生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット死亡後の処理を解説│遺体の安置・火葬方法・届出・業者選び

投稿日:2020-01-08 更新日:2020-01-08

ペット死亡後の処理を解説│遺体の安置・火葬方法・届出・業者選び

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

犬や猫のようなペットの死亡後の処理には、葬儀や届出などさまざまなことがあるため、何をどうしたらよいのか困惑してしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、ペットが亡くなってしまったときはすぐに、ペットの遺体を安置してください。

動物の遺体は死後硬直が始まったり、数日で傷んだりしてしまいます。そのため、早めに遺体の形を整えて冷却しておく必要があるのです。この記事でご紹介する内容を参考に、ペットの遺体を安置して、葬儀や供養について考えていきましょう。

ペットの死亡処理でまずおこなうことは遺体の安置

ペットの死亡後の処理でまずおこなうことは、遺体の安置です。動物の遺体は、死後約2時間で死後硬直が始まります。死後硬直が始まると遺体の形が整えられず、棺に遺体をきれいに納められなくなってしまうことがあります。ペットが亡くなったら早めに遺体を楽な体勢に整えて、安置しましょう。

【1】遺体の形を整える

手足が伸びていたら曲げてあげたり、目が開いていたら閉じてあげたりしてください。また、遺体のお清めとして、毛並みをブラシでとかしてあげたり、ぬれタオルなどで汚れをふいてあげたりしましょう。遺体の口元やおしりからは、体液が出てくることがあります。そのときは、ぬれタオルなどできれいにふいてあげてください。

【2】安置に必要なものを用意する

遺体の形を整えてきれいにしたら、安置に必要なものを用意します。ペット用の棺を販売している業者もありますが、ダンボール箱で代用できます。ダンボール箱を使う場合、タオルや毛布、保冷剤、ティッシュやガーゼを用意してください。また、体液の漏れが心配な方は、ペットシートを数枚準備しておきましょう。

【3】棺に遺体を納める

安置に必要なものが準備できたら、棺のかわりとしてダンボールに遺体を納めます。まずは、ダンボールの底にペットシート、その上にタオルや毛布を敷き、遺体を置きます。そして、腹部を中心に保冷剤をあて、遺体を冷やしてください。

遺体を安置する場所は、できる限り日当たりが弱く、涼しい場所がよいです。また、夏場であれば冷房を使用し、室温を20度以下に保つようにしてください。

ペット死亡後の処理を解説│遺体の安置・火葬方法・届出・業者選び

安置できる期間の目安

ペットの遺体を安置できる期間は、ここでご紹介した方法の場合、夏場では1日から2日、冬場では2日から3日が目安となります。そのため、この期間内に火葬を手配しなくてはなりません。次の『火葬は希望するお見送り・供養の方法を選びましょう』で、火葬について詳しくみていきましょう。

火葬は希望するお見送り・供養の方法を選びましょう

ペットの死亡後の処理で安置のつぎにおこなうのが、火葬の手配です。ペット火葬の方法はいくつかあり、どのような形でお見送りや供養をしてあげたいかによって、適した火葬方法は異なります。それぞれの火葬方法について知り、ご希望に沿う方法を選択しましょう。

【火葬方法1】合同火葬

「合同火葬」とは、ほかのペットと合同で火葬する方法です。そのため、遺骨の返却はなく、火葬後は基本的にほかのペットと一緒にペット霊園などにまつられます。また、火葬の立ち会いはできません。

のちほごご紹介する「個別一任火葬」や「個別立ち会い火葬」に比べて費用が安く、自分で遺骨を供養しない点が特徴です。そのため、シンプルな葬儀を希望される方に選択されることが多い方法です。

また、民間のペット葬儀業者だけでなく地方自治体の環境事業所による火葬も、一般的にこの方法にあたります。

【火葬方法2】個別一任火葬

「個別一任火葬」はペットごとに個別で火葬する方法であるため、遺骨は返却されます。しかし、遺体の引き渡し後のながれは葬儀業者に一任されるため、立ち会いはできません。遺骨の返却は望むけれども、火葬の立ち会いは望まない方に向いている方法です。

【火葬方法3】個別立ち会い火葬

「個別立ち会い火葬」はペットごとに個別で火葬する方法で、火葬の立ち会いができます。そのため、葬儀の最初から最後までを見守っていたい方や、ご自身でお骨拾いをしてあげたい方に向いている方法です。

また、火葬場まで足を運ぶのが難しい方や自宅近辺で葬儀を希望される方のために、車にペット専用の炉を搭載した火葬車で自宅まで来てもらえる訪問火葬といった方法もあります。

火葬後の供養のしかた

火葬後に遺骨が返却される場合、遺骨を自宅の庭に埋葬したり、ペット霊園の墓地に納骨したりして供養できます。また、遺骨の一部を加工し、アクセサリーをつくるサービスをおこなっている業者もあります。このように、遺骨の返却がある火葬方法では、さまざまな供養の選択肢があります。

いっぽう、合同火葬のように遺骨の返却がない場合、遺骨はペット霊園などに合同でまつられるのが一般的であるため、形に残る供養は難しいです。そのかわり、ペットの生前の写真や好きだったペットフードなどを用意し、自宅に祭壇のようなものをつくってあげる方もいらっしゃるようです。

ペット死亡後の処理を解説│遺体の安置・火葬方法・届出・業者選び

犬の場合は死亡届の提出が必要

亡くなったペットが犬である場合、亡くなった日から30日以内に自治体へ死亡届を提出する必要があります。自治体によって違いはありますが、一般的に、自治体の窓口で手続きをおこないます。手続きには所定の届出書類のほかに、犬の登録鑑札と狂犬病予防注射済票が必要となります。詳細は、自治体のホームページで確認するようにしましょう。

犬・猫などのペット火葬を依頼する業者の選びかた・料金相場

ペットの死亡後の処理として安置をし、火葬を手配するまでの期間はわずか数日です。そのため、ペット葬儀の業者を選ぶ際に、じっくりと検討するのは難しいかもしれません。しかし、希望に沿う葬儀や供養をかなえるためには、信頼できる業者を選んでください。そのために、業者選びで大切なポイントや火葬料金の相場について知っておきましょう。

業者選びで大切なポイント

ペット葬儀の業者を選ぶ際に大切なポイントは、業者のホームページにプランの詳細や料金がきちんと記載されているかです。さきほどの『火葬は希望するお見送り・供養の方法を選びましょう』でご紹介したとおり、ペット火葬にはいくつか種類があります。

そのため、どんな方法で火葬するか、遺骨の返却はあるのか、追加料金が発生する項目はないか、などをしっかり確認するようにしましょう。

また、葬儀の相談をする際に、疑問や不安に対して丁寧に説明してくれるかも重要なポイントです。希望する形で葬儀や供養をするために、お問い合わせや相談の際には、スタッフの対応が丁寧かどうかに注目してみてください。

火葬料金の相場

ペット火葬の料金相場は、火葬方法やペットの大きさなどで変動します。しかし、なかには相場料金から大幅に安かったり高かったりする業者もみられます。適正な料金であるかを判断するために、ここでは一般的な料金相場をご紹介いたします。例として、5kg程度の小型犬や猫の場合、料金相場はこのようになります。

・合同火葬:15,000円~25,000円程度
・個別一任火葬:25,000円~40,000円程度
・個別立ち会い火葬:35,000円~60,000円程度

実際の料金を把握するには、業者に問い合わせて事前見積もりをとってもらう必要があります。気になる業者を見つけたら、無料で見積もりをとってもらえるか相談してみてはいかがでしょうか。

ペット火葬について弊社にご相談ください

弊社では、お客様のご希望の葬儀や供養をかなえられるよう、お客様にあったサービスや業者をご紹介いたします。事前見積もりを提示し、お客様にご納得していただいてからご依頼をうけたまわります。そのため、後になって思わぬ追加料金が発生する心配がありません。

また、弊社は24時間お電話でのご相談を受け付けているので、休日や深夜にペットが亡くなってしまったときでも火葬の手配を進められます。ペットの火葬をお考えの方は、ぜひ弊社へご連絡ください。

ペット死亡後の処理を解説│遺体の安置・火葬方法・届出・業者選び

まとめ

ペットの死亡後の処理としてまずおこなうのが、遺体の安置です。死後硬直が始まるまでに遺体を整え、棺に遺体を納めて冷却しましょう。遺体を安置できるのは数日間で、その間に火葬の手配を進める必要があります。

ペット火葬には一般的に、合同火葬、個別一任火葬、個別立ち会い火葬という3つの方法があります。どのような形でペットを見送ってあげたいか、供養してあげたいかによって適切な方法が異なるので、それぞれの方法について十分理解して検討しましょう。

弊社では、ペット葬儀のご相談を受け付けています。プランについての質問や、無料見積もりの依頼など、お気軽にご相談ください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-08 13:59:25
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/182268/
ペット
犬や猫のようなペットの死亡後の処理には、葬儀や届出などさまざまなことがあるため、何をどうしたらよいのか困惑してしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、ペットが亡くなってしまったときはすぐに、ペットの遺体を安置してください。動物の遺体は死後硬直が始まったり、数日で傷んだりしてしまいます。そのため、早めに遺体の形を整えて冷却しておく必要があるのです。この記事でご紹介する内容を参考に、ペットの遺体を安置...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!