生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

スズメバチの針はどうなっているの?刺されないために特徴を知ろう

2018-05-08

スズメバチの針はどうなっているの?刺されないために特徴を知ろう

ハチ駆除の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

蜂の特徴といえば、お尻にある針を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。スズメバチはこの針を使って毒を注入し、敵を攻撃するのです。

スズメバチの攻撃力の象徴ともなっている針ですが、持っている針について考えたことはないと思います。針の持つ毒について知っておくことで、刺されたときに起こる炎症反応がわかるかもしれません。

スズメバチはどうして針を持っているのか、今日はスズメバチの針についてお話したいと思います。

ハチ駆除のおすすめサービス

オスに針はない!?スズメバチの針の特徴

蜂の針は、実はオスにはありません。スズメバチが持っている針は、産卵管が変化したものといわれています。スズメバチはメスの中から女王蜂を選び、残ったメスが働き蜂になります。働き蜂となったメスの産卵管が、巣や女王蜂、幼虫を守るための武器として毒針に変化してできたものなのです。

このスズメバチの毒針は、のこぎり状の細い刃がたくさん付いた2枚の尖針が刺針の外側をおおっています。尖針が交互に動いて皮膚を切り裂き刺さっていくのです。蜂は1度刺すと針が抜けると聞いたことがあるのではないでしょうか。

オスは産卵管を持たないため、針がありません。基本的には巣の中で働き蜂に守られて生活しています。働き蜂となったメスの攻撃手段として針が存在しているということです。
      オスに針はない!?スズメバチの針の特徴

スズメバチの針で刺されると起こる症状とは

攻撃手段として変化してできた毒針ですが、この針で刺されるとどんな症状が起こるのでしょうか。スズメバチの針から出る毒液は、微量の整理活性物質の混合物です。その成分は大きくわけて4つに分類できるのですが、その成分によって刺した相手に与える症状が違うといわれています。

・アミン類 …… 痛み、かゆみの原因
・低分子ペプチド類 …… 痛み、赤血球破壊、血圧低下、アレルギーの原因
・酵素類 …… 組織障害、赤血球破壊、アレルギーの原因
・非酵素系神経毒 …… 神経系に作用

これらの成分の作用が混ざり合って、激しい痛みや急性アレルギー反応を引き起こす恐れがあるのです。また1度刺されると体内に蜂の毒に対する抗体ができるので、2度目に刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。

アナフィラキシーショックが起きると命に関わることもありますので十分注意しなければいけません。
      スズメバチの針で刺されると起こる症状とは

スズメバチの針に刺されないようにする対策方法

スズメバチの針に刺されると命を落とす危険性もあります。蜂に刺されないように、対策を立てておきましょう。スズメバチは攻撃性の高い蜂ですが、敵と見なさなければ攻撃してくることはありません。

見かけると恐怖心から追い払おうとしがちですが、追い払う仕草がスズメバチを刺激してしまいます。敵と判断して攻撃してくるきっかけになってしまうので、スズメバチを見かけたら静かにその場を立ち去るようにしましょう。

また、スズメバチから攻撃対象になりやすい色や形が存在します。匂いなども蜂を刺激しますので注意が必要です。ほかにもスズメバチ対策で役立つ情報を数多く紹介していますので、以下の記事を参考にしてみてください。

【スズメバチは7月・8月・9月・10月が危険!注意点と対策について】

スズメバチ以外の針で刺す蜂の種類

スズメバチの攻撃性は非常に高く注意が必要です。しかし、針を持っているのが蜂の特徴ですよね。スズメバチ以外の針で刺す、攻撃性の高い蜂の種類はあるのでしょうか。スズメバチ以外にも、攻撃してくる可能性のある蜂はいます。

・アシナガバチ
・ミツバチ
・マルハナバチ

これらの蜂はスズメバチと同じく働き蜂であるメスが毒針を持っています。攻撃性はスズメバチほど高くはないといわれていますが、むやみに刺激すると防衛のために攻撃してくることもあるので注意しましょう。

ミツバチは刺されると体に針が刺さったままになってしまいます。抜かないと針から毒が体内にどんどん入ってくるので、すぐに針を抜いてください。アシナガバチに至ってはスズメバチに匹敵するほどの強い毒を持っているので、遭遇したときには静かに立ち去るようにしてください。
          スズメバチ以外の針で刺す蜂の種類

ハチ駆除のおすすめサービス

まとめ

スズメバチはメスの働き蜂しか毒針を持ちません。巣や女王蜂を守るために、生殖器官である卵管を針へと変化させたものです。この毒針から出る毒は強く、刺されれば炎症を起こします。毒の成分でアナフィラキシーショックが起きてしまった場合、命を落としてしまう危険性もあるのです。

スズメバチの針に刺されないためには蜂に刺激を与えないことです。スズメバチや他の毒針を持った蜂を見かけたときには、慌てずにその場を立ち去りましょう。

もしも蜂の巣を見かけたときには自分で処理しようとはせず、蜂駆除のプロに依頼してください。的確に駆除を行ってくれるはずです。

ハチ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハチ駆除」をご覧ください。

ハチ駆除のおすすめ業者を見る

ハチ駆除の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-05-08 16:16:13
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/38514/
害虫駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

おすすめ記事

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

ハチ駆除オリジナルサービス

0120-949-986