生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ムカデに似た虫ゲジゲジに危険はない?家から遠ざけるゲジゲジ対策

投稿日:2018-02-22 更新日:2020-02-13

ムカデに似た虫ゲジゲジに危険はない?家から遠ざけるゲジゲジ対策

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ゲジゲジは多くの脚をもっており素早い動きを見せる姿が気味悪がられる虫です。ときどき家の中に侵入しては私たちを驚かすこともあります。

ゲジゲジはなぜ家の中に侵入してくるのでしょうか。また、ゲジゲジが近くにいて危険があったら対処したいですよね。ゲジゲジが私たちの生活に乱入するのはなぜかを生態を知ることで見ていきましょう。そして後半ではゲジゲジ対策を紹介します。

ゲジゲジとは

体長よりも長い触角をもち、成虫は30本の脚をもっており、動きは素早く滑るように徘徊します。ゲジゲジの脚は取れやすく鳥などに襲われたときに囮として切り離すようです。脚を切り離したとしても脱皮をすることで再生することができます。しかし脱皮できる回数には限りがあり何度でも再生させ得られるわけではないようです。

ムカデなどのほかの多足類とは異なり複眼を持っています。全国的に生息しており、活動時期は3月から11月ごろのようです。ゴキブリなどの衛生害虫を食べるため益虫としての一面があります。

      ゲジゲジとは

ゲジゲジが入ってくる原因は?

ゲジゲジはムカデと同じく暗くて湿気のある隙間を好みます。そのため、家の中では床下や畳の裏といった場所に入り込むことがあるでしょう。ゲジゲジは人間が玄関などを開け閉めするわずかなスキに忍び込んだり、ひび割れなどの小さな隙間からも入り込んだりします。

家には意識していないだけで外につながる経路が意外とあります。床下や天井裏にある通気口、浴室やキッチンの換気口、室外機につながるホースを通す壁穴などゲジゲジ対策をしなければならない場所はたくさんあるのです。

      ゲジゲジが入ってくる原因は?

ゲジゲジが人間に及ぼす害は?

ムカデの仲間ですが、臆病な性格でキレイ好きで病原菌を運ぶことも少ないため、基本的に人間に害を及ぼすことはありません。ただし多数の足をもった見た目や素早い動きから気持ち悪がられることが多いため不快害虫に分類されています。見た目が嫌でなければゲジゲジ対策をする必要はないかもしれませんね。

ムカデの仲間なので毒は持っているものの毒性は弱いといわれています。しかしあまり研究もされていないようなので、噛まれた場合にはすぐに医療機関を受診してください。

自分でできるゲジゲジ対策4選

積極的に攻撃をしてこないゲジゲジですが、できればあまり見かけたくありません。ゲジゲジが家に寄り付かないように対策しましょう。

ゲジゲジの生息しやすい場所を減らす

ゲジゲジをよく見かける植木鉢の下、レンガや石の下などといった家の周りには液体タイプや粉タイプの殺虫剤を環境に合わせて撒きましょう。ベランダなど殺虫剤を撒きにくい場所にはスプレー式の殺虫剤が使いやすいです。雨が降ったあとや殺虫剤を撒いて1か月たったあとは、再び殺虫剤を撒くことでゲジゲジの侵入を持続的に妨げます。

窓枠や玄関ドアの側面といったふだん開け閉めする場所の隙間にも殺虫剤をスプレーしておくとゲジゲジ対策になります。

また、草むらなどが家の周囲にあれば雑草を処理することでも生息場所を減らせます。

外につながる隙間を塞ぐ

床下や天井裏にある通気口や浴室やキッチンの換気口、家のひび割れなど小さな隙間があれば入り込んでしまいます。ひび割れや室外機のホースを通す壁穴など塞いでしまっても困らない隙間は、パテやコーキング材を使って塞いでしまいましょう。

換気扇など塞ぐことができない場所には、周囲に殺虫剤を撒いて隙間に近寄れなくしましょう。

エサとなる虫を減らす

ゲジゲジは心地よいすみかとしてだけでなく、餌場としても家を利用しています。ゴキブリなどのゲジゲジの好物が家の中で繁殖していると餌を求めてゲジゲジが寄ってきやすくなります。ゲジゲジ対策として餌となる虫の駆除も行いましょう。

ゲジゲジが現れてしまったときは

殺虫剤をかければすぐに死んでしまうので、ムカデのように専用の殺虫剤を用意する必要はありません。

      自分でできるゲジゲジ対策4選

ゲジゲジ対策で侵入経路をふさげない場合は業者に依頼も

ゲジゲジ対策が自分たちの手に負えなくなったときは害虫駆除業者に依頼してみましょう。

ゲジゲジやムカデの駆除を依頼するときの相場は80平米の3LDKに住む家庭を想定した場合「25,000円~100,000円」ほどです。害虫駆除をする範囲などにより幅が広くなっています。業者に依頼するときに確かめておくと安心できるのが以下の点です。

電話対応がしっかりしているか

電話対応が悪い業者では印象が悪く信頼できません。また、こちらの要望の相談もしづらくなります。

見積もり内容や金額が明快か

施工前に金額がしっかりと判明していないと、追加料金が上乗せされるなど駆除後に思わぬ金額を請求される場合があります。お互いが納得した金額で行ってもらえるか確認しましょう。

アフターフォローがあるか

再び害虫が発生したときにもアフターフォローがしっかりしていれば相談しやすいです。また、保証期間を設けている業者であれば料金が安くなるなどお得な点もあります。

まとめ

ゲジゲジは見た目からくる心理的不快感以外には大きな危害は与えてこず、ゴキブリなどの衛生害虫を食べてくれる益虫です。しかし家の中に侵入されて徘徊されると嫌な気持ちになるのも確かです。積極的に駆除をしないとしても、ゲジゲジ対策を施して家に侵入されないようにしましょう。

ゲジゲジを家から遠ざけるには、家に入る前に撒いておいた殺虫剤で退治するか侵入経路を塞いでしまうこと、餌となる虫を退治するといった方法があります。しかしゲジゲジは小さな隙間からも侵入してくるため、どんなに対策をしても追いつかないことがあります。

自分たちではうまく対策できないと感じたときには害虫駆除業者に依頼すると、綿密な対策を行ってくれます。

衛生害虫を迅速に駆除!
現地調査、お見積り無料
※対応エリアや加盟店によって変わります
衛生害虫は増殖スピードがとても速いので、被害が拡大する前にプロに徹底駆除してもらいましょう!子供やペットがいるご家庭でも安心な駆除方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ノミ、ダニ、トコジラミ(南京虫)などの衛生害虫を駆除!
衛生害虫駆除 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 13:23:52
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_sanitary_insect/40338/
害虫駆除
ゲジゲジは多くの脚をもっており素早い動きを見せる姿が気味悪がられる虫です。ときどき家の中に侵入しては私たちを驚かすこともあります。ゲジゲジはなぜ家の中に侵入してくるのでしょうか。また、ゲジゲジが近くにいて危険があったら対処したいですよね。ゲジゲジが私たちの生活に乱入するのはなぜかを生態を知ることで見ていきましょう。そして後半ではゲジゲジ対策を紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ダニ・ノミ・トコジラミ駆除

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!