生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

ステラがバッテリー上がりして、エンジンがかからない場合の対処法

投稿日:2020-02-26 更新日:2020-03-16

ステラがバッテリー上がりして、エンジンがかからない場合の対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ステラにはバッテリー上がり防止のための機能がいくつか搭載されていますが、それでも完全に予防しきれるわけではありません。ステラがバッテリー上がりを引き起こしたら、ジャンプスタートまたはバッテリー交換をおこないましょう。

単純な電気の使いすぎや充電不足であれば、ジャンプスタートで対処可能です。しかし、バッテリーが劣化していて頻繁にバッテリー上がりする場合は、交換をおこなう必要があります。

このコラムでは、ステラのジャンプスタートとバッテリー交換の方法について解説していきます。ステラのバッテリー上がりでお悩みの際は、参考にしてみてください。

道具があればジャンプスタートは自分でできる!

手元にブースターケーブルまたはジャンプスターターがあれば、自分でジャンプスタートをおこなうことが可能です。ここでは、自分でジャンプスタートをする方法について解説するので、ステラがバッテリー上がりした際の参考にしてみてください。

ブースターケーブルを使ったジャンプスタート

ステラがバッテリー上がりして、エンジンがかからない場合の対処法

ブースターケーブルを使ったジャンプスタートでは、ケーブルのほかにも電力を供給してくれる車両が必要です。このような車両のことを一般的に「救援車」といいます。

救援車側のバッテリーの電圧は原則として、電力を受け取る側のバッテリーと同じ電圧である必要があります。万が一、違う電圧のカーバッテリー同士でジャンプスタートをおこなうと、バッテリーがショートしかねません。そのため、ジャンプスタートをおこなう前に、必ず救援車のバッテリーの電圧を確認しましょう。ステラのバッテリーの電圧は12Vです。

また、救援車がガソリン車であるかどうかも確認してください。メーカーや車種にもよりますが、ハイブリッド車のバッテリー(補機バッテリー)はガソリン車と異なり、ジャンプスタートに対応していないものが多いです。そのため、ハイブリッド車を救援車にすると、ジャンプスタートの負荷に耐えられずに、救援車側のバッテリーが故障する危険性が高くなります。

このことから、ステラのジャンプスタートをおこなう際は、バッテリーの電圧が12Vのガソリン車を選ぶようにしましょう。ブースターケーブルを使用したジャンプスタートの手順は以下のとおりです。

【手順】
1.ステラと相手の車を向かい合わせに駐車する。向かい合わせの駐車が難しい場合は並列に駐車してください。
2.お互いの車のエンジンを切り、ボンネットを開ける。
3.ステラのバッテリーのプラス端子についているカバーを取り外す。
4.ステラのバッテリーのプラス端子に赤クリップをつなぐ。
5.救援車のバッテリーのプラス端子に反対側の赤クリップをつなぐ。
6.救援車のバッテリーのマイナス端子に黒クリップをつなぐ。
7.ステラのバッテリーの未塗装部分(ボルトなど)に反対側の黒クリップをつなぐ。
8.救援車のエンジンをかける。このとき、救援車側はアクセルを軽く踏み込んでエンジンの回転数を上げておくと、ジャンプスタートが成功しやすくなります。
9.数分待機してから、ステラのエンジンを始動させる。無事にエンジンがかかればジャンプスタート成功です。

ジャンプスタートが成功したら、ブースターケーブルを接続したときとは逆の順序で取り外しましょう。

ジャンプスターターを使ったジャンプスタート

ジャンプスターターとは、それ自体が救援車のバッテリーのような役割があり、付属のケーブルをバッテリーの端子につなぐだけでジャンプスタートをおこなえる機器です。

救援車なしにジャンプスタートをおこなえる点はジャンプスターターの強みですが、あらかじめ充電をおこなっていないと使用することができません。仮に充電してあったとしても、自然放電でいつのまにかジャンプスターターのバッテリーが上がり切っていて、肝心なときに使用できないということもあります。そのため、ジャンプスタートをおこなう前にバッテリー残量を確認するようにしましょう。

ジャンプスターターを使用したジャンプスタートの手順は以下のとおりです。

【手順】
1.ステラのエンジンを切り、ボンネットを開く。
2.ステラのバッテリーのプラス端子についているカバーを取り外す。
3.ステラのバッテリーのプラス端子にジャンプスターターの赤クリックをつなぐ。
4.ステラのバッテリーのプラス端子にジャンプスターターの黒クリックをつなぐ。
5.ジャンプスターターのスイッチを入れて10分前後待機する。
6.エンジンを始動し、無事にエンジンがかかればジャンプスタート成功です。

ジャンプスターターは製品によって、若干使用方法が異なるケースがあります。そのため、使用前に必ず取扱説明書を確認するようにしてください。

道具を持っていない場合は業者を呼ぼう!

「ジャンプスタートするための道具がなく、ステラのバッテリー上がりに対処できない」という方は業者に依頼してジャンプスタートをおこないましょう。ジャンプスタートをおこなってくれる業者は、大きく分けると次の三種類があります。

任意保険のロードサービス

自動車保険などに付帯しているロードサービスでは、バッテリー上がりの対処もやってもらえます。ロードサービスを使用しても保険の等級が下がるということは基本的にないため、保険に付帯している場合は積極的に活用してみてください。

JAF

ステラがバッテリー上がりして、エンジンがかからない場合の対処法

日本国内のロードサービスを提供している業者というと「JAF」が非常に有名です。JAFの会員であれば無料で、非会員の場合は約1万円でジャンプスタートをおこなってもらえます。また、万が一バッテリー交換が必要な場合も、別料金扱いにはなりますが対処してもらえます。

バッテリー復旧業者

加入している保険にロードサービスが付帯していない場合やJAFの非会員である場合におすすめなのが、バッテリー復旧業者です。バッテリー復旧業者であれば比較的安価でジャンプスタートをおこなってもらえます。早朝・深夜、すぐに対応できるバッテリー復旧業者をお探しの際は弊社をご利用ください。

エンジンがかかったら走行充電を忘れずに!

ステラがバッテリー上がりして、エンジンがかからない場合の対処法

道具を利用または業者に依頼してジャンプスタートをおこなったら、ステラを30分前後走らせましょう。ジャンプスタートの直後はバッテリーの残量がかなり少なく、そのままエンジンを切ると自然放電などで再度バッテリー上がりを引き起こしかねません。そのため、ステラを走らせて、バッテリー上がりを再発させない程度にバッテリーの充電をおこなってください。

頻繁にバッテリーが上がるようなら交換が必要

頻繁にステラがバッテリー上がりを引き起こす場合は、バッテリーが寿命で劣化している可能性があります。劣化したバッテリーは充電性能が大きく低下する関係上、バッテリー上がりを引き起こしやすくなります。そのため、新しいバッテリーに交換する必要があります。ここでは、バッテリーの寿命や交換手順について解説していきます。

バッテリーの寿命

バッテリーの寿命は車の使い方によって大きく異なるため、一概にはいえませんが3年前後が目安とされています。寿命が近いバッテリーを使用していると、バッテリーが上がりやすいという症状のほかに、ヘッドライトが暗い、エンジンのかかりが悪いなどの症状がでることがあります。

しかし、最近のカーバッテリーは性能の向上により、寿命が近くてもこれらの症状が発生しにくくなっているので、寿命の判断材料にはしづらいです。そのため、バッテリーが寿命かどうかを知りたいという方は、バッテリーの電圧を測ってみましょう。

電圧が12V未満である場合は、バッテリーが寿命である可能性が高いです。バッテリーの電圧は自分で測ることも可能ですが、確認方法がよくわからないという方はディーラーにやってもらうことをおすすめします。

カーバッテリーの交換手順

ステラのバッテリー交換は次のような手順でおこないます。

1.ステラのエンジンを切り、ボンネットを開く。
2.バッテリーの留め具をスパナなどで外す。
3.バッテリーターミナルをマイナス側から取り外す。
4.残ったバッテリーターミナルを取り外す。
3.バッテリーを引き抜いて、新しいものに交換する。
4.新しいバッテリーのプラス側からバッテリーターミナルをつける。
5.残ったバッテリーターミナルをバッテリーのマイナス側につなぐ。
6.バッテリーの留め具をつけ直し、ボンネットを閉じる。

バッテリーターミナルの取り外す・接続手順を間違えると、バッテリーが故障する危険性があるため、注意しておこなってください。

また、バッテリー交換をおこなうと、ステラのコンピューターのデータがリセットされてしまう可能性があります。コンピューターがリセットされると、カーナビやパワーウィンドウが使用できなくなったり、エンジンのかかりが悪くなったりするケースがあります。

これを避けるためには、メモリーバックアップを使用してバッテリー交換をおこなうことをおすすめします。メモリーバックアップはバッテリーの交換作業中に、バッテリーターミナルに接続することによって、間接的にコンピューターのデータリセットを防ぐことができる機器です。詳細な使用方法は製品ごとに異なるため、取扱説明書をご確認ください。

心配な人は業者に依頼!

ステラがバッテリー上がりして、エンジンがかからない場合の対処法

バッテリー交換やメモリーバックアップの使用は、難しい作業ではありません。しかし、一歩間違えるとバッテリーが故障したり、コンピューターのデータがリセットされたりする危険性があります。

そのため、バッテリー交換の経験や知識が豊富という方以外は、なるべく業者やディーラーに交換を依頼することをおすすめします。

まとめ

ステラがバッテリー上がりを引き起こしたら、ジャンプスタートまたはバッテリー交換をおこないましょう。「手元にジャンプスタートをおこなえる道具がない」という方は弊社にご相談ください。弊社では、安価かつすばやくバッテリー上がりをおこなえる業者をご紹介します。相談窓口は24時間365日ご利用できるため、いつでもお気軽にお電話ください。

この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 11:00:18
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/189508/
その他
ステラにはバッテリー上がり防止のための機能がいくつか搭載されていますが、それでも完全に予防しきれるわけではありません。ステラがバッテリー上がりを引き起こしたら、ジャンプスタートまたはバッテリー交換をおこないましょう。単純な電気の使いすぎや充電不足であれば、ジャンプスタートで対処可能です。しかし、バッテリーが劣化していて頻繁にバッテリー上がりする場合は、交換をおこなう必要があります。このコラムでは、...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!