生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

芝生をやめたいときの対処!手入れを楽にする方法とリセットする方法

投稿日:2019-08-28 更新日:2019-08-28

芝生をやめたいときの対処!手入れを楽にする方法とリセットする方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

家のお庭を芝生にしたけれど、手入れが大変だと思っている人は多いようです。「もう芝生やめたい!」と考えてはいても、芝生といえども生き物ですので、そう簡単にやめてしまうのは心が痛みますよね。できれば芝生を続けたいという思いとのはざまで悩んでいる人もいることでしょう。

それに、やめるといっても今ある芝生はどうすればいいのか、やめた後のお庭はどうすればいいのかという疑問もあるでしょう。そこで今回のコラムでは、芝生をやめたいと思ったときに役立つ対処法をまとめてご紹介します。もっと楽に芝生を続けていく方法や、ほかのものに変える方法を解説しますので、まずはこちらを読んでみてください。

芝生をやめたい理由別の対処方法

せっかく育ててきた芝生をやめたいと考える理由は人それぞれでしょう。ここでは芝生をやめたい理由で多いものと、それぞれの対応策をご紹介します。

芝生をやめたいときの対処!手入れを楽にする方法とリセットする方法

芝刈りが面倒な場合

芝刈りはもっとも頻繁な時期では週に2度おこなわなければならないため、芝生のお手入れのなかでも頻度の多い作業です。毎度の芝刈りが大変なので芝生をやめたいと考える人は多いようです。

芝刈りが大変だと感じる人は、もしかしたら手動の芝刈り機を使っているのかもしれません。費用はかかってしまいますが、電動の芝刈り機を購入すれば芝刈り作業の負担はかなり軽減されます。

また、芝刈りの頻度が少ない草丈が低い品種の芝に張り替えるという方法もあります。近年では品種改良によって、芝刈りをしなくても低い草丈を維持できる品種が販売されており、芝刈りの頻度を3分の1程度に下げることができるようです。

芝刈りそのものをまったくやりたくないという場合は、思い切って芝をはがしてしまいましょう。また、芝を別の品種に張り替えるという場合にも、現在の芝をはがす必要があります。芝をはがす方法については、後ほど解説します。

植物の種類を変えたい

違う品種の芝生に変えたい、あるいは芝生以外のお花や野菜を育てたくなったので一度芝生をリセットしてしまいたいという場合もあるでしょう。育てる植物によって適した土壌は異なりますので、この場合には一度現在の芝をはがし、土壌を耕して改良する必要があります。

管理全般が面倒な場合

芝生には芝張り以外にも、水やりや施肥、サッチングやエアレーションといったこまごまとした手入れがあり、月ごとに必要な手入れを管理する必要があります。このような管理が面倒になってしまうということも少なくないようです。

もしも芝生を健康に維持して育てていく自信がないのであれば、芝生をやめてしまうのも賢明な判断でしょう。しかし、芝生をやめてお庭が殺風景になってしまうのも寂しいものです。

そこで、人工芝に変えるという方法があります。人工芝は一度敷いてしまえばほとんど手入れが必要なく、1年中変わらない景色を保ってくれます。最近では本物と見分けがつかないようなリアルな作りになっている人工芝がありますので、天然芝から張り替えても見劣りすることはないでしょう。

せっかくなら気分を変えたいといった場合には、レンガや砂利を敷くという方法もおすすめです。芝生以外にも、お庭を彩る方法はたくさんあります。芝生からレンガなどに変えてみると、お庭の印象はかなり変化することでしょう。

虫や雑草が発生する

お庭に芝生を敷くメリットのひとつに、雑草の予防があります。芝生が隙間なく生い茂ることで、雑草が生える余地をなくしてしまうのです。しかし、完全に雑草が生えないようにするというのは不可能で、どうしても隙間や端から雑草が生えてきます。

また、芝生も植物である以上、虫のエサや住処になります。芝生のなかにはさまざまな虫が生息し、ときに家のなかにまで侵入してくることもあるでしょう。

お庭の草むしりをするのが疲れた、あるいは虫がわくのが嫌だという理由で芝生をやめたいという人もいるようです。雑草や虫の発生を抑えるには、地面を覆ってしまう対策が効果的でしょう。

地面をコンクリートなどで覆ってしまえば、もう雑草が生えてくることはありません。雑草がなければ虫も住み着きにくくなります。レンガやタイルを使えば、お庭を好きな雰囲気に装飾することも可能です。

また、砂利を敷くのもいいでしょう。砂利を敷き詰めることで地中にある雑草の種に光が届かなくなり、芽を出せなくなります。風に乗って飛んできた種や胞子も地面に付くことができません。

ただ、砂利は時間の経過とともに地面に埋まっていき、土が表面に浮き出してそこから雑草が生えてくることがあります。これを防ぐためには、地面の上に防草シートを敷き、その上に砂利を敷くのが効果的です。

芝生をはがす方法①スコップを使う

その後お庭をどのようにしていくにしても、芝生をやめたい場合にはまず今ある芝生をはがしてしまう必要があります。芝生をはがす方法としてもっとも単純なのが、スコップを使う方法です。体力的には重労働ですが、もっとも素早く芝をリセットできます。手順を簡単に解説していきましょう。

芝生をやめたいときの対処!手入れを楽にする方法とリセットする方法

①はがす部分の芝に、スコップの大きさの四角い切込みを入れます。
②切込みに沿ってスコップを地面に差し込み、てこの原理を使って持ち上げましょう。
③掘り返した芝を別の場所へ運び、処分します。

芝生をはがす方法⓶除草剤を使う

体力にあまり自信がない、面倒なことはせずに芝生をやめたいという場合には、除草剤を使う方法があります。除草剤には芝生は枯らせずに雑草だけを枯らせる選択性のものがありますが、逆になんでも枯らせてしまう非選択性の除草剤を使えば、芝生も枯らせることができるのです。

ただし、除草剤の成分は散布後しばらく地中に残留し、その後に植えた植物に影響することがあります。芝生をはがした後の土地で別の植物を育てたいという場合には、除草剤は使わないほうがいいかもしれません。

芝生をやめたいときの対処!手入れを楽にする方法とリセットする方法

①非選択性の除草剤を芝生の上にまんべんなく散布します。
②数日から1週間程度で芝生が枯れますので、枯れた芝を熊手などを使って集め、処分しましょう。

芝生をはがす方法③ビニールシートを使う

「芝生をやめたいけど除草剤は種類や使い方がよくわからないし、土壌や人に悪影響がありそう」だという不安もありますよね。そんな場合には、ビニールシートを使えば物理的に芝生を枯らせることもできます。芝生の上にシートを被せて日光と空気を遮ることで、芝生は光合成ができなくなって腐ってしまうのです。

芝生をやめたいときの対処!手入れを楽にする方法とリセットする方法

①芝生に水をまき、新聞紙を被せ、その上にさらに水をまきます。
②ビニールシートを被せ、めくれないように石などで固定し、2か月ほど放置します。
③ビニールシートと新聞紙をはがして、枯れた芝生を熊手などで集めて取り除きましょう。
④堆肥と水をまいてビニールシートを被せ、1か月ほど放置します。
⑤ビニールシートをはがし、また堆肥をまきます。

この方法を使えば、芝生を剥がし終わった土ですぐに新たに植物を育て始めることが可能です。ただ、完全に枯らせるまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

はがした芝生には正しい捨て方がある

芝生をやめたいと思って芝生をはがした後、困るのはそのはがした芝生の処分です。土と一緒に掘り返した芝生はかなりの重量ですので、どう処分していいものか途方に暮れてしまうかもしれません。そうならないように、はがした芝生の処分方法を解説します。基本的に土や石はゴミに出すことができませんので、芝生と土とを分けることが必要です。

①はがした芝生を日の当たる場所にしばらく放置して乾燥させます。
②芝生に付いた土が乾いたら、叩いて土を振るい落としましょう。
③土を落とした芝生はゴミ袋に入れ、燃えるゴミとして処分します。
④残った土は自治体の指示に従って処分するか、芝生が生えていた場所に戻します。

このように、芝はがしや芝の処分は非常に手間のかかる作業です。面倒でできそうもないと思った場合は、芝張りの業者に相談してみるのがいいでしょう。芝の張り替えに対応している芝張り業者では、芝はがしもしてもらえることが多いです。業者に頼めばすぐに芝をはがしてくれる上、はがした芝の処分も引き受けてくれます。

まとめ

芝生の手入れが大変だと思った場合には、電動の芝刈り機などを導入する、管理の楽な品種の芝生に変えるといった方法で手入れの負担を減らせば、芝生を続けていくことができるかもしれません。やはりもう芝生をやめたいという場合には、人工芝に変える、タイルやレンガ、砂利などに変えることで、お庭の雰囲気を変えることができます。

芝生の種類を変えたりお庭の雰囲気を変えたりするためには、今ある芝生をはがしてしまうことが必要です。芝生をはがすにはスコップや除草剤、ビニールを使う方法などがありますが、どれも手間や時間がかかってしまいます。

芝張りの業者は、芝はがしにも対応していることが多いです。業者に依頼してやってもらうのがもっとも簡単に芝生をはがす方法ですので、芝生をやめたいと考えている人は検討してみてください。

芝張りは下地作りが重要
現地調査、事前見積もり無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。
芝張り 平米 2,500円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
10投票,  平均評価値:4.6

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-28 17:44:56
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_turf/160374/
お庭
家のお庭を芝生にしたけれど、手入れが大変だと思っている人は多いようです。「もう芝生やめたい!」と考えてはいても、芝生といえども生き物ですので、そう簡単にやめてしまうのは心が痛みますよね。できれば芝生を続けたいという思いとのはざまで悩んでいる人もいることでしょう。それに、やめるといっても今ある芝生はどうすればいいのか、やめた後のお庭はどうすればいいのかという疑問もあるでしょう。そこで今回のコラムでは...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 芝張り

芝張りのお問い合わせ・ご相談はこちら

芝張りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!