生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツケースの鍵を紛失したときの対処法!合鍵の作成や費用について

投稿日:2017-12-28 更新日:2020-03-11

スーツケースの鍵を紛失した…スーツケースの合鍵は作れる?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

スーツケースの合鍵作成には主に2通りのパターンがあり、それぞれかかる費用が異なります。

『今ある鍵を複製して合鍵を作る』場合、鍵屋さんに依頼すればだいたい300~1,000円程度で合鍵作成が可能です。

『鍵が手元になく、新しく鍵穴に適合する鍵を作る場合』は、鍵穴内部の形状から逆算して合鍵を作る高度な技術が必要になるため、1万~2万円程度と高額の費用がかかることがあります。

ほかにも、スーツケースに使われている錠前が特殊なため、業者の保有する機材によってはその場で合鍵を作れないケースがあります。その場合、スーツケースのメーカーや購入先に問い合わせることで合鍵を取り寄せることが可能です。

ただし、鍵を取り寄せるにはスーツケースのメーカー名や鍵番号、錠前のタイプといった情報が必要になるため、いざというときに備えて控えておくのがよいかもしれません。

また、鍵を紛失し、合鍵の作成や取り寄せを待っている時間のない緊急の状況では、最終手段として鍵を無理やりこじ開ける方法があります。

スーツケースがジッパーで閉じるタイプであれば、ジッパーのつなぎ目にボールペンなど尖ったものの先端をねじ込んでみましょう。先端が入ってしまえば、あとは左右に動かしてかみ合ったつなぎ目を少しずつほどいていくことができます。

続きを見る

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

旅行などで使用することの多いスーツケースは、頑丈で荷物をたくさん入れることができて便利なものです。さらに鍵をかけることもできるため、防犯性にも優れています。

ですが……もし鍵をなくしてしまったら、その頑丈なケースのせいで中の荷物を取り出せなくなってしまい、非常に困ったことになってしまうでしょう。

そこで今回は、スーツケースの鍵をなくしたときの対処法について、ご紹介させていただきます。旅行先や帰宅後の鍵トラブルを解決するのに、ぜひとも参考にしていただきたいと思います。

スーツケースの合鍵は作成可能

スーツケースは購入すると鍵が2本付いてくることが主流です。しかし、大体の方はスーツケースを使う機会は、1年に1回や数年に1回と場合が多いのではないでしょうか?

そのため、久しぶりに使おうとスーツケースを出してみたら鍵がなくなっている、または1本だけになっているといったことになってしまっているかもしれません。

そうなる前に合鍵を作っておきましょう。

業者にもよりますが、スーツケース本体を持っていくことで、マスターキーがなくとも合鍵を作ることが可能なようです。では、スーツケースの合鍵作成の相場は、いったいいくらなのでしょうか?

スーツケースの合鍵は作れるのか

スーツケースの合鍵作成にかかる費用相場

スーツケースの合鍵を作ることができるとわかったら、次に気になるのはお値段。特殊な鍵になりますので、マスターキーがある場合とない場合で、お値段がすごく変わってきます。

マスターキーがある場合のすべてが、このお値段ということは断言できませんが、大体の相場はおよそ300~1,000円となるそうです。

マスターキーがない場合は、とても高度な作成技術が必要となり、高額になる傾向にあります。およそ1万円~2万円くらいが相場になるそうです。

合鍵を作成できなかった場合の対処法

スーツケースの鍵が特殊な構造になっている場合、合鍵を作ることができないといったことになることもあります。

その場合は、スーツケースの購入先のメーカーもしくは、量販店にオリジナルキーの有無を問い合わせていただき、取り寄せることで合鍵を手に入れることが可能です。

取り寄せの際には、スーツケースメーカー名や鍵番号、キータイプなどの情報が必要になります。

鍵をなくしてしまったがスーツケース自体に鍵がかかっていない場合は、鍵付のスーツケースベルトや南京錠を使用するのがよいでしょう。簡易的ではありますが、鍵をかけることも可能です。

スーツケースの合鍵は作れないことも…その場合の対処法

旅行先でスーツケースの鍵をなくしたときにするべきコト

もしスーツケースの鍵をなくしても、合鍵作製によって開錠することができます。しかし、実際に鍵をなくしたとき、合鍵を作る前にするべきコトがあります。ここでご紹介する4つのするべきコトを確認することで、簡単に鍵が見つかるかもしれませんよ。

まずは心当たりがある場所を徹底的に探す

旅行先でスーツケースの鍵をなくしたら、まずは冷静になりましょう。慌てていても鍵は出てきません。落ち着いたところで、鍵を置いた場所に心当たりがないか、よく思い出してみてください。旅行先で鍵をなくしたときは、まず心当たりのあるところを探すことから始めていきましょう。

空港のリペアサービスで相談する

空港でスーツケースの鍵をなくした場合は、リペアサービスに相談することで解決できるかもしれません。リペアサービスは、すべての空港にあるわけではありませんが、スーツケースなどの修理をしてくれる場所です。

羽田空港なら第2旅客ターミナルB1に「Riat(リアット)」、成田空港なら第2ターミナル3F国際線出発口ロビーに「成田国際線空港振興協会」があります。ひとつの空港に複数のリペアサービスがある場合もあるので、鍵をなくしたときは、一度調べてみるとよいでしょう。

滞在先のホテルで相談する

スーツケースの鍵をなくした場所が滞在先のホテルであれば、ホテルに相談するのもするべきコトになります。ほかの宿泊客が鍵を拾ってくれていれば、もしかしたロビーに届いているかもしれません。

また、さまざまなトラブルが起きるホテルなら、よく利用する鍵業者がいることもあります。この場合、ホテルが鍵業者を紹介してくれることもあるようで、知らない土地でも安心して依頼することができるのではないでしょうか。

滞在先の専門業者に相談する

心当たりのある場所を探して、空港やホテルに相談しても鍵が見つからない場合は、滞在先にある専門業者に相談してみましょう。鍵をなくしたのが国内で、滞在先まで出張してくれる業者が見つかれば、すぐに対応・解決してくれます。

ただ、業者選びを安易にしてしまうと、悪質な業者に引っかかるおそれもあります。急いでいるとは思いますが、いくつかの業者から話を聞いて判断するのが安心です。国外で紛失した場合は、自分で業者に依頼するよりもホテルや警察、旅行スタッフに任せるのが安心でしょう。

旅行中に鍵をなくした……。もしもの時に鍵を開ける方法

旅行中に鍵をなくした場合、時には「今すぐに開けたい」といった緊急を要することもあると思います。そのような「もしも」の時でも、自力で鍵を開ける方法があるのです。ただ、鍵の開け方によってはスーツケースが壊れてしまうこともあるので、その点は覚えておきましょう。

スーツケースの閉じ部分がジッパー式

ボールペン1本を用意していただければ開けることが可能です。ジッパーのつなぎ目にボールペンを差し込み、ジッパーに食い込むようにボールペンの先端が入れば、あとはジッパーに沿って、左右に動かしていくとかみ合っていたジッパーが開いていきます。

ロック時に引手が自由に動くタイプであれば、開けたあとに元の状態に戻すことも可能です。引手を全開にしている端から戻せば、元のように閉めることができます。

シリンダー式のロックが開けられなくなった場合

このケースの場合、壊さずに開けるのはなかなか難しいです。いわゆるピッキングの要領でヘアピンを使って鍵を開ける方法になりますが、練習しないと難しいでしょう。いざというときに知っていると便利ですが、悪意を持っておこなうと犯罪になりますので、そのようなことのないようご注意ください。

ダイヤル式ロックの暗証番号を忘れてしまった場合

ひとつずつ番号を合わせていくというものが準備するものもなく一番簡単だと思います。スーツケースのダイヤルロックは、3桁が一般的になりますので「000」から「999」までの番号を1つずつ試していきます。

1000通りの番号がありますが、000から始めて999にいたるまでに正解にあたることが多いと思われますので、ほとんどの場合10分以内で開くでしょう。

今後はスーツケースの鍵をなくさないための対策

旅行先などで起きた鍵トラブルが解決できたら、今後はなくさないようにしていかなければなりません。そこで最後に、スーツケースの鍵をなくさないための対策を、ご紹介していきます。しっかりと鍵をなくさない対策をおこない、楽しい旅行にしていきましょう。

鍵を保管する場所を決めておく

スーツケースに限らず鍵をなくす人は、鍵の置き場所が決まっていないことが多いです。毎回違う場所に鍵をしまうことで、しまった場所を気にすることがなく、なくしたことに気づきにくくなります。

そのため、鍵の保管場所を決めておくことで、スーツケースの鍵をなくすといったトラブルを減らすことができるでしょう。めったに使わないスーツケースのような鍵にこそ必要な対策です。

声だし確認も意外と役立つ

この対策を利用する人は少ないかもしれませんが、声だし確認をすることも鍵をなくすトラブルを減らすことにつながります。スーツケースの鍵をしまうとき、同時に声を出すことで、その時の行動が記憶に残りやすくなり、鍵をなくしにくくなるのです。

何度も鍵をなくしてしまうような場合は、声だし確認の対策を使ってみてはいかがでしょうか。あまりに何度も鍵をなくしていては、お金だけでなく時間も無駄にしてしまいます。楽しい旅行にするためにも、自分にあった対策をしていきましょう。

ダイアル錠を利用する

今後スーツケースの鍵をなくさない対策として、ダイアル錠を利用するのはおすすめの方法です。ダイアル錠にすることで鍵を持つ必要がなくなり、鍵をなくすということも起きません。そのため、鍵を持つこと自体に不安を感じる方は、ダイアル錠のスーツケースにしてみてはいかがでしょうか。

ただ、ダイアル錠にもデメリットはあります。番号さえわかってしまえば開錠できるため、鍵と比べて防犯性が落ちます。また、鍵をなくすことがなくても番号を忘れてしまえば、スーツケースを開けることはできません。そのため、こういったダイアル錠のデメリットも確認したうえで、どっちを利用するか決めるのがよいでしょう。

まとめ

どこか遠くへ外出するときの心強い味方となるスーツケースですが、鍵をなくしてしまった場合、中身を取り出すのに苦労すると思われます。

そこで、もし鍵をなくしても困らないように、スーツケースの合鍵を用意しておくのはいかがでしょうか。スーツケースのメーカーに連絡することで鍵を送って貰うことができることもあるので、一度連絡をしてみるのも手かもしれませんね。

(この記事は2020年03月11日に加筆・修正しています)

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 

閉じる

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
19投票,  平均評価値:2.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-11 15:42:01
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_duplicate/28920/
鍵の修理・防犯
スーツケースの合鍵作成には主に2通りのパターンがあり、それぞれかかる費用が異なります。『今ある鍵を複製して合鍵を作る』場合、鍵屋さんに依頼すればだいたい300~1,000円程度で合鍵作成が可能です。『鍵が手元になく、新しく鍵穴に適合する鍵を作る場合』は、鍵穴内部の形状から逆算して合鍵を作る高度な技術が必要になるため、1万~2万円程度と高額の費用がかかることがあります。ほかにも、スーツケースに使われている錠前...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 合い鍵製作

お住まいの地域の合い鍵製作業者を検索

合い鍵製作のお問い合わせ・ご相談はこちら

合い鍵製作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!