生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁掛けテレビのコンセント位置は?壁配線で見栄えをスッキリ!

投稿日:2019-02-27 更新日:2019-03-01

壁掛けテレビのコンセント位置は?壁配線で見栄えをスッキリ

この記事は6001人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家のなかにある家電のコンセントをきれいにまとめている人、まとめられない人、さまざまいるはずです。そのなかでも今、壁掛けテレビの配線のまとまりや見栄えが気になる方が増えているようです。

テレビ台に置いてあるテレビだと、台の裏側に隠すことでまとまってなくても目に入ることはないですよね。しかし、壁掛けテレビの場合は、一般的に配線が垂れ下がってしまう状況が多いです。しかし、壁掛けテレビをインテリアのひとつとして、おしゃれにみせたいと考える方も少なくはないはずです。

この問題は、壁掛けテレビのコンセント位置で解決することができます。このコラムでは、壁掛けテレビのメリットや、まとまりのない配線をすっきりさせるための方法を紹介しています。最後まで読んでいただくことで、すっきりとおしゃれな壁掛けテレビを配置することができるでしょう。

壁掛けのテレビはどの位置から見るかを考えよう

ここ数年、ご家庭で薄型テレビを使っている方が、多くなっているのではないでしょうか。この薄型テレビは、テレビ台に置くタイプと壁に掛けられるタイプがあります。

壁に掛けられるタイプのテレビは、部屋のインテリアとしても、おしゃれに見えたりしますよね。しかし、壁掛けテレビは配置する位置によっては、人がみるときに体勢がつらくなったりすることがあります。

また、壁掛けテレビはコンセントの位置も考えなければならないため、どのくらいの高さにするべきか悩んでしまうでしょう。コンセントの位置を考えて、テレビを設置したことで見るときの目線の位置などで体勢がつらくなることも考えられます。

壁掛けテレビを設置するときに最適な高さは、成人男性の腰のあたりがいちばん見やすいと考えられています。さらに、腰の高さを基準にテレビの位置を上下することでより見やすくなるでしょう。

テレビを床に寝そべってみたいかたは、高さを変える必要はないですが、座ってみたい場合は10㎝程度さげるとみやすいはずです。また、ソファなどに座ってみたいというかたは、10㎝程度上にすることをおすすめします。

このように、テレビを見る体勢によって高さを変えることで、首などの疲れが軽減されて体に負担なく見ることができるので、試してみてください。

壁掛けテレビの注意点とは

壁掛けテレビは、テレビ台がいらない、地震のときの転倒リスクがないなどメリットがあります。しかし、反対にデメリットもあるのでご注意ください。

壁掛けテレビのいちばんのデメリットは、配線の問題ではないでしょうか。壁掛けテレビのコンセントの位置は、テレビ自体が高い場所にあることで、後ろ側から配線が、垂れ下がって見えてしまうのです。テレビだけならいいですが、レコーダーやゲーム機などの配線まであると、さらに見栄えが悪くなってしまうでしょう。

配線以外のデメリットとして、壁掛けテレビは壁に固定してしまうため、違う場所に移動させることがむずかしいということです。仮に移動したとしても、コンセントの見栄え問題が再びでてくるはずです。

そのため、置き型のテレビと違って簡単に移動ができません。そのため、設置するときには、場所をしっかり決めることをおすすめします。

壁掛けテレビの配線だけではない

壁掛けテレビの配線は、テレビだけではなくレコーダーなどの配線も気になるところですよね。お子さんのいるご家庭では、レコーダーのほかに、ゲーム機などさまざまな配線があることも考えられるでしょう。

多くの配線が垂れ下がってしまい、見栄えは悪くなりますがそれだけではありません。配線に足を引っかけて、転倒してしまうという危険性もあるかもしれません。

配線はケーブルカバーを使うことで、まとめて隠せます。また、ケーブルカバーは見栄えをよくするだけではなく、配線をホコリや水などから守るといった本来の役割も兼ねることができます。

少しでも見栄えを良くしたり、転倒によるケガなどの危険を回避するためには、壁掛けテレビのコンセント位置が大切といえるでしょう。

壁掛けテレビの配線だけではない

壁掛けテレビのコンセントは位置が大事

壁掛けテレビのコンセントの位置は、テレビからコンセントまでの距離が遠ければ遠いほど、ケーブルカバーを使っても配線を隠しづらくなってしまいます。しかし、コンセントの位置を壁のなかに配線を通すことでこの問題を解決できます。

壁配線とよばれるこの方法は、テレビの真裏の壁に穴をあけたあと、裏側に配線をいれてコンセントとつなぎます。不要な配線は、壁の中に収めることができるため、すっきりとした見栄えとなります。

壁配線にするためには、コンセント工事をおこなう必要があります。しかし、むずかしい工事ではないため、壁掛けテレビのコンセント位置で悩んでいる方は、検討してみてはいかがでしょうか。

さらに、新築の場合は、自宅を設計するときに、壁のなかに配線を通せるように設計しておくといいでしょう。あらたにテレビを設置する際、後からでも増設は可能ですが、住宅の柱などの問題もでてくることが考えられるからです。

そのため、壁のなかに配線を通すときには、しっかりと業者に確認してもらい、工事するように注意してください。

まとめ

自宅のテレビを壁掛けにしてもテレビの配線が垂れ下がっていると、見栄えが悪いだけではなく、足を引っかけてしまいケガをするおそれがあります。

そのため、テレビの裏側の壁に穴をあけて、配線を壁の裏側に通すことで、安全かつすっきりとした見た目にすることができるでしょう。

新築の際、壁掛けテレビのコンセント位置は非常に重要なため、設置場所はあらかじめ決めておくことをおすすめします。壁配線をやってみようかなと思ったら、まずは業者に相談してみてはいかがでしょうか。

コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事・取替・増設」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-01 10:01:41
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/133734/
各種電気工事
家のなかにある家電のコンセントをきれいにまとめている人、まとめられない人、さまざまいるはずです。そのなかでも今、壁掛けテレビの配線のまとまりや見栄えが気になる方が増えているようです。テレビ台に置いてあるテレビだと、台の裏側に隠すことでまとまってなくても目に入ることはないですよね。しかし、壁掛けテレビの場合は、一般的に配線が垂れ下がってしまう状況が多いです。しかし、壁掛けテレビをインテリアのひとつと...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!