カテゴリーを選択してください

  • 家のリフォーム
  • 家の掃除
  • 家の修理
  • お庭
  • 外壁・屋根
  • 鍵の修理・防犯
  • 窓・ドアの修理・防犯
  • その他防犯
  • 防災
  • 家電の修理
  • 家具・雑貨修理
  • 買取・鑑定サービス
  • 各種電気工事
  • 運送・配送
  • 便利屋・代行サービス
  • パソコン&周辺機器
  • 害虫駆除
  • 害獣駆除
  • ペット
  • 各種調査
  • 法人向け
  • iPhone修理
  • その他
  • 介護施設

←カテゴリーから選びなおす

コウモリ駆除(5ページ目)

検索結果:466

生活110番おすすめサービス
生活110番おすすめサービス
コウモリ駆除はお電話一本で即日対応!

24時間365日、日本全国受付対応いたします!コウモリはダニや菌を持っていることが多いのでコウモリ駆除のプロに任せて安全に駆除しましょう!

  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
  • 女性対応可能
  • 作業外注一切なし

コウモリ駆除

22,000円~

対応エリア

全国

アピールポイント

  • コウモリ駆除のおすすめ料金は22,000円~。無料見積りで納得の業者選択を!
  • 住み着いてしまったコウモリは時期に関わらず対策が必須!24時間365日対応受付します!
  • 天井裏からの騒音被害が深刻化する前に、早めの駆除・予防を!
  • 消毒や再発防止まで、プロによる徹底的なコウモリ対策をおこないます!
エムズメンテナンス(鹿児島市)

詳細

所在地:鹿児島県鹿児島市和田2丁目46-3

サンテル(三郷市)

詳細

所在地:埼玉県三郷市戸ケ崎3247-15

沖縄・シロアリ駆除のバスターズ(浦添市)

詳細

所在地:沖縄県浦添市宮城6丁目4-18

有限会社アリケン(加古川市)

詳細

所在地:兵庫県加古川市野口町北野703

有限会社環境クリエイト(宮崎市)

詳細

所在地:宮崎県宮崎市高岡町五町278-18

株式会社YUTAKA

詳細

所在地:神奈川県横浜市泉区中田東4丁目17-14

株式会社バードストッパー

詳細

所在地:大阪府大阪市住之江区東加賀屋2丁目7-16

便利屋本舗

詳細

所在地:愛知県名古屋市中村区黄金通8丁目6

有限会社鎌田白蟻(浜松市中区)

詳細

所在地:静岡県浜松市中区上島6丁目2-15

有限会社サンエー(熊本市南区)

詳細

所在地:熊本県熊本市南区近見8丁目1-12-2F

有限会社芙蓉クリーンサービス

詳細

所在地:石川県金沢市神田1丁目25-10

アート・プランニング

詳細

所在地:北海道札幌市白石区東札幌4条5丁目3-12

あんじん東海

詳細

所在地:三重県松阪市嬉野中川町40-2

トータルサニテーション害鳥害獣対策事業部・北九州東部地区エリア受付ダイヤル

詳細

所在地:福岡県北九州市小倉南区湯川新町1丁目10-3

株式会社一心大阪営業所

詳細

所在地:大阪府大東市新田中町1-42

日東消毒株式会社

詳細

所在地:千葉県夷隅郡大多喜町板谷798−5

コンタクト(世田谷区)

詳細

所在地:東京都世田谷区弦巻4丁目23-10

ライフ・クリーン高橋(舞鶴市)

詳細

所在地:京都府舞鶴市字吉野804

株式会社ブリーズ(BREEZE)(仙台市若林区)

詳細

所在地:宮城県仙台市若林区大和町5丁目23-17

株式会社康栄クリーンアップ(北区)

詳細

所在地:東京都北区上中里2丁目10-1

株式会社ベスト環境(神戸市灘区)

詳細

所在地:兵庫県神戸市灘区下河原通2丁目2-3

株式会社ハウスクリニック松山(松山市)

詳細

所在地:愛媛県松山市保免上2丁目1-18

環境管理株式会社大阪営業所(尼崎市)

詳細

所在地:兵庫県尼崎市浜2丁目14-13

常光サービス株式会社(いわき市)

詳細

所在地:福島県いわき市小名浜諏訪町11-1

西武消毒株式会社前橋営業所(前橋市)

詳細

所在地:群馬県前橋市本町3丁目5-12

知多白蟻研究所(東海市)

詳細

所在地:愛知県東海市加木屋町仲新田61

有限会社ジャックス(鈴鹿市)

詳細

所在地:三重県鈴鹿市白子町1486

有限会社クレンリィ(姫路市)

詳細

所在地:兵庫県姫路市神子岡前3丁目3-20

日東防疫株式会社

詳細

所在地:大分県別府市扇山2-2

あんじん愛媛

詳細

所在地:愛媛県今治市波方町岡甲263-5

生活110番おすすめサービス
生活110番おすすめサービス
コウモリ駆除はお電話一本で即日対応!

24時間365日、日本全国受付対応いたします!コウモリはダニや菌を持っていることが多いのでコウモリ駆除のプロに任せて安全に駆除しましょう!

  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
  • 女性対応可能
  • 作業外注一切なし

コウモリ駆除

22,000円~

対応エリア

全国

アピールポイント

  • コウモリ駆除のおすすめ料金は22,000円~。無料見積りで納得の業者選択を!
  • 住み着いてしまったコウモリは時期に関わらず対策が必須!24時間365日対応受付します!
  • 天井裏からの騒音被害が深刻化する前に、早めの駆除・予防を!
  • 消毒や再発防止まで、プロによる徹底的なコウモリ対策をおこないます!

コウモリ駆除の 相場

平均費用相場

0万円

※2019年11月更新。過去3年のご利用料金に基づいて算出しています。
ご利用の際の料金を保証するものではありませんのでご注意ください。

相談件数(件)

費用(円)

コウモリ駆除の見積り・お問合せはこちら

あなたの街のコウモリ駆除業者から、見積りを取ることができます!

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意
※見積りを取りたい内容をなるべく具体的に記載ください。
相談内容を入力してください

※見積もりを取りたい内容をなるべく具体的に記載ください。

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

※地域によって複数社のご案内ができない場合がございます。

コウモリ駆除に関する、よくある質問

Q.コウモリはどのような場所に生息しますか?
A.家に侵入することの多いアブラコウモリ(イエコウモリ)は昆虫を主食としています。夜行性のため、昼間は軒下や屋根裏に侵入してはねを休めていることが少なくありません。
Q.コウモリ駆除の依頼はどの時期がベストですか?
A.コウモリの子どもは夏に生まれることもあり、駆除依頼もその時期が多い傾向があります。しかし法律により殺処分ができないため、出産前の春の時期、早めに駆除することがおすすめです。
Q.コウモリを放置してはいけませんか?
A.確かにコウモリは害虫を食べる益獣です。しかし住み着いてしまうとその真下はフンなどがたまり衛生上よくありません。そのフンによって害虫が引き寄せられるリスクもあり、できれば放置せず対策することもおすすめします。

最新記事

カテゴリーで探す

エリアで探す

コウモリ駆除について

  • コウモリがもたらす被害について

    コウモリといえばそのイメージからドラキュラやヴァンパイアなどの吸血性を持った化け物を連想しがちですが、実際に吸血性を持つチスイコウモリ科は同種内においてマイノリティに位置しています。

    基本的には果実や小動物、昆虫を捕食し、私たち人間に直接的な攻撃を仕掛けてくることはイメージより少ないのです。これらの考え方は西洋のもので、その一方、中国では蝙蝠という名前の響きから幸福の到来を意味する偏福に類似するために幸運の象徴として扱われています。キューバのタイノ族でも健康、富、団結を与えてくれると言われ、この地域で創業されたラム酒バカルディはコウモリをモチーフとしたロゴを採用しているほどです。

    日本では蚊食鳥の名称で知られ、夏の季語として分類されます。哺乳類で唯一自力飛行できる動物で、空飛ぶ哺乳類という別名も持っています。

    そんなコウモリですが、ときには人の住居の屋根裏を住みかとしてしまうことがあるので、その場合はコウモリ駆除という名目で駆除対象にされてしまうこともあります。屋根裏に住むコウモリは当然糞、尿を垂れ流し、自らそれを掃除することはありませんから蓄積された排出物は衛生面に多大なダメージを与えます。その刺激臭はもちろん、天井にシミもできますし、ダニなどのアレルギー問題も発生してしまいます。

    また、コウモリからは多くの病気が感染する恐れがあり、特記すべきは狂犬病です。一般的に犬からの感染が有名ですが、近年海外の一部地域ではコウモリからの感染も増加傾向にあるといわれています。狂犬病は救急措置なども含め治療法が確立されていなく、大変危険な病気ですから、それを防ぐためにもコウモリ駆除は重要になってきます。

    時期によっては盛んに活動しているので、騒音問題も深刻です。それが原因で睡眠ができないと翌日の業務に支障をきたしてしまうかもしれません。屋根裏に住んでいるのですから、室内に侵入してくる可能性も考えられ、同室内にコウモリがいるというのは多少なりともプレッシャーを感じるのではないでしょうか。

    これらを防ぐためにも、コウモリ駆除を考えましょう。コウモリ駆除で早めの対策を行えば、最悪の事態や長期化を避けることができます。個人で対処しようとしても、鳥獣保護法で守られているためにコウモリを駆除するのは困難です。何も知らずに手を出してしまうと法律に触れてしまうかもしれませんから、できるだけ避けるようにしてください。コウモリの被害だったはずが、思わぬ事態に発展してしまうかもしれません。コウモリ駆除の際には、ぜひとも慎重な行動を心がけてください。

  • 家に住み着くコウモリの生態について

    コウモリ駆除を考える際に、重要となってくるのが彼らの生態について知識を蓄えることです。コウモリも動物ですから、その生態のなかには睡眠時間や集中している時間などの隙が必ず存在し、そこを突くことでより合理的なコウモリ駆除が実現するからです。活発に行動している時間より、言い方は悪いですが、寝込みを襲ったほうが成功確率は上昇しそうですよね。

    コウモリは種類にもよりますが、11月頃から3月頃にかけて冬眠するといわれています。冬眠すると春になり暖かくなるまで基本的にじっとしているので、その間に数や駆除方法を考えるのもよいのではないでしょうか。

    コウモリの生態は未だに謎が多いとされ、具体的な習性が判明していないことも多いそうです。しかし、それでも判明している情報も存在していますから、その点だけでも抑えられるといいでしょう。

    コウモリは夜行性です。これはコウモリが進化するときに変化したものといわれており、当時昼間に生息する鳥たちが多く存在していたことが起因とされています。より競争率の低い深夜帯を狙っていったわけですね。

    餌は主に蛾や蚊などの昆虫を主食とし、果実を主食とする場合は夕方のまだぎりぎり明るい時間帯に行動しているようです。暗闇の中では視力が使えませんから、エコーロケーションという反響定位を使って餌を探します。これはやまびこのようなもので、発した音がどれぐらいの時間で跳ね返ってくるかで対象との距離を図ります。暗闇という困難な環境で生き抜いているコウモリには、このような秘密があったのですね。

    ほかにあげられる特徴としては意外にもコウモリは大食いで、一晩で500匹の蚊を捕食するといわれることもあるようです。イメージがわきにくいかもしれませんが、基本的にコウモリは益獣と呼ばれる私たちに恩恵をもたらしてくれる場合もあります。

    しかし住居に住み着かれてしまった場合にはコウモリ駆除が必要となります。コウモリは身体的特性から、睡眠の際には爪を天井にひっかけてぶら下がる、あるいは壁に張り付いたりするというほかの動物ではあまり見ることのない姿になることができます。しかし唯一自力飛行する哺乳類といわれているコウモリですが、その代償として体の大部分の筋肉を失いました。飛翔するために胸筋は発達していますが、一方で足の筋肉は極めて虚弱です。立つことも困難であるといわれているほどです。

    日本に多く住むアブラコウモリの場合は6グラムしか体重がないので、その軽量具合を理解できるのではないでしょうか。これだけ軽かったら、ぶら下がったほうが楽というのもわかりますね。

    以上のように、家に住み着いてしまうコウモリには様々な生態があります。正しい知識をもって、コウモリ駆除を考える際には誤った判断をしてしまうことがないようにしましょう。

  • コウモリの駆除方法について

    家に住み着いてしまったコウモリを駆除したいと考える方もいらっしゃると思いますが、場合によってはそれには危険が伴います。コウモリからの反撃などの物理的問題ではなく、鳥獣保護法という法律的問題での危険です。

    鳥獣保護法の該当種であるコウモリは、駆除、つまり捕獲や殺処分を行うことが禁止されています。実感がわかない方も多いと思いますが、コウモリは生態系において重要な役割を果たすほか、私たち人間にとっても都合の良い益獣と呼ばれる種です。危険がなければいてくれるに越したことはありませんし、絶滅危惧種に指定されているものもいるために保護は重要とされているのです。

    そのため、コウモリ駆除の内容は殺処分や捕獲ではなく、コウモリを追い出して出入り口をふさぐことが主になります。この出入り口をふさぐというのが重要で、もし追い出しに成功したとしても、帰巣本能によって頃合いをみたコウモリは帰ってきてしまいます。

    撃退スプレーや超音波機などの対策が失敗に終わりやすいのはこのためです。イタチごっこになってしまいますから、そのような事態を防ぐためにも出入り口の特定、封鎖は重要な要素となります。

    コウモリは非常に狭いスペースからの侵入も可能で、わずか7mmの隙間から侵入されていたという事例も確認されています。コウモリ駆除において非常に重要な役割をもちますから、余念なく行いましょう。侵入経路としては、室外機とクーラーの配管からという場合もあるようです。

    クーラー内部に住み着いていたという事件も発生していて、クーラーを解体してみると、内部が糞だらけであったという惨状に陥ってしまっていたようです。クーラーからコウモリが飛び出てきたことが発覚の要因で、突然の出現に部屋中がパニック状態になってしまったそうです。

    「今までも問題なかったし、私は大丈夫」と考えていても、このような急展開を迎えることも多々あるのがコウモリ被害です。マメに点検を行うなど、コウモリ駆除の前段階として予防するのが大切なのではないでしょうか。

    コウモリは7月から9月にかけて繁殖期間を迎えます。そのため「コウモリの子供がおり、数が増えていた!」ということも時期によっては考えられます。何事もそうですが、物事は徹底することが重要です。繁殖時期を迎える前に早めに対策や駆除を行うことが大切ではないでしょうか。

    また先述の通りコウモリには帰巣本能がありますから、生半可な対策だとコウモリは何とかして帰ってきてしまいます。度々のコウモリ駆除は費用的にもメンタル的にもこたえますから、再発を防ぐことを第一に考えましょう。

  • 自力で行うコウモリ対策について

    コウモリ駆除を考える際には、業者へと依頼することが最も合理的な手段ということができるのですが、要点さえ押さえておけば個人で対策することも十分に可能です。これを知らないで対策を行った場合は、コウモリには帰巣本能があるために一時的な効果しか見込めず、繰り返しのイタチごっことなってしまうかもしれません。

    一時的に追い出すだけというのは簡単なので、それで満足しがちな方が多いというのが現状でしょう。力技ですが、帰ってくるたびに追い出すことを繰り返すことでそのうち諦めて帰ってこなくなることもあります。要するに根気比べですね。ですが、事態の長期化は金銭面でも困らされますし、メンタル的にも疲れてくると思います。そのような事態を防ぐためにも、あらかじめある程度の知識を蓄えた上での実行に臨みましょう。

    だからといって、コウモリを捕獲する、あるいは殺害するという手段は使ってはいけません。コウモリは鳥獣保護法によって保護されているからです。これに従わない場合は当然違法となりますから、法的措置が取られる可能性があります。コウモリ駆除によって問題を解決するはずが、新たな、それも法的な問題を発生させるに至るのは得策ではありませんから、避けるようにしてください。合法的なコウモリ駆除を目指しましょう。

    まずですが、先述の通りコウモリを追い出すのは比較的容易です。ホームセンターや通販ではコウモリが嫌がるスプレーや超音波発生器なんかも販売されていますし、スプレーであれば安価であることが多いです。シュシュっと吹きかけるだけで逃げて行ってくれるので、その呆気なさに唖然としてしまうかもしれませんね。

    ただ、侵入を防ごうとする場合にはかなりまんべんなく吹きかけなくてはなりません。そもそもコウモリは狭い隙間でも楽々侵入できてしまいます。侵入可能範囲が広いということですから、そのような観点からもスプレーの範囲は拡大してしまうでしょう。超音波発生器の場合は、電池タイプとコンセントタイプがあり、場所によって使い分けることができます。
    また燻製式殺虫剤等も有効な場合があるので、試してみてもいいかもしれません。

    追い出した後は出入り口の封鎖ですが、これは個人で行うのは困難なことが多いです。わずか1cmの隙間でも侵入されてしまうといわれ、蓋の材質によっては食い破って侵入してきます。施行箇所も手をつけにくいところが多く、満足な作業が難しいというのもつらいです。

    そのためどうしても個人での解決が難しいと感じた場合にはコウモリ駆除の業者へと依頼することが推奨されます。屋根裏対策などでは足場が不安定な状況での作業が予想されますから、身の危険も考えられます。万が一を防ぐといった意味でも、コウモリ駆除の業者へと依頼することは有効な手段といえるでしょう。きっとその場所にあった最適な対策方法を提案してくれるはずです。