生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッシを塗装すれば交換いらず?塗装はどのように進めるべきか

投稿日:2017-11-02 更新日:2018-11-13

サッシを塗装すれば交換いらず?塗装はどのように進めるべきか

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ご家庭の窓枠サッシに白い斑点やサビが発生していませんか?
その状態をそのまま放置しているとサッシの劣化や腐食につながります。そろそろサッシのメンテナンスが必要なのではないでしょうか。

日頃からサッシのメンテナンスにまで気を配っている方は少ないと思います。しかし、耐久性の高いサッシであっても定期的なメンテナンスは必要なのです。
そこで今回は、そんな忘れられがちなサッシをメンテナンスする重要性と、サッシに塗装を施す必要性に迫ります。

サッシに塗装は必要?

基本的にアルミサッシの場合、非鉄金属のため塗装をしてもすぐに塗料がはがれてしまうなどの理由から塗り替えは行われてきませんでした。しかし、近年は専用塗料の開発、進化によってアルミサッシも塗り替えができるようになっています。

サッシの塗り替えであれば、窓枠ごとサッシを取り替えるよりも費用を抑えることができます。また、サッシの塗り替えができる業者も増えてきているため、現在では「サッシの補修=再塗装」というのが一般的になっています。

アルミサッシ塗装の必要性

もともとアルミサッシは電着塗装という電流を流して塗料を付ける方法で塗装されるため、非常に強い対候性をもっています。その耐久年数はおよそ25~40年と長いので、塗装やメンテナンスは必要ないと思われることが多くありました。さらには、アルミという素材の特性上、塗装をしてもすぐに剥がれてしまうことが多いため、塗装が必要ないと見なされてきたのです。

しかし、これだけ耐久年数が長くても月日が経てば汚れやサビ、雨漏りなど不具合が生じてきます。そのため、アルミサッシであっても塗装が必要なのです。
      サッシに塗装は必要?

こんな症状が現れたら要注意

基本的にサッシの耐久年数は10~15年と長いですが、サッシ塗装部分に以下のような症状が現れた場合は、塗料の塗り替えもしくはサッシの取り替えが必要です。

・サッシの劣化、腐食、サビ
・白いブツブツの斑点(酸化アルミニウム)ができる
・サッシから雨漏り
・チョーキング現象
・塗装の剥がれ

サッシが腐食する原因として最も多くみられるのは「ガス腐食」です。
ガス腐食とは、給油器の排気ガスがサッシに直接かかる部分で発生するもので、燃焼ガス成分の硫黄酸化物、窒素酸化物が雨水と反応し、硫酸や硝酸となることで進行する腐食です。

サッシの腐食や劣化は、日ごろから手入れをすることで防ぐことができます。サッシを長持ちさせるためにも定期的な掃除をするといいでしょう。
      こんな症状が現れたら要注意

塗装か?取り替えか?

サッシに不具合が生じた場合、塗料を塗り替えるかサッシを取り替えてしまうか迷われると思います。どちらを選ぶかで費用は大きく異なりますので、きちんと知識のある業者に相談してみるといいでしょう。

窓枠ごとサッシを取り替える場合

・1か所:およそ15~20万円
・~5か所:およそ75~100万円
・~10か所:およそ150~200万円
・~15か所:およそ250~300万円

サッシ塗り替えの場合

・1か所:およそ4~6万円
・~5か所:およそ20~30万円
・~10か所:およそ40~60万円
・~15か所:およそ70~90万円

サッシを取り替えるよりも塗り替えるほうが、費用を格段に抑えることができます。
また、塗り替えの場合は、外壁塗装の塗り替えと一緒に行うのが一般的です。そのほうが費用を抑えられるからです。サッシ塗装をできる業者を選ぶようにしましょう。

サッシの塗装の手順

基本的に、サッシの塗装は専門の業者に依頼することをおすすめします。

1)養生をする
サッシ以外には塗料がつかないように、サッシ以外の部分を養生して保護します。

2)下地処理をする
サッシをきれいにする作業が必要です。汚れが残ったままだと塗装が剥がれる原因にもなるので、丁寧にしっかりと汚れを取り除きます。

3)塗装をする
サッシも下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本です。

4)仕上げコーティング塗料を塗る
塗装が乾いたコーティング塗料を塗ります。コーティング塗料にも、防水系やクリア系などさまざまな種類があるので、目的に合わせて選ぶといいでしょう。

5)養生を取り外す
最後に養生を取り除けば作業完了です。

サッシ塗装に使用できる塗料の種類

・水性スーパーコート
・アルミ補修スプレー
・アルミカラースプレー
・2液ウレタンスプレー
・水性ビッグ10多用途
・油性超耐久屋外用ニス
・油性アルミ用下塗り剤

など

サッシ塗装は、サッシの種類によって使用できる塗料が異なります。そのため、きちんと知識のある専門業者に依頼するといいでしょう。
      サッシの塗装の手順

まとめ

サッシの塗装は以前までは必要ないと思われてきましたが、現在では塗料も進化しているため、塗装をすることでサッシの耐久性をさらに上げ、外観をきれいに保つことが一般的になっています。

しかし、サッシの劣化や傷みがひどい場合は、塗装の塗り替えだけでは補修することができない可能性もありますので、自己判断ではなく信頼できる業者に相談することが大切です。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

家の壁を新築のようにキレイに
受付後、最短1日でマッチング
※対応エリアや加盟店によって変わります
ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。
外壁塗装 平米 3,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 16:02:23
https://www.seikatsu110.jp/roof/ro_owp/16253/
外壁・屋根
ご家庭の窓枠サッシに白い斑点やサビが発生していませんか?その状態をそのまま放置しているとサッシの劣化や腐食につながります。そろそろサッシのメンテナンスが必要なのではないでしょうか。日頃からサッシのメンテナンスにまで気を配っている方は少ないと思います。しかし、耐久性の高いサッシであっても定期的なメンテナンスは必要なのです。そこで今回は、そんな忘れられがちなサッシをメンテナンスする重要性と、サッシに塗...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

外壁塗装のお問い合わせ・ご相談はこちら

外壁塗装についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!