生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな使い方していませんか?コンセント火災を引き起こす原因と対策

投稿日:2018-05-14 更新日:2018-10-04

こんな使い方していませんか?コンセント火災を引き起こす原因と対策

この記事は3157人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

みなさんは自宅で電化製品やゲームなどを使ったあとコンセントから電源プラグはきちんと抜いていますか?

差したままにしてしまいがちですが、電源プラグは長時間さしたままにしておくと火災の危険性があり、気づくのが遅くなれば大きな被害になってしまいます。また、電源プラグの差しっぱなしのほかにも火災につながる原因はいくつかあるのです。

そこで今回このコラムでは、コンセントによる火災や対策グッズ、そのほかの火災原因についてご紹介いたします。

トラッキング火災とは?発生の仕組み

コンセントの火災にはトラッキング火災というものがあります。

トラッキング火災とはコンセントと電源プラグの隙間にたまったホコリが、湿気と電気によって発火することをいい、電源プラグなどに長時間コンセントを差した状態にしておくことで起こります。

【発生の仕組み】

1.ホコリがコンセントと電源プラグの間にたまり、湿度が高い日に湿気を含む
2.湿気を持ったホコリに電圧がかかり、微量の電流が発生する
3.その電流が電源プラグを劣化させトラッキング火災が起こる

使わない電源プラグはコンセントから抜くのが最適ですが、常に抜いておけない場合には、トラッキング火災を防ぐ対策をしておきましょう。次の章でご説明いたします。

トラッキング火災とは?発生の仕組み

こまめな掃除でトラッキング火災を防ごう

トラッキング火災など、コンセントによる火災を防ぐためにはこまめな掃除が効果的です。

【掃除方法】

①コンセントを電源プラグから抜く
②掃除道具を使い電源プラグのホコリや汚れを拭き取る
③コンセントの穴にもホコリがついていないか確認する

注意

電源プラグを抜く際は雑に配線を持って抜き取るのではなく、しっかり本体を持って抜き取りましょう。そうしないと、電源プラグに緩みができ火災につながってしまいます。
また、ホコリの付着を少しでも減らすためコンセントを電源プラグに差す際は奥まで差し込むことも大切です。

トラッキング火災を防ぐおすすめグッズ

コンセントの火災を防止するのにおすすめのグッズが主に5つあります。

電源プラグ安全カバー

電源プラグのトラッキング火災予防できるのが電源プラグ安全カバーです。高弾性シリコンゴムなどで電源プラグの刃を覆うカバーで、ホコリはもちろん湿気までを防ぐことができます。

タイトラキャップ

電源プラグの刃の根元部分に黒いものがついているのを見たことがある人もいるかと思いますが、それがタイトラキャップです。これを使うことによって刃の根元には電気が流れなくなり、トラッキング火災を防げます。

コンセントキャップ

コンセントキャップは名前のとおりコンセントのフタです。このコンセントキャップを使っていない電源プラグやタップに差し込むことで、ホコリから守ることができます。

電源タップ

多くのコンセントを使う家庭では電源タップを使うことが多いと思います。しかし電源タップには寿命があり消耗品のため、同じ電源タップを使い続けているとトラッキング火災につながるおそれがでてきます。そのため電源タップを定期的に取り替えることでトラッキング火災を防ぐことができるのです。
「電源プラグの抜き差しがゆるくなっている」「電源プラグの刃が曲がっている」「電源タップが傷ついている」など、なにかしら異常がある場合は使用をやめ取り替えることで安心して使うことができるでしょう。

ケーブルボックス

ケーブルを収納することができるボックスです。ケーブルボックスを使うことでケーブルにホコリがつくことがなくなり掃除も楽になります。

ラッキング火災を防ぐおすすめグッズ

まだある!コンセント火災の原因3つ

コンセントの火災には、ほかにも原因となるものが3つあります。

たこ足配線

電化製品を多く使っているとたこ足配線になってしまいがちです。しかしコンセントや電源タップには容量に限界があるため、限界を超えて多くの電化製品を使い続けてしまうと過電流が流れます。その過電流が発熱につながり、火災を起こしてしまうことがあります。

配線コードの劣化

配線コードは劣化や配線コードを踏んだりして断線することがあります。そうするとその断線箇所が発熱して、火災につながる可能性がでてきます。

埋め込みコンセントの劣化

埋め込みコンセントとは壁や床に埋め込まれているコンセントのことです。埋め込みコンセントが劣化することにより接続不良が起き電流が漏れてしまい、漏電から火災につながります。

埋め込みコンセントの場合、取り換えるには電気工事士の資格が必要になりますので、自分での取り替えはできません。埋め込みコンセントに異常がでてしまった場合は使用をやめ、早めに業者に依頼しましょう。

まだある!コンセント火災の原因3つ

まとめ

コンセントの火災にはトラッキング火災というものがあり、電源プラグの差しっぱなしや、たこ足配線、配線コードやコンセントの劣化が原因です。火災を防ぐためには定期的な掃除が大切ですが、対策グッズを使うことでより防ぐ効果が高くなります。

また、電源プラグには寿命がありますのでこまめに点検をし、異常があれば交換することも大切です。埋め込みコンセントに異常がある場合は取り換える必要がありますが、取り替えるには電気工事士の資格が必要なため、コンセント工事・取替・増設のプロに依頼をしましょう。

コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事・取替・増設」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 09:44:15
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/67277/
各種電気工事
みなさんは自宅で電化製品やゲームなどを使ったあとコンセントから電源プラグはきちんと抜いていますか?差したままにしてしまいがちですが、電源プラグは長時間さしたままにしておくと火災の危険性があり、気づくのが遅くなれば大きな被害になってしまいます。また、電源プラグの差しっぱなしのほかにも火災につながる原因はいくつかあるのです。そこで今回このコラムでは、コンセントによる火災や対策グッズ、そのほかの火災原因...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!