生活110番ニュース 外壁・屋根

このエントリーをはてなブックマークに追加

水の浸入には要注意!ALC外壁を塗装して弱点を補い強化しよう

更新日:2021-04-30

水の浸入には要注意!ALC外壁を塗装して弱点を補い強化しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「ALC」というものをご存知ですか?ご自宅の外壁がALCパネルという方もいるかと思いますが、このALCはヨーロッパを中心に古くから愛されてきた外壁材のひとつです。
遮音性や断熱性に優れ、また軽いのに高い強度をもっていることで人気があります。しかし、この高機能なALCにも弱点があり、上手く付き合っていく必要がありそうです。
今回はALCパネルの特徴と外壁塗装をする際の注意点についてご紹介していきます。

ALCパネルとは?

ALCは、ペースト状にしたケイ石、生石灰、セメントに発泡剤を添加して、気泡の発生したものを高温高圧蒸気釜で10数時間焼き固めた軽量の気泡コンクリートです。
100年以上も前からドイツやスウェーデンなどのヨーロッパで作り続けられている外壁材です。「Autoclaved Light weight Concrete」の頭文字を取ってALCといい、高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートの意味をもっています。
ALCパネルはこれを板状(パネル)に成型したもののことで、通常のコンクリートと違い、工場で大量生産することができます。大手住宅メーカーはこの外壁材を主力に使っています。

ALC外壁は塗装選びに失敗すると、その特徴を活かすことができません。
ではALCパネルには一体どのような特徴があるのでしょうか。

ALCパネルの特徴

通常、コンクリートといえば非常に硬くて重たいイメージがありますが、ALCは軽石のような見た目と軽さを持ち合わせているコンクリートです。
このコンクリートを使ったALCパネルは、パネルの中に金網状の鉄筋が組み込まれた構造になっており、中心部の強度は高いです。しかし一方で、表面は衝撃に弱くヒビ割れなどを起こしやすい特徴があります。また耐火性や遮音性、断熱性に非常に優れているのも特徴ですが、最大の弱点として水に弱いためすべてのALC外壁は塗装をする際に注意が必要です。

      ALCパネルの特徴

劣化の症状

経年劣化によって、ALCパネルの継ぎ目にヒビが入ってしまうことがあります。
これはALCの主成分がセメントであるため吸水性が非常に高く、外壁表面を守る塗膜が劣化すると、ALC内部の気泡に水が浸入してしまいます。それが冬場の寒さによって凍結、さらに凍結した水が膨張することによって起こるヒビ割れです。このヒビ割れは、建物自体の耐久性を低下させるおそれがあるので早めの対処が必要です。
またチョーキング現象や塗膜の浮き、剥がれ、ALCパネルの破損、シーリングの劣化なども見られる症状です。このような劣化による症状がみられた場合、ALC外壁の塗装を見直す必要があるでしょう。

ALCパネルの塗装のポイント

ALC外壁は塗装を工夫することで弱点を補うことができます。
塗装をする際に、防水性の高い塗料を選んで外壁表面を水から保護することがポイントです。

シーリング材

パネルとパネルをつなぐシーリング材を見直しましょう。
ALCパネルは構造上、ALC内部に多孔質といってたくさんの穴があります。そこに水が侵入することによって、内部の金網状の鉄筋がサビ、建物の耐久性に影響をおよぼしてしまいます。
その水の浸入を防ぐために、防水機能を持ったシーリング材を使用するといいようです。
このシーリング材はサッシ周りにも使われ、雨漏りなど漏水を防いでくれます。

下塗材

現状の塗膜に重大な割れや剥がれがなければ、一般的に使用されるセメント系のフィラーもしくは、微弾性のフィラーやウレタン系シーラーを使用するといいでしょう。
下地や塗膜、壁面にヒビ割れが入っている場合には、微弾性フィラーを使用します。ヒビ割れの程度によって微弾性フィラーを厚塗りすると、クラック遮蔽性と防水効果を高める効果があります。
ただし、既存塗膜が高弾性系の塗料の場合には、塗膜が熱によって柔らかくなり、膨張して膨れるという現象が起きます。そうすることによって、新しく塗装した部分も剥がれてしまうというトラブルを起こしやすくなるので、既存の弾性系吹付けタイルを全て撤去する必要があります。

上塗材

下塗り剤を塗布したあとに、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等の塗料を塗布します。
一般的に多く使用されるのが水性シリコン系塗料、または水性ハルス系塗料です。フッ素系塗料は弾性タイプもあり、衝撃に強いパネルに仕上げることができます。
パネルの塗装は、基本的に1回の塗装ではムラができたり防水効果を十分に得られないため、2回塗りを行います。

      ALCパネルの塗装のポイント

まとめ

軽くて丈夫なALCですが、その弱点は思いのほか致命的なものでした。しかし、水に弱いという弱点を除けば、非常に優れた機能をもっているため人気も高いのです。
ALC外壁は塗装を工夫するだけで、その特徴を活かし快適な生活を送ることができる優れた外壁材です。メリットもデメリットも理解したうえで、ご自身のイメージに合うものを選ぶようにしましょう。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

家の壁を新築のようにキレイに
受付後、最短1日でマッチング
※対応エリアや加盟店によって変わります
ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。
外壁塗装 平米 3,900円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

外壁・屋根 外壁塗装

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!