生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

庭の整地はトンボで平らにするとよし!芝張り前の整地方法とは

投稿日:2019-08-28 更新日:2019-08-28

庭の整地はトンボで平らにするとよし!芝張り前の整地方法とは

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

何もない殺風景な庭も、芝生を張るだけで緑豊かになり、明るい印象を与えてくれます。また、芝生には天然芝や人工芝などの種類があり、好みによって楽しむことができます。しかし、きれいな芝生を張る前には、トンボなどの道具を使って整地しなくてはなりません。

そこでこの記事では、庭の整地をトンボでおこなう方法や芝生の張り方についてご紹介します。正しい整地の手順を知ることで、緑一面のきれいな芝生を張ることができるでしょう。

芝生を張る前に庭の整地をしよう

きれいに芝生を張るためには、まず下地を平らにする整地作業をしなくてはなりません。デコボコになっている庭もしっかり整地して、平らに整えてあげることで、元気な芝生を育てることにもつながるのです。ここでは、芝生を張る前の整地の必要性と、整地に使う道具について紹介します。

整地が必要な理由

芝生を張る前に整地しなくてはならない理由は、土地のデコボコが芝生に多大な悪影響を与えるからです。まず、わかりやすい悪影響として、芝生を張ったときの見た目です。下地がデコボコした状態で芝生を張っても、同じようにデコボコしていびつな庭に見えてしまいます。

デコボコな芝生は、芝刈りの際も上手く長さをそろえることができず、お手入れが難しくなるのです。さらにへこんだ下地には水がたまりやすくなり、根が腐ってしまうこともあります。そのため、芝生を張る前には全体が平らになるように、整地しなくてはならないのです。

整地に必要なおもな道具

庭の整地には、トンボ以外にもたくさんの道具が必要です。以下の道具を準備してから整地作業に取り掛かるようにしましょう。

【最低限準備しておきたい道具】
・スコップ:土を掘って耕したり、へこみを埋めたりするための道具
・目土・目砂:へこみを埋めたり、水はけのよい土にしたりするもの
・トンボ:土を平らにするための道具
・レーキ:土に混じった石や雑草をひっかき、取り除くための道具
・ローラー・転圧機(板でも代用可):土を押し固めるための道具
・土ふるい:石などが入らないように目土をかける道具
・軍手:ケガの防止や汚れ防止

庭の整地はトンボで平らにするとよし!芝張り前の整地方法とは

【あると便利!用意したら役立つ道具】
・バケツ:目土を持ち歩くときに役立つ
・小さめのスコップ:小さなへこみを埋めるための道具
・鎌:手で抜けない雑草があるときに使用する
・一輪車:不要な石や雑草を集めて持ち運ぶのに便利
・除草剤:雑草の量が多いときや手で取り切れない場合は散布する
・砕石:大きなへこみがあるときは砕石で埋めるとよい
・肥料:整地のときに土に混ぜ込むと、芝生の生育がよくなる

これだけの道具を準備しておけば、庭の整地をきれいにおこなうことができます。庭の状態から判断して、必要なものを準備してから臨みましょう。

庭の整地①トンボを使って地面を平らに

まずは、庭の状態を見てどのように整地すれば平らになるか判断しましょう。庭に雑草が目立つ場合は取り除き、必要であれば除草剤で駆除します。また、大きな石が転がっている場合も下地のデコボコの原因になってしまうため、取り除きましょう。

次に、下地にデコボコが多い場合や土が固まってしまっている場合は、全体を10~15cmほどスコップなどで掘り返してから整地作業をおこないます。肥料をまく場合は、耕すときに一緒に混ぜ込んでいきます。

また、全体に目土をまいて土壌改善する場合は、耕したあとにおこないましょう。部分的にへこみや盛り上がりがあるところは、スコップを使って土を削るか目土を入れて平らにしていくのです。

庭の整地は、トンボを前後に動かして平らになるよう、均していきます。このとき、ゆるやかな勾配をつけておくのがポイントです。勾配のない土地にしてしまうと水が流れにくくなるため、水たまりができ根腐れの原因になってしまうおそれがあります。

庭の整地が甘いと、きれいに芝生が張れないといった支障がでてきます。広い庭だと大変な作業になりますが、丁寧におこなうのがきれいな芝生を張るコツです。自分でおこなうのは大変だという方は、業者に依頼してみるとよいでしょう。

庭の整地はトンボで平らにするとよし!芝張り前の整地方法とは

庭の整地⓶転圧機を使って土を固める

庭の整地をトンボでおこない、平らに均したら押し固める転圧作業に移ります。転圧するには、ローラーや転圧機などを使うと楽に作業することができるでしょう。しかし、ローラーや転圧機は、どこの家庭にもあるものではありません。1日2,000~3,000円ほどでレンタルすることもできるようなので、利用してみるのもおすすめです。

転圧機の扱いに慣れていない方は、足などを挟まないように安全靴などを着用するようにしましょう。費用を抑えたいという方は、板を使ったり足で踏みしめたりして代用することもできますが、時間もかかり地道な作業となるでしょう。

下地全体を転圧したら、へこみや盛り上がりがないか、平らな板やトンボを使って確認してみてください。へこみがあったら目土を入れて、高い部分は削るなど、調節しながら転圧を繰り返し平らにしていきます。歩いて足跡が残っている部分は、トンボを使って均してください。

下地がしっかりと固まって平らになったら、転圧作業は終了です。転圧機を使えばより早くしっかりと固めることができます。しかし、転圧機の使用も危険を伴うため、あまり作業に自信のない方は業者依頼がおすすめです。

芝張りの業者は整地作業にも慣れているため、失敗のない庭づくりをすることができるはずです。生活110番では、整地の技術も優れた業者をご紹介しています。業者選びに困ったら、ぜひ生活110番を利用してみてください。

整地した庭に芝生を張ろう

庭の整地をトンボなどでしっかりおこなったら、次はいよいよ芝張りです。芝生には四季折々の変化を楽しめる天然芝と、1年中緑を楽しむことのできる人工芝があります。ご自身の好みに合わせて選び、芝張りをしてみましょう。

天然芝の張り方

景色の変化を楽しむことができる天然芝は、除草剤をまいたり、肥料を与えたりといった日々のメンテンスが必要になります。しかし、はじめにかかる費用は安く、お手入れがゆき届いていれば、長期間芝生の庭を楽しむことができるのです。

また、隙間なく芝生を張る平張りや3cmほど隙間をあける目地張り、市松模様のように交互に張っていく市松張りなどがあり、張り方によっては費用を削減することも可能です。

天然芝の詳しい張り方は「芝張りはDIYでお手軽に!芝の選び方からお手入れまで一挙ご紹介」 を参考してみてください。

人工芝の張り方

1年中枯れることのない人工芝は、芝刈りなどのメンテナンスが必要ないため、簡単に管理することができます。しかし、天然芝に比べて初期費用が高く、7~10年ほどで色があせたり劣化したりしてくるため張り替えなくてはなりません。

人工芝は、道具をそろえて正しい手順でおこなえば、自分でも張ることができます。人工芝の詳しい張り方は、「自分で手軽に庭づくり!人工芝をDIYで施工するポイントや方法を解説」 をご覧ください。
庭の整地はトンボで平らにするとよし!芝張り前の整地方法とは

まとめ

きれいな芝生の庭を楽しむためには、整地は欠かせない作業です。デコボコした庭の整地には、トンボなどを使って平らにし、水はけをよくするために勾配をつけて仕上げるのがポイントです。

トンボで均したあとは、しっかり転圧をして押し固めましょう。転圧は足や板などでも代用できますが、転圧機が便利です。しかし、転圧機の使用に慣れていない方は、足を挟んでしまうなどのけがのおそれもあります。作業に自信がない方は、業者にまかせてみてもよいかもしれません。業者に依頼することで、きれいな仕上がりにも期待できるでしょう。

芝張りは下地作りが重要
現地調査、事前見積もり無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。
芝張り 平米 2,500円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-28 15:38:09
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_turf/160301/
お庭
何もない殺風景な庭も、芝生を張るだけで緑豊かになり、明るい印象を与えてくれます。また、芝生には天然芝や人工芝などの種類があり、好みによって楽しむことができます。しかし、きれいな芝生を張る前には、トンボなどの道具を使って整地しなくてはなりません。そこでこの記事では、庭の整地をトンボでおこなう方法や芝生の張り方についてご紹介します。正しい整地の手順を知ることで、緑一面のきれいな芝生を張ることができるで...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 芝張り

芝張りのお問い合わせ・ご相談はこちら

芝張りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!