生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

親の介護、引き受けますか?在宅介護の前に知っておきたい予備知識

投稿日:2017-09-21 更新日:2018-11-13

親の介護、引き受けますか?在宅介護の前に知っておきたい予備知識

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

日本は高齢化が進んでいます。人口全体の65歳が7%以上は高齢化社会、14%以上は高齢社会、21%以上は超高齢社会と呼ばれますが、日本は現在、超高齢社会です。
高齢者が増えることで、親の介護を視野に入れる人もいます。現在は施設を利用している方や在宅で介護をしている方がいます。今回は在宅介護について紹介します。

親の介護はできる?要介護度を知ろう

要介護度にはそれぞれ、「要支援」と「要介護」という分け方がされています。

「要支援」とは

要支援とは、現在は介護の必要はないものの将来的には介護の可能性があるという状態です。この段階であれば適切な対策によって、肉体的機能を維持できます。これは「介護予防」と呼ばれています。要支援は2段階あるので違いを見て見ましょう。

【要支援1】
日常生活は問題ない状態ですが、要介護にならないための支援が必要な状態を指します。

【要支援2】
要支援1より身体的機能が衰えている状態で、維持や改善のための支援が必要です。

「要介護」とは

要介護は5段階あります。

【要介護1】
要支援2よりさらに肉体的機能が衰え、入浴や排せつなどの一部に介護が必要な状態を指します。

【要介護2】
要介護1より起き上がりや立ち上がりが困難になった状態を指します。

【要介護3】
要介護2よりも著しく肉体的機能が衰え、日常の動作に全般的に介護が必要な状態を指します。

【要介護4】
要介護3よりも肉体的機能が低下し、日常生活全般において介護なしでは困難な状態を指します。

【要介護5】
要介護4よりもさらに低下し、意思の伝達が困難で、介護なしでは生活を行うことが不可能である状態を指します。

これらには市町村への申請が必要です。本人が出向くことができない場合は、家族による申請も可能です。ネットでは不可能なので、市区町村の窓口や地域包括支援センターで申請する必要があります。
      親の介護はできる?要介護度を知ろう

家族への負担が大きいかも…在宅介護の大変さ

費用面だけでなく、自分の親だから自分で何とかするという責任感などの理由で、在宅介護をする方も多いでしょうでしょう。親の介護は肉体と精神に負担をかけます。

在宅介護のデメリット

●夜間介護をする可能性の有無
夜間に介護をする必要がある場合があります。排泄や眠れない夜など、ときには起きて徘徊することもあります。

●休みがない
毎日介護をする必要があるため、つきっきりで介護をしなければならない場合は介護離職をすることもあります。

●肉体的・精神的疲労の蓄積
介護によっては腰を痛めることもあります。

被介護者から暴言を受けることもあります。もともと温厚だった人物が、急に怒り出すケースなどが多いようです。

介護者と被介護者の両者のことを考慮したうえで、在宅介護がいいのか、施設に入所するのがいいのかを判断するのが適切です。
      家族への負担が大きいかも…在宅介護の大変さ

抱え込みすぎない。ヘルパーは何をしてくれる?

抱え込んで、疲労を蓄積してはよくないです。親の介護をしているうちに、プロの手を借りることも視野に入れることが必要なことが出てきてもおかしくありません。そこで訪問介護員、通称ホームヘルパーについて紹介します。

●身体介護サービス・生活援助サービス
身体介護サービスとは、直接介護をしてくれるものです。食事介助や排泄介助、入浴介助などをしてくれます。
また、生活援助サービスは調理や洗濯などをしてくれます。

生活支援サービス場合は、被介護者の周りのみとなっており、家族の分まで任せることはできません。 具体的な内容やサービスの提供時間は、家族や本人の希望に基づいて作成されますが、訪問介護事業所でとの話し合いで決められます。決められていないことは原則禁止ですので、プランにないお願いはできません。

ヘルパーの支援範囲は生活環境や心身機能などを考慮して判断されるので、同じサービスでもやってもらえることとやってもらえないことがあります。

自分で自分のことが出来る環境を整える必要性

人間の身体機能は使わなければより早く衰えてしまいます。これが進むと歩けなくなり、動かせなくなり、最終的に寝たきりになります。仕方のない事とはいえ、介護の時間が長引けば長引くほど介護者の負担も増える一方です。両者にとって望ましいことではありません。

機能衰退を遅らせるためにも介護者にできる限りのことは自分でやってもらうことが両者のためになります。
介護者の動きをサポートできる環境を自宅に作っていくのがいいでしょう。
介護保険から居宅介護住宅改修費の一部が支給されることがあります。対象となる工事は6つあります。

●手すりの取り付け
転倒の予防するための手すりの設置があります。廊下やトイレなどが該当します。

●段差の解消(バリアフリー化)
これも転倒を予防するため、スロープを設置するなどの方法で段差をなくします。

●通路面の材料変更
床下を滑りにくくするためのするためのリフォームです。浴室の床や玄関前の通路を滑りにくい材質のものに変更します。

●扉の取り換え
引き戸や折り戸などに変更し、開閉しやすくするリフォームです。ドアノブの設置も可能です。

●トイレの取り換え
和式から洋式の便器に取り替え、利用者の負担を軽くします。

●以上の改修に付属して必要となる工事
手すりを取り付けるための工事や浴室の段差を解消するための工事を指します。
          自分で自分のことが出来る環境を整える必要性

まとめ

在宅介護は家族に負担がかかります。この超高齢社会において、自分でできることは自分でしてもらうことが望ましいです。

肉体的機能も精神的機能も衰えていきます。脳の機能によって、被介護者に暴言を浴びせてしまうケースが多いようです。そうなると、介護者も精神的負担も多くなります。そうならないためにも、できる限りの事前の備えをしておきたいものです。
お互いがお互いの負担になりすぎない介護が理想かもしれません。

手すりの設置をご検討中なら

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「手すり設置」をご覧ください。

手すりでご家族の安心を!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
手すりの設置でいつもの生活をしっかりサポート。ご家族も安心して見守ることができます。手すりを使う人にあわせた設置を行うので、快適に使用することができます。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
階段・トイレ・玄関・ベランダ・浴槽などあらゆる手すり設置をお任せください。
手すり設置 1箇所 10,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 12:58:35
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_balustrade/10486/
家のリフォーム
日本は高齢化が進んでいます。人口全体の65歳が7%以上は高齢化社会、14%以上は高齢社会、21%以上は超高齢社会と呼ばれますが、日本は現在、超高齢社会です。高齢者が増えることで、親の介護を視野に入れる人もいます。現在は施設を利用している方や在宅で介護をしている方がいます。今回は在宅介護について紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 手すり設置

手すり設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

手すり設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!