生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

コウモリの生息地はどこ?家に寄せ付けないための予防法とは!

投稿日:2018-03-22 更新日:2018-10-03

コウモリの生息地はどこ?家に寄せ付けないための予防法とは!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

夕方になり外が暗くなってくると、よく黒い物体が飛び交うのを見かけます。あの飛んでいる黒い物体、皆さんはなにかわかりますか?「鳥かな?」と考えた方もいらっしゃると思います。

実はあの黒い物体は、コウモリなんです。コウモリは体長が5センチほどの小さな生き物で、普段コウモリはどこで暮らしているのでしょうか?今回はそんなコウモリやコウモリの生息地について詳しくお話しさせていただきます。

日本のコウモリの生息地はどこ

夕方になるとよく見かけるコウモリは、日本ではどのあたりに生息しているのでしょうか?

コウモリは基本的に気温の影響を受けない生き物です。寒さにも強い生き物で、コウモリの生息地は市街地を中心に日本全国で幅広く分布しています。

そんなコウモリですが、日本に存在するコウモリは30種類ほどですといわれています。その中でも民家に住み着いて活動をするコウモリはただ1種類といわれており、それが「アブラコウモリ」と呼ばれているコウモリです。

アブラコウモリは別名「イエコウモリ」とも呼ばれています。体長は4.5cm程度で体重はわずか10gほどと軽く、全体的に黒か暗い灰色をしています。餌でもある虫がいなくなる冬には冬眠して、夏になると子どもを産むといわれています。

では、このアブラコウモリはなぜ民家に住み着いてしまうのでしょうか。アブラコウモリにとって、私たち人間が暮らす家が安全で、快適だからといわれています。次の章で詳しく解説していきます。

      日本のコウモリの生息地はどこ

コウモリが住みつきやすい場所は?どうして住宅にコウモリが出るの

「コウモリは洞窟などの暗い所に住み着いている」といったイメージを持っていらっしゃる方がいると思います。たしかに冒険映画とか見ていると洞窟でコウモリがたくさん飛んでくるシーンがありますね。

コウモリは夜行性のため、日中は明かりの入らないような場所で寝ていることがほとんどです。コウモリの生息地は洞窟だというイメージもあながち間違いではありません。

ところが、洞窟などで暮らすよりも快適で安全だとわかると、普通の家にコウモリが住み着いてしまう恐れがあります。特に、雨戸の戸袋や薄暗い屋根裏などを好む傾向があるようです。

コウモリは小さな生き物ですので、わずかな隙間から侵入して、人間の家に入り込んできます。こうしてコウモリが家に住み着いてしまうと、いったいどうなってしまうのでしょうか。

家にコウモリが住み着いてしまうと、コウモリの糞による被害が出てしまいます。これは糞の異臭被害だけでなく、ダニなどの発生原因にもなってしまうのです。

自宅にコウモリが住みついても駆除はできません

自宅にコウモリが住み着いてしまい、糞の被害に悩まされるとコウモリの駆除を考える方もいらっしゃると思います。ですが、コウモリを見つけても捕まえたり駆除したりなどの命を脅かす行為をしてはいけません。

なぜ自分たちで捕まえたり駆除をすることができないのでしょうか。その理由は大きくわけてふたつあります。

ひとつめはコウモリが病原菌を持っているからです。海外ではコウモリによる病気感染が数多く報告されています。一時期話題になった「SARS(重症急性呼吸器症候群)」の感染経路もコウモリだったといわれています。そうしたウイルスの感染を防ぐために、コウモリを捕獲、駆除できない理由になっています。

ふたつめの理由はコウモリが「鳥獣保護法」で守られているためです。この「鳥獣保護法」とは鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化により定められているので、コウモリを飼育したり、捕獲したりコウモリを殺してしまうことが禁止されています。

もし鳥獣保護法の法規を破ってしまった場合、1年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金を支払わなければいけなくなります。(鳥獣保護法83条1号より)

そのためたとえコウモリが生息しているのが自分の家だったとしても、ご自身で捕獲したり、コウモリを殺たりしてはいけません。

      自宅にコウモリが住みついても駆除はできません

コウモリを寄せ付けないための予防も

コウモリを殺してはいけないといっても「自宅にコウモリが生息してしまったら困る」という方もいらっしゃいます。コウモリを寄せ付けないように、予防する方法を取りましょう。

家の隙間を塞ぐ

コウモリが家に侵入するときは、わずかな隙間を見つけて入り込みます。そのため侵入経路である隙間を、ガムテープで塞ぎましょう。こうすることで、コウモリが家に侵入するのを防ぐことができます。

防虫対策をする

コウモリは蚊などの小さな虫を捕まえて食べる習性があります。そのため餌である虫が家に寄り付かないように、防虫対策を取るのも良いですね。水のたまった容器がある場合は、蚊やボウフラが繁殖する可能性があるので捨てましょう。

またごみ箱には必ずふたをして虫が寄ってくるのを防ぎましょう。こうすることで、餌がないと判断したコウモリが寄り付かなくなる可能性があります。

コウモリが住み着いたら忌避剤で追い払う

もしも家に既にコウモリが住み着いていた場合は、忌避剤のスプレーなどで追い払ってから侵入経路を防ぎましょう。コウモリを追い出さずに隙間を塞いでしまうと、コウモリが暴れまわってしまうので、必ずコウモリを追い払ってから家の隙間を塞ぎましょう。

まとめ

いかがでしたか?コウモリが生息する環境は、私たちが安心して暮らせる安全な家も含まれるというお話でした。糞の被害にあっても、むやみにコウモリは駆除しないようにしましょう。コウモリも鳥獣保護法の対象ですので、場合によっては処罰の対象となります。

コウモリが自宅にやってこないように、今回ご紹介したコウモリ対策をきちんとしていきたいですね。もしもコウモリを自分たちで追い払うことができない場合は、コウモリ駆除のプロに相談しましょう。

コウモリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コウモリ駆除」をご覧ください。

コウモリはすぐさま撃退!
お電話1本で即日対応します
※対応エリアや加盟店によって変わります
コウモリは繁殖力が高いので、被害を発見したらすぐにプロに相談することをおすすめします。駆除だけでなく消毒や侵入経路塞ぎもしてくれます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
天井裏や雨戸の内部、ダクト内部など、どこでも駆除します!
コウモリ駆除 20,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 10:47:27
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_bat/53909/
害獣駆除
夕方になり外が暗くなってくると、よく黒い物体が飛び交うのを見かけます。あの飛んでいる黒い物体、皆さんはなにかわかりますか?「鳥かな?」と考えた方もいらっしゃると思います。実はあの黒い物体は、コウモリなんです。コウモリは体長が5センチほどの小さな生き物で、普段コウモリはどこで暮らしているのでしょうか?今回はそんなコウモリやコウモリの生息地について詳しくお話しさせていただきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 コウモリ駆除

コウモリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

コウモリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!