生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ねずみにはハッカ油が有効?忌避剤の生成と他の有効策も紹介します

投稿日:2017-10-12 更新日:2020-08-18

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが暮らす家の中に、害虫や害獣が潜んでいることも珍しくありません。このような事態は今に始まったことではなく、昔からありました。それどころか昔より医学が発達し、害虫や害獣由来の病気にも対処できるようになりました。ですが、悩まされていることは昔と変わりません。なかでもねずみはさまざまな菌を保有しており、大変厄介です。病気をもらう前に対処することが大切です。今回はハッカ油を用いたねずみの対処法を紹介します。

ねずみ対策にハッカ油が使われる理由

そもそもハッカ油とはなんでしょうか?ハッカとはシソ科の植物の総称を指します。今日ではミントと呼ばれることも多いです。ハッカ油とはハッカから抽出した油を指し、ハッカ草から1~2%しか取れないとされており、貴重なものです。現在では大型のドラッグストアでも販売されています。

使用用途はたくさんあります。シャンプーやボディソープに混ぜたり、ハッカ油を混ぜた水でうがいして口臭予防するということができます。
そんなハッカ油の使用用途のひとつにねずみ対策としてしようすることができます。
では、なぜハッカ油が有効なのでしょうか。理由は単純で、ねずみが嫌う匂いの1つがハッカなどの強いハーブがあるからです。他にもわさびや防虫剤の匂いを嫌うとされています。
      ねずみ対策にハッカ油が使われる理由

ハッカ油を使った忌避剤でねずみ対策

ではどのように使うのかを紹介します。

忌避剤の作り方

材料はハッカ油5ミリリットル、水10ミリリットル、エタノール80ミリリットルの3つです。エタノールとハッカ油をスプレー容器に入れてよく混ぜます。その後、水を入れれば完成です。
      ねずみ対策にハッカ油が使われる理由

忌避剤の使い方

これをねずみが頻繁に出現する場所にスプレーするだけです。主にねずみが通る道やねずみの巣になりそうな場所にかけると効果が期待できます。
ハッカ油だけでなく、ペパーミントやユーカリのアロマも有効とされています。アロマであれば子どもがいる家庭でも比較的安全に使用できるでしょう。
また、吸水性ポリマー(ペットシートやおむつなどの吸水剤)にオイルを染み込ませておいておくことも効果が期待できます。

ハッカ油の使い方の注意点

便利なハッカ油ですが、注意点がいくつかあります。
ハッカ油にはポリスチレンを溶かす作用があります。プラスチック製品の中にはハッカ油のスプレーを入れたり吹きかけたりすると溶けてしまうものがあります。スプレー容器でもさまざまものがあるので、注意して使いましょう。

また、ハッカ油を原液でスプレーするのは望ましくありません。油なのでフローリングや壁などに吹きかけるとシミができてしまうことがあります。衣類も同様です。ハッカ油で汚れやシミをつけたくないという場合は目立たない場所に吹きかけて変色やシミがないか確かめてから吹きかけた方が無難です。

アロマ機能がある加湿器にハッカ油を入れて使用するのはふさわしくないです。やはり
油なので加湿器の中身がべたついたり、カビが生えてしまうこともあります。

ハッカ油が効かない場合は…

ねずみは人の生活に潜り込んで害を及ぼす害獣です。たとえ家の中の巣を取り除いて、すべてのねずみの罠を仕掛けて、侵入経路をふさいでも必ずどこかから侵入します。新しく穴ができたり、人が住居に入るすきを狙って侵入したりします。
なので、手軽に対策をすることが望ましいです。ハッカ油による忌避剤は簡単でコストも比較的かからないですが、完全に防ぐ対策ではありません。

では、他の方法ではどうでしょうか?
ねずみ対策の商品として、さまざまなものがあります。
1.ばね式の罠
漫画でよく出てくるようなチーズでおびき寄せる罠のねずみ取りです。これは今でも市販されており、ばねで挟み込む圧力によってほとんどの場合は、捕まったねずみは死んでしまい、何度でも使うことができます。

2.かご式の罠
ばね式から発展して、ねずみをかごに閉じ込めるこの罠は、ねずみを生け捕りにするためのもので、ばね式の罠と異なり、その後の処理が必要です。
      ハッカ油が効かない場合は…
      
3.粘着シート
ねずみの通り道に設置し、くっつくのを待つ罠です。この罠も生きたまま生け捕りにするので、その後の処理が必要です。コスト面ではよいですが、ホコリが積もることで、設置してから時間が経つと効果が薄れるという欠点があります。また、的確な位置に設置しなければ効果は発揮しないのでコツが必要です。

4.毒餌
毒を用いた古典的な方法です。最近では毒が含まれた餌が市販されています。効果的な方法ですが、幼児やペットが口に含まないように注意が必要です。

これらの方法も有効ですが、どれも万能の方法ではありません。
どうしてもうまくいかない場合は「ネズミ撃退がうまくいかないと思ったら参考にしたいプロの方法」をご覧ください。

まとめ

ハッカ油の他にもたくさんの対策があります。ねずみも学習することは心理学的にも照明されています。これらの対策を併用することで、さらに効果が発揮されます。ですが、やはり万能ではなく、家に侵入する可能性もゼロではありません。困ったら、業者に相談することがおすすめです。

依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ねずみ駆除」をご覧ください。

お電話1本で迅速対応!
最短10分で到着 最短30分で完了
※対応エリアや加盟店によって変わります
ねずみとの接触は健康被害などのリスクがあります。ねずみを見かけたらすぐにプロへ相談しましょう!また、ねずみは被害の再発が多い為、徹底的な駆除と対策をする必要があります。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ねずみの駆除・侵入経路の封鎖・糞の清掃はお任せください。
ねずみ駆除 13,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:3.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-08-18 10:35:09
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_mouse/12433/
害獣駆除
私たちが暮らす家の中に、害虫や害獣が潜んでいることも珍しくありません。このような事態は今に始まったことではなく、昔からありました。それどころか昔より医学が発達し、害虫や害獣由来の病気にも対処できるようになりました。ですが、悩まされていることは昔と変わりません。なかでもねずみはさまざまな菌を保有しており、大変厄介です。病気をもらう前に対処することが大切です。今回はハッカ油を用いたねずみの対処法を紹介...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 ねずみ駆除

ねずみ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ねずみ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!