害獣駆除

害獣駆除業者比較

検索結果
212社のうち211 - 212件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

害獣駆除:
14,800円~
対応エリア:
全国
当サイト
最安値
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 害獣駆除のプロが安全に駆除いたします。天井裏で何か音がする、害獣がうろついているのを見た。そんな時は一度お気軽にご相談ください。
  • 生活110番の害獣駆除では実際に駆除を開始する前に行う、事前調査を無料で行っております。現地調査・お見積り等、害獣に関してお困りの方はお気軽にお申込みくださいませ。
  • 害獣駆除に関するご相談を24時間365日いつでも受付対応可能です。どの時間帯でも、お困りでしたら是非ご相談ください。
  • 生活110番の害獣駆除では年間実績が20万件以上にも上ります。各種害獣に関する深い知識、経験豊富な害獣駆除のプロがお客様のお悩みを解決いたします。

迷惑な害獣を迅速・確実に駆除!早朝・深夜のご相談もお気軽に!

アライグマ・イタチ・ハクビシンなど、騒音や衛生的被害の原因となる迷惑な害獣を害獣駆除のプロが素早く駆除いたします。駆除後の清掃、消毒もお任せください。

弘富産業

対応エリア:
九州  
所在地:
福岡県福岡市博多区冷泉町7-9 エース五番館1007号
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率

害獣駆除は弘富産業へ安心してお任せください

弘富産業は福岡県にて害獣駆除、害虫駆除、雨漏り修理、水回りリフォーム、家全体のリフォーム、外壁塗装、防水工事などを承っている会社です。 佐賀県にも営業所を構えているので、福岡県のみならず佐賀県もご対応できます。 24時間365日、ご依頼を受付中です。いつでもお気軽に、ご連絡ください。 【害獣駆除】 こんなときは、弘富産業へお任せください。 ・屋根裏...

他対応カテゴリ
害獣駆除

生活110番おすすめサービス

害獣駆除:
14,800円~
対応エリア:
全国
当サイト
最安値
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 害獣駆除のプロが安全に駆除いたします。天井裏で何か音がする、害獣がうろついているのを見た。そんな時は一度お気軽にご相談ください。
  • 生活110番の害獣駆除では実際に駆除を開始する前に行う、事前調査を無料で行っております。現地調査・お見積り等、害獣に関してお困りの方はお気軽にお申込みくださいませ。
  • 害獣駆除に関するご相談を24時間365日いつでも受付対応可能です。どの時間帯でも、お困りでしたら是非ご相談ください。
  • 生活110番の害獣駆除では年間実績が20万件以上にも上ります。各種害獣に関する深い知識、経験豊富な害獣駆除のプロがお客様のお悩みを解決いたします。

迷惑な害獣を迅速・確実に駆除!早朝・深夜のご相談もお気軽に!

アライグマ・イタチ・ハクビシンなど、騒音や衛生的被害の原因となる迷惑な害獣を害獣駆除のプロが素早く駆除いたします。駆除後の清掃、消毒もお任せください。

害獣駆除業者をエリアから探す

害獣駆除について

  • 害獣の種類

    害獣とは人が生活をする上で被害をうけたり、田んぼや畑を荒らし作物に被害を加える哺乳類の動物のことをいいます。昔は被害のほとんどが農作物でしたが、最近では住宅街に害獣が住みついてしまい、糞や尿、感染症などの被害にあってしまうケースが増えてきています。被害にあう前に事前に対策をすることや、被害を広げないために捕獲・駆除をすることが大切です。

    害獣による被害は年々増加傾向にあります。人に危害を加える害獣は数多くの種類が存在しますが、今回は主に4種類の害獣をご紹介いたします。

    ・ネズミ
    住宅にある見えづらい隙間から侵入し、天井や床下に巣を作って住みつきます。

    ・イタチ
    木登りが得意なため外壁からよじ登り、家の天井などの高所に住みつきます。とても凶暴な性格をしています。

    ・アライグマ
    雨や風よけになる場所を探して、空き家や住宅の天井や床下に住みつきます。

    ・ハクビシン
    高所を上ることも可能で、運動能力がとても高いです。住宅にある小さな隙間から侵入し、天井裏にすみつきます。

    上記は主に住宅や農作物に危害を加えている害獣ですが、他にも危害を加えてくる害獣は存在します。害獣からの被害に遭わないためにも、日ごろからさまざまな対策をすることが大切です。

  • 害獣の被害

    害獣の被害で最も多いのは、糞による被害と農作物を荒らされる被害です。糞による被害では、害獣がした糞によって病気に感染してしまう可能性があります。農作物の被害は農地を荒らしてしまったり、育てた作物を食べてしまう被害が急増しています。
    また、外来種の害獣が住宅に住みついてしまい、ペットや家畜に危害をくわえてしまうケースもあります。害獣ごとに、どのような被害があるのかをご紹介いたします。

    ・ネズミ
    夜行性のため、夜に天井裏で走る音が聞こえることがあります。家の柱や床下の基盤に噛みついてしまい、家の劣化につながります。ネズミの糞などは病原菌を運んでくるため、掃除をせずに放置しておくと、病気に感染する場合もあります。

    ・イタチ
    イタチは雑食のため、野菜や果物以外にもカエルやネズミも捕食します。とても凶暴な性格をしているため、巣を見つけたら安易に近寄ってはいけません。自宅で飼っているペットや家畜に反応して、攻撃をしてしまう可能性があります。また、糞や尿のにおいがとても強烈なため、放置しておくと天井上にシミができたり、異臭の原因になります。

    ・アライグマ
    アライグマは繁殖能力が高いため、駆除しないまま放置しておくと、どんどん増殖していきます。糞や尿をそのまま放置すると天井や床下がカビだらけになってしまったり、アライグマが持ち運んできた病原菌で、感染症になってしまう可能性があります。

    ・ハクビシン
    昔は農作物を荒らしてしまう獣害として有名でしたが、現在は住宅街にも住みつくようになりました。もともとは山や森に住んでいたため、ノミやダニがついたまま住宅に侵入します。その結果、ペットや家畜がノミやダニの被害にあってしまったり、人に被害がおよぶ可能性があります。また、糞や尿も感染症の原因となってしまうため、放置はとても危険です。

  • 害獣の捕獲には資格が必要

    害獣の被害にあってしまい、害獣を追い出したいですよね。実は害獣を捕獲・駆除するには、資格が必要になります。個人で害獣駆除や捕獲を行うことは、法律によって禁止されているのです。この法律は害獣の捕獲や駆除によって、動物の生態系を崩すことがないようにしている法律です。
    そのため、害獣を捕獲・駆除するためには、市町村や県の許可が必要になったり、捕獲免許や資格が必要になります。(ネズミに関しては捕獲のための手続きなど必要なく、自分で捕獲することができます。)
    また、県や市町村によっては、捕獲数が制限されている地域もあるため、害獣を駆除するには事前に確認が必要です。害獣を捕獲・駆除するには「狩猟」、「許可捕獲」、「依頼捕獲」に分けることができます。

    ・狩猟
    狩猟免許を取得し、狩猟登録を済ませている方が定められた期間内に狩猟鳥獣を網や罠によって捕獲をすること
    ・許可捕獲
    各自治体に申請後、許可を受けてから行う捕獲をすること
    ・依頼捕獲
    駆除会社に依頼後、専門業者が捕獲をすること

    自治体やプロの専門業者に害獣に関する駆除などを依頼する場合は、どのような被害にあっているのかを細かく伝えることが必要です。害獣ごとによって捕獲する方法が異なるため、依頼したあとは事前に捕獲方法などを確認しておきましょう。

    駆除会社によっては駆除できる害獣と、できない害獣がいます。これは狩猟免許をもっているかによって変わってくるので、依頼をする前に事前に確認をしましょう。また、自治体や県によってはホームページなどで駆除の申請ができる場合もあります。こちらも事前に確認をしておきましょう。

    自治体や県などに無許可で害獣の捕獲・駆除を行った場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられてしまいます。害獣を捕獲・駆除するには、各自治体に許可を得ている「狩猟免許」を取得が必ず必要です。害獣が家に住みついているからといって、自分で捕獲や駆除をおこなうことはしないように注意しましょう。

  • 害獣の被害を受けないためには

    害獣からの被害を受けないためには、日ごろから住宅や農地で事前に対策をすることが大切で
    す。家の天井や床下に動物が通れそうな隙間がある場合は、隙間を埋めることで害獣の侵入を防ぐことができます。農地で動物の被害にあってしまった場合は、畑や田んぼの回りを柵で囲うことが必要です。

    また、住宅や農地の付近に動物のエサになるような物を放置してはいませんか?食べたものをそのまま放置してしまっていたりすると、匂いで害獣をおびき寄せる可能性があります。ゴミや食べものはそのまま放置せず掃除しましょう。農地の場合は、空き家や使わなくなった小屋に害獣が住みついてしまうケースもあります。空き家や小屋の清掃や、使用しなくなったものは撤去をするなどを行いましょう。

    他には、害獣が来るであろう場所に忌避剤を散布する方法もあります。忌避剤はスプレータイプやジェルタイプなどがあります。害獣が嫌がるにおいが入った成分を散布することで、害獣を引き付けなくする効果があります。忌避剤はハトやカラス、ネズミなどを駆除する際によく使用されています。使用する場所や被害のレベルによって忌避剤のタイプが異なるため、使用する際は事前に確認をしましょう。

    害獣の被害にあってしまった場合は、住宅や農地にどのような害獣がいるのかを確認しましょう。天井裏から足音が聞こえたり、シミができている場合はネズミやイタチ、アライグマ、ハクビシンの天井裏に住みつく害獣の可能性があります。天井裏や高所に何か住みついているが、怖くて確認ができない方は、害獣の糞でも動物を判別することができるため、害獣駆除専門業者に見てもらうこともできます。

    農地の場合は、足跡などでどの害獣かを判別することもできます。
    害獣の被害にあわないためには、事前に対策をすることがとても大切ですが、もしも被害にあってしまった場合は、プロの業者に依頼をすることをオススメします。

    見積もり依頼をすることも可能なため、事前に金額を確認しておきましょう。専門業者では実際に害獣がいることを事前確認した後、罠をかけたり忌避剤などの散布を行い、捕獲・駆除を行います。そのあとも被害にあわないための対策を行い作業を完了します。専門業者はさまざまな害獣に関する情報をもっているため、状況にあった対策を行うことができます。不安な点があればぜひご相談ください。

0120-949-986