生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

実は知らない?蛍光灯の取り外し方。意外と簡単に蛍光灯の交換はできる

実は知らない?蛍光灯の取り外し方。意外と簡単に蛍光灯の交換はできる

蛍光灯が切れてしまったら、交換しないと生活に支障がでます。蛍光灯が切れてしまったら交換するしか方法はありません。

案外、外し方を知らない人が多いかもしれません。蛍光灯の外し方がわからなければ、新しく取り付けることもできません。

また蛍光灯に種類によって、外し方にも違いがあります。そこ でここでは、蛍光灯の種類別の外し方と蛍光灯を交換するときの注意点をご紹介していきます。

直管型蛍光灯の場合

直管型蛍光灯とは主にオフィスや一般家庭で使用されていることが多い、棒状の蛍光灯 のことを言います。種類は様々あり、長さは明るさに応じて決まっています。
また直管型蛍光灯も種類によって外し方の方法も変わってきます。

・回転させて外すタイプ
このタイプの蛍光灯は90度回転させれば簡単に外せます。ドライバーを回すように回転させ、下に引くだけです。

・片方に押すタイプ
どちらか片方に押すと外すことができます。乾電池の要領と同じ方法で、蛍光灯も片方に押してスライドさせれば外すことができます。

・カバーを中央に持ってくるタイプ
一般家庭にはあまり見られないタイプです。両側のカバーを中央に持ってくることで蛍光灯を外すことができます。

蛍光灯の外し方は主にこの3種類ですが、どの外し方の蛍光灯なのかがわからないときは、まず回転して外れるかどうかを確かめてみてから他の方法を試しましょう。

直管型蛍光灯の取り付け方ですが、とくに特別なことをする必要はありません。外したときと反対の動きをすれば、取り付ける事ができます。外すことができたら、取り付けるここともできるかと思います。
      直管型蛍光灯の場合

丸型蛍光灯の場合

丸型蛍光灯は家庭で使用されていることが多いものです。このタイプは一見、線が沢山あったりするので、外し方が難しいそうに見えますが、実は簡単に外すことができます。

蛍光灯と線の間にあるソケットを抜いて、蛍光灯を支えている金具を外すだけで蛍光灯を外すことが可能です。ソケットはコンセントを抜くように引き抜けば簡単に抜くことができます。外れにくいタイプもあるので、上に張ったりと引っ張る方向を変えてみると外れるかもしれません。

丸型蛍光灯の取り付け方もこれと逆のことをするだけになります。しかし気をつけなければいけないのが、新しい蛍光灯が長さとワット数です。長さがあっていないと、取り付けることができません。またワット数が違うと蛍光灯がつかないおそれもあるので気を付けましょう。
      丸型蛍光灯の場合

電球型蛍光灯の場合

電球型蛍光灯はほとんどが反時計周りに回すと外れます。電球を軽く握り、徐々に回せば簡単に外すことが可能です。

電球型蛍光灯の取り付け方も他の蛍光灯同様に反対のことを行えば取り付けは可能です。ただし、力いっぱい締め付けると、破損するおそれもでてくるので、電球が動かなくなったところで止めることが大切です。

交換の際の注意点

蛍光灯の取り付け方はとても簡単で、誰でもできます。しかし、注意しないといけないこともあります。

足場

蛍光灯は高い場所に付いてるところがほとんどです。ほとんどのご家庭では椅子を用いて作業を行ないますが、椅子がきちんと支えてくれるかの確認が必要です。もしかしたら、椅子の経年劣化や知らない間に壊れていたりすると、椅子に体重を支える力がないこともあります。
また、普段なら気にしない段差でも、椅子の上に人が乗ってしまうとバランスが悪くなり、簡単に倒れることがあります。

蛍光灯を持ったまま椅子から落ちると大けがに繋がるため、足場はしっかりと確認してから作業を行うようにしましょう。

感電

蛍光灯を取り付けるときや外す時は必ず電源を切るようにしましょう。完全に蛍光灯がきれてしまっているときは電源が入っているかわかりにくいですが、必ず電気のスイッチを見て、電源が入っていないかを確認する必要があります。案外忘れてしまいがちですので、必ず確認してください。

グローランプ

いくら正しく蛍光灯を交換しても全く点灯しない場合があります。その原因の一つが、グローランプが切れです。蛍光灯の近くにある豆電球のようなものをグローランプといい、これが切れていると蛍光灯までに電気がいかない仕組みになっているものもあります。
もし蛍光灯を新しくしてもつかなかったら、グローランプを確認する必要があります。

他にも、本体の故障などがあるといくら正しく蛍光灯を変えても付きません。照明器具の確認をすることも大切です。
      交換の際の注意点

まとめ

意外と簡単な蛍光灯の取り付け方法ですが、焦らないことが重要です。また手順をしっかり理解することも大切です。安易に行ってしまうと、けがをしたり、感電してしまうこともあるので細心の注意が必要です。
また照明器具本体の故障があるなら、すぐに業者に相談することをおすすめします。蛍光灯の交換は誰でも行うことができますが、照明器具の交換になると電気工事士の資格が必要となります。

照明工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「照明工事」をご覧ください。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
2投票,  平均評価値:4.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-10-12 18:37:39
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_light/12565/
各種電気工事
蛍光灯が切れてしまったら、交換しないと生活に支障がでます。蛍光灯が切れてしまったら交換するしか方法はありません。 案外、外し方を知らない人が多いかもしれません。蛍光灯の外し方がわからなければ、新しく取り付けることもできません。 また蛍光灯に種類によって、外し方にも違いがあります。そこ でここでは、蛍光灯の種類別の外し方と蛍光灯を交換するときの注意点をご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986