生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレの手すりの位置、間違っていませんか?正しい位置を学ぼう!

投稿日:2017-10-02 更新日:2018-11-13

トイレの手すりの位置、間違っていませんか?正しい位置を学ぼう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

足腰が弱い方の移動や、立ち座りが続くトイレの出入りは、体のバランスが崩れやすく危険が伴います。しかしトイレに手すりを取り付けることで、足腰が弱っている方もバランスをとりやすくなり、安全度も高まるでしょう。
ここでは、お年を召している方も介護する側にも安心・安全なトイレ手すりの取り付け位置を紹介します。

トイレの手すりの有用性とは?

普段の生活を送る中で、トイレは頻繁に利用されます。しかし前述の通りトイレは、体の向きを変えたり、座ったり、立ち上がったりと体の負担がかかりやすい場所です。体の不自由な方は大変な場所ですが手すりを設置することで、体の負担を和らげることができます。

トイレの手すりが設置されていない家庭では、タオル掛けや紙巻器など体重を支える機能を備えていない物に手を掛けてしまい、トラブルを起こす危険があります。床が滑るお風呂場と比べれば比較的事故率が少ないトイレですが、事例として、立ち上がる際に無意識に紙巻器へ手を掴んで壊してしまったなどのケースがありました。
      トイレの手すりの有用性とは?

トイレの手すりの位置や考え方

トイレの手すりにも種類があり、それぞれに適した用途があります。例えば、便座への立ち座り動作が楽になる機能を備えた「横手すり」、転倒を防ぐために体のバランスを支える機能を備えた「縦手すり」などが挙げられます。

トイレに出入りする際の手すり

トイレの出入りに使われる手すりは「出口用縦手すり」です。ドアの開閉や出入りの際は体のバランスが崩れやすく、転倒のおそれがあります。そこで出口用縦手すりを設置することで体を支えることができます。

トイレ横のL型手すり

縦型と横型の手すりをL字型に設置することで、介護者の便器の立ち座りがとても楽になります。縦手すりは座る際と立ち上がる際に最適な機能、横手すりは姿勢を維持する際や、水平移動をする際に最適な手すりです。

便器正面の手すり

便器から前方への壁が近い場合、便器の正面の横手すりを設置することで、便器の移動だけではなく、座る、立ち上がる行動がスムーズになります。ただし、男性が立って用を足すときに、腰が当たることがないように注意しましょう。
            2.	トイレの手すりの位置や考え方

トイレの寸法と位置について

身体機能が衰えても、トイレは自力で行いたいと思うものです。自力でトイレをするためにも、トイレの環境を工夫して作る必要があります。

トイレスペースは、排泄動作や移動スペース、介護者の動きやすさが影響します。出入り口の幅や便器の側方に介助するためのスペースを用意しておいた方が緊急時に即座に対応できるため確保しておきましょう。

トイレの中でも、最も標準的なスペースは縦165cm横75cmだと言われています。このスペースでは、十分なゆとりを持って立ち上がり動作が可能なほか、便器正面に介助者が立つことができます。この場合、トイレ手すりは介護者と介助者両方に使いやすいL字型手すりがおすすめされます。

トイレの手すりは設置できる場所が決まっている

トイレは立ち上がることや座ることが起こる場所なので、縦手すり、あるいはL字型手すりの設置がとても便利です。立ち上がった時に、体の前に手すりがあるように便器の先端から200から300mm程度が使いやすい場所です。

また、正面手すりの場合は、正面から壁までの距離が400mm以上ある場合に適しています。高さとしては床から750~800mmが目安です。しかし、手すりの高さが低すぎると頭をぶつけてしまう危険性があるので、身長に適さない位置にあると感じた場合は業者に取り換えを依頼しましょう。
            トイレの手すりは設置できる場所が決まっている

まとめ

トイレの手すりを設置することにより、体の負担を和らげることや、トイレトラブルを防ぐことができます。また、自宅のトイレ環境を調べた上で、お年を召した方だけでなく、介護者に不便を感じることがない手すりを選ぶことが重要です。

L字型手すりや正面手すりを紹介しましたが、手触りがよい手すりなども販売されているので、興味がある方は調べてみてください。
なお、自身で手すり設置を行うにあたって、手すりが外れてしまうのではないか、などとお困りの方は手すり配置のプロにご依頼ください。

また、過去に在宅介護についての記事「親の介護、引き受けますか?在宅介護の前に知っておきたい予備知識」でも紹介しているのでよければ参考にしてみてください。

手すり配置を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「手すり設置」をご覧ください。

手すりでご家族の安心を!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
手すりの設置でいつもの生活をしっかりサポート。ご家族も安心して見守ることができます。手すりを使う人にあわせた設置を行うので、快適に使用することができます。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
階段・トイレ・玄関・ベランダ・浴槽などあらゆる手すり設置をお任せください。
手すり設置 1箇所 10,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:4.8

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 12:58:12
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_balustrade/11165/
家のリフォーム
足腰が弱い方の移動や、立ち座りが続くトイレの出入りは、体のバランスが崩れやすく危険が伴います。しかしトイレに手すりを取り付けることで、足腰が弱っている方もバランスをとりやすくなり、安全度も高まるでしょう。ここでは、お年を召している方も介護する側にも安心・安全なトイレ手すりの取り付け位置を紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 手すり設置

手すり設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

手すり設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!