生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

コウモリの駆除費用の相場ってどれくらいなの?業者選びのポイントは

投稿日:2018-03-07 更新日:2019-04-08

コウモリの駆除費用の相場ってどれくらいなの?業者選びのポイントは

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

勝手に家に住みついたり、夜間飛び回ったりして不快なコウモリ。自分で駆除してしまいたいところですが、そうはいかない理由があります。コウモリは『鳥獣保護管理法』という法律で守られており、許可なく傷つけると罰せられてしまうのです。

追い出すだけであれば大丈夫ですが、相手は生き物。慣れていなければなかなか効果的な対処はしきれないでしょう。本格的な対処となると、やはり業者に依頼した方が安心です。法律にしても駆除技術にしても、プロの経験にまかせた方が無難でしょう。

しかし、業者に依頼するとなると気になるのは、やはりコウモリ駆除の『費用』の問題ではないでしょうか。できるだけ安く、よい業者に依頼するにはどうすればよいのか。この記事では、そんな悩みを解決していきます。

コウモリ駆除業者の費用相場は?

コウモリ駆除の費用相場は、作業内容によって変動します。まずは、その作業内容ごとの相場を見ていきましょう。

コウモリ駆除費用
コウモリ駆除費用(対策場所1か所につき)
項目料金
コウモリ駆除(追い出し)2万~3万円前後
ふんの清掃5,000~1万円前後
消毒作業5,000~1万円前後
侵入口の閉鎖3,000~1万円前後
その他(出張費や高所作業費など)1万円前後~

コウモリ駆除の相場は約3~5万円から!最大数十万円になることも…

上記の表のように、家のコウモリの対策を依頼にかかる費用相場は、合計で約3~5万円からとなります。なお、この費用は対策する場所が1ヶ所のみの場合です。

コウモリの被害場所や侵入口は、家の中に複数ある可能性もあります。それぞれの個所に対処していく場合は当然、比例して費用総額も増えていくでしょう。また、対策する場所の広さや高さによって、金額が上下することもあるため注意が必要です。

一般的な2階建ての住宅の場合でも、調査の結果次第では被害場所や侵入経路が大量に存在することもあります。仮に10ヶ所対処する場合、合計費用が最大約30~50万円、またはそれ以上になることも……。

コウモリ駆除は決められた手順や対策がないのが実情です。そのため業者によっては費用に大きな変動が生まれることも。依頼してから困らないために、まずは必ず見積もりを取って費用の内訳を確認するようにしましょう。

コウモリの駆除をせずに放置していると……

自分で駆除する場合の費用はいくら?

コウモリ駆除は高い費用がかかるため、自分で何とかしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。コウモリは鳥獣保護管理法で守られているとはいっても、過度ではない追い払い対策程度であれば問題はありません。

ここでは、自分でコウモリを追い払う方法と費用を解説していきます。

コウモリ対策の基礎!『侵入口をふさぐ』

コウモリは、数センチのすき間からでも室内に侵入するといわれています。このすき間をふさぐには、金網などを用いる方法がおすすめです。

家のすき間はコウモリ以外の害獣も侵入してしまうことがあるため、見つけ次第ふさぐようにしておきましょう。

コウモリを追い払う『忌避剤』

コウモリを追い払う際には、『忌避剤』を使う方法が一般的です。忌避剤とは害獣や害虫がいやがる成分が入ったもののことで、コウモリ用のものももちろんあります。この忌避剤は市販で購入できるため、一度探してみましょう。

錠剤状のコウモリ忌避剤

錠剤状の忌避剤は、コウモリが生息している場所にまいておくことでその効果を発揮します。効能はじわじわ効くため即効性はありませんが、その持続時間は1か月前後のものが多く、比較的長いことが特徴です。

スプレー状のコウモリ忌避剤

スプレータイプはその形状から非常に扱いやすく、小さなすき間へも薬剤が入り込みやすい点が特徴です。効果の持続時間および液体量はやや少ないことも多いですが、その分早く、よく効きます。

ジェル状のコウモリ忌避剤

ジェルタイプは持続時間が1年以上と長く、忌避効果も強めです。コウモリの侵入口に適切に設置しないとその効果が十分に発揮されないため難易度は高いですが、その分効果も大きいといえるでしょう。

自分でコウモリ対策費用相場

自分でするコウモリ対策の費用は、忌避剤のタイプなどによって変化します。

コウモリ対策グッズの購入費用
グッズ 費用相場
金網2,000円前後
錠剤1箱500~1,000円前後
スプレー1本1,000円前後~
ジェル6,000円前後~

個人の対処にも限界はある?

前述したように、コウモリの対策は自分の力ですることも可能です。しかし、それはコウモリの被害がまだ進行していない場合や、予防段階でのこと。

被害が進行してしまっているような状況では、なかなか個人での対処は難しいかもしれません。根本からコウモリ対策をしたい、という方は、プロの業者に依頼するとよいでしょう。

法律

再三お伝えしているように、コウモリは鳥獣保護管理法で守られています。追い払う程度であれば問題ありませんが、すでに住みつかれてしまっているような状況だと、個人レベルではなかなか追い払えません。

無理に対策しようとして、法に触れてしまわないようにしましょう。

コウモリは戻ってくる

一度家に侵入し住みついたコウモリは、1回や2回追い払ったところで、また戻ってきてしまう可能性が高いでしょう。そのため、仮に追い払えたとしても油断してはいけないのです。

何度も同じ忌避剤などを使用していると、コウモリが慣れて効果が薄くなることもあります。一度追い出したら、侵入口の疑いがある場所をふさいでおきましょう。

とはいえ、侵入口が高所や狭いところにある場合、個人の技術ではどうしてもふさぎきれないことがあります。何度対策してもコウモリ被害にあってしまうという方は、プロの業者に相談してみましょう。

コウモリを自分で駆除できる?その場合の費用は?

コウモリの駆除をせずに放置していると……

コウモリ駆除の費用や対処の難しさを見て、「まだ被害もそれほどではないし、放置しておこう」と思ってはいないでしょうか。コウモリが害獣と呼ばれているのは、不快な見た目以外にも理由があるのです。

ふん害

コウモリは非常に不衛生な生き物で、その体には多くの病原菌を保有しています。普段はなかなか触れることのないコウモリですが、そんなコウモリの一部は私たちの身近に落ちていることもあります。

その一部が、いわゆる『ふん』です。不衛生なコウモリのふんも同様に、大量の病原菌が含まれています。天井裏や軒先などでふんらしきものを見つけたときは、絶対に素手で処理しようとしてはいけません。

またフンが空気中に舞ってしまうと、アレルギーなどの健康被害につながるおそれもあります。それほどまでに、コウモリのふんは不潔で危険なものなのです。

ノミ・ダニ

コウモリが保有している不衛生さは、病原菌だけではありません。その体にはノミやダニが付着していることも多く、侵入されてしまうとノミやダニまで室内に連れ込まれてしまいます。

ノミやダニは人体に与える影響が多く、アレルギー反応を引き起こしてしまうこともあります。一般家庭はもちろん、小さなお子様がいるような家庭はとくに注意しなければなりません。

騒音

夜行性のコウモリは、夜になるとさかんに飛行し、鳴き声を上げます。それらの騒音被害は自分の家のみならず、近所の住民にまで迷惑をかけてしまうのです。

上記のように、コウモリを放置していると最悪の場合、健康被害につながってしまうおそれもあります。コウモリの姿や気配を最近よく見るようなときは、できるだけ早くから対策をしておきましょう。

コウモリの徹底的な駆除をするには、経験と技術が必要です。コウモリ駆除の費用で悩んでいる方も、今後のことを考えると駆除しないデメリットの方が大きいかと思います。次章ではコウモリ駆除の費用を抑える方法や依頼のコツを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

コウモリを自分で駆除できる?その場合の費用は?

コウモリ駆除業者を選ぶときのポイント

「コウモリ駆除の依頼をできるだけ安く済ませたい!」「安心できる業者に依頼したい!」
そう思われている方のために、この章ではコウモリ駆除の費用を安く、かつ安心して依頼するためのポイントを解説していきます。

複数業者の費用を比較して決めよう

コウモリ駆除にかかる費用は、業者に設定金額によって非常にばらつきがあります。そのような状況ではじめから一社にしぼって依頼してしまうと、費用が高いかどうかもわからないでしょう。

まずは、複数の業者の比較が大切です。業者の設定している金額はもちろん、見積もりだけなら無料の業者には見積もりを取ってもらい、どの業者がお得か見比べましょう。

ただし、この金額は決して安ければいいというものではありません。サービス内容はどうか、追加の請求などはないかなど、費用だけではなくその業者のことをしっかり見て決めることが大切です。

コウモリの駆除内容を業者にチェックしよう

コウモリの駆除でおこなう作業は、主に『コウモリの追い出し』、『ふんの清掃・消毒』、『侵入口の閉鎖』などが挙げられます。これらの作業をしっかりしてくれるかの確認ができると、依頼の際の不安も軽減されます。

業者に相談するときに作業内容をきき、見積もりを取って納得できるところを選んでいきましょう。業者によっては高所作業費などが高くつくこともあります。しっかり内訳までチェックすることが大切です。

また、業者の作業実績をみるのも有効です。業者のホームページや依頼ページなどの実績もチェックしておくと、その業者への信頼も高まるでしょう。

アフターフォローがあるとより安心!

コウモリは前述した通り、一度追い払ってもまた戻ってきてしまうことがあります。この現象は、業者が対策したとしても絶対に起きないとはいい切れません。

そのため、業者の中には『保証期間』のようなアフターフォローを設けているところもあります。このようなフォローがある業者であれば、対策後も安心ですね。

まとめ

コウモリの被害は不快な見た目や音だけでなく、私たちの健康をもおびやかすような影響をもたらすこともあります。また、一度コウモリに住みつかれてしまうとその対処はどんどん大変になっていきます。コウモリの気配を感じたら、被害を最小限に抑えるためにも、早めの対策を心がけておきましょう。

コウモリ駆除の費用相場は対策箇所やその個数、作業内容によって大きく変動します。まずは気になる業者に相談し、見積もりを取ってもらいましょう。

この見積もりは、複数の業者から出してもらうとより効果的です。費用や施工内容、アフターフォローの有無をよく比較して、よりよい業者に依頼しましょう。

コウモリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コウモリ駆除」をご覧ください。
(この記事は2019年2月21日に加筆・修正されています)

コウモリはすぐさま撃退!
お電話1本で即日対応します
※対応エリアや加盟店によって変わります
コウモリは繁殖力が高いので、被害を発見したらすぐにプロに相談することをおすすめします。駆除だけでなく消毒や侵入経路塞ぎもしてくれます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
天井裏や雨戸の内部、ダクト内部など、どこでも駆除します!
コウモリ駆除 20,000円(税抜)~
防災グッズプレゼントキャンペーン!

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:しずえ
ガーデニングが趣味。以前プランターに付く害虫に悩まされたことがあり、駆除に効く薬の知識が豊富。分かりやすい言葉で解説できるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
16投票,  平均評価値:3.9

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-04-08 11:29:42
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_bat/45516/
害獣駆除
勝手に家に住みついたり、夜間飛び回ったりして不快なコウモリ。自分で駆除してしまいたいところですが、そうはいかない理由があります。コウモリは『鳥獣保護管理法』という法律で守られており、許可なく傷つけると罰せられてしまうのです。追い出すだけであれば大丈夫ですが、相手は生き物。慣れていなければなかなか効果的な対処はしきれないでしょう。本格的な対処となると、やはり業者に依頼した方が安心です。法律にしても駆...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 コウモリ駆除

コウモリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

コウモリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!