生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋上を防水シートでdiyしてみませんか?最適な防水シートの選び方とは

投稿日:2018-02-15 更新日:2018-09-28

屋上を防水シートでdiyしてみませんか?最適な防水シートの選び方とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが暮らす日本は降水量が多く、「台風・ゲリラ豪雨・大雪」などの自然災害が絶えません。そうした災害から建物を守るためには「防水対策」が大切です。建物の防水対策には多くの方法がありますが、なかでも屋上を防水シートでdiyする防水対策が注目を集めています。

そこで今回は屋上の防水対策に焦点をあて、防水シートの選び方や作業手順について分かりやすくご紹介していきます。「屋上の防水対策を強化したい」、「防水シートに興味がある」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

防水工事のおすすめサービス

屋上の防水にぴったりな防水シートの選び方

屋上を防水シートでdiyする場合は、状況に適した防水シートを選ぶことが大切です。防水シートには「塩化ビニールシート」と「ゴムシート」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。種類別の特徴を確認し、屋上の防水にぴったりな防水シートの選び方をみていきましょう。

【塩化ビニールシートの特徴】

(1)施工後は人が歩いても大丈夫
(2)耐候性に優れ、紫外線・熱に強い
(3)塩化ビニールシートが重なり合う部分は、施工が難しく施工不良が発生しやすい
(4)頑丈で、鳥がついばんでも穴が開きにくい
(5)塩化ビニールシートの耐久年数は10~15年程度
(6)複雑な形状の陸屋根には不向き

塩化ビニールシートには上記のような特徴があるため、建物が日当たりの良い場所にあり、単純な形状の陸屋根で、なおかつ人が出入りするような場所には最適だと思います。

【ゴムシートの特徴】

(1)厚みが薄いため損傷しやすい
(2)温度による影響を受けにくく、広い地域で施工できる
(3)耐久性に優れている
(4)複雑な形状の陸屋根には不向き
(5)短期間で工事を終えられる
(6)ゴムシートに用いる接着剤の耐久年数が低いため、そこから雨漏りしやすい
(7)陸屋根の部分補修に適している

ゴムシートには上記のような特徴があるため、単純な形状の陸屋根で、なおかつ人があまり出入りしない場所には最適だと思います。さらに屋根全体ではなく、部分的に補修したいという場合にもゴムシートを選ぶとよいでしょう。

      賃貸の原状回復について

屋上に防水シートでDIYするときのコツ

つぎに屋上を防水シートでdiyするときには、どのようなコツがあるのかみていきましょう。

【diyのコツ】

(1)作業するときは乾燥した季節を選ぶ(梅雨時期を避ける)
(2)できるだけ新築のときに防水工事をおこなう
(3)作業前に大まかなゴミはとりのぞき、しっかりと掃除をしてからおこなう
(4)隙間を作らないように注意をして施工する
(5)作業後は定期点検をおこなう
(6)排水溝を掃除するなどのメンテナンスをこまめにおこなう

屋上に防水シートを貼る手順

つづいて屋上を防水シートでdiyする手順をみていきましょう。

(1)屋上の下地が乾燥していることを確認する
(2)屋上の掃除をおこない、接着の邪魔になるものを取り除く
(3)下地と防水シートをしっかりと接着させるため、下地にプライマーを塗布する
(4)屋上の四隅やルーフドレン、配管の周辺に増張り用シートを貼って養生する
(5)接着剤をよくかき混ぜる
(6)下地と、防水シート裏面の両方に対し、ムラなく接着剤を塗布する
(7)接着剤をしっかりと乾燥させる
(8)防水シートを下地にのせて貼っていく
(9)防水シートの接合部分は100mm以上の接合幅をとって重ねておく
(10)防水シートの端は抑え金物で固定し、不定形シール材でシールする
(11)防水シートの上からローラーで圧力をかけ、下地と密着させる
(12)防水シートを下地に貼り付けたら、仕上げ材を塗布する

以上のような手順で作業を進めていけば、しっかりとした屋上の防水対策ができると思います。作業をおこなうに当たっては、必要となる道具をあらかじめ用意し手際よくおこないましょう。

      引き戸を自作する流れと作業のコツ

防水工事をDIYする難しさと注意点

最後に屋上を防水シートでdiyする場合は、どのような難しさがあるのでしょうか?作業をするうえで注意すべき点もふまえてみていきましょう。

難しい点

屋上の下地に防水シートを貼る場合、接着剤が乾燥しないうちに素早く貼り付けなくてはなりません。しかしある程度の広さがある場合、素早く正確に防水シートを敷き詰めるのは難しいと思います。1人でやろうとせず、2人以上で作業をしたほうが安心です。

注意点

屋上を防水シートでdiyする際は、隙間を作らないように注意しましょう。せっかく防水シートを貼っても、接着剤が不足していて下地と防水シートがきちんと密着していなかったり、シートがゆがんだりして隙間ができてしまうと意味がありません。

雨水はほんの少しの隙間から侵入しますので、全体をしっかりと施工するように注意しましょう。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

今回は屋上の防水対策に焦点をあて、防水シートの選び方や作業手順についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?屋上を防水シートでdiyする場合、手順通りに作業を進めていけば、それほど難しくはありません。そのため「自分もチャレンジしてみようかな?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

しかしながら不慣れな人がdiyすると失敗してしまい、かえって高くついてしまうということも考えられます。また、作業にかかる時間や手間を考えると「プロの業者に頼みたい」と思われた方も多いと思います。

家は大切な財産だからこそ、失敗したくはないですよね。そんな時は無理せず、防水工事のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

防水工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
防水工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
7投票,  平均評価値:3.9

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:57:22
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_waterproof/38836/
家の修理
私たちが暮らす日本は降水量が多く、「台風・ゲリラ豪雨・大雪」などの自然災害が絶えません。そうした災害から建物を守るためには「防水対策」が大切です。建物の防水対策には多くの方法がありますが、なかでも屋上を防水シートでdiyする防水対策が注目を集めています。そこで今回は屋上の防水対策に焦点をあて、防水シートの選び方や作業手順について分かりやすくご紹介していきます。「屋上の防水対策を強化したい」、「防水シ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 防水工事

防水工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

防水工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!