生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

大量発生!タカラダニを駆除するにはどうしたらいい?予防法もご紹介

投稿日:2018-02-24 更新日:2020-02-13

大量発生!タカラダニを駆除するにはどうしたらいい?予防法もご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家の中や外の道など、さまざま場所で小さくて赤い虫を見かけたことはありませんか?
コンクリートの隙間から大量に発生したり、家の庭やブロック塀などに生息したりと見かける機会も意外と多い虫です。体は小さいですが毒々しい赤色をしているため、うじゃうじゃと動いている様子は想像しただけでも気持ち悪いものですよね。

実はこの小さな赤い虫、「タカラダニ」というダニの一種なのです。

このコラムでは、そんなタカラダニの生態や発生した場所別の対策についてご紹介します。タカラダニを適切に駆除・予防するためにも、ぜひ参考にしてみてください!

タカラダニってどんな虫?

タカラダニがダニの一種ということは冒頭でふれましたが、ほかにどのような特徴があるのか気になりますよね。ここでは、気になるタカラダニの生態や人間へ与える害についての知識を深めていきましょう。

まずはタカラダニの生態を理解!

タカラダニは赤い色のからだと無数に生えた毛が特徴的な虫です。体長は約1mm~2.7mmと小さいですが、ほかのダニよりも比較的大型なので肉眼で見ることができます。世界中のいたるところに生息しており、とくにコンクリートの隙間やベランダなどでよく見られます。動きは早いほうで、窓や扉が閉まっていてもほんのわずかな隙間があれば室内に侵入することもあります。

タカラダニは産卵期である4~6月にかけて、1~20個ほど卵を産みます。6月は梅雨入りのため湿気やカビが発生しやすくなりますが、これらはダニにとって過ごしやすい環境。より多くのタカラダニがこの時期に卵を産むのです。これが大量発生の原因につながっています。

実はタカラダニの生態についてはまだまだ解明されていない未知の部分があります。そんな謎多き虫ですが、油断していると大量発生することもあるのでわかる範囲で知識を蓄えていきましょう。

タカラダニは人間を刺さないダニ!

見た目が気持ち悪いタカラダニですが、人間を刺すことはありません。また、犬や猫などのペットを刺すこともないので安心です。その理由は、タカラダニは哺乳類を刺して血を吸ったり寄生したりすることがないからです。

しかし、タカラダニの体液が皮膚に付着すると湿疹やかゆみの原因となります。さらに、ほかのダニと同様にアレルギーを発症してしまうこともあります。そのためタカラダニをうっかり素手でつぶしてしまうことのないよう、注意が必要です。また、衣類や布団などについているタカラダニをつぶすと赤い液体が衣類ににじんでしまうので、洗って清潔な状態にしておきましょう。

タカラダニは何をエサにしているの?

タカラダニは雑食で、花粉や小さな虫をエサとして生活しています。またコケの生えている場所を好み、住みかにすることがあります。自宅でコケがたくさん生えている場所があるなら要注意です。また花粉も外壁や衣類などいろいろなところに付着するため、しっかりと除去する必要があります。詳しい対策については4章でご紹介しますね。

タカラダニの特徴がわかったら、つぎはタカラダニが大量発生したときの対策についてみていきましょう。

      タカラダニってどんな虫?大量発生する理由とは

タカラダニが大量発生!おこないたい対策・外壁編

タカラダニが外壁やベランダなど家の外で大量発生している場合、どのような対策をとったらいいのでしょうか。以下で適切な駆除方法をご紹介します。

水や高圧洗浄機で一気に流す

タカラダニは水に弱いので、水をかけられると死んでしまいます。そのため、高圧洗浄機を使うとより多くのタカラダニを駆除することができ、それと同時にタカラダニのエサである花粉も一緒に流すことができます。

もし高圧洗浄機がない場合は、ホースやバケツで水を流すことで駆除できます。また、ブラシやスポンジで擦ると花粉も一緒に落とすことができます。

市販の殺虫剤を使う

タカラダニは小さくて弱いため、市販の殺虫剤でも十分駆除することが可能です。ただし小さく軽いことから、噴射した勢いでタカラダニが吹き飛んでしまうこともあるため注意が必要です。もし吹き飛んでしまった場合は、水で洗い流すかガムテープなどの粘着剤で取り除きましょう。

できるだけ殺虫剤は使いたくないという方もいるかもしれません。そんな方は、水に洗剤を少し混ぜたものをタカラダニにかけることで駆除できます。

クモを放つ

タカラダニの天敵であるクモを放つことで、クモがタカラダニを捕食し、駆除してくれます。クモもタカラダニと同じく見た目は気持ち悪いですが、このように益虫としての面もあるのでうまく利用するといいでしょう。しかし、クモが苦手な方にはおすすめできません。

タカラダニが大量発生!おこないたい対策・室内編

続いては、タカラダニが室内に大量発生している場合の駆除方法についてご紹介します。

コロコロで退治

コロコロの粘着剤を利用して取り除きましょう。ガムテープであれば外でも使えるのでおすすめです。取り除く際は、力加減に十分に注意してタカラダニ自体をなるべくつぶさないようにしましょう。つぶしてしまうと、じゅうたんやソファの場合は赤い液体がしみ込んでしまうので要注意です。

掃除機で吸い込む

掃除機で吸うだけなので手軽にタカラダニを駆除できます。吸われたタカラダニは紙パックの中に集まるので、必ず処分するようにしましょう。掃除機を使えばタカラダニを誤ってつぶすことがない上に、駆除後のタカラダニの姿を見なくて済みます。また、室内の掃除ついでにできるのでおすすめの方法です。

ダニ用のマットを置く

ダニ用マットはダニ専用の駆除グッズです。これはダニの好むにおいでダニを粘着剤のあるマット内部へ引き寄せる仕組みで、タカラダニにも効果があります。

使い方は、タカラダニを見かけた場所や発生しそうな場所にダニ用マットを置くだけです。タカラダニが引っかかったことを確認したら処分します。

タカラダニの駆除方法をいくつかご紹介しましたが、自分で手軽にできそうなものが多かったことと思います。タカラダニを確実に駆除するためには、ひとつの方法にしぼるよりいくつかの方法を合わせておこなうといいでしょう。

      タカラダニの駆除方法5選!コツをつかんできれいに駆除しよう<

タカラダニを予防するための対策は?

タカラダニを駆除した後は、必ず再発予防のための対策をとることが重要です。では、一体どのような対策をとったらいいのでしょうか。以下で詳しくご紹介します。

殺虫剤や薬剤をまく

駆除したタカラダニが過去に生息していた場所には、ほかのタカラダニやタカラダニの卵が残っている可能性があります。そのため、タカラダニが過去に発生した場所やタカラダニの発生しそうな場所に殺虫剤や薬剤をまいておきましょう。また、薬剤は残留性のあるものを使うと効果が持続するのでおすすめです。

コケを除去する

コケはタカラダニの住みかになるため、家の敷地内にある場合は確実に除去するようにしましょう。コケを除去する方法には、コケ取りや熱湯、塩素系の漂白剤を使うなどさまざまな方法があります。コケが少ないのであればコケ取りを、コケが広範囲にある場合は熱湯や漂白剤を使うのがおすすめです。コケの場所や範囲によって、より適した除去方法を選んでみてください。

花粉を除去する

花粉はタカラダニのエサなので、タカラダニは花粉を求めて近づいてくることになります。そのため、できるだけ花粉がない状態にする必要があります。飛んできた花粉は外壁など家の周辺に付着することが多いので、屋外の掃除を定期的におこなうようにしましょう。高圧洗浄機を使うのがおすすめですが、ホースやバケツを使う場合はブラシやスポンジで擦るようにしてください。

      タカラダニを駆除したら、しっかり再発予防を!

駆除しても再発!?確実な予防は外壁洗浄・防水も

これまでご紹介した方法でタカラダニを駆除・予防しても、再発する可能性がまったくないとはいえません。タカラダニは繁殖力が非常に高いので、完璧に駆除するのはなかなか難しいものです。また、高所など手の届かない場所に生息している可能性もあるため、自分で駆除できる範囲も限られてきます。

そこで確実な予防策としておすすめなのが、外壁洗浄です。「カビやコケの再発防止に!バイオ洗浄で根こそぎ汚れを落としきる! 」では、専用の洗浄剤を使って汚れを落とす「バイオ洗浄」についてご紹介しています。外壁にタカラダニが発生している方や外壁の汚れが気になるという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

外壁洗浄に加えて、外壁防水処理をして繁殖する環境を取り除くのもおすすめです。「雨風の影響を受けやすい外壁の防水は重要!どんな防水方法があるの?」では、外壁防水をおこなうタイミングや外壁防水の方法について詳しくご紹介しています。長年風雨にさらされ外壁の劣化が目立ってきたという方は、ぜひ目を通してみてください。

外壁を洗浄・防水することは、タカラダニの再発予防になるだけでなく外壁のひび割れや雨漏りを防ぐことにもつながります。また、外壁にタカラダニが発生しなくなれば室内に侵入することもなくなるでしょう。

まとめ

赤い虫の正体であるタカラダニの生態や駆除方法についてご紹介してきました。タカラダニは4月~6月にかけて繁殖し、外壁や室内にその姿を現します。大量発生することもありますが、人間やペットを刺すことはないので安心して駆除と予防をおこなってくださいね。

もしタカラダニが外壁に発生している場合、その外壁にタカラダニのエサである花粉やコケが付着しているかもしれないので、しっかりと落とすようにしましょう。また、外壁の汚れが目立つ場合は洗浄や防水を検討してみるといいでしょう。タカラダニの発生を防ぐために、できることから始めてみてくださいね。

(この記事は2019年5月15日に加筆・修正しています)

衛生害虫を迅速に駆除!
現地調査、お見積り無料
※対応エリアや加盟店によって変わります
衛生害虫は増殖スピードがとても速いので、被害が拡大する前にプロに徹底駆除してもらいましょう!子供やペットがいるご家庭でも安心な駆除方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ノミ、ダニ、トコジラミ(南京虫)などの衛生害虫を駆除!
衛生害虫駆除 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
126投票,  平均評価値:4.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 12:54:23
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_sanitary_insect/40668/
害虫駆除
家の中や外の道など、さまざま場所で小さくて赤い虫を見かけたことはありませんか?コンクリートの隙間から大量に発生したり、家の庭やブロック塀などに生息したりと見かける機会も意外と多い虫です。体は小さいですが毒々しい赤色をしているため、うじゃうじゃと動いている様子は想像しただけでも気持ち悪いものですよね。実はこの小さな赤い虫、「タカラダニ」というダニの一種なのです。このコラムでは、そんなタカラダニの生態...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ダニ・ノミ・トコジラミ駆除

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!