを起こしてしまったときの「ジャンプスタート」の手順を確認していきましょう。ここではN-VANとほかの車を「ブースターケーブル」でつないでバッテリーを充電する方法を取り挙げます。

もし車内にブースターケーブルがない場合は、「道具がない場合はロードサービスや業者に依頼を!」をご覧いただき、救援を要請してください。

ジャンプスタートをする際は、ブースターケーブルでつなぐ車(救援車)が必ず12Vバッテリー搭載車であることを確認しましょう。24Vバッテリー搭載車とつないでしまうと、バッテリーに負荷がかかり思わぬ事故が発生するおそれがあるからです。以下で詳しい手順を解説しますので、ぜひお試しください。

【ブースターケーブルの接続手順】
1.N-VANと救援車をケーブルが届く位置に置き、それぞれの電源をオフの状態にする
2.それぞれのボンネットを開け、N-VANのバッテリーの+端子に赤ケーブルをつなぐ
3. 赤ケーブルのもう片方を救援車のバッテリーの+端子につなぐ
4.救援車の―端子に黒いケーブルをつなぐ
5. 黒ケーブルのもう片方をN-VANのエンジンのスタットボルトにつなぐ

【接続完了後のジャンプスタート手順】
1.救援車のエンジンをかけてアクセルを軽く踏む
(エンジンの回転数を少し高めに保つ)
2.そのまましばらく待機する
3.N-VANのエンジンをかける
4.無事にエンジンが始動したら完了

エンジンが始動したあとは、つないだときと逆の手順でブースターケーブルを取り外し、走行して充電しましょう。ジャンプスタートはあくまでエンジンを始動させるためのものなので、これだけでは充電量が足りず、再びバッテリー上がりが起こるおそれがあるためです。走行時間の目安などについては以下でご紹介しますので、ぜひご覧ください。

エンジンが始動したら車を走らせよう

N-VANのバッテリー上がり対処法!交換方法やサイズの見方を解説

車はエンジンが回転するほどたくさん発電されるので、できるだけ長い時間、長距離を走ると効果的です。効率のよい充電の目安は「時速50km程度で20分以上走行すること」といわれています。

また、走行充電をするときはエアコンやオーディオなど電力を消費するものをオフにしておきましょう。これらのものがついたままでは、充電効率が悪くなってしまうためです。さらに、停車状態でエンジンだけをかけ続ける「アイドリング充電」も、走行充電に比べると充電効率が悪くなってしまうので、あまりおすすめしません。

道具がない場合はロードサービスや業者に依頼を!

「車内にブースターケーブルがなくてジャンプスタートができない……」という場合はロードサービスや業者を呼んでジャンプスタートをしてもらいましょう。ロードサービスはJAFや任意自動車保険会社が提供しているので、いずれかに加入している場合はまず加入先に連絡してください。とくにJAFではバッテリー充電を無料でおこなってもらえます。

どちらにも加入していない場合は、バッテリー上がり対応業者を呼びましょう。費用は【約8千円~】です。ただし早朝や夜間などは追加料金がかかることがあるので注意してください。以下ではプロに救援を要請するときに伝えることをご紹介します。

救援を要請するときは3つのことを伝えよう

道路上から救援を要請するときは、ガードレールの外など安全な場所に避難してから連絡しましょう。追突防止のために、車後方に停止表示板も置いておくとよいです。その上で以下の3つを伝えてください。

・車の特徴(車種・ナンバー・色)
・車の現在地
・トラブルの内容

バッテリー上がり対応業者を探すなら弊社にご相談を!

「突然のバッテリー上がりで充電できる道具もなく、ロードサービスにも加入していない……」こんな状況になってしまったら、まずは弊社にご相談ください。弊社は24時間365日ご相談を承っておりますので、突然のバッテリー上がりでも迅速に業者をご紹介いたします。お困りのさいはお気軽にご連絡ください。

バッテリー上がりの原因を知り対策しよう

ここまでバッテリー上がりの対処法についてご紹介してきましたが、そもそもどのようなことがバッテリー上がりの原因となるのでしょうか。今後またバッテリー上がりを起こさないために、まずは主な原因を見ていきましょう。

【バッテリー上がりの原因】
・ライトの消し忘れ
・エアコンの長時間使用(エンジンを切った状態で)
・テレビやオーディオの長時間使用(エンジンを切った状態で)
・車の走行不足

これらの原因から、バッテリー上がりを予防するために気をつけるべきことについて、以下で解説します。

消し忘れがないか確認する習慣をつける

バッテリー上がりの原因でもっとも多いのが「ライトの消し忘れ」です。これは毎回車を降りるときに確認する習慣をつけることで、確実に予防できます。とくに、夜スーパーの駐車場に車を停めたときに、ヘッドライトを消し忘れて離れてしまう、というようなことが多く考えられるので、気をつけましょう。

エンジン停止状態での電気製品の使用は避ける

N-VANのバッテリー上がり対処法!交換方法やサイズの見方を解説

たとえば待ち合わせのときに、エンジンを止めたままエアコン、テレビ、オーディオなどをつけっぱなしにするのは避けましょう。エンジン停止状態で長時間使用していると、充電量より消費量が上回り、バッテリー上がりの原因になってしまいます。テレビやオーディオは基本的にエンジンをかけた状態で使用するように心がけましょう。

車を2週間に1度は走らせるようにする

車の走行不足もバッテリー上がりの原因となるので、適度に走行させましょう。バッテリーは使わなくても自然に放電され続けるためです。できれば1~2週間に1度、30分程度を目安に車を走行させてください。

バッテリー上がりの原因にはバッテリー寿命もある

バッテリー上がりの原因の中にはバッテリーの寿命もあります。バッテリーの寿命は約2~4年とされているので、使用開始からこれくらいの年月が経っている場合は、そろそろ交換してもよい頃でしょう。バッテリーの寿命が近い場合、たとえば以下のような症状が見られます。ご自身の車にこのような症状が出ていないか確認してみてください。

・充電しても何度もバッテリーが上がる
・ライトが暗い
・窓(パワーウィンドウ)の開閉が遅い
・エンジンのかかりが悪い
・クラクションの音が小さい

このような症状が出ていたら、できるだけ早く交換することをおすすめします。以下ではバッテリーの交換について解説していきますので、ぜひご覧ください。

交換するバッテリーの選び方

交換するバッテリーを選ぶときは、今使用しているバッテリーに書かれている型式(英数字)を確認し、同じものを選びましょう。「型式の英数字にはどんな意味があるの?」と気になった方は、以下も合わせてご覧ください。

例)60B24L
60は性能をあらわし、この数値が大きいほど高性能です。Bはバッテリーの幅×箱の高さで、A~Hの順に大きくなります。24はバッテリーの長さ(寸法)です。Lは端子の位置をあらわし、Lは左、Rは右、記載のないものは縦並びであることを意味しています。

バッテリー交換の依頼先と費用相場

N-VANのバッテリー上がり対処法!交換方法やサイズの見方を解説

ここまで交換するバッテリーの選び方について簡単にご紹介してきましたが、「バッテリー交換は自分でもできるの?」と思った方もいらっしゃるでしょう。その結論としては、できる限りプロに任せることをおすすめします。

バッテリーの中身は希硫酸とよばれる強い酸性の液体なので、もし誤って皮膚についてしまうとやけどのような状態になるほか、目に入ってしまったら失明のおそれもあります。また、接続手順を間違えてショート・発火するなど思わぬ事故を招くおそれもあるのです。このような理由から、バッテリーの交換はできるだけプロに任せるのが無難です。

バッテリー交換の依頼先にはディーラーと車用品店があります。それぞれの費用相場は以下のとおりです。

ディーラー:約2万円~3万円
車用品店:約1万円~2万円

まとめ

N-VANでバッテリー上がりが起こったら、ジャンプスタートを試すかプロに依頼してバッテリーを充電することが先決です。ジャンプスタートをおこなう場合は、まずN-VANと救援車の間をブースターケーブルでつなぎましょう。

ブースターケーブルをつなぐ救援車は12Vバッテリー搭載車でなければなりません。24Vバッテリー搭載車で充電しようとすると、バッテリーに負荷がかかり、最悪火災などを起こすおそれがあるためです。

車内にブースターケーブルがなく、プロに依頼する場合、まずはご自身の身の安全を第一に図ってください。その上で、車の特徴・車の現在地・トラブルの内容を正確に伝えましょう。

弊社では24時間365日ご相談を承っておりますので、突然のバッテリー上がりで困ったときはお気軽にご連絡ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-08 16:25:03
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/194187/
その他
N-VANがバッテリー上がりを起こしたらジャンプスタートでエンジンを始動するか、またはロードサービスや業者に救援を要請してバッテリーを充電しましょうジャンプスタートは外部から電力を供給してエンジンをかける方法です。しかしこの方法には専用の道具が必要なので、道具がない場合はロードサービスや業者に救援を要請してエンジンを始動してもらう必要があります当記事ではN-VANのジャンプスタート手順を解説しますのでお試し...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!