生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ被害の初期症状まとめ!症状があれば本格的に調査をしよう

投稿日:2019-02-13 更新日:2019-02-13

シロアリ被害の初期症状まとめ!症状があれば本格的に調査をしよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

シロアリの被害は、普段の生活において大変身近です。大切な家や家財を食べ荒らし、場合によっては家屋の破損や倒壊の原因ともなります。

シロアリの被害を未然に防ぐには、その生態や発生箇所をきちんと的確に把握することです。このコラムではシロアリ被害を未然に防ぎ、被害を最低限にするための方法に関して解説していきます。

シロアリの初期症状は、目立った被害がないからと言って放置しておくことが、大きな被害へとつながっていくかもしれません。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ被害の初期症状①:部屋の中に出る症状

シロアリの被害は、大変深刻な影響を生活圏に及ぼします。被害を最小限にとどめるには、初期症状をきちんと理解して、スピーディーな解決を目指していくべきです。ここからはシロアリ被害の初期症状を場所ごとに確認していきましょう。

まずは、部屋など人間の直接的な居住エリアで確認できる被害です。家の中には、複数の木製でできた家具があるはずです。その家具に自分では覚えのない、キズや破損が確認できたら、それはシロアリの被害が屋内に及んでいる証拠です。

また家の強度などにおいて、とても大切な部材である木製の柱にもキズが確認できるようになったら、シロアリ被害を疑ってみましょう。ほかにも、シロアリは湿気の多い場所を好みますので、浴室や水回りの外観に異変を感じたらシロアリ被害の可能性も考えられます。

シロアリ被害の初期症状②:床下に出る症状

シロアリの被害は、屋内の目に見えるところでだけであれば、比較的早期に発見をして、適切な解決をすることも可能となります。しかし、シロアリの被害は、普段の生活の中では簡単に確認できない床下にも及びます。

床下部分でのシロアリの被害は、建物の耐久性にも影響を与えます。屋内でシロアリ発生の初期症状が感じられたら、家の床下も意識して確認してはいかがでしょうか。床下の木材でできた基礎の部分が劣化し、食い荒らされているような痕跡が確認できたらシロアリが、自宅にいる可能性が大変高くなります。

シロアリ被害の初期症状③:建物のまわりに出る症状

シロアリの被害は、家の内外のさまざまな場所で確認できます。普段から、生活圏の中でシロアリ被害の初期症状を確認しても、シロアリがどのような侵入経路で自宅内部に侵入してくるかは、なかなかわからないかも知れません。

シロアリの被害は建物の外側に残る、シロアリの痕跡で知ることができます。蟻道(ぎどう)という言葉は普段はききなれない言葉かも知れません。これはアリが移動した後に残る痕跡です。この蟻道は普段は家の床下につくられることが多いですが、環境次第では、床下以外にもこのような蟻道はつくられます。

湿度の多い場所であれば配水管周辺などにも、このような蟻道は確認されます。家の周辺部にある日突然、蟻道を発見することとなったような場合には、蟻道の後を確実に確認していきましょう。屋内にまで続くような蟻道の場合ですと早急な対策を講じなければなりません。

シロアリ被害の初期症状③:建物のまわりに出る症状

シロアリの種類によって初期症状が変わることも

シロアリも他の生物と同じように、一つの種類だけではありません。さまざまな個体が存在し、それによってシロアリ被害の初期症状も変わってきます。ここからは、カンザイシロアリと呼ばれるシロアリの生態と、その被害に関して触れていきます。

カンザイシロアリの身体的なポイントですが、他のシロアリよりも体長が大きいです。カンザイシロアリは、その名称からもわかるとおり、乾いた材料(乾材)を好んで食する傾向があります。そのため、木製の家具や、家の柱などは大変大きな被害を受けやすくなります。

また、他のシロアリに比べて乾燥に強いので、冬場などでも被害が発生する可能性が高いのです。また巣をつくる能力が乏しいので、家屋への侵入経路は、自宅に搬入された資材などに限られます。

しかし、巣が特定しにくいぶん、発生時には原因を簡単になくすことが難しいということにもなりかねません。家でカンザイシロアリを発見したら、はやめに業者に連絡をして対処方法を考えていきましょう。

シロアリ被害の初期症状がみられるなら本格的な調査に移ろう

シロアリの被害は家屋に対して大きな影響を及ぼします。普段から、適切なシロアリ対策をしておくことで、家具や家をシロアリの被害から守っていくことができます。

しかし、シロアリの巣や侵入経路を早期に発見して、最適な処置をほどこすことはなかなか難しいかも知れません。発見から処置まで時間をかけすぎることで、シロアリの被害が広範に及ぶことも十分に考えられます。

早めの対応を検討するなら、業者に相談をして調査をしてもらいましょう。問題の解決をしっかりと考えるならば、排除をすることが大切です。

シロアリの初期症状が確認できたら、複数の業者にあたりをつけてみることが大切です。複数の業者に依頼することで、費用面を比較し、より安全且つ安心してシロアリ対策が可能となります。

シロアリ被害の初期症状がみられるなら本格的な調査に移ろう

まとめ

シロアリの被害はさまざまです。普段の生活の中で、家の中の家財道具を食べ、また床下などを知らないうちに劣化させることも考えられます。シロアリは、発見次第速やかな処理を考えましょう。

被害を発見したタイミングが初期ではなく、建物の見えないところで被害が発生しているような場合も十分に考えられます。また見た目は似ていますが、シロアリにもさまざまな種類が存在し、被害も異なります。

そのため、素人が独自判断でシロアリ対策をしても、効果が限定的な場合も多いのです。シロアリの初期症状を確認して、侵入経路やまた巣の場所が特定できないならば、業者に詳細な調査を依頼してみてはいかがでしょうか。

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-13 15:55:16
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/132185/
害虫駆除
シロアリの被害は、普段の生活において大変身近です。大切な家や家財を食べ荒らし、場合によっては家屋の破損や倒壊の原因ともなります。シロアリの被害を未然に防ぐには、その生態や発生箇所をきちんと的確に把握することです。このコラムではシロアリ被害を未然に防ぎ、被害を最低限にするための方法に関して解説していきます。シロアリの初期症状は、目立った被害がないからと言って放置しておくことが、大きな被害へとつながっ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!