生活110番ニュース 運送・配送

このエントリーをはてなブックマークに追加

電子ピアノの引越し料金相場と配送費用を安く済ませる方法

投稿日:2020-03-13 更新日:2020-06-01

電子ピアノを引越しで運搬したい場合、キーボードだけなら簡単に運べますが、ある程度の重量のある電子ピアノの場合はそうはいきませんよね。

「運ぶ荷物に電子ピアノが含まれている」

「電子ピアノの引越しだけを業者依頼したい」

いずれのケースであれ、気になるのは引越し料金の面です。

電子ピアノの引越しをする場合、“引越し業者に依頼”と“専門業者に依頼”の2つがあります。

結論、電子ピアノに限っては引越し業者に依頼した方が料金は安くなる可能性が高いです。

電子ピアノは調律なども必要なく、家電製品の扱いとして通常の荷物と一緒に運搬することができるので、わざわざ専門業者に依頼する必要もないと言えます。

「じゃあ、どの引越し業者が一番安いの?」

と迷うのであれば、無料一括見積もりサービスで料金比較してしまうのが手間が無く、手っ取り早いです。

一番安い電子ピアノの引越しプランは
「SUUMO」で見つかる!
  • 電話がかかってこない
    しつこい営業電話は一切ナシ
  • 大企業リクルート運営
    安心して利用できる
最大50%OFF!

電話はかかってくるものの、中小や赤帽などたくさんの業者から幅広く見積もりをとって比較できるサービスは次の二つです。

提携業者が多い「引越し侍」なら
費用をガッツリ安くできる!

提携業者290社以上 /
赤帽加盟の「LIFULL」なら
単身引越しが安くなる!
赤帽加盟中 /

引越しで電子ピアノは家電扱いで送れる!

電子ピアノはグランドピアノやアップライトピアノなどの繊細な楽器と異なり、「家電製品」としての扱いになるので、通常の荷物と同様にトラック積んで一緒に運搬することができます。

電子ピアノの場合、運搬後の調律も必要なく専門業者でなくても輸送が可能となっているんです。

つまり引越しの荷物に電子ピアノがあったとしても、別で専門業者を探す必要もなく、通常の引越しプランで送ることができるということ。

「通常プラン」と一言で言っても、引越し業者によって提示される料金は実はバラバラ。
どこの引越し業者のプランが一番安いのかは、相見積もりをとって比較しないとわかりません。

相見積もりをする業者を1社ずつ検索していると、かなり時間がかかってしましますが「一括見積もりサービス」を使えば、簡単にまとめて見積もりを取得することができるので非常に便利です。

一括見積もりサービスなら、電子ピアノ込みの引越し料金が一番安い業者を簡単に探すことができるので、少しでも安く引越しをしようと思ってるのであれば利用しない手はありません!

一番安い冷蔵庫だけの引越しプランは
「SUUMO」で見つかる!
  • 電話がかかってこない
    しつこい営業電話は一切ナシ
  • 大企業リクルート運営
    安心して利用できる
最大50%OFF!

電子ピアノの引越し費用相場

電子ピアノは通常の引越しプランで送れると記述しましたが、仮に専門業者に依頼した場合だといくらになるのか気になる人もいるのでは。
また「電子ピアノ1点だけ送りたいんだよね…」という人もいることでしょう。

そこで

  • 引越し業者の通常プランで電子ピアノを送った場合の料金
  • 電子ピアノ1点だけを輸送した場合の料金

上記の目安相場をまとめました。

条件 料金目安
引越し業者の通常プランで送った場合 約30,000円
専門業者に依頼した場合 約15,000円
電子ピアノ1点だけ輸送する場合 約8,000円

※東京23区内で通常期(5~2月)に引越しをした場合

引越し業者に、電子ピアノ込みの引越しを依頼した場合の相場は約3万円です。

専門業者に電子ピアノだけを依頼した場合は約1.5万円ですが、他の荷物もある場合は、「専門業者の料金+引越し業者の料金」となるので、高額になることが予想されます。

電子ピアノ1点だけを送りたい場合は、引越し業者の「家具だけプラン(業者によってプラン名は異なります)」を利用すれば、約8,000円での運搬が可能。

高額な電子ピアノや、仕事で使っているから慎重に運搬して欲しい…などの理由であれば、楽器の知識と運搬ノウハウのある専門業者に運搬を依頼してもいいでしょう。

そうでない限り、料金面で考えるのであれば、やはり引越し業者の通常プランで他の荷物と一緒に運搬する方法が最も安くなると言えます。

近距離:電子ピアノ1点のみの引っ越し料金目安

電子ピアノ1点のみの運搬が可能な引越し業者のプランを利用して送る場合の料金目安は、東京23区内の引越しで約8,000円~となっています。

以下は電子ピアノ1点だけ(家具・家電1点~)に対応している引越し業者と対象のプランです。

引っ越し業者 対象プラン
アーク引越センター 大物限定プラン
キタザワ引越センター 一発予約家財宅配便
ムービングエス 小口プラン

家具家電1点だけの引っ越しは、小さいトラックを使用して格安料金にできるのがメリットです。

「近距離であれば、マイカーで運べる!」というケースもあるかもしれません。
確かにキーボードだけの簡易的な電子ピアノであれば、自力で運ぶのが一番安上がりでおすすめです。

しかし、重量もあり組立や分解が必要な電子ピアノの場合はマイカーで運ぶ訳にはいきませんよね。

引越し業者に依頼すれば、分解せずともトラックにそのまま積むことができますし、建物の養生や梱包も行ってくれるので安心して任せることができます。

デメリットと言えば、建物環境や電子ピアノの種類によっては追加料金が発生するという点。

クレーン吊下げ(上げ)オプションや、組立分解料金が発生する場合は相場料金表よりも割高になるので要注意です。

廊下や間口を通れずオプション料金が発生しそうな場合は、訪問見積もりを受けてオプションの可否を確認しておくとよいでしょう。

「家具家電1点の引越しに対応しています」とアピールしていない業者でも、電子ピアノだけの運搬をお願いしたいと申し出れば、基本的には対応してもらえるはずです。

長距離:他の荷物と一緒に運搬する場合の料金目安

冒頭でも記述していますが、電子ピアノ込みで長距離の引越しをするのであれば、引越し業者の「通常プラン」で引越しをする方法が断然おすすめです。

通常プランとは、引越しの荷物量に合わせてトラックをチャーターするイメージで「電子ピアノ+その他の荷物」をまとめて一緒に運ぶことができるプランです。

もちろん、移動距離や電子ピアノ以外の荷物がどれくらいあるかによって料金は変動しますが、仮に通常期(2月~5月)に通常プランを利用して引越しをした場合の料金目安は次の通りです。

単身(荷物少) 単身(荷物多) 2人家族 3人家族
~200km 39,952円 50,182円 78,581円 93,262円
~500km 57,202円 70,224円 121,908円 146,846円
500km~ 68,242円 86,291円 159,599円 179,645円

※引越し一括見積もりサイト利用者の平均見積もり相場

家族が増えるほど荷物量も増えるので必然的に料金は高くなりますし、距離が遠くなればなるほど、運輸コストもかかるので料金は高くなります。

ですが通常プランで依頼すれば、電子ピアノを含む全ての荷物をまとめて運搬してくれるので、「電子ピアノだけは別の業者に依頼して~…」など他に業者を探す手間が無くなるのがメリットです。

そして、電子ピアノを引越し業者に依頼する最大のメリットは“交渉次第では一番リーズナブルに引越しができる”ということ。

引越し料金には「定価」というものが無いので、各社で見積もり料金にバラつきがあります。
それを逆手にとって「A社さんは〇〇万円でしたが、それよりも安くなりませんか?」と交渉をすることで料金がグンと値下がる可能性があります。

でもその交渉をするためには、比較対象になる見積もりを用意しなくてはいけない訳ですが、そんなときも「一括見積もりサービス」の利用が便利です。

一括見積もりサービスを使えば、地道に自分で1件ずつ見積もりを取り寄せなくても、リーズナブルなプランのある引越し業者をまとめて簡単に探すことができます。
安い料金を提示してきた業者にさらに値引き交渉ができれば、底値で引越しをすることもできちゃうという訳です。

先ほどから“通常プラン”と連呼していますが、例えば有名どころの引越し業者で言えば「サカイ引越センターのせつやくコース」や「アート引越センターの基本コース」がこれにあたります。

どちらのコース(プラン)も、電子ピアノを含む家具家電の梱包はもちろん、建物の養生もおこなってもらえます。

電子ピアノを通常プランで依頼した場合、デメリットは無いのか?と思いますよね。

デメリットと言えば、組立や分解が必要になった場合“組立て後の補償が受けられない”という点です。

組立や解体はオプションとして追加依頼することができますが、引越し作業員が組立をするため、組立て後に不具合があったとしても補償の対象になりません。
補償面を考えるのであれば、初めから専門業者に依頼した方がよいでしょう。

ちなみに、組立や解体以外にもクレーンでの吊上げ(下げ)作業を依頼する場合は、プラスでオプション料金が発生します。
ムービングエスで電子ピアノを搬入(搬出)する場合のオプション料金は次の通りです。

オプション 料金目安
手吊り作業 18,000円~
2tクレーン車(2Fまで) 20,000円~

※ムービングエスのオプション料金参照

分解・組立オプション料金については電子ピアノの種類によっても異なるため、別途見積もり依頼をして確認しましょう。

クロネコヤマトの専門輸送で電子ピアノを送る場合

電子ピアノの配送を専門業者に依頼する場合、次の2パターンのいずれかで依頼することになります。

  • 専門業者に直接配送を依頼する
  • 引越し業者に依頼をして、引越し業者が下請けの専門業者(提携業者)に依頼をする
    (引越し業者のオプション作業として依頼する)

クロネコヤマトなど専門業者に直接依頼すれば、専門知識のある作業員と直接やりとりができるので、安心して配送作業を任せることができるというメリットがある反面、引越し業者と専門業者両方に依頼をする手間が増えるというデメリットがあります。

引越し業者に依頼をして、引越し業者が下請けの専門業者(提携業者)に依頼をする場合は、依頼する窓口は一つで済むというメリットはあるものの、料金が高くなりやすいというデメリットも。

安さを優先させるのであれば「専門業者に直接依頼」するのがおすすめですし、窓口を一括にまとめて、業者探しの手間を省きたいというのであれば「引越し業者に依頼をする(引越し業者のオプション作業として依頼する」方法がおすすめです。

専門業者にピアノ輸送を依頼した場合の料金ですが、東京23区内の引越しでクロネコヤマトの楽器輸送便を利用した場合は15,000円(カシオAP270/一番オーソドックス脚付きタイプの電子ピアノ)
ヤマト以外の楽器輸送専門業者に依頼した場合は、約14,000円となっています。

引越し業者を介して専門業者に依頼するより、はじめから直接専門業者に依頼した方が安くなる場合が多いです。
ですが専門業者は「値引き」ということが難しく、定価での配送となるのがネック。

その点引越し業者は、競合他社がいるとわかれば自社に決めてもらうために安値を提案する傾向が高いので、最終的には一番安く引越しができるプランを提案してもらえる可能性が高いのです。

結局のところ、移動距離や電子ピアノの種類によっても配送料金が異なるので

  • 楽器専門店に依頼した場合の料金
  • 引越し業者のオプション料金

この2つの見積もりをもらって、どちらが安いのか比較することが必須です。
この場合も、一括見積もりサービスを使えば「電子ピアノ込みで安くなるプランのある業者」を探すことができるので便利です!

電子ピアノ運搬時の故障対応|補償内容を確認しておこう

引越し作業中に「電子ピアノが故障した場合」や「音質が変わった」などのトラブルがあった場合、どこまで補償してもらえるのか気になりますよね。

結論から言うと、運搬中のトラックの振動による故障は補償対象外となります。

電子ピアノの引越しで補償が受けられるのは、業者側の過失によることが明確な場合のみ
となっています。

引っ越し作業中に、作業員が落下させた・強くぶつけた等の過失による外的・内的損傷があった場合は保険の定める範囲で補償を受けることができますが、それ以外は補償を受けることができません。

電子ピアノの運送時に考えられるリスクと、それについての補償の有無についてまとめました。

考えられること 補償の有無
スタッフが落下させたことによって電子ピアノが傷ついた 有
移動中に電子ピアノ脚部分が傷ついた 有
スタッフが壁や他の荷物をぶつけたことにより、音が出なくなった 有
落下や衝突の過失はなかったが、引っ越し前と音質が変化した・音がでなくなった 無
電子ピアノ運搬中に壁や床に傷がついた 有

引越し作業後に、万が一電子ピアノが故障していたり、床や壁に傷がついていたとしても、責任の所在がわからなければそもそも補償してもらうことはできませんよね。

「初めから傷がついていた」
と言われてしまったら、それまでです。

受けられる補償をきっちり受けるためにも

  • 事前に搬入経路の傷や凹みを確認しておく(写真を撮って残しておくのがベスト)
  • 電子ピアノに破損がないことを確認しておく(写真を撮って残しておくのがベスト)
  • 搬入・搬出後すぐに傷や破損を確認し、傷や破損があった場合はその場ですぐに申し出る

作業員の過失で傷や破損をした場合でも、数日後に申告した場合は補償を受けることができないことが多いです。
補償を受けるためには、作業員がいるその場ですぐに傷を確認して申告しましょう。

いずれにしても、引越し業者に電子ピアノ運搬を依頼する場合、作業員の過失でないかぎり補償は受けられないので、その辺は自己判断で依頼することになります。

この値段なら補償がなくても仕方がないと割り切るのか、高額になっても補償内容を重視するのかよく考えた上で運搬方法を選択しましょう。

ちなみに、中小引っ越し業者はごくまれに運送保険に加入していないことがあります。
補償について心配なことがあれば、契約す前に保険の加入について必ず確認しておきましょう。

電子ピアノの引越し準備|分解・梱包を自分で行うと費用が安くなる?

電子ピアノの梱包は業者が無料で行ってくれるので、任せておけば大丈夫です。

搬入経路が狭いときや電子ピアノが大きい場合は電子ピアノを分解する必要がありますが、
業者によって分解・組立の対応は異なります。

例えばヤマトの場合、分解作業があったとしても追加料金は発生しません。
他の引越し業者に依頼をした場合、分解・組立はオプションとして追加料金が発生する場合もありますし、ヤマトのように特に追加料金なく、分解や組立まで行ってくれる業者もあります。

仮に、分解や組立作業が有料オプションだった場合でも、自分で分解作業ができれば追加料金をかけずに済みます。
ほとんどの電子ピアノは説明書に記載の方法を参考にして自分で分解可能です。

自分で分解作業をする際は

  • 衝撃を与えないよう二人以上で作業をする
  • ネジや部品を無くさないよう、わかりやすい場所にまとめて保管をする

これらに注意して作業をおこないましょう。

ただ、大型で特殊な作りをしているハイブリッドピアノのような電子ピアノは、自分で分解することは困難です。

このような電子ピアノは分解・組立作業を業者に依頼することになるので、オプション料金や搬入経路など事前にしっかりと確認しておきましょう。

引越し比較サービスを利用すると最安値の配送プランが探せる

電子ピアノの引越し方法について色々解説してきましたが、結局のところ電子ピアノ込みの引越し料金が一番安くなる方法は、複数の業者の料金を比較すること。

複数の業者の料金を比較するときは、一括見積もりサービスの利用が簡単でおすすめ。
しかも一括見積もりサービスを使うと、引越し業者は「他にもライバルがいるなら安い料金を提示して、選択肢に入れてもらわなくては」という心理が働き、値段を下げてもらいやすくなるんです。

電子ピアノだけの引越しであっても、引越し業者の「家具だけプラン」がお得なのか「専門業者のプラン」の方がお得なのかといった安いプランを探す意味でも、一括見積もりサービスの利用がおすすめです。

まとめ

電子ピアノは、引っ越し業者の「通常プラン」で家電として他の荷物と一緒に運搬することができます。

通常プランなら、値引き交渉次第で一番安くなる可能性があるので一番おすすめの方法です。

ただ、近距離の引越しであれば、電子ピアノ1つだけ輸送をお願いするとう方法もありますし、高額な電子ピアノであれば専門業者にお願いするという手もあります。

いずれにしても、電子ピアノを安く運べる業者を探すためには相見積もりが必須。
解体・クレーン作業や階段での搬入が必要な場合等、条件によってオプション料金がかかるので、具体的な条件を指定して見積もり依頼をしましょう。

相見積もりをとるには、一括見積もりサービスの利用が簡単で便利です。
数ある業者の中から最安値の業者が探しやすいですよ。

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-01 11:34:42
https://www.seikatsu110.jp/shipping/sh_move/191976/
運送・配送
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

運送・配送 引越し

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!