生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁からの雨漏りは意外にも多い!主な原因と防水対策の必要性とは

更新日:2021-02-09

壁からの雨漏りは意外にも多い!主な原因と防水対策の必要性とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

壁からの雨漏りの経験はありますか?雨漏りと聞くと、発生場所として屋根や天井を思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし、意外にも壁での雨漏りは多く発生しています。その多さは「戸建住宅における相談件数の多い不具合事象の第一位が外壁のひび割れ・雨漏り」というデータが公益財団法人・住宅リフォーム・紛争処理支援センターの調査によって出ているほどです。

「壁から雨漏りが起きてしまうのは何が原因なのか」「壁で雨漏りが発生していたらどうすればいいのか」と困っている人のために、今回の記事では外壁の雨漏りについてまとめてみました。

防水工事のおすすめサービス

外壁から雨漏り!その原因とは

雨漏りと聞くと屋根や天井を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、意外にも雨漏りは壁でも発生します。壁から雨漏りしてしまう原因は主に、経年劣化・損傷・施工不良の3つです。

・経年劣化
施工がしっかりしていても、壁の防水効果は徐々に劣化していきます。経年劣化の症状としてとくに多いのがシーリングの劣化です。シーリングとは壁の隙間を埋めている部分のことですが、このシーリング材が経年劣化によって割れてしまうことがあるそうです。

・損傷
地震や台風といった自然災害などによって起きた、壁のひび割れなどの損傷によって雨漏りが発生するパターンです。壁が割れるほどの衝撃が家に当たっているため、壁だけでなく家全体が損傷していることもあるので注意が必要です。

・施工不良
施工不良の起きやすい場所は、換気口や窓枠などの住宅の開口部です。稀なケースですが、新築住宅にて壁から雨漏りしている場合、建築時の施工不良が原因で発生しているかもしれません。

      外壁から雨漏り!その原因とは

雨漏りの放置は危険!すぐに補修を

雨漏りを放っておくと、被害はさらに悪化してしまいます。雨漏りが壁で起きているということは、家の内部に水がしみ込んでいる状況です。この状況が続くと、壁だけでなく柱や床といった家全体にカビが生えてしまいます。最悪の場合腐って倒壊の危険もあるので注意が必要です。

そうならないためにも、雨漏りが起きたときや壁の劣化に気づいたときは、早めに防水工事の業者に依頼するのがいいでしょう。

外壁防水の必要性と防水の種類

壁があれば外壁防水はいらないのでは?と考える人もいると思いますが、この外壁防水は建物の寿命を延ばすうえでとても重要な役目をしています。もともと壁には防水加工がされていますが、この加工効果は次第に落ちていき、やがて防水機能がなくなります。そのような場合では上記で紹介したような損傷が起きやすくなってしまうのです。

防水の種類は主に以下の3つです。

・防水材
無色透明なのが特徴です。外壁にあった防水材を塗ることで、建物の外観を損なえることなく防水加工を施すことができます。

・防水塗料
1番多く利用される手法です。主にシリコンやフッ素塗料を使うことが多く、効果は15年ほどと、とても耐久性に優れています。

・防水シート
壁の外側で防ぎきれない雨水を防ぐ方法です。雨水や結露水の内部への侵入を防ぐことができます。

      外壁防水の必要性と防水の種類

外壁防水を行う時期の目安

雨漏りを防ぐだけでなく、建物の寿命を延ばすことにもつながる外壁防水ですが、どのような時期に行うのが適切なのでしょうか?

外壁防水を行うタイミングは、外壁を触ったときに手が白くなったときです。色の彩度が落ちたあとに壁の表面が粉っぽくなるチョーキング現象というものが発生します。この現象のあとはひび割れなどの劣化が発生し始めてしまいます。

この手が白くなる時期としては、8~15年が目安と言われており、少し幅があるのが特徴です。

雨漏り修理と防水の費用相場

壁の雨漏り修理の気になる費用相場ですが、少しのひび割れやシーリング補修なら5万円ほどでおさまるそうです。ただ、外壁塗装や外壁の張り替えなどが絡んでくると100万円を超える工事になることもあり、少し出費が気になりますね……。

壁からの雨漏りの原因として施工不良を挙げましたが、そのようなときは修理費用を請求することができます。それは、引き渡しから10年以内の新築住宅の場合です。そのため、新築の場合は家の建築をした施工業者に相談することで負担をなくすことができるかもしれません。
        雨漏り修理と防水の費用相場

防水工事のおすすめサービス

まとめ

壁での雨漏り原因は、経年劣化によるシーリングのひび割れだけでなく、地震や台風などの自然災害による損傷、施工不良などが考えられます。雨漏りを放置しておくと、家の内部に水がしみ込み、カビや腐食につながってしまうので、雨漏りを見つけた場合は早めの補修がオススメです。

外壁防水は、ひび割れなどの損傷を起こさないためにも定期的に施す必要があります。目安としては、外壁を触ったときに粉が手につき始める8年あたりがいいでしょう。また、雨漏り修理や防水の費用は、その建物の状況によって大きく変動します。修理や防水で困っている人は防水工事を担当している業者に相談するのがいいでしょう。業者によっては無料で見積もりしてくれますよ。

防水工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!