生活110番ニュース 運送・配送

このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車場の解約のタイミングはお早めに!うっかり解約忘れがないように

投稿日:2018-01-25 更新日:2018-12-26

駐車場の解約のタイミングはお早めに!うっかり解約忘れがないように

駐車場の解約は引越しの際うっかり忘れてしまいがちですが、早めに解約することを伝えないと前の駐車場を契約したままそのまま引越し……ということにもなりかねません。「でも、駐車場を解約するタイミングはいつがいいの?」と疑問を持つ方も多いと思います。そこで今回は、引っ越しなどの際の駐車場解約のタイミングや解約手続きの流れを紹介します。

損をしない駐車場解約を伝えるタイミング

駐車場解約で損をしないようにするのには、1ヶ月前の申し出が原則となっています。これは法人の場合でも個人の場合でも同じです。法人の場合は1ヶ月ではなく2ヶ月から3ヶ月前に告知をしないと解約ができない場合もあるので、駐車場を借りたときの契約書をしっかりと読み直しましょう。

もし直前に「すみません、引越しをするので駐車場を解約したいのですが……」と申し出ても、規約で翌月の駐車料金を取られてしまう可能性が高いです。もし契約書に駐車場の解約についての告知がされていない場合、法律で3ヶ月前には解約の申し出をすることが定められているため、たとえ契約書に解約についての記載がされていなくてもトラブル防止のために引越しが決定した時点で駐車場の管理会社へ連絡をしましょう。

個人の駐車場の場合、直前でも解約できる場合があることもありますが、直前で解約すると貸しているオーナーにも失礼になります。最低でも1ヶ月前には解約の申し出をするようにしましょう。
      損をしない駐車場解約を伝えるタイミング

駐車場の手続き

駐車場解約の手続きは以下の通りになります。

解約手続きの流れ

解約は駐車場の契約書が必須です。その他にも預かり証などの必要書類がいる場合があるので駐車場の管理会社やオーナーに確認をしましょう。解約手続きは管理会社の窓口や郵送、電話などさまざまな形で行うことができますが、管理会社の規則にのっとって解約手続きを進めましょう。契約時に敷金を払っている場合、それが戻ってくる場合もあります。

必要書類

・印鑑
解約時にも必要となるため、必ず持っていきましょう。

・指定された書類
契約書のほかに預かり証など指定された書類が必要になります。
      駐車場の手続き

日割り計算できるのか確認しよう

駐車場解約の際は、日割りの計算ができるのかどうか確認をしましょう。もし初週で解約をしても1ヶ月分の賃料を払うとなると損になってしまいます。しかし、駐車場は月極(つきぎめ)制のところが多く解約をする月でも1日でも借りていたら1ヶ月分の賃料が発生する場合があります。

それを防ぐためにも、契約書の中に1ヶ月に満たない期間の賃料についての記載がないか確認をしましょう。もし記載がない場合は契約会社やオーナーに確認を取る必要があります。契約内容によっては「契約開始月」と「満期解約月」の場合にのみ日割り計算ができるという場合もあります。それ以外の月に引越しすると月単位の賃料が発生します。

新居で新しく駐車場を契約する場合の流れ

旧居での駐車場解約をしたら、新居で駐車場契約をしましょう。流れは以下の通りになります。

①駐車場を探しておく

引越し当日に駐車場をあわてて探すということを防ぐためにもあらかじめ不動産屋などに依頼をして駐車場を探してもらいましょう。「なるべく新居から近い場所がいい」などの条件も伝えておくとスムーズです。
 

②希望の駐車場に申し込む

希望の駐車場が見つかったら申し込みをします。書類に必要事項を書いて申し込みましょう。
 

③審査

申し込みをすると審査があります。審査は短くて1日2日、長くて2週間ほどかかります。審査内容は、毎月の賃料が払えるかという点や駐車場を使う人が公序良俗に反していないかなどさまざまです。
 

①案内と振込み

無事に審査が降りたら初期費用の案内が郵送されてきます。そこには指定額や振り込先の指定もされているため、期日までに振り込みましょう。個人のオーナーの場合は現金をオーナーの自宅に持っていくという場合もあります。
 

②契約書を書く

契約書が発行されるため、よく読んでサインをしましょう。郵送の場合は少し時間がかかります。
 

③契約開始

以上が完了すれば契約開始です。
      新居で新しく駐車場を契約する場合の流れ

まとめ

駐車場の解約はいままで貸してくれた管理会社やオーナーに迷惑をかけないためにも最低でも1ヶ月前までには解約を申し出るようにしましょう。黙ったままでいるとモラルによくないばかりか、違約金が発生して損をするだけです。

確認できることは契約書に書かれていることも多いため、駐車場のことで疑問が出たときは契約書を確認するか、管理会社やオーナーに連絡をして質問をしましょう。また、新居での駐車場契約をスムーズにするためにも解約忘れには気を付けましょう。

駐車場以外にも引越しには様々なことをする必要があります。わからないこと、引越し業者に頼みたいことがあれば、一度引越し業者のプロに相談をしてみるといいかもしれません。

この記事を書いた人
編集者:たかし
過去に引越し経験が多く、手伝いをお願いされることもしばしば。これまでの経験をもとに、引越しの料金節約法や庭づくりといった分野が得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-26 12:36:38
https://www.seikatsu110.jp/shipping/sh_move/34535/
運送・配送
駐車場の解約は引越しの際うっかり忘れてしまいがちですが、早めに解約することを伝えないと前の駐車場を契約したままそのまま引越し……ということにもなりかねません。「でも、駐車場を解約するタイミングはいつがいいの?」と疑問を持つ方も多いと思います。そこで今回は、引っ越しなどの際の駐車場解約のタイミングや解約手続きの流れを紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

運送・配送 引越し

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!