生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

投稿日:2020-02-24 更新日:2020-03-16

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

もし家で羽アリのふんを発見してしまったら、自宅がシロアリの被害に遭っているおそれがあります。まずは自宅にシロアリ被害がないか確認してみましょう。もしシロアリ被害を受けていたら、適切な駆除が必要となっていきます。

そこでこの記事では、羽アリのふんを発見したときの対処法について見ていきます。優良なシロアリ業者を選ぶポイントについても紹介するので、ご覧ください。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

羽アリのふんが見つかった際に疑わないといけないこと

羽アリの姿を見ていなくても地面に落ちたふんを発見したら、シロアリの発生や自宅や近所への被害も疑わなくてはいけません。羽アリがいないからといって放置しておくと、被害が大きくなってしまったり、近隣とのトラブルに発展してしまったりするでしょう。ここでは、羽アリのふんを発見したときにチェックするポイントについて紹介します。

屋内にシロアリが発生しているかどうか

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

羽アリのふんを発見した場所が屋内か屋外かも重要なポイントです。羽アリのふんが家の中にある場合、自宅の中でシロアリが発生しているおそれがあります。ふんや木くずがかたまって落ちている部分はシロアリが潜んでいることがあるのです。駆除の際に業者に場所を伝えるときちんと点検してくれるでしょう。

住居にダメージを負っていないかどうか

羽アリのふんを発見したら、自宅にシロアリの被害がないかも確認しておく必要があります。なぜなら、ふんがあるということでは、すでに自宅の建材や家財を食害しているおそれがあるからです。

壁を叩いてみるなど自分で確認する方法もあります。しかし、自分では見えない部分が被害を受けている場合があるので、業者に調査してもらうのがおすすめです。

羽アリで近所迷惑になっていないかどうか

羽アリのふんが落ちているということは、すでに家から飛び立った後かもしれません。そのため、羽アリが近所の家にも出没していることも考えられるでしょう。羽アリが飛んだからといって直接被害につながることは少ないですが、近所の方から話を聞いておくのも大切です。

羽アリのふんを見つけた際にチェックしたい場所

羽アリのふんがあるということは、自宅にシロアリが住み着いているかもしれません。そのため、シロアリが発生しそうな場所をチェックしてみましょう。この章では、羽アリのふんを見つけたらチェックしておきたい場所について紹介します。

湿気の多い場所

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

シロアリは、ジメジメした暗い場所を好んで生息していることが多いです。そのため、床下やキッチン、お風呂などの水回りなどをチェックしてみるとよいでしょう。とくに床下は一定の温度が保たれたジメジメした場所なので、もっともシロアリが発生しやすい場所といえるかもしれません。

ほかにも、雨などで水分を持ち込みやすい玄関や庭に植えてある木などにも発生しやすいので、一緒にチェックしておくと安心です。

木材の多い場所

木材が多い場所も調べておく必要があります。シロアリは木材をえさとしているため、木材が多いところに自然と集まってくるのです。とくに常に雨風にさらされるウッドデッキや庭の枕木などは湿っているため、より食害されやすくなっています。

また、木製の家具などを食害するシロアリもいるので、室内の家具回りも確認しておくようにしましょう。

以前シロアリが出現した場所

以前シロアリが発生した場所も調べてみてください。シロアリがもともといた場所は、気温や湿気などシロアリが住みやすい環境が整っていることも多いでしょう。

そのため、一度駆除しても環境が改善されなければ残念ながら再発してしまうこともあるのです。被害を最小限に抑えるためにも、もう一度チェックしてみてください。

輸入家具

最近では、インターネットなどを利用しておしゃれな輸入家具を購入される方も多いかもしれません。しかし、輸入家具の中にもアメリカカンザイシロアリと呼ばれる乾いた木材を食べるシロアリが潜んでいる場合があるのです。

そのまま放置すれば、お気に入りの家具も内部はボロボロにされもろくなってしまいます。そのため、輸入家具の周辺に木くずがないか、羽が落ちていないかなどもチェックしておきましょう。

羽アリのふんを見つけた際に殺虫剤を噴霧してよいのか

羽アリのふんの近くに羽アリの姿を発見したら、とっさに殺虫剤を噴射してしまう方が多いのではないでしょうか。羽アリに薬を噴霧(ふんむ)して駆除することはできますが、リスクが大きいとされています。この章では、羽アリに殺虫剤を噴霧してもよいのかについて見ていきましょう。

できる限り避けるのが大事

羽アリの姿を見つけると気持ち悪さから殺虫剤を手に取ってしまいがちです。しかし、殺虫剤で羽アリを駆除することはあまりおすすめできません。たしかに目の前にいる羽アリは駆除できるかもしれませんが、家具や木材の中に潜んでいるシロアリまで駆除するのは難しいでしょう。

むしろ、殺虫剤に気づき遠くに逃げ出してしまいます。そうなれば、シロアリはあちこちに分散してしまい、かえって被害を広範囲に広げてしまうおそれがあるのです。

対処するとしても掃除機で羽アリを吸って応急処置がベター

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

殺虫剤が使えないからといって、近くにいる羽アリをそのままにしておけないという方がほとんどでしょう。そんなときは掃除機で羽アリを吸い込んだり、発生箇所にビニール袋をかぶせたりして応急処置をしておくのがおすすめです。

すべての羽アリを駆除できるわけではありませんが、一時的に目に見える羽アリを少なくすることはできるでしょう。

羽アリ・シロアリ駆除は業者に依頼するのがおすすめ

羽アリやシロアリが自宅に発生していることがわかったら、自分で駆除するより業者に依頼するとよいでしょう。なぜなら、自分ではすべての羽アリやシロアリを駆除するのは難しいからです。プロの力を借りて、徹底的に駆除することで再発のリスクも少なくなるでしょう。

羽アリ・シロアリの駆除からその後のフォローをおこなってくれるのが魅力的

業者に依頼する際は駆除だけでなく、アフターフォローが充実しているところを選ぶようにしてください。アフターフォローがある業者は駆除後も年に1回程度、点検をおこない再発がないか確認してくれます。また、条件付きかもしれませんが、もし再発してしまったとしても無料で駆除してくれるでしょう。

アフターフォローがない業者だと、再発による駆除費用はすべて自分で負担しなくてはなりません。平均的な保証期間は5年ほどなので、ひとつの目安としてみてください。

健康被害を避けられるのがポイント

シロアリを駆除するときに使う薬剤の安全性も重要です。業者がシロアリを駆除するときは、薬剤の散布をおこなうことが多いでしょう。しかし、小さなお子様やペットがいる家庭は、その薬剤は人体に影響がないのか気になりますよね。

最近では人体や自然にも優しい薬剤を使用している業者が多いですが、事前に使用する薬剤について聞いておくとよいでしょう。健康被害のない安全な薬剤を使用するとわかれば、安心感にもつながります。

羽アリ・シロアリ予防のアドバイスをもらえるチャンス

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

シロアリ駆除を業者に依頼することで、羽アリやシロアリに対する今後の予防策についてもアドバイスしてもらえるというのもメリットのひとつです。やはり、実績のあるシロアリ駆除業者は、シロアリに関する知識なども豊富に持っています。

そのため、駆除後に自分でできる予防策についても教えてもらうことができるでしょう。プロからのアドバイスであれば、効果的にシロアリ予防をおこなうことができるはずです。

住居の被害状況を把握できるのがポイント

業者に依頼すれば、実際にどの程度シロアリ被害を受けているのかご自身の目で確認することができます。シロアリの発生源の多くは暗く狭い床下であり、自分で状況を確認するのは非常に難しく手間のかかる作業です。

しかし、業者依頼なら作業員が床下に入って被害場所を写真に収めてくれたり、カメラ付きのロボットなどを使って実際に被害状況を見せてくれたりします。被害の状況についてもわかりやすく説明してくれるので、自分でもしっかり現状を把握することができるでしょう。

たとえ羽アリのふんがクロアリであっても対処が必要

地面に落ちていた羽アリのふんがシロアリではなく、クロアリだとわかっても安心してはいけません。なぜなら、クロアリの羽アリが発生している場所には、シロアリがいるかもしれないからです。

クロアリは、シロアリをえさとして食しています。そのため、シロアリが集まっているところにクロアリも寄ってくる傾向にあるのです。もし羽アリがクロアリであっても、シロアリがいないか調査してもらうことをおすすめします。

羽アリのふんを見つけた際に求められる行動

羽アリのふんを発見したら、適切な対処が必要です。放置しておくと大きな二次被害を生むおそれもあるため、早めに行動しましょう。ここでは、羽アリのふんを発見したら求められる5つの行動について紹介します。スムーズな対処が被害やトラブルを抑えることにつながるでしょう。

家の掃除

羽アリのふんを発見したらシロアリ被害に要注意!羽アリの出現により考えられる問題

羽アリのふんを発見したら、家の掃除をすることが大切です。地面のふんや木くずはもちろんのこと、家の周りに置いてあるものも片付けておくとよいでしょう。たとえば、床下の通気口の前にものが置いてあれば、床下の風通しが悪くなりシロアリが住みやすい環境を作ってしまっているおそれがあります。

また、ガーデニング用に枕木なども外に放置したままにしておけば、湿気を帯びてシロアリのえさ場と化してしまうでしょう。このようなことがないように家や周辺をきれいに掃除して、シロアリが住み着かない環境を整えておいてください。

近所で羽アリもしくはシロアリが発生したかを調査

家の近所で羽アリやシロアリが発生していないか情報収集しておくのもおすすめです。家が近い分、似た環境が作られていて、シロアリにとって住みやすい環境ができている可能性はあります。

また、近所で羽アリを見かけたという情報があれば、すでに自分の家にもシロアリが発生している場合もあるので、業者に依頼して一度調査してもらう必要があるでしょう。

羽アリ駆除・家の修繕費用の用意

羽アリ駆除を業者に依頼する場合、駆除費用に加え、被害の状況によっては家の修繕費用も準備しておかなくてはなりません。駆除費用の相場は1坪あたり5,000~10,000円ほどとなっていますが、家の修繕費用は被害状況によって大きく異なります。

詳しい費用を知るには、業者に見積りを依頼するとよいでしょう。見積りは現地調査をおこなってから出してくれるので、正式な契約前に料金を知ることができます。作業終了までに費用を用意できるので、安心でしょう。

近所の方からの苦情の対応

羽アリが自宅から発生しているとなると、近所から苦情を受けることがあります。しかし、巣ごと移動するということは難しいといったことから、自宅にいたシロアリが近所の家に被害を及ぼすことは考えにくいといわれています。

おそらく近所の家にもともとシロアリが住み着いていて被害を及ぼしている可能性が高いため、点検をおすすめしてみてください。生活110番では、無料で現地調査をおこなっています。シロアリ駆除のプロがくまなく点検しますので、ご近所様とともにご利用になってはいかがでしょうか。

近隣住民と羽アリ・シロアリ対策の話し合い

自宅だけでなく、近隣の家にも羽アリやシロアリが発生している場合、その地域がシロアリの住み着きやすい環境になっているおそれがあります。そのため自分の家だけでなく、近隣住民同士で話し合って、解決策を見出していく必要があるでしょう。

また、駆除にかかる費用などは誰が支払うかなどでもめることもあるため、第三者を交えて話すとよいかもしれません。

まとめ

もし自宅で羽アリのふんを発見したら、家にシロアリがいないか、自宅や近所への被害を確認してみてください。シロアリは暗く湿気があり木材が豊富な場所に生息しているため、家の床下などを調べてみるとよいかもしれません。

もし自宅がシロアリ被害を受けているようであれば、業者に依頼して駆除してもらいましょう。生活110番にご依頼いただければ、優秀なシロアリ駆除業者を紹介させていただきます。駆除後は、シロアリに住み着かれないように防蟻剤を散布するなどして環境を整えましょう。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:32:15
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/189214/
害虫駆除
もし家で羽アリのふんを発見してしまったら、自宅がシロアリの被害に遭っているおそれがあります。まずは自宅にシロアリ被害がないか確認してみましょう。もしシロアリ被害を受けていたら、適切な駆除が必要となっていきます。そこでこの記事では、羽アリのふんを発見したときの対処法について見ていきます。優良なシロアリ業者を選ぶポイントについても紹介するので、ご覧ください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!