生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

投稿日:2020-03-06 更新日:2020-03-16

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

シロアリ駆除を依頼するなら、駆除をしてから効果が現れる期間や、持続する期間を把握しておきましょう。そうすることで、適切な駆除方法を選ぶときに役立つからです。

この記事では、シロアリ駆除の施工日数とあわせて、シロアリ駆除の効果が持続する日数についてご紹介します。ほかにも、業者を選ぶときのポイントや施工の流れについてもご紹介します。以下の内容を参考にして、シロアリ駆除についての知識を深めてください。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ駆除にかかる施工日数

業者を依頼すると、基本的にはバリア工法かベイト工法と呼ばれる方法で駆除をおこなってくれます。ただし、バリア工法とベイト工法では、どの程度の時間を要するかが異なります。ここでは、それぞれシロアリ駆除の施工日数の目安をご説明します。

バリア工法の場合

バリア工法とは、シロアリが発生しやすい床下の土壌や木材に薬剤を散布して駆除する方法で、即効性が高いのが特徴です。また、後からご説明するベイト工法に比べて、安い費用で施工してもらうことが可能です。

バリア工法の施工時間は15坪で3~5時間程度で、基本的には1日で終了するようです。しかし、床下が狭かったり構造が複雑だったりするとき、被害が深刻化しているとき、温度や湿度が高いときなど、状況によっては施工が2日間に渡ることがあります。また、薬剤を使用するので、施工後も7~10日間はこまめに換気する必要があるようです。

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

ベイト工法の場合

ベイト工法とは、ケースに入った毒エサを地中に埋めてシロアリを駆除する方法です。この方法では、シロアリを巣ごと駆除する効果が期待できます。シロアリには餌を巣まで持ち運ぶ特徴があるので、毒エサを設置しておけば、巣の中にいるシロアリにも毒エサを食べさせることができるからです。

ベイト工法の施工時間は、15坪で2時間程度です。ベイト工法では毒エサを設置するだけと施工が簡単なので、バリア工法よりも短時間で済むようです。ただし、ベイト工法は効果が現れるまでに半年~1年程度時間を要します。施工してからすぐに駆除できるわけではないことを、頭に入れておきましょう。

自分でシロアリ駆除をおこなう場合にかかる施工日数

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

自分でシロアリ駆除をおこなう場合の施工日数の目安は、バリア工法だと15坪で1日~2日程度で、20坪になると3日程度かかることもあるようです。

バリア工法では、天井裏や床下などの入ることの少ない場所で作業をおこなうため、自分でおこなうと時間がかかってしまうのです。また、侵入場所の構造や被害の状態によっては、さらに時間がかかってしまいます。

一方、ベイト工法では、基本的には1日で済ませることができるようです。ベイト工法の場合、シロアリの被害状況や巣を見つける必要がありません。さらに、屋根裏や天井などに侵入する必要もないため、自分で施工しても短時間で済むのです。

シロアリ駆除の効果が持続する日数

一般的な業者では、シロアリ駆除の保証期間を5年間と定めています。保証期間は効果が持続する期間を見込んで設定されているため、シロアリ駆除は5年程度効果が持つと考えるのがよいでしょう。

ちなみに、以前は5年以上効果が持続する薬剤が使用されていました。しかし、環境や人体に悪影響を及ぼすことが報告され、現在では安全性が高い代わりに5年程度で効果が切れる薬剤が使用されているようです。

そのため、シロアリの予防は5年ごとにおこなうことをおすすめします。ただし、駆除から5年経過していなくても環境によってはシロアリがやってくるおそれがあるので、年に1回程度はシロアリ点検をしておくとよいでしょう。

業者への依頼で施工の早さよりも重視すべきポイント

シロアリ駆除業者を選ぶときには、施工の早さ以外にも確認すべきポイントがあります。ここでは、シロアリ駆除業者を選ぶときに重視したいポイントをお伝えします。自分に合った業者を選ぶためにも、以下の内容を参考にしてみてください。

効果のある施工をしてくれる業者を選ぶ

シロアリ駆除は、業者に丁寧な施工をおこなってもらうことで、高い効果が期待できます。丁寧な施工をしてもらうためにも、信頼性のある業者に依頼することは重要です。しかし、「信頼できる業者を見極める方法がわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、業者の実績を確認してみるとよいでしょう。実績が多い業者なら、それだけ多くの人からの支持を得ているということなので、信頼できる業者である可能性が高く、施工も丁寧におこなってくれるでしょう。

保証期間や保証内容を見てから依頼をする

業者によって施工保証がついているかどうかが異なります。万が一施工後に不具合が起きたときのためにも、保証がついている業者に依頼するとよいでしょう。

また、業者によって保証内容や保証期間は異なります。たとえば、シロアリ駆除業者によって、施工後の駆除費用を全額負担してくれるところと、一部のみ負担するところがあります。さらに、保証期間も業者によって5年のところと、それ以上のところがあります。

そのため、保証の有無だけではなく、内容が充実しているか、保証期間は十分に設けられているかなどについても確認しておきましょう。

施工後も定期的なチェックを欠かさない

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

シロアリ駆除をおこなった後は、定期的にシロアリが再発していないかを確認することが大切です。暗くてじめじめしているといったようなシロアリの好む環境であれば、施工後にもシロアリが侵入してきてしまうおそれがあるからです。

業者の中には、施工後に定期的にシロアリ点検を実施してくれる業者もあります。そういった業者に依頼すれば、お得に点検をおこなってもらうことができるでしょう。また、シロアリ駆除についてのプロに見てもらえば、自分でチェックするよりも確実に被害が出ていないかを把握することができるため、安心できるでしょう。

シロアリ駆除の施工の流れ

シロアリ駆除を業者に依頼したい方の中には、施工までの流れが気になる方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここではシロアリ駆除を業者に依頼するときの流れをご紹介します。シロアリ駆除を業者に依頼したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.問い合わせ

業者を選んだら、直接問い合わせをして、シロアリ駆除を依頼したいことを伝えましょう。また、このとき通話口で業者とシロアリ調査をおこなう日程を決定します。そのため、事前に予定が入っていない日を把握しておくとよいでしょう。ちなみに、業者によっては、土日や祝日には対応していないところもあるのでご注意ください。

2.自宅の調査

調査スタッフが依頼者の自宅に訪問し、床下・玄関・天井裏や住宅の周辺を確認します。そうすることで、建物のシロアリの被害状況や建物の構造などを把握することができ、より効果的な施工をおこなうことができるのです。

このとき、依頼者の家族構成や健康状態なども聞かれることがあるようです。病気を患っている方や化学物質に敏感な方、ペットなどは施工方法によっては健康に影響をもたらすおそれがあるので、より安全性の高い方法で駆除する必要があるのです。

3.見積書と調査報告書の受け渡し

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

調査が完了すると、依頼者に見積書や調査報告書が渡されます。そして、調査報告書や撮影された写真を見ながらスタッフがシロアリ被害の状況などを伝え、必要な施工を提案します。

このとき、見積書や調査報告書についてわからないことがあったら質問しておくとよいでしょう。疑問を事前に解決しておくことで、より納得して依頼することができるのです。

4.施工の依頼

調査報告書や見積書を受け取ったら、施工が必要かどうか、また実際に依頼するかどうかを判断しましょう。多くの業者では、調査日当日に依頼するかどうかを判断する必要はないため、納得した施工を受けるためにもじっくりと検討してください。

そして、納得したら業者に施工を依頼しましょう。その後、業者に都合のよい日程を伝え、施工に来てもらう日を決定します。

5.施工

施工を予定していた日に、業者スタッフが訪問します。その後、スタッフが工事の目的や方法についての説明をして、作業場所の養生をして工事をおこないます。

工事が終わると、スタッフが機材の片づけや掃除、工事場所の確認、報告をおこないます。そして、依頼者に請求書と施工報告書が渡され、支払いをしたらすべて完了です。

業者が来る当日までに準備しておいたほうがいいこと

シロアリ駆除を依頼したら、業者が訪問するまでにいくつか準備しておきたいことがあります。そうすることで、業者がスムーズに作業を進めることができるので、調査や駆除にかける時間を短縮できる可能性が高くなるのです。ここからは、業者が来るまでに準備しておきたいことについて解説していきます。

図面を用意しておく

シロアリ駆除の施工日数は?効果が持続するのはどれくらい?

業者を依頼するときには、事前に家の図面を用意しておくことで、調査スタッフが家の隅々まで把握することができます。その結果、被害箇所の予測が立てやすくなるのです。

もちろん、図面がない場合には業者が作成してくれますが、図面を作成するのには家の構造などを調査しなければならないため、時間がかかってしまうのです。当日に作業をスムーズに進めるためにも、できるだけ図面を用意しておくとよいでしょう。

床下点検口を開けられるようにしておく

業者が訪問する前に、床下の点検口の位置を把握しておくとよいでしょう。暗くてじめじめした環境を好むヤマトシロアリやイエシロアリなどの種類は、床下から侵入してくることが多いです。そのため、基本的に業者が点検をおこなうときには、床下に入って侵入経路を確認します。

その際、あらかじめ点検口の位置がわかっていれば、点検口を探す時間を省くことができるため、スムーズに調査が進むのです。

羽アリは保管しておく

「羽アリが自宅に侵入したけど、シロアリかどうか判断できない」という場合には、羽アリを保管しておき、業者に確認してもらうことをおすすめします。シロアリについて詳しい業者に羽アリをみせれば、シロアリかどうかを見極めてもらうことができるのです。

また、もし「虫が苦手で手で触るのは嫌」という方がいれば、テープなどで張り付けて捕まえるのがよいでしょう。

シロアリ駆除の日数に関するQ&A

シロアリが発生したら、適切に対処しないと被害を悪化させてしまうことがあります。そうならないためにも、シロアリ駆除に関する正しい知識を身につけておきましょう。しかし、シロアリ駆除について疑問を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、シロアリ駆除に関するよくある疑問と、その解答をご紹介します。

Q.バリア工法とベイト工法はどちらを選んだらいい?

駆除方法はバリア工法とベイト工法があり、どちらを選ぶべきかは予算や要望、シロアリの種類によって異なります。予算を抑えたい方は、費用が安いバリア工法を選ぶとよいでしょう。安全性の高いものを選びたい方は、人間や犬、猫に影響をもたらさないベイト工法を選ぶのがおすすめです。

さらに、床下から侵入してくるヤマトシロアリやイエシロアリを駆除したいときは、バリア工法を選ぶのがよいでしょう。このほかに国内に生息するアメリカカンザイシロアリは、被害箇所の特定が難しくどちらの工法がいいとはいえないので、業者に相談するとよいでしょう。

Q.新築から5年が経ったらシロアリがいなくても施工は必要?

新築から5年経過したら、シロアリが発生しなくても予防工事をおこなったほうがよいでしょう。

シロアリ駆除・予防のために散布した薬剤は、ずっと効果が続くわけではなく、5年程度で切れるといわれています。そのため、薬剤の効果が切れたまま放置しておくと、すぐにシロアリ被害を受けることはなくても、いずれシロアリがやってくるおそれがあるのです。

Q.依頼をしてから業者が来てくれるまでの日数は?

依頼をしてから業者が来てくれるまでの日数は、業者や申込み状況によって異なります。そのため、業者に直接お問い合わせください。

ちなみに、シロアリ駆除は5月~7月くらいが繁忙期だといわれているので、申込みが多くなりやすく、日数が伸びる可能性が高いでしょう。この期間にシロアリ駆除を申し込みたいという方は、なるべく早く依頼しておくことをおすすめします。

Q.シロアリが出たらすぐに依頼しないと危険?

シロアリの被害を最小限に抑えるためには駆除は早いほうがよいですが、1日でも早く駆除しようと焦って業者を探す必要はありません。シロアリの被害は数日単位ではなく年単位で進行していくため、駆除の日程が数日異なるからといって被害状況が大きく変わるわけではないからです。

むしろ、業者を焦って探すと、自分に合った業者を見つけられずサービスや料金に納得できないおそれがあります。そうならないためにも、業者選びは時間をかけておこないましょう。

まとめ

シロアリ駆除を依頼するなら、シロアリ駆除にかかる日数だけではなく、保証内容などのさまざまなポイントを考慮して選びましょう。また、確実な効果を得たいなら、シロアリ駆除はDIYではなく、プロの業者に依頼するのがおすすめです。シロアリ駆除には専門的な知識や技術が必要となるため、自分でおこなうのは難しいのです。

弊社では、シロアリ駆除業者をご紹介します。弊社は24時間受付対応をしているので、すぐにご相談いただくことが可能です。業者選びにお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:26:28
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/190902/
害虫駆除
シロアリ駆除を依頼するなら、駆除をしてから効果が現れる期間や、持続する期間を把握しておきましょう。そうすることで、適切な駆除方法を選ぶときに役立つからです。この記事では、シロアリ駆除の施工日数とあわせて、シロアリ駆除の効果が持続する日数についてご紹介します。ほかにも、業者を選ぶときのポイントや施工の流れについてもご紹介します。以下の内容を参考にして、シロアリ駆除についての知識を深めてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!