防草シートの水はけについて徹底的に考える!最適な敷き方とは?

2021.4.30

防草シートの水はけについて徹底的に考える!最適な敷き方とは?

雑草対策に防草シートの導入をご検討されている方も多いと思います。とくにペットや小さなお子さんがいるご家庭などは、除草剤のように薬品を撒くのに抵抗があると思います。防草シートならばそういった健康に影響を与えるものはありませんから安心です。

ですが、地面をシートで覆うという特性上、防草シートの水はけが気になる方もいらっしゃるようです。確かに防草シートの水はけが悪く、そこに水が溜まるようになるようならば衛生面で心配です。水溜りに虫が湧いてしまいなどしたら、それこそ雑草を生やしたままにすればよかったなんていうことになりかねません。

今回はそういったお悩みで除草シートの導入を迷われている方のために、除草シートの水はけについてまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

防草シートの水はけは種類によって変わる

そもそも防草シートには水はけのいいものとそうでないものと種類によって違います。品質の問題というより、最初からそういう仕様のものということです。

水を通さないシートについて

道路の法面などに使われる防草シートは水を通さないものであることも多いです。土が雨で流されないためです。

ご家庭ではそういった水を通さない防草シートが全く使えないかといったら、そんなことはありません。水を全く通さない分、日光とのダブルパンチでむしろ防草効果は高いといえるでしょう。ですが全く水を通さないため、ある程度傾斜を作っておかないと水溜りだらけになってしまいます。

水を通すシートについて

一般家庭で使われる防草シートは、水はけがよいもののほうが好まれます。ですが、水はけも素材によって異なることを理解しておく必要があるでしょう。防草シートには織布と不織布の2種類があります。
 

織布の防草シート

織布とは繊維を織って作った布のことです。繊維と繊維の間に隙間があることから水を通しやすく、水はけがよいシートといえるでしょう。

ですが、大雨が降った場合などは一気に水を通してしまい、シートの下で水溜りができてしまうこともあります。また、繊維の隙間から日光が漏れやすく、植物によってはその隙間から突き出してしまうこともあります。

ホームセンターなどで気軽に購入できる分、耐久年数も短いです。1~3年程度で劣化してしまいますのでその都度張り替えが必要です。
 

不織布の防草シート

不織布は、繊維を織らずに絡ませて接着して作られた布のことです。織布と違って繊維の隙間がありませんので、より日光を通しにくく、植物にも突き破られにくいです。耐用年数も10~15年と長く、使い方次第では20年使えるものもあります。

織布に比べて水はけが悪いかといわれるとそんなことはありません。こちらも十分に水はけはよいです。
ただし、水のはけ方がゆっくりでジワーっと染み込んでいきます。そのため、大雨が降った際などは水はけが追い付かないこともあります。

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

防草シートの水はけが悪いのは場所自体の問題かも

防草シートの水はけの良し悪しは、シートの品質だけですべて決まるわけではありません。その土地自体の水はけも大いに関わってきます。

もともと水はけの悪い土地に水はけのいい防草シートを敷いても何の改善にもなりません。防草シートの下に水溜りができてしまうだけのケースもあります。防草シート以前に、その土地自体を水はけのよい土地にする必要があります。

【水はけのよい土地にする方法】

勾配(こうばい)をとる

防草シートを敷く前に、土地の勾配をとると水はけがよくなります。水の流れを計算することによって、シートを浸透した水が流れ出ていきます。

ただ、この方法は専門的な知識を使って正しく計算する必要があります。そういった知識がない人は独学ではなく業者に依頼した方がよいでしょう。

暗渠(あんきょ)を入れる

暗渠とは、穴の開いたパイプを地面の中に埋めることで排水をよくする方法です。水はけの劇的な改善が見込めますが、やはり専門的な知識が必要です。

防草シートの水はけをよくするには

上記の方法が難しく、庭自体の水はけがどうしようもないときは防草シートの水はけを改善させるしかありません。防草シートの水はけをよくするにはシートの上から砂利を敷くのがおすすめです。

シートの上に砂利を敷き詰めることにより、水を通す層ができて水はけの向上が見込めます。地面からの高さもできるため、雨の日でも濡れずに歩くことができます。

また、砂利を敷くことにより日光がより地面に届きにくくなり防草効果も上がります。防草シートを紫外線から保護できるほか、踏まれることによるまさつの劣化を防ぐことができます。
      防草シートの水はけをよくするには

防草シートは正しく敷こう

防草シートの水はけ効果を存分に発揮させるためにもシートは正しく敷く必要があります。その手順をご紹介していきます。

1.しっかり除草する
まずはシートを敷く前の除草をしっかりとします。根っこから草を抜きましょう。除草の方法は「いつの間にか増える雑草…雑草の駆除の方法や対策の仕方は?」を参考にしてみてください。

2.切り株などを除去する
草だけでなく切り株なども除去する必要があります。雑草などが木質化して硬くなっている場合、その硬さでシートを破ってしまう恐れがあります。

3.平らに整地する
地面の凸凹がひどいと、シートの上に砂埃が溜まってしまいます。そうなってしまいますと、そこから草が生えてきてしまいます。
      防草シートは正しく敷こう

まとめ

防草シートの水はけについてまとめてきました。種類であったり、その土地の状態であったりとさまざまな要素がありますが、防草シートが雑草対策に大きな効果を持っていることは事実です。

もし自分で導入の判断が難しいならば、業者に相談してみるとよいでしょう。良心的な業者でしたら最適なアドバイスをしてくれるはずです。業者をお探しの際は、当サイトに多くの業者が登録されていますのでご活用くださいますと幸いです。

面倒な草刈りはプロに!

草刈り・芝刈り 最短 即日対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。

草刈り 180円/㎡~
草刈りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

草刈りの記事アクセスランキング

草刈りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧