生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

タヌキの捕獲は許可が必要?被害があっても簡単に駆除できないの?

投稿日:2017-11-10 更新日:2018-11-16

タヌキの捕獲は許可が必要?被害があっても簡単に駆除できないの?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

タヌキと聞くと、童話やアニメなどでも出てきておなかが丸くてかわいいイメージをお持ちの方が多いかと思います。また、信楽焼が有名な甲賀市では大きなタヌキの置物をあちらこちらで目にすることがあるでしょう。しかし、実際の野生のタヌキは決してかわいらしくなく家に侵入してきて、被害を与える場合もあるやっかいな動物なのです。
今回は、そんなタヌキの生態と被害をお伝えするとともに、タヌキ捕獲の是非と対策方法をご紹介します。

タヌキの生態と被害について

【タヌキの生態】

・体長約40~60センチであり、体重3~10キロ程度とずんぐりむっくりとした体形。
・体毛の色は全体的には灰色、ただし目や足は黒い。
・山林が主な生息地だが、人の住む地域までやってくることも。
・雑食性。果実や野菜、ミミズや昆虫を食べる。人の住む地域では生ごみを漁ったりも。
・夜行性。人が寝ている間に行動する。
・繁殖期は年に1回、5月~7月に3~5匹の子供を出産。
・臆病な性格。
・ため糞をする習性。

とくに、タヌキの生態としては、臆病な性格やため糞の習性が特徴的といえるでしょう。

①臆病な性格とは?
臆病であるので、人が見かけると逃げていきます。また、ピンチに陥ると寝たふりをすることがあり、そこから「タヌキ寝入り」という言葉が生まれました。

②ため糞とは?
一定の場所で糞をするという、ため糞という習性があります。
1頭のタヌキでも何か所もため糞をする場所を持っており、山盛りかつ広範囲に糞が溜まるとされています。
      タヌキの生態と被害について

【タヌキの被害】

農作物への被害
トウモロコシやトマトなど甘い野菜、スイカやミカンなどの果物を好んで食べ、被害につながります。またこれに限らず牛などのエサも食べることがあるので、エサを保管している倉庫などにも対策が必要といえるでしょう。

ため糞による被害
タヌキはため糞という習性があるので、知らない間に住宅に侵入されため糞がつくられているとその臭いだけでなく、ため糞の重さと木の腐敗から住宅の耐震性にも影響を及ぼす可能性があります。

なぜ、タヌキが住宅地にいるの?

近年、タヌキが人里まで下りてくるのにはおもに2つの要因があります。

1つ目は、タヌキの生息する山林が林業などで整備されず荒れた状態になり、食べ物を得ることができなくなったためと考えられています。林業は衰退しており、高齢化も伴っていまや木を切って山林を維持している場所は少なくなっています。また、山にタケノコや山菜を求める人が入らなくなったことで、人の目が届かない荒れた山となってしまうのです。そうなると木の実や昆虫なども少なくなり、タヌキをはじめとする山で生活する動物のエサも少なくなります。そのためエサを求めて田畑まで下りてくるのでしょう。

2つ目は、タヌキなどを捕まえるハンターが高齢になり、駆除しきれない状態になったためと考えられています。オオカミが日本で絶滅してしまった今、その狩りの対象であったシカやクマ、タヌキといった生物の抑制はハンターによる狩猟に委ねられていました。しかし高齢化と人数が少なくなっていることで駆除しきれておらず、タヌキの数が増え続けています。そのため、若者のハンターを増やすことも被害拡大防止には重要といえるでしょう。

タヌキを勝手に捕獲するのは厳禁

タヌキは法律上では野生鳥獣に該当しており、タヌキを勝手に捕獲することは「鳥獣保護管理法」に違反してしまいます。そのため、原則としてタヌキの捕獲または殺傷は禁止になっているのです。

「鳥獣保護管理法」はその制定目的として「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること」とうたわれています。この法律で定められている「鳥獣」の対象にタヌキも含まれ、保護されているのです。そのため原則、行政の許可がなければ捕獲はできません。

しかしタヌキは狩猟鳥獣にも指定されています。秋から冬の間の狩猟期間中かつ狩猟可能な区域内に限りますが、狩猟免許があれば行政の許可なしでの捕獲が可能です。

相談、見積もり無料!!
お客さまのエリアに合わせた業者をご提案します。実績のあるその道のプロが、お客さまのお困りごとを解決します!
相談、見積もり無料!!
お客さまのエリアに合わせた業者をご提案します。実績のあるその道のプロが、お客さまのお困りごとを解決します!

タヌキの捕獲は業者に頼むしかないの?

タヌキは鳥獣に当たるため、狩猟免許なしでの捕獲は原則出来ません。そのため業者に頼むケースが多いですが、条件を満たせば行政や土地所有者の許可を取る必要があるものの、狩猟免許なしで捕獲することはできます。

捕獲できるケースは次のような場合です。
・鳥獣保護区などの捕獲禁止地域ではなく、かつ塀に囲まれた住宅敷地内でわなや網を使って捕獲する(狩猟期間内であれば行政の許可も不要)
・銃・わな・網の法定猟法以外かつ禁止猟法ではない方法で捕獲する(狩猟期間内かつ捕獲禁止地域でなければ行政の許可も不要)

ただし、わなや網を使わず捕まえることは難しいでしょうし、自分の住む地域が鳥獣保護区かどうかを正確に把握していることも少ないでしょう。とらばさみや弓矢・とりもち・犬の使用(法定猟法で最終的に捕獲すれば、禁止猟法にはなりません)なども禁止猟法であり、そのため残った方法で出来そうなのは素手で取るくらいです。そのため業者に頼むのが対応としては最良であるといえます。

タヌキを捕獲する方法

上記で述べたように、個人ではタヌキの捕獲に狩猟免許や行政の許可が必要なので難しいでしょう。捕獲ケースもわなに当たり使用できないため、素手で捕まえるしかありません。
しかし、そんなときはタヌキを追い払う方法で駆除しましょう。有効な対策は電気柵と忌避剤です。

電気柵は、タヌキの侵入口である場所に設置します。漏電を防ぐため、一番下のワイヤーは地面から10センチメートルは開けて設置する必要があります。また、剣山やスパイクのような物がホームセンターなどでも購入でき、設置もシートを敷くのみですので簡単にできておすすめです。

忌避剤とは、タヌキの嫌いな臭いの成分の入ったものです。木の焼ける臭いを発する木酢液もその1つですが、とくにタヌキの天敵であるオオカミの尿の成分が入った物は効果があります。タヌキが通る場所に撒いておくと、近寄らないようになるでしょう。また、夜行性のタヌキには青色LEDストロボという発光機器も有効とされています。ほかにもオオカミの鳴き声を出したり、水をかけたりできる製品もあり、状況に応じて使えば効果的です。
                   タヌキの生態と被害について
      

      

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、タヌキの生態と捕獲についてご紹介してきました。タヌキの捕獲には、免許や許可が必要であり、個人で捕獲する場合は捕獲ケースなどのわなが使用できず、困難であるということが分かりました。
しかし、タヌキの被害はとても深刻になる場合があります。とくにため糞による被害は大きいでしょう。そのため、タヌキの被害でお悩みの方は、ぜひ当サイトをご活用ください。きっと、お役に立つ情報があります。

屋根裏害獣を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根裏害獣」をご覧ください。

害獣は素早い駆除が必要!
現地調査無料です!
※対応エリアや加盟店によって変わります
害獣に棲みつかれて一番厄介なのが糞の被害。放っておくと健康面にも被害が出てきます。プロに任せれば消毒もしてくれるので、衛生面も安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
タヌキ、イタチ、ハクビシン、ネズミなどさまざまな害獣に対応。
害獣駆除 19,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ふじこ
手先が器用で、DIYが得意分野。その特技を生かし家具・雑貨修理の記事を担当している。家の掃除は苦手なので、効率的にできる方法を探し求めている最中。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
14投票,  平均評価値:4.4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-16 17:26:56
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/17607/
害獣駆除
タヌキと聞くと、童話やアニメなどでも出てきておなかが丸くてかわいいイメージをお持ちの方が多いかと思います。また、信楽焼が有名な甲賀市では大きなタヌキの置物をあちらこちらで目にすることがあるでしょう。しかし、実際の野生のタヌキは決してかわいらしくなく家に侵入してきて、被害を与える場合もあるやっかいな動物なのです。今回は、そんなタヌキの生態と被害をお伝えするとともに、タヌキ捕獲の是非と対策方法をご紹介...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 屋根裏害獣

屋根裏害獣のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根裏害獣についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!