生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

縦ハゼ葺きと瓦棒葺きの違いはなに?屋根のカバー工法についても紹介

投稿日:2018-07-05 更新日:2018-09-27

縦ハゼ葺きと瓦棒葺きの違いはなに?屋根のカバー工法についても紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

屋根にはさまざまな種類の屋根材や葺き方があることをご存じでしょうか。現在日本では瓦屋根でなく、金属屋根が人気となっています。そのほかにも、さまざまな種類の葺き方がでてきています。

屋根の葺き方によって建物の景観が変わってくるので、自分たちにあった屋根の葺き方を知っておくといいですね。今回は「縦ハゼ葺き」についてのメリットとデメリット、屋根をリフォームする際におすすめする「カバー工法」についてご紹介いたします。

屋根工事のおすすめサービス

縦ハゼ葺きとは?瓦棒葺きとの違い

屋根材にはさまざまな種類の材質があり、形状も材質によって異なります。日本の家といえば瓦屋根という時代ではなくなり、現在では金属材を利用した金属屋根が人気です。見た目をスタイリッシュに仕上げたいのであれば、金属屋根にするのがおすすめです。

金属材にはガルバリウム、ステンレス、銅、チタンなどの素材があります。この金属材を利用した葺き工法にはいくつかの種類があり、今回は2つの葺き工法をご紹介いたします。

瓦棒葺き工法

屋根の流れにそって取り付けられた木材(瓦棒心木)をつなぎ目として、金属板を組み合わせているのが瓦棒葺き工法です。つなぎ目が少なく、緩やかな傾斜でも施工が可能なため人気の工法です。

縦ハゼ葺き工法

屋根の流れにそって金属板を揃え、両端のハゼ部分を締め付けて組み合わせる工法です。縦ハゼ葺き工法は瓦棒葺き工法と違って、木材を利用しない葺き工法です。そのため木が腐ってしまうなどの心配がありません。

縦ハゼ葺きとは?瓦棒葺きとの違い

縦ハゼ葺きのメリットデメリット

最近では縦ハゼ葺き工法の屋根に人気がでてきていますが、縦ハゼ葺きにはメリットとデメリットがあります。屋根の施工を考えている際は、メリットとデメリットを踏まえて業者に依頼をすることが大切です。

メリット

・耐震性がある
金属屋根は他の屋根材と比べると軽量なので、耐震性に優れています。

・メンテナンス性が高い
金属だけで屋根を構成しているため、木を腐らせるなどの心配がなくメンテナンス性が高いです。

・緩い勾配でも葺くことが可能
他の屋根材と違って、緩い勾配で葺くことができます。雨漏りが気になる際の改修工事におすすめです。

・加工した屋根にできる
ドーム型やアーチ型などの屋根にすることができます。

デメリット

・断熱性が低い
金属屋根で熱を吸収しやすいため、断熱性は他の屋根材に比べると低いです。縦ハゼ葺きにするときは、屋根裏に断熱材や遮熱シートを利用することが必要になります。

・防音性が低い
金属屋根のため、雨のときは雨の音が屋根から響いて聞こえることがあります。防音性を高めるには、防音材や遮音シートを一緒に張る方法が有効です。

・錆びることがある
沿岸の地域の方は金属屋根の場合だと、錆びやすい傾向にあるため注意が必要です。錆びている部分を放置してしまうと、屋根に穴が開いてしまう可能性があります。

縦ハゼ葺きのメリットデメリット

縦ハゼ葺きリフォームならカバー工法

縦ハゼ葺き屋根などの屋根をリフォームするときは、「屋根葺き替え工事」と「屋根カバー工法」の2つの方法があります 。屋根葺き替え工法は、屋根材をすべて替えることになるため、料金が高くなることがあります。少しでも料金を抑えたい場合は、屋根カバー工法がおすすめです。

カバー工法とは

カバー工法とは、現在使用しているストレート瓦やカラーベストの上に、金属屋根を重ねる工法です。「重ね葺き」「被せ張り」ともいわれており、屋根材をすべて替えることなく屋根のリフォームができます。

ただ、日本瓦やトタン屋根など、種類によってカバー工法でリフォームができないことがあり、既存屋根の劣化が激しい場合や大きな損傷があるときもできない場合があります。
カバー工法で依頼をする際は、事前にリフォームできるかどうかを確認しておく必要があります。
 

メリット

・工事費用を抑える
屋根葺き替え工事をするときは、屋根を撤去する費用や廃材費用などさまざまな費用がかかってきます。カバー工法では費用をあまりかけることなく、リフォームすることができます。

・工事が短期間でできる
屋根を撤去する作業がないため、屋根葺き替え工事よりも工事期間が短い期間ですることができます。
 

デメリット

・屋根が重くなる
カバー工法は既存しているストレート瓦やカラーベストの上から金属屋根を重ねる工法のため、リフォーム前と比べて屋根が重くなってしまいます。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

屋根の葺き方はさまざまな種類があり、金属屋根を使用した縦ハゼ葺きは木材を使用していないため、メンテナンス性にも優れています。また、他の屋根材と比べると軽いため、耐震性にも優れているため人気の葺き工法です。

金属屋根は雨の音が響いてしまったり、断熱性が低いことがデメリットではありますが、屋根裏に遮音シートを張ったり、断熱材を使用することで対策をとることができます。屋根を工事する際に一緒に作業することをおすすめします。

屋根のリフォームを考えている場合には、カバー工法でリフォームすることで費用が抑えることができ、短期間で工事することが可能です。工事工程は業者によって異なることがあるため、事前に確認をしておくことが大切です。

また、カバー工法でリフォームができない種類や、屋根の劣化によってカバー工法ができない場合もあります。その際は依頼をする前に、事前に相談してみましょう。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
屋根工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 12:45:35
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_roof/95576/
外壁・屋根
屋根にはさまざまな種類の屋根材や葺き方があることをご存じでしょうか。現在日本では瓦屋根でなく、金属屋根が人気となっています。そのほかにも、さまざまな種類の葺き方がでてきています。屋根の葺き方によって建物の景観が変わってくるので、自分たちにあった屋根の葺き方を知っておくといいですね。今回は「縦ハゼ葺き」についてのメリットとデメリット、屋根をリフォームする際におすすめする「カバー工法」についてご紹介い...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 屋根工事

屋根工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!