生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ないとさまざまなリスクが…防水工事で大切な水勾配のおはなし

投稿日:2018-03-19 更新日:2018-09-28

ないとさまざまなリスクが…防水工事で大切な水勾配のおはなし

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

マンションやビルの屋上には普段気にならない程度の傾斜が付けられているということをご存知ですか?そうすることによって、水が排水溝に流れていくための通り道を作っているのです。

この水がスムーズに流れるための傾斜を、水勾配といいます。水勾配は、水が溜まりやすい場所では必要不可欠なものです。

この水勾配、もし付けないとどうなるのでしょうか。また、どれくらいの勾配を付ける必要があるのでしょうか。このコラムではそれらのことについて詳しくご説明していきます。

防水工事のおすすめサービス

水勾配はなぜ付けないといけないの?

浴室やキッチンのシンクをよく見てみると、排水溝に向かってなだらかな傾斜が付いていることに気付くと思います。どうしてこのような傾斜が付いているかというと、水がスムーズに排水溝に向かって流れていくようにするためです。

この傾斜のことを水勾配と呼んでいます。水勾配がないと水がスムーズに流れていかず、さまざまなリスクが生じるおそれがあります。

      水勾配はなぜ付けないといけないの?

防水工事で水勾配を付けないと起こるリスク

屋根や屋上、ベランダなどの防水工事の中で水勾配を正しく付けることはとても重要になってきます。

もし水勾配がなかったら、防水工事をほどこしてもその場に水が溜まってしまいます。水が溜まった状態のままでいると防水層の劣化を早めてしまうことになり、そこから雨水が建物の中に入り込んでしまう可能性が高くなるのです。

いくら水はけをよくしても、水がその場に留まっていては意味がありません。防水工事と水勾配は、切っても切れない関係でつながっているのです。

      防水工事で水勾配を付けないと起こるリスク

防水工事における水勾配の取り方

では実際に屋根の防水工事をする場合、水勾配はどのくらい付ければよいのでしょうか?

ベランダ

ベランダで防水工事をする場合、50mの距離で1mの高さの勾配を付けるように性能保証住宅設計施工基準で定められています。1/50と表記されることが多いのですが、これを下回ると勾配が足りずに雨水が溜まり防水層の劣化を早めるといわれています。

ただし、床にでこぼこがあると、水勾配が付いていても水が溜まりやすくなってしまいますので注意が必要です。

陸屋根

平らになっている屋根を陸屋根といいます。ビルやマンションの屋根がこの形になっていることが多いです。陸屋根の場合、平らになっているのでそのスペースを有効活用することもできるのが利点になっています。そのため、水勾配もなだらかに設定されています。100mの距離で1mの高さから200mの距離で1mの高さの勾配に設定されることが多いといわれています。

このように、平らに見えるような陸屋根でも傾斜が必ずつけられています。防水のために必要なものなので、少しでも傾斜が少ないほうがいい、などの要望がある場合は、防水工事の施工業者に確認してみるといいかもしれません。

      防水工事における水勾配の取り方

ほかの工事でも水勾配は大切!

水が溜まりやすい場所は何も屋根だけではありません。ほかにも水が溜まりやすい場所はたくさんあります。水たまりができやすい場所ではどのような対策をしているのか、ご紹介したいと思います。

駐車場

駐車場も、水はけをよくするために水勾配を作ります。駐車場の水はけが悪くなると、駐車場そのものだけでなく、車にも悪影響を及ぼすことがあるのです。駐車場は平地なので、200mの距離で1m高さがある勾配で作られることが多いそうです。詳しくは、「駐車場の水勾配(すいこうばい)とは?ゆるい傾斜で駐車場をつくるには」をご覧ください。

浴室

浴室など、大量に水を使う場所では排水溝に向けてしっかりと水が流れていくように勾配を付ける必要があります。その際、排水溝以外には水が流れていかないように、外壁との隙間をしっかりと埋めておくようにしましょう。脱衣所との境目も、段差を付けておくことをおすすめします。

排水管

排水を流す排水管も、しっかりと勾配を付けて設置してあります。排水管の場合は、建物が建っている土地の勾配に合わせて設置してあることがほとんどです。そうすることで、地面の勾配に逆らわずに自然に流れ落ちていくようになっているのです。

このように、水が流れる場所は勾配を必ず作っています。水勾配が無いと悪影響を及ぼすことが増えてしまいますので、水勾配は重要なものなのです。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

水勾配は防水工事をする上で切っても切れない関係性を持つものです。勾配を作らないと、防水工事をしたところで意味がなくなってしまうからです。

防水工事を検討するは、水勾配について業者に確認をしてみるといいでしょう。水勾配を作成するには専門的な知識が必要なので、しっかり答えてくれるかどうかでいい業者かどうか判断する基準になります。

防水工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:10:51
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_waterproof/52532/
家の修理
マンションやビルの屋上には普段気にならない程度の傾斜が付けられているということをご存知ですか?そうすることによって、水が排水溝に流れていくための通り道を作っているのです。この水がスムーズに流れるための傾斜を、水勾配といいます。水勾配は、水が溜まりやすい場所では必要不可欠なものです。この水勾配、もし付けないとどうなるのでしょうか。また、どれくらいの勾配を付ける必要があるのでしょうか。このコラムではそ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

防水工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

防水工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!