生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

隣の家に蜂の巣を見つけたら|駆除してもらえない場合の相談先と対策

投稿日:2019-06-12 更新日:2020-09-16

隣の家に蜂の巣ができたらどうする?パターン別の相談先を紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

もしも蜂の巣を見つけたら、まずは静かに距離をとりましょう。不用意に近寄ったり声や動きで刺激したりすれば、興奮した蜂に刺されてしまうかもしれません。

蜂の巣を見つけた場所が自分の家であれば、すぐに対処することもできます。しかし、隣の家に蜂の巣がある場合はどうしたらよいか困ってしまいますよね。

当記事では、隣家に蜂の巣を見つけた場合の対処法や、なかなか駆除してもらえないときの相談先について解説していきます。思わぬご近所トラブルに発展しないよう、参考にしてみてください。

蜂の巣を見つけたら管理者の責任で駆除するのが原則

近所に蜂の巣ができて自分の家でよく蜂を見かけるようになった場合、どこに連絡すればよいのか迷うこともあるかもしれません。蜂の巣ができた場所によって連絡先が異なるので、紹介していきます。

隣の家に蜂の巣ができたら家主に駆除を頼むのが原則

隣の家

蜂の巣の駆除は原則、建物や土地の管理者がおこなわなければなりません。隣の家に住民がいるときは、蜂の巣ができていることを伝え、駆除してもらうようにお願いしましょう。蜂の巣ができる位置によっては、隣の家の人がその存在に気づいていないということもあります。

空き家

空き家になっている隣の家に蜂の巣が作られた場合も、まずは管理者に連絡します。しかし、空き家の管理者がわからないということも考えられます。

もし、空き家の管理者に連絡がつかない場合は、お住まいの自治体に相談してみましょう。自治体で空き家の管理者へ連絡して、蜂の巣の駆除をするように通達してくれる場合が多いようです。

また、自治体にもよりますが、危険性の高いスズメバチは自治体で駆除してくれるところもあります。蜂に困ったら、まずは自治体に確認してみることをおすすめします。

公共の場

道路や公園など、公共の場所で蜂の巣を見つけた場合は、すみやかに自治体へ連絡しましょう。公共の場であれば、住民の安全確保のために自治体が対応してくれる場合がほとんどです。

隣の家が駆除をしてくれない場合は役所や警察に相談を

隣の家に蜂の巣を見つけた場合、まずは隣家の持ち主に相談するのがよいでしょう。しかし、隣の家に直接蜂の被害がおよんでいない場合、すぐには対処してくれないかもしれません。

また、隣家が空き家の場合、家の管理者に連絡しても遠方にいるなどの理由で、なかなか駆除されないということも考えられます。とくに、長年にわたって放置されている空き家は、雑草がのびて蜂の巣が作られやすい環境になっていることが多いので、注意しなければなりません。

しかし、隣の家の人が蜂の巣を駆除してくれないからといって、勝手に敷地に入ることは法律で禁止されています。そのため、隣の空き家にできた蜂の巣を自分で駆除するわけにはいかないのです。

隣の家の人が蜂の巣を駆除してくれない場合、まずは自治体に相談してみましょう。住居や土地は持ち主に管理する責任があるため、蜂の巣を放置していると駆除するように自治体から指導してくれるでしょう。

とくに、生死に関わる危険のあるスズメバチは早急に駆除しなければなりません。スズメバチによる被害が心配される場合は、自分で対処してもよいか、警察に相談してみるのもよいかもしれません。

蜂の巣を放置した結果、蜂の被害が出て思わぬ近隣トラブルに発展するというケースもあります。住民同士のトラブルにならないよう、未然に防ぐのが1番です。しかし、住民同士で直接話し合うのが難しい場合は、行政など第三者に介入してもらうことも想定しておきましょう。

隣の家が駆除をしてくれない場合は役所や警察に相談を

近隣トラブルを避けるために我が家に蜂の巣がないかも調べよう

蜂の巣は放置しておくとどんどん大きくなり、蜂の数も増えていくので大変危険です。日ごろから家の周辺をくまなくチェックしていれば、蜂の巣の存在にいち早く気づけるかもしれません。隣の家に蜂の巣の被害がおよばないように、気をつけてみていきましょう。

自分では気がついてなくても、隣の家の近くに蜂の巣が作られているということもあります。ここでは、蜂の巣が作られやすいポイントを紹介するので、ぜひ家のまわりを確認してみてください。

軒下・玄関

軒下や玄関は雨風がしのぎやすく、蜂にとっては巣を作りやすい場所だといえます。とくに空き家では人の目が行き届かないため、玄関先に蜂の巣を作られることも珍しくはありません。

蜂の巣を見つけたら、すぐに駆除したほうがよいですが、周辺の状況には十分に注意しなければなりません。駆除したときに巣から逃げ出した蜂によって、近所を歩いている人が刺されたり、隣の家の庭にいる人が蜂にねらわれたりする危険もあるからです。家の敷地内だけでなく、近所に蜂の被害が出ないように配慮することが大切です。

ベランダ

軒下や玄関と同様に、ベランダも雨風をしのぎやすく、蜂の巣が作られやすい場所です。ベランダに出たときに、近くに蜂がいないか確認してみるとよさそうです。

ベランダは閉鎖的な空間に比べると、自力での蜂の駆除がしやすい場所です。しかし、蜂の巣に近づかなくてはならないため、注意が必要です。

近隣トラブルを避けるために我が家に蜂の巣がないかも調べよう

天井裏

家のメンテナンスを怠っていると、屋根のすきまなどから蜂が入り込んで、天井裏に巣を作ることがあります。天井裏は蜂にとっては雨風が当たらず、外敵のいない安全な場所なので、いつの間にか巣が大きくなっているかもしれません。家の中に蜂の巣を作られないよう、定期的に家のメンテナンスをすることも蜂予防につながるといえるでしょう。

天井裏は狭いので、自分で蜂の巣の駆除をおこなうことは大変危険です。天井裏に蜂の巣ができてしまったときは、業者に依頼することをおすすめします。

給湯器

家の外部にある給湯器にも蜂の巣が作られることがあります。給湯器は適度にあたたかく、家の外壁と給湯器のすきまや内部にも蜂が住みついてしまうことがあるのです。

もし、給湯器の周辺に蜂の巣を見つけた場合、殺虫剤で駆除することは危険なので控えたほうがよいでしょう。給湯器が壊れてしまったり、殺虫剤のガスが原因で発火してしまったりするおそれもあります。給湯器に蜂の巣ができたときは、安易に殺虫剤で駆除しようとせず、業者に相談したほうがよさそうです。

蜂の巣はある程度高い場所にできやすいイメージもありますが、床下や土の中など地面に近い場所で見つかることもあります。また、生け垣や枝の中など植物に巣を作られることもあるようです。

ほかにも、ソーラーパネルの裏側にスズメバチの巣が見つかることもあります。自宅以外にも管理している土地がある人は、蜂の巣ができていないかこまめに確認し、見つけた場合にはすみやかに対処するようにしましょう。

自宅で見つけた蜂の巣は早めに駆除しよう

先にも紹介したように、蜂の巣は土地や家屋の持ち主に駆除の責任があります。自分だけでなく、近所の人も蜂に刺される危険があるので、蜂の巣を見つけたら早めに駆除しなければなりません。

自分で駆除する場合

蜂を駆除するときは、防護服などで自分の身を守るようにしてください。防護服は役所や保健所などで貸し出してくれることもあります。

また、ほとんどの蜂は日中に活動しています。そのため、蜂が巣に集まっている夜間に駆除をするとよいでしょう。ただし、蜂は光に向かって飛んでくるので、巣を直接ライトで照らさないように気をつけてください。

蜂の駆除には殺虫剤を使用します。高所用の伸縮スプレーやバズーカタイプのスプレーを使って、なるべく蜂の巣と距離をとって作業しましょう。蜂の巣を取り除いた後に蜂が戻ってこないように、しっかりと殺虫剤をまいておくことが大切です。

もし自分の家で蜂の巣が見つかったら駆除を

業者に依頼する

蜂の巣は自力でも駆除できる場合がありますが、夏から秋にかけては蜂が増えて巣も大きくなっているため、危険性が高まります。また、スズメバチに刺されると生死に関わることもあるので、むやみに近づかずに業者に依頼するほうが安心です。

ほかにも、狭い場所にできた蜂の巣の駆除は、蜂との距離が近くなるので危険をともないます。このような場合も無理に自分で駆除しようとせず、業者に相談したほうがよいでしょう。

業者に依頼するときは、事前に調査して無料で見積もりを出してくれるところを選ぶと安心です。蜂の駆除以外に出張費などの費用が別にかかるか確認しておきましょう。

業者に蜂の巣の駆除を依頼すると、蜂に刺されるリスクを避けられるというメリットがあります。また、自分で駆除する手間も省けるだけでなく、再び蜂の巣ができたときにアフターサポートをお願いできることもあります。

蜂の巣に困っていたり、隣の家の人に蜂の巣の駆除をお願いされていたりする人は、業者に相談してみることをおすすめします。

自分で駆除するのが難しい害虫の代表例として挙げられるのがスズメバチです。巣を放置しておくと近隣にも危害を与えるおそれがあるため、家に巣ができたら専門業者に頼まなければなりません。し ... 続きを読む

まとめ

蜂の巣はいつの間にか作られて、気づかないうちに大きくなっていることも珍しくありません。自宅であれば自分で対処できますが、隣の家に蜂の巣ができた場合は勝手に敷地に入ることができないので注意が必要です。

隣の家に蜂の巣を見つけたら、まずは家の持ち主に駆除をお願いしましょう。しかし、すぐに対応してくれないときや、空き家になっていて連絡がつかない場合には、自治体に相談するのがよいでしょう。

まとめ

蜂の巣は思いがけず近隣トラブルに発展する場合もあります。そのため、見つけたら早めに対処することが大切です。蜂の巣を安全に駆除したい人は、ぜひ業者に相談することをおすすめします。

巣の形と模様でわかる蜂の種類
家の近くに作られてしまった蜂の巣。何の種類の蜂か気になりませんか? 蜂という生き物に抱くイメージは人それぞれ千差万別です。おいしいハチミツを作ってくれる有 ... 続きを読む
蜂に刺されてしまったらすぐに適切な処置をおこなってください。蜂に刺されると痛み、かゆみをともなう腫れが生じることはもちろん、まれに「アナフィラキシーショック」という命にかかわる ... 続きを読む
蜂の巣の駆除後には、生き残った蜂がふたたび戻ってこないように対策をする必要があります。 “巣を撤去したのに同じ場所でまた蜂を見かける”という状況は、決してめずらしくありません ... 続きを読む
小さい蜂の巣は、アシナガバチなら自分で駆除できる
毒のついた針で襲ってくる危険な生物である“蜂”。刺されると痛みだけでなく、最悪の場合は死に至ることもあり、多くの人が蜂は危険な生物だと認知していることでしょ ... 続きを読む
ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
蜂の巣駆除 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
6投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-16 15:31:02
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/146031/
害虫駆除
もしも蜂の巣を見つけたら、まずは静かに距離をとりましょう。不用意に近寄ったり声や動きで刺激したりすれば、興奮した蜂に刺されてしまうかもしれません。蜂の巣を見つけた場所が自分の家であれば、すぐに対処することもできます。しかし、隣の家に蜂の巣がある場合はどうしたらよいか困ってしまいますよね。当記事では、隣家に蜂の巣を見つけた場合の対処法や、なかなか駆除してもらえないときの相談先について解説していきます...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

蜂の巣駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!