生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的にチェック!漏電ブレーカーのテストボタンを押してみましょう

2019-03-18

定期的にチェック!漏電ブレーカーのテストボタンを押してみましょう

この記事は30994人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

過剰な電力使用を察知すると自動的に電力を遮断するブレーカーですが、漏電が起きた際にも電力供給を遮断する機能もあります。しかし、経年劣化などによって漏電ブレーカーが正しく機能しない可能性も考えられます。そうなると漏電を防ぐことができなくなってしまうので、定期的な点検が必要になってくるでしょう。

そんなときに役に立つのが、漏電ブレーカーに備えられたテストボタンなのです。月に一度は正常にブレーカーが機能するかをチェックしておけば、もしものときに漏電ブレーカーが動かない、なんて事態を避けることができるはずです。

今回のコラムでは、漏電ブレーカーのテストボタンについて解説していきます。漏電は電気火災にも発展する危険な状態なので、しっかり対策をしておくようにしましょう。

危険な感電事故を防ぐ漏電ブレーカー

電気が目に見えない以上、漏電が起きても一目で判断するのは難しいです。漏電に気付かずに電化製品に触れてしまい、感電事故を引き起こしてしまうケースも容易に想像できるでしょう。漏電による事故を防ぐのも、ブレーカーの役割のひとつなのです。

漏電ブレーカーの仕組み

ブレーカーには、電気会社と契約した電気容量を超えると電力供給を遮断する「アンペアブレーカー」、各部屋の電力の安全を管理する「安全ブレーカー」、そして漏電の発生を探知して電力を遮断する「漏電ブレーカー」の3種類があります。

漏電が発生すると、本来電化製品などに流れるはずだった電気が別の場所に流出するようになります。そうなると、ブレーカーに戻ってくる電力は必然的に少なくなってしまうでしょう。漏電ブレーカーはその電力の差を感知することで漏電を察知し、電気を遮断するのです。

もし漏電ブレーカーが動作しないと、感電事故が発生するおそれがあります。お風呂に入っているときや洗いものをしているときに感電してしまうと、死につながる危険さえあるでしょう。そうした事態を避けるために、漏電ブレーカーにはテストボタンが備えられているのです。

      漏電ブレーカーの中にボタンがあります

テストボタンの使い方

漏電ブレーカーのテストボタンは、漏電が発生した際にブレーカーが確実に動作するかのテストをおこなうためのボタンとなっています。正常に機能しているかを定期的にチェックできるように、扱い方を把握しておきましょう。

メーカーによって形状や配置が異なりますが、漏電ブレーカーには「テスト」と記された押しボタンがあります。これがテストボタンです。また、その付近に押し込まれているボタンがありますが、こちらは「漏電表示ボタン」となっています。

テストボタンの使い方

漏電ブレーカーが「入」になっていることを確認して、テストボタンを押してみましょう。もし漏電ブレーカーが正常に機能している場合は、押し込まれていた漏電表示ボタンが飛び出し、ご家庭の電気も切れるはずです。

漏電ブレーカーに異常がないことを確認したら、電力を復旧させましょう。漏電表示ボタンを押し戻した後で、漏電ブレーカーのつまみを上に戻せば、電気が点くはずです。つまみが真ん中で止まってしまっている際は、一度つまみを下に降ろした後で上に上げるようにしましょう。

なお、近年の機種だと、つまみ部分を戻した時点で漏電表示ボタンも押し込まれた状態に戻ることが多いです。それだけでなく、機種によってはこのボタン自体がない場合もあります。

ブレーカーが故障している可能性も

漏電ブレーカーのテストボタンを押しても何も起きない場合は、テストボタンもしくは漏電ブレーカー自体が故障している可能性があります。いざというときに漏電ブレーカーが作動しないと感電事故のリスクを背負うことになるので、電気工事の業者に点検を依頼してください。

なお、ブレーカーの寿命は一般的に約13年だとされています。詳しくは「分電盤工事のタイミングと費用ってどのくらい?分電盤の寿命と工事について 」でまとめてありますので、合わせてぜひお読みください。

実際に漏電が発生したらどうすればいい?

漏電ブレーカーのテストボタンを用いることで、正常に機能しているかどうかをチェックできることがわかりました。では、実際に漏電が発生した場合は、どうやって漏電の原因を突き止めることができるのでしょうか。

漏電箇所の見つけ方

漏電ブレーカーが落ちている場合、まずは安全ブレーカーをすべて「切」の状態にしましょう。それができたら、漏電ブレーカーを「入」にしたうえで安全ブレーカーをひとつずつ「入」にしていきます。漏電が起きている部屋の安全ブレーカーが「入」になると、漏電ブレーカーがまた落ちるはずです。

漏電が起きている部屋を見つけることができたら、その部屋のブレーカーが落ちていることを確認したうえで、部屋にあるコンセントをすべて引き抜いておきましょう。その状態でブレーカーを「入」にしても何も起きない場合は、電化製品のどれかが漏電を起こしているということになります。

自分で配線を触るのは厳禁!

漏電が発生した場合、電化製品ではなく配線が原因となっているケースもあります。どうにか直せないかと考える方もいるかもしれませんが、間違っても自分で何とかしようとは考えてはいけません。「電気工事士」の資格をもっていない人が配線に触れることは、法律で禁止されているからです。

電気配線で漏電が起きていると判断できたら、資格をもっていない限りは業者に修理を依頼するようにしてください。

      正しく作動しなかったら

漏電ブレーカー以外の漏電対策も忘れずに

感電事故や電気火災からご家庭を守ってくれる漏電ブレーカーですが、日ごろから漏電ブレーカーのお世話にならないよう、漏電対策を心がけましょう。

電気コードを折ったり曲げたり、束ねた状態で使わない

電気コードを折ったり曲げたりして束ねていると、コードに負荷がかかって電気火災の原因となってしまいます。使用中のコードは曲げたり折ったりしないようにしましょう。また、電気コードを整理する際は、円を描くように巻くと安全です。
 

プラグやコンセントを定期的に掃除する

電気火災でとくに警戒すべきなのが「トラッキング現象」です。プラグ部分にほこりが溜まることで漏電が発生して火の手が上がるこの現象は、漏電ブレーカーでも反応できません。家の人がいない間にも起きることがあるので、プラグやコンセントにはほこりを溜めないようにしましょう。
 

濡れた手で電化製品を使わない

感電事故に遭った際、どれだけの影響を受けるかは電気抵抗の大きさによって変わります。元より人体は電気を通しやすいのですが、皮膚が濡れた状態だと電気抵抗がより小さくなってしまうのです。もし濡れた手で感電事故に遭うと、致命的な影響を受ける可能性が大きく高まるでしょう。
 

害獣対策をしっかりする

屋内に住み着いたネズミなどの害獣は、電気コードをかじってしまうことがあります。電気コードを覆う絶縁体が破られると漏電は避けられないので、コードカバーで覆ったり害獣対策をしたりするなどして、電気コードをかじられないようにしましょう。
 

アースは必ずやっておこう

漏電対策でもっとも大切なのが、「接地工事」もとい「アース」でしょう。電化製品のアース線をコンセントに備えられたアース端子に接続することで、漏電によって発生した電気が地面に流れてくれるのです。水回りや湿気の多いところでは、家電のアースの取り付けが義務となっています。

最初に漏電ブレーカーの仕組みを簡単に説明しましたが、漏電ブレーカーが漏電の発生に気付くには、漏電した電流がアースから地面へ逃げている必要があります。つまり、漏電ブレーカーがうまく機能するにはアースが必要不可欠なのです。ですので、アースは必ずおこなっておきましょう。

なお、アース線とアース端子の接続は誰でも可能ですが、ご家庭によってはアース端子がないコンセントもあるかもしれません。アース端子の取り付けも電気工事に数えられるので、無資格での工事は法律違反となってしまいます。ですので、この場合も電気工事の業者に依頼をするのがよいでしょう。

まとめ

漏電ブレーカーのテストボタン、実は使ったことがないという方も多かったのではないでしょうか。漏電は命の危険にまで及びかねない危険な事故なので、日ごろからきちんと予防・対策をしておきましょう。

漏電ブレーカーの故障に気付いたら、早めの交換が必要となります。しかし、無資格での工事は非常に危険なので、決してやらないようにしてください。テストしてもうまく動かなかった場合は、業者にブレーカーの点検や修理をお願いするようにしましょう。

漏電改修の依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「漏電改修」をご覧ください。
(この記事は2019年3月15日に加筆・修正しています)

漏電は火災の原因に!
電話対応は24時間受付
※対応エリアや加盟店によって変わります
漏電すると放電によって火花が発生します。火花がほこりなどに引火すると火災につながることも。漏電を疑ったら、すぐにプロに相談しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
コンセント、電化製品、漏電遮断器の修理もおこなっています
漏電改修 6,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
40投票,  平均評価値:2.9

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-18 10:56:28
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_short_circuit/20315/
各種電気工事
過剰な電力使用を察知すると自動的に電力を遮断するブレーカーですが、漏電が起きた際にも電力供給を遮断する機能もあります。しかし、経年劣化などによって漏電ブレーカーが正しく機能しない可能性も考えられます。そうなると漏電を防ぐことができなくなってしまうので、定期的な点検が必要になってくるでしょう。そんなときに役に立つのが、漏電ブレーカーに備えられたテストボタンなのです。月に一度は正常にブレーカーが機能す...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 漏電改修

漏電改修のお問い合わせ・ご相談はこちら

漏電改修についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!