生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

アシナガバチの一生は?アシナガバチのオスの生態から駆除対策しよう

2018-06-22

アシナガバチの一生は?アシナガバチのオスの生態から駆除対策しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ハチ駆除の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

夏に入ると、気や軒下で蜂の巣ができているのを見かけると思います。たくさんのハチが巣を取り囲んで、いつ刺されやしないかとビクビクしてしまうのではないでしょうか。できることなら取り除いて安心して生活できるようにしておくことをおすすめします。

もしも見つけた巣の形がシャワーヘッドのようになっていたら、それはアシナガバチが作ったものです。アシナガバチがいつ巣を作ってどう仲間を増やしていくのかを知って、巣を駆除するタイミングをつかみませんか?

今回は、アシナガバチのオスの生態にスポットを当てて、アシナガバチの一生を調べてみたいと思います。

ハチ駆除のおすすめサービス

アシナガバチの攻撃性が高くなる季節って?

日本で見かけることの多いハチの中にアシナガバチがいます。アシが長く細身のアシナガバチは、ゆっくりとしたスピードで街中を飛んでいることがあります。軒下やエアコンの室外機、ベランダなどの人の生活圏に巣を作りやすいことでも知られています。家の近くに巣を見つけたら、刺されないか心配になってしまいますよね。

アシナガバチは比較的穏やかな性格をしているので、身の危険を感じなければ積極的に攻撃をしかけてくることはあまりないといわれています。しかし、ハチの性質で穏やかながらも攻撃的になる季節があるといわれているのです。

アシナガバチは秋に攻撃性が高くなりやすい

アシナガバチが攻撃性を高めるのは夏の終わりから秋にかけてといわれています。働きバチが巣を守り、女王バチを守ろうとするためです。この時期にアシナガバチ自身や巣に近づくと、攻撃してくるので注意が必要です。アシナガバチの毒はスズメバチほど強くないといわれていますが、アナフィラキシーショックで死亡することもあるといわれています。まずはアシナガバチに刺されないように、対策を立てるようにしましょう。
      アシナガバチの攻撃性が高くなる季節って?

秋、アシナガバチで気を付けるポイントは?

アシナガバチは夏の終わりから秋にかけて、巣を守るために攻撃的になっていきます。攻撃的になっているからといって、外に出ないわけにはいきませんよね。ではもしアシナガバチと秋に出会ってしまったらどうしたらいいのか、気を付けるべきポイントをご紹介したいと思います。

まず1つ目のポイントは見かけたらすぐにその場を離れるということです。秋に外を飛んでいるアシナガバチは気が立っているため、刺激を与えるだけでも攻撃してくるおそれがあるからです。巣を見つけたときはさらに危険かもしれません。アシナガバチに出会ったら、ゆっくりとアシナガバチから離れるようにしましょう。

そして2つ目は黒色の服をなるべく身に着けないということです。ハチの仲間は黒色に反応するといわれています。攻撃対象として標的になりやすいので、なるべく黒色のものを避け、明るい色味の服を着るようにしてみてください。

夏から秋にかけてはシナガバチも食料を求めてたくさん飛び回っています。刺されることのないように、しっかりと対策を立てておくことをおすすめします。
      秋、アシナガバチで気を付けるポイントは?

秋に飛び立つアシナガバチのオスは刺さない?

秋に差しかかったときにも、アシナガバチが外を飛んでいることがあります。秋に入ってから見かけるアシナガバチは、夏に見かけるアシナガバチとは少し姿が違うことがありませんか?

実はアシナガバチは秋にオスバチが誕生します。働きバチに大きく育ててもらったオスバチは、涼しくなり始めた9月ごろから交尾をするために活動を始まるのです。ではこのオスバチは働きバチと同じように身を守るために攻撃することはあるのでしょうか。

・ハチの針は産卵管由来
鋭い針はハチの代名詞でもありますよね。敵に向かって針を突き刺すのですが、この針は産卵管が変化してできたものといわれています。そのため、産卵しないアシナガバチのオスは針を持たないのです。針を持たないオスバチは、身の危険を感じても刺すことはないのです。

・女王バチは針を持つが、基本的に刺さない
では卵をたくさん産む女王バチはどうなのでしょうか。女王バチはメスですから産卵管を持っています。針を持っていることになりますが、女王ハチの針は産卵目的のものであって、攻撃目的のものではないのです。攻撃に使用される針は、女王バチに選ばれなかった働きバチが戦うために持った武器といえるのです。

アシナガバチのオスの一生

ハチの仲間であるアシナガバチには、階級というものが存在しています。その階級には、卵を産む女王蜂、巣を作り子供を育てる働きバチ、女王バチと交尾をするために生まれてくるオスバチがあることがよく知られていると思います。この項では、アシナガバチの中の刺さないハチであるオスバチはどんな一生を送っているのか詳しく調べてみたいと思います。

アシナガバチのオスは、働きバチによって9月~10月頃巣の中で育てられていきます。オスバチ自身がエサを求めて外に出ることはなく、働き蜂バチがエサを持ってくるのをじっと待っているのです。大きく成長したオスバチは、巣の外で女王バチと交尾をおこないます。何度か交尾をおこなったオスバチは、数日のうちに命を落としてしまいます。

このように、オスバチは女王バチと交尾をするためだけに生まれてくる、寿命の短いハチなのです。オスバチと交尾をした女王バチは、身をひそめて越冬準備に入ります。そして次の年の春に、産卵をするのです。
       アシナガバチのオスの一生

ハチ駆除のおすすめサービス

まとめ

アシナガバチは、女王バチやオスバチを育てる夏の終わりから秋にかけて働きバチの攻撃性が高くなるといわれています。そんな中でアシナガバチのオスは攻撃をすることもなく、巣の中で守られて成長していくのです。

交尾をして仲間を増やしてくれるオスバチは、女王バチと交尾を終えると一生を終えます。非常に短い命ですが、オスバチはアシナガバチの仲間を増やすための大切な存在なのではないでしょうか。

しかし、アシナガバチはオスが交尾を終えると女王バチだけが残って越冬準備を始めます。このタイミングで巣を駆除すると、安全におこなうことができるのです。ハチ駆除のプロに依頼して、しっかりと巣を駆除しておくことをおすすめします。

ハチでお困りの方は業者に相談することをオススメします

ハチ煽り

ハチ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハチ駆除」をご覧ください。

弊社調べの最安値 8,000円~

弊社調べの最安値 8,000円~

ハチ駆除のおすすめ業者を見る

ハチ駆除の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-06-22 12:50:24
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/51417/
害虫駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

おすすめ記事

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

ハチ駆除オリジナルサービス

0120-949-986