生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

LANケーブルはクロス?ストレート?何が異なるのか紹介します

投稿日:2017-10-12 更新日:2018-11-27

LANケーブルはクロス?ストレート?何が異なるのか紹介します

この記事は18308人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

現代ではさまざまな機器があふれています。パソコンやスマートフォンなどたくさんあります。通信手段として、ネットワークを構築することは仕事などで連絡を取り合うこととして必須です。そして、ケーブルに接続する必要がある場合があります。なかでも、クロスケーブルとストレートケーブルはぱっと見ただけではわかりづらいのではないでしょうか。今回はクロスケーブルとストレートケーブルについて紹介します。

LANケーブルのクロスとストレートの違い

LANケーブルのクロスとストレートには違いがあります。以前は「ストレートケーブル」と「クロスケーブル」を厳密に分けて使用することが必要でした。ですが、現在ではほぼすべての機器(PCやルータなど)で使用中のLANケーブル自動判別機が組み込まれており、ストレートケーブルでもクロスケーブルでもLAN接続が可能です。

今ではクロスケーブルはほとんど使わない?

以前は分けて使用する必要と上記しました。例として、「HUBとHUBはクロスケーブルを使用」「パソコンとパソコンはクロスケーブル」「HUBとパソコンはストレートケーブル」などの用途です。ですが、現在はLANケーブル自動判別機があるので、ストレートケーブルで統一するのが医一般的とされています。
以前にもHUBや「Uplink」ポートがある場合は「ストレートケーブル」も使用できました。ですが、専門的な知識がない場合はLAN構築が難しい状態でした。
ですが、ストレートケーブルでほぼすべての機器に接続ができるので主流になったとされています。クロスケーブルを使ったり、クロスケーブルのみでLAN構築は可能です。ですが、クロスケーブルの結線には種類があり、知識が必要となり、注意が必要です。

現在市販されている機器はほとんど自動判別機に対応していますが、古い機器はクロスケーブルとストレートケーブルを使い分ける必要があります。自動判別機に対応しているかどうかというのは機器のマニュアルを確認する必要があります。

昨今ではストレートケーブルが主流になっていることから、「クロスケーブルは必要かどうか」という疑問を持たれる方もいるのではないでしょうか?現在はクロスケーブルがなくてもストレートケーブルのみでネットワークを構築することが多いとされており、クロスケーブルを見かけることはほとんどなくなりました。
ストレートケーブルの構造はコネクタが同じようになっていると上記しましたが、LANスイッチのポートとパソコンのLANポートで、受信用と送信用のピンの配置が逆になっているからです。信号が相手の受信用のピンに届くようにするには、LANスイッチとパソコンをつなぐときはストレートケーブルを使用し、LANスイッチ同士をつなぐときはクロスケーブルをつなぐ必要がありました。
          LANケーブルのクロスとストレートの接続例

一般的なネットワークでは、パソコンの数が多くなるとストレートケーブルの数も増えます。そうなるとストレートケーブルのみでネットワークを構築したいという需要が出てきました。そして、一時期ストレートケーブルで多段接続できるLANスイッチも登場しましたが、スイッチ間を複数のLANケーブルでつないだりする場面などではクロスケーブルが必要でした。

ですが、2000年前後に「AutoMDI/MDI-X」が登場しましました。今ではほとんどの機器に組み込まれることになり、ストレートケーブルでもクロスケーブルでも問題なくなりました。
ですが、パソコンの数が多くなるにつれストレートケーブルが多くなっていき、主流になっていきました。
      今ではクロスケーブルはほとんど使わない?

LANケーブルのクロスとストレートを見分ける方法

LANケーブルのクロスケーブルとストレートケーブルの違いは両端(以下コネクタ)の結線で判別できます。
コネクタの結線が異なる場合はクロスケーブルです。コネクタの結線が同じ場合はストレートケーブルです。簡単に言えば、コネクタの色の配置が異なる場合はクロスケーブルで、コネクタの色の配置が同じ場合はストレートケーブルとなります。

LANケーブルのクロスとストレートの結線の違い

LANケーブルのクロスとストレートの両方のコネクトを見ると8色に分かれていて、結線の状態を確認することができます。結線は規格ごとに異なります。ストレートケーブルは国内のほとんどのメーカで「T568B」が採用されています。自作する場合は特別な事情がない限り、この「T568B」のストレートケーブルで結線することをおすすめします。

LANケーブルのクロスとストレートの接続例

Ethernet機器にはポートというものがありこれには2種類あります。MDI(Medium Depenment Intefaceの略)とMDI-Xです。ネットワーク通信を行うためには送信用ピンで送信した信号が、接続先の受信用ピンで受信する必要があります。MDIとMDI-Xの接続はストレート、MDI同士の接続はクロスケーブルを使用します。
ですが昨今では、クロスケーブルやストレートケーブル関係なく相互接続ができるAutoMDI/MDI-Xという機能があり、これが接続先を自動判別します。これをサポートするスイッチが増えてきています。
ここで「MDI」である機器とは、パソコンやルータなどが該当します。そして、「MDI-X」である機器とは、スイッチやリピータハブなどが該当します。
            LANケーブルのクロスとストレートの結線の違い
そして、MDIとMDI-Xの機器間での接続はストレートケーブルが使用され、MDI同士またはMDI-X同士の機器間はクロステーブルが使用されます。

まとめ

両端のピンの色が異なっているのがクロスケーブルで、同じなのがストレートケーブルです。ですが、現在はAutoMDI/MDI-Xという機能がある機器が多く普及しており、クロスケーブルはあまり使用されておらず、古い機器で使うことが多いです。パソコンの普及でストレートケーブルが増えていき、次第に多くなっていきました。専門の知識がない方は困難かもしれません。わからない場合は業者に相談するのは確実です。

依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「LAN配線工事」をご覧ください。

LAN配線工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
LAN配線工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
6投票,  平均評価値:3.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:27:25
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_lan/12350/
各種電気工事
現代ではさまざまな機器があふれています。パソコンやスマートフォンなどたくさんあります。通信手段として、ネットワークを構築することは仕事などで連絡を取り合うこととして必須です。そして、ケーブルに接続する必要がある場合があります。なかでも、クロスケーブルとストレートケーブルはぱっと見ただけではわかりづらいのではないでしょうか。今回はクロスケーブルとストレートケーブルについて紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 LAN配線工事

お住まいの地域のLAN配線工事業者を検索

LAN配線工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

LAN配線工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!