生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

アシナガバチは雨の日が苦手!駆除するなら雨の日に決行しよう!

2019-06-12

アシナガバチは雨の日が苦手!駆除するなら雨の日に決行しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

自宅の軒下や庭の木をみたとき、ハチの巣ができていたということがあるでしょう。そうなったとき、自分で駆除できるのか考えるはずです。しかし、いくつかのポイントをおさえることで、駆除しやくすなることでしょう。

アシナガバチは雨の日がとても苦手で外に出ないため、そんな日を狙うというのもポイントのひとつです。今回は、アシナガバチの習性から駆除方法まで、詳しく解説しているので参考にしてみてください。

本コラムを読むことで、アシナガバチの巣をみつけたとき、安全に駆除することができるでしょう。もし、みつけたときにはここで解説していることを参考にして、お役に立ててみてください。

アシナガバチは雨の日に活動が鈍る性質がある

ハチなどはどんな日も元気に飛び回るといったイメージを、もっている方もいるかもしれません。実は、アシナガバチには、飛び回ることを嫌う日があります。それは、雨の日です。

雨の日というのは、人は服が濡れたりすることで、出たくない、歩きたくないと考える方もいるでしょう。アシナガバチも同じように外に出るのを嫌がります。原因は、羽が濡れることで飛びづらくなるからだそうです。

そのため、アシナガバチは雨の日だとあまり外に出てこないので、巣の駆除をおこなうときは、このような天気であれば絶好のチャンスです。アシナガバチを駆除するときには、雨が降っている日を選ぶようにしましょう。そうすることで、通常よりも駆除をしやすい状況になるはずです。

このように、ハチにも意外な性質があるのです。この性質を知ることで、アシナガバチの駆除をおこなうとき、大きく役立つのではないでしょうか。しかし、駆除する前には、もっと知っておくと便利なことがあります。

アシナガバチは雨の日に活動が鈍る性質がある

アシナガバチを駆除する前に知っておきたい2つのこと

ハチの巣の駆除は、状況次第では自分でおこなうことができるようです。判断基準として、ハチの巣とハチの種類という2つのことを覚えておくとよいでしょう。

ハチの巣

駆除する前に知っておきたいハチの巣と一言でいっても、サイズと場所にわけることができます。まず、自分で駆除するときに推奨されているサイズは、約15cm以内といわれています。このサイズ以上になると、巣のなかに働きバチがいることがほとんどです。このサイズ以上であれば、危険が伴うので業者に依頼することをおすすめします。

次に、巣の場所ですが、駆除がおこないやすいのは、軒下や木の幹など見通しがよい場所です。このような場所では、脚立などを使用することで、簡単に駆除することができます。しかし、ハチは屋根裏や床下に巣をつくることもあります。その場合、人が動くには厳しいため、ハチが飛び出したときに、刺されるリスクがあるので注意しましょう。

ハチの種類

ハチには、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチと種類があります。このなかで、もっとも危険なのは、スズメバチです。スズメバチはとても凶暴で、巣に気づかずに数メートルの距離にいただけで、攻撃される危険があるほどです。

一方で、アシナガバチとミツバチは比較的穏やかなので、自分で駆除することができると考えられています。しかし、この2種類にも注意しなければならないことがあるのです。

アシナガバチは穏やかな性格ですが、巣を守るときの防衛本能はとても強いようです。さらに、種類によっては刺されたときの毒性が、スズメバチと同等の強さのアシナガバチもいるといわれています。そのため、駆除するときは、穏やかだからと油断しないようにしましょう。

そして、ミツバチも比較的穏やかといわれています。しかし、冬の時期は越冬するために、巣のなかで女王バチを囲い、寒さを凌いでいるそうです。そのため、この時期のミツバチはとても敏感で攻撃性が高いので、なにかあれば集団で攻撃することも考えられます。

アシナガバチを駆除するときには、ここで解説したことを参考に検討してみてはいかがでしょう。さらにアシナガバチが嫌う雨の日に作業することで、通常よりもさらに駆除がおこないやすい状況になるはずです。

アシナガバチを駆除する前に知っておきたい2つのこと

アシナガバチの巣を自力で駆除してみよう

実際にアシナガバチを駆除しようとしたとき、「なにから始めればいいのかわからない」という方もいることでしょう。道具や手順、これらをしっかり把握することで、安全に駆除することができるのです。

アシナガバチの巣を雨の日に駆除するのであれば、これから紹介する道具に雨具を準備することも忘れないようにしてください。では、順に紹介していきます。

服装

服装はハチに攻められても、針を通さないような厚めの服で長袖がよいです。さらに、手袋も必須ですが、首まわりを防ぐためにタオルも準備しましょう。頭部に関しては、帽子でもよいですが、ヘルメットであればより防御力が向上します。

駆除剤

アシナガバチは殺虫剤に弱いといわれています。殺虫剤は、店舗で売られている噴射式のものでも問題ありません。殺虫剤には、さまざまな種類があり、なかにはアシナガバチ専用のものも売られているようなので、最適な一品を探してみてはいかがでしょうか。

服装と駆除剤が準備できたら、作業に取り掛かりましょう。駆除するときには、しっかりと手順にそって駆除するようにしてください。

➀アシナガバチも眠りにつくので、睡眠時間といわれている19時~6時くらいを選びましょう。理由として、巣のなかで寝ているアシナガバチを一網打尽にできるからです。また、明るいところに向かってくる習性があるため、周辺から明かりをなくしておきましょう。

②スプレーを噴射する前に、風の流れを確認しましょう。向かい風の位置からだと噴射しても、自分に戻ってくるので、逆側に陣取るようにしてください。さらに、噴射するときは確実に巣の出入り口を狙うようにしてください。

➂スプレーを噴射すると、巣のなかからハチが出てくるかもしれません。そのときは、噴射を止めずしっかりと逃げずに噴射し続けてください。

④噴射し終わったらすぐに巣を取り除くのではなく、一晩置いてからおこなうようにしてください。翌日、巣を確認してハチがいなくなっていれば、そのまま取り除いて可燃ごみとして処分しましょう。

ここで注意してほしいのは、地面に落ちているハチを処理するときは、必ずほうきと塵とりを使ってください。ハチは死んでいても、反射的に針を刺すということがあるそうです。そのため、死んでいるからと、安易に素手で触らないようにしましょう。

アシナガバチの巣を自力で駆除してみよう

駆除したあとは再び巣をつくられないように対策を

ハチの巣を駆除したあと、基本的に同じ場所に巣がつくられることは少ないといわれています。ハチというのは、いかに安全に子供をつくっていくかということを考えています。そのため、一度駆除された場所は、ハチにとって安全な場所ではないと記憶されていくのです。

ですが、駆除したあとにしっかり処理しておくことが、重要になってきます。念には念をいれておいて損はないでしょう。方法は、駆除したあと巣があった場所に、殺虫剤を吹きかけておくだけでよいのです。吹きかけておくことで、ハチが周辺に寄り付くことを防いでくれます。

さらに、ハチが巣をつくるのに最適な場所になっていないかも確認しておきましょう。日当たりがよい、雨が防げる、軒下になっているなどです。もし、このような場所になっていれば、日々の対策で防ぐことができます。

先ほどの殺虫剤に加えて、アシナガバチは雨の日に弱いということから、水などをまくだけでも再び巣がつくられることを防ぐことができるようです。このような簡単な作業を定期的におこなうだけで、ハチからの脅威を防ぐことができるのです。

駆除したからと安心せずに、今後のことも考えてしっかりと対策をしましょう。簡単な方法で安全な生活を手にいれることができるので、参考にしてみてください。

駆除したあとは再び巣をつくられないように対策を

まとめ

アシナガバチは雨の日がとても苦手で、駆除するには絶好のタイミングです。さらに、自分自身で駆除するには、ハチの巣の大きさや種類、場所そして時間、これらをしっかり把握しておこなうことで安全におこなえるでしょう。

また、駆除の際にはしっかりとした服装や駆除剤を準備して、ここで解説した手順でおこなうようにしてください。もしも、巣の大きさが自分で駆除できる推奨サイズを超えていた場合は、とても危険な状態です。そのときは、無理に自分でおこなわずに業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

業者に依頼することで、素人目ではわからないことなどに気づいてもらえ、安全に駆除作業をしてくれるでしょう。少しでも、駆除に不安のある方は、迷うことなく業者の力を借りることをおすすめします。

ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
ハチ駆除 5,000円〜
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-06-12 09:28:06
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/145706/
害虫駆除
[cv_banner ua="pc"] 自宅の軒下や庭の木をみたとき、ハチの巣ができていたということがあるでしょう。そうなったとき、自分で駆除できるのか考えるはずです。しかし、いくつかのポイントをおさえることで、駆除しやくすなることでしょう。 アシナガバチは雨の日がとても苦手で外に出ないため、そんな日を狙うというのもポイントのひとつです。今回は、アシナガバチの習性から駆除方法まで、詳しく解説しているので参考にしてみてください。 本コラムを読むことで、アシナガバチの巣をみつけたとき、安全に駆除することができるでしょう。もし、みつけたときにはここで解説していることを参考にして、お役に立ててみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!