生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットロスにならないために。原因と対策を知って後悔ないお見送りを

投稿日:2018-01-05 更新日:2019-11-07

ペットロスになりやすい人には傾向がある…思いつめないことが大切

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ペットロスという症状をご存じでしょうか?ペットを事故や病気などで失ってしまった場合になってしまう可能性のある精神的な病の1種です。
ペットロスになりやすい人には傾向があります。「もしも」のときにペットロスにならないよう、傾向を知っておくことで症状を緩和させることができるかもしれません。また、ペットロスに備えるためにも、自身が当てはまるかどうかチェックしておくとよいでしょう。

ペットロスとは?

ペットロスとは、その名の通り最愛の家族の1匹であるペットを亡くした喪失感によって引き起こされる精神的な状態のことを指します。「症候群」とつくほど、ペットロスの知名度は高く、症状があらわれてしまう方も多いです。
寿命が異なる以上、いつかは訪れてしまう「別れ」ですが、実際に起きてしまうとその悲しみは計り知れないものです。生まれて間もない頃から大切にしてきたペットを失ってしまうことで、ひどく落ち込んでしまい、体調を崩してしまうこともあるそうです。

ペットロスになりやすい人はペットが亡くなってしまったとき、大切に思っているほど陥りやすいですが、実は最近発見された心の病ではないのです。
この状態の発端は1970年代のアメリカで既にあった病といわれています。日本でもペットをより愛するようになってから少しずつ言葉が広がり、現在では多くの人が知る1つの心の病となっています。
      ペットロスとは

ペットロスの症状

ペットロスの症状として考えられるものはどのような症状が現れてくるのでしょうか?

【精神的症状】

●突然涙があふれ、止まらない
●やる気が起きない
●孤独が耐えられなくなる
●脳裏にペットのことが浮かぶ

【身体的症状】

●疲労感
●頭痛、腹痛、吐気
●立ちくらみ、めまい
●不眠症
●食事(過食、拒食)

ペットロスに陥ってしまった場合、無理に立ち直ろうとすると更に暗い思考や悲しみに陥ってしまい、うつ病になってしまうことも考えられます。自覚症状がある場合は無理に立ち直ろうとせず、落ち着くことが先決です。

精神からくる病は薬でどうにかできる問題ではないため、症状が長引いてしまうことも考えられます。もし病院などに通っても症状が一向によくならない場合はペットロスに陥っている可能性があります。
ペットロスになってしまった場合、半数以上の人が1~3か月で克服します。中には1年を過ぎてもペットを失った悲しみから立ち直れず、悩み続けている方も多いようです。
ペットロスになりやすい人は症状が重篤化しやすい傾向にあるため、注意が必要です。
      ペットロスの症状

ペットロスになりやすい原因

精神面から生じる症状のため、生活環境や体験、性格などによってペットロスになりやすい人とそうでない人に分かれます。もし以下の項目に当てはまるのであれば、ペットロスになってしまわぬように心の片隅に置いておくとよいでしょう。

●ペットを溺愛している人
ペットに対してまるでわが子のように愛情を注いでいる方は、失ってしまったことによる喪失感から落ち込んでしまい、ペットロスになってしまうことが考えられます。

●一人暮らしをしている人
一人暮らしは自宅に帰宅するとペット以外におらず、他に世話をしてくれる人がいないので自身が世話をしなくてはいけません。そのため、ペットとの交流時間が増えて家族で買っている場合に比べて愛情が深いものになりやすいです。

●失うことに強い喪失感を感じる人
ペットや人を失った時に強いショックを受けてしまう人はペットロスに陥りやすいです。失ったショックで過去の体験を思い出したりすると中々立ち直ることが難しくなってしまいます。
      ペットロスになりやすい人の特徴

感謝の思いを言葉にしてペットロスを予防

最愛のペットに対して感謝の気持ちを伝えることが大切です。ペットロスになりやすい人は、なってしまった時に“失う前にできなかったこと”に対する自責の念に駆られているケースもあります。そのため、常日頃から感謝の思いを伝えておくのも大切かもしれません。

ペット用のお葬式をあげることも1つの手段です。近年ではペットの葬儀をあげられる方も増えつつあります。葬儀をあげることによって、ペットの供養だけでなく、飼い主の心の整理にも繋がります。

ペットを飼っている間、同じペット愛好家を探したりするのもよい方法です。同じく辛い悲しみを体験した方は多くいます。同じようにペットを愛していた方にどのように克服したか尋ねると、立ち直るきっかけになるかもしれません。

グッズで供養してペットロスを克服

ペットグッズの中には、ペットの遺骨をペンダントやブレスレットといったアクセサリーとして、身に着けることができるものがあります。このようなグッズを活用してペットを供養してあげることで、ペットロスを克服するのもおすすめです。

ペットロスは誰にでも起こるもの

ペットロスはどんな人でも起こりうる心の病です。自覚症状のある方は、「心が弱いのでは?」ととらえてしまうと余計に悲しみに暮れてしまいかねません。
ペットは大切な家族です。飼い主が悲しみに暮れてしまうと、飼われていたペットにとっても心配の種になってしまうのではないでしょうか?

ペットロスになりやすい人は症状が重篤化してしまう前に、心をゆっくりと落ち着かせましょう。
      ペットロスは誰にでも起こるもの

まとめ

ペットロスは大切なペットを失ったことから起こってしまう心の病です。最愛だからこそその喪失感は計り知れないものとなってしまいますが、まずはゆっくり落ち着いて、自分のペースで「ペットの死」と向き合うことが大切です。
ペットとの別れはいつか訪れるものです。常日頃から感謝して、くいのないように接しましょう。
ペットロスになりやすい人は後悔しないためにも葬儀を行うとよいです。ペットとのお別れをよいものにするためにも一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

(この記事は2019年11月07日に加筆・修正しています)

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
7投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-07 12:33:27
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/30144/
ペット
ペットロスという症状をご存じでしょうか?ペットを事故や病気などで失ってしまった場合になってしまう可能性のある精神的な病の1種です。ペットロスになりやすい人には傾向があります。「もしも」のときにペットロスにならないよう、傾向を知っておくことで症状を緩和させることができるかもしれません。また、ペットロスに備えるためにも、自身が当てはまるかどうかチェックしておくとよいでしょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!