生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

窓のゴムパッキンの黒ずみはカビが原因!?掃除方法と交換手順を紹介

更新日:2021-04-30

窓のゴムパッキンの黒ずみはカビが原因!?掃除方法と交換手順を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

知らず知らずのうちに黒ずんでしまっているゴムパッキン、その汚れの多くはカビが原因です。カビを放置するのは健康面でも問題がありますが、パッキンの場合はさらに大きなトラブルを招くこともあります。

窓掃除の際は、窓ガラスをぴかぴかに磨き上げて満足するのではなく、窓のゴムパッキンにも目を向けてみましょう。もしかしたら、そのゴムパッキンは寿命を迎えてしまっているかもしれません。

本コラムでは、窓のゴムパッキンがもつ役割と、お手入れの方法をご紹介します。目立たないながらも、重要な役割をもつゴムパッキンをやさしく労わってあげましょう!

窓のゴムパッキンの役割

窓についているゴムパッキン、あまり目を向けることのない部分ですよね。しかし、窓のゴムパッキンは窓にとって、なくてはならない大切なパーツなのです。ではゴムパッキンはどんな役割をもっているのでしょうか。

窓を構成している部品を大まかに分解すると、「窓ガラス」、「サッシ」、「ゴムパッキン」の3つに分けることができます。窓の本体ともいえるガラス部と、窓の土台であるサッシの部品の間に挟まっているのが、ゴムパッキンです。このゴムパッキンの役割は主にふたつあります。

ひとつは、窓ガラスをサッシに密着させて固定することです。窓ガラスはゴムパッキンによって支えられて、サッシに取り付けられているのです。窓ガラスを「歯」とするなら、ゴムパッキンは「歯茎」にあたる部分となります。

歯周病などで歯茎がやせてしまうと、歯はぐらぐらになってしまいますよね。同じように、ゴムパッキンが劣化していると、窓ガラスはサッシにうまく固定されず、ガタついてしまいます。ガラスとサッシの間に隙間が生じ、隙間風や雨水の侵入が起こってしまうかもしれません。

このように、固定したいもの同士の隙間を埋めて密着させる効果をもった素材のことを、「シール材」と呼びます。ゴムパッキンは、窓のシール材なのです。

もうひとつのゴムパッキンの役割は、衝撃や振動を吸収することです。窓は開け閉めや強風など、常に衝撃や振動にさらされる環境にあります。そうしたダメージを軟らかいゴムパッキンが吸収することで、ガラスの破損を防いでくれているのです。

そのため、ゴムパッキンが劣化すると窓自体の寿命を縮めることになります。衝撃をうまく吸収できずに、ガラス自体にダメージが溜まっていけば、割れてしまう日も遠くはありません。窓ガラスはゴムパッキンによって守られているといっても過言ではないのです。

窓のゴムパッキンの役割

窓のゴムパッキンのカビ取り方法

窓ガラスにとって必要不可欠な役割をもったのがゴムパッキンです。窓を長く使うためには、劣化をなるべく防ぎたいところです。そこで、窓のゴムパッキンにとって致命傷となりやすい、「カビ」を掃除する方法を確認しておきましょう。

①漂白剤の用意
ゴムパッキンのカビ取りに便利なのが、塩素系の漂白剤です。漂白剤は強力な殺菌力でカビを退治することができ、パッキンに白さをよみがえらせます。

②ゴムパッキンに漂白剤を塗布
漂白剤を用意したら、ゴムパッキンのカビている部分にスプレーしていきましょう。このときには漂白剤が強力な薬剤ということに注意が必要です。皮膚や目などの粘膜に触れれば、体調に影響が出るおそれがあるため、ゴム手袋とメガネ(ゴーグル)は必ず着用しましょう。

③キッチンペーパーでパック
漂白剤の多くは、サラサラとした粘度の低い液体です。ゴムパッキンにスプレーしても、重力に引かれて流れ落ちてしまうかもしれません。ゴムパッキンのカビを根こそぎ退治するには、一定時間漂白剤が触れ続けている必要があるため、漂白剤をとどまらせる工夫をしましょう。

家庭で手に入るものでできる工夫としては、キッチンペーパーを使って「パック」をする方法があります。漂白剤をスプレーした場所にキッチンペーパーを貼りつければ、漂白剤が流れ落ちずにずっとそこにとどまってくれます。

④きれいに拭き掃除。
15分から30分程度放置したら、貼り付けているキッチンペーパーでそのままゴムパッキンを拭き掃除しましょう。これで黒ずみがきれいに取れるはずです。

漂白剤は長く触れ続けるとゴムパッキン自体を傷める原因となるため、カビ取りが終わったらしっかり水拭きしておきます。漂白剤を完全に拭きとれば、掃除完了です。

カビによって黒ずんでしまった窓のゴムパッキンは、しだいに柔らかさを失って、カチカチになってしまいます。こうなってしまったゴムパッキンは、歯周ポケットのように隙間を生んで隙間風や雨水の侵入を起こしやすくなります。そのためパッキンが劣化してしまう前に、定期的な掃除を心がけましょう。

2.窓のゴムパッキンのカビ取り方法

こんな症状があれば交換時期

窓のゴムパッキンのカビは掃除で取り除くことができますが、カビを取り除いても本来の柔らかさを取り戻せない場合もあります。ガラスやサッシと違い、ゴムパッキンは経年劣化で機能を失う消耗品でもあるのです。

寿命を迎えてしまったゴムパッキンは、交換する必要があります。そこでまずは、どんな症状が出たらゴムパッキンを交換すべきなのかを覚えておきましょう。ゴムパッキンの交換目安は、以下のような症状が出た場合です。

・隙間風が入る
・窓の開け閉めの際にガラスがガタガタ揺れる
・ゴムパッキンがやせ細り、サッシの中に沈んでしまっている
・ゴムパッキンが剥がれ始めている
・ゴムパッキンがカチカチに固まっている

劣化したゴムパッキンは、さまざまな役割を果たせなくなってしまった状態です。つまり、窓自体が破損する可能性が高まってしまっているということでもあります。これらの症状が現れたら、すぐにゴムパッキンを交換しましょう。

窓のゴムパッキンを交換してみよう

役目を終えた窓のゴムパッキンは、新しいものに交換しましょう。自分でもゴムパッキンの交換をすることはできます。

①窓のゴムパッキンのサイズを測っておく
窓の大きさや厚みが多種多様であるように、それを支えるゴムパッキンのサイズもいくつかの種類に分かれています。当然現在のものと同じサイズのゴムパッキンを用意しないと交換はできないため、あらかじめどのサイズのゴムパッキンを購入すべきか確認しておきましょう。

窓のゴムパッキンは、サッシとガラスの間を埋めています。したがってそのサイズを決めるのは、「サッシの横幅」と「ガラスの厚さ」です。メジャーを使ってミリ単位でそれぞれの幅を採寸しましょう。

また、パッキンの「長さ」にも注意が必要です。サッシの中にピタリと納まる長さのパッキンを用意しなければならないため、忘れずに測っておきましょう。

②サッシを分解する
窓をレールから取り外したら、窓の外枠であるサッシを分解しましょう。大抵の場合、サッシは四隅でネジ止めされているので、ネジに合ったドライバーを使う必要があります。

③ガラスを取り出し、ゴムパッキンを巻きなおす
サッシを分解すると、いよいよ窓の本体であるガラスとのご対面です。サッシから解き放たれたガラスは、外周をぐるりとゴムパッキンで巻かれた状態になっています。

劣化したゴムパッキンを丁寧に取り外し、ガラスの外周に残った汚れをきれいにしたら、新しいゴムパッキンを丁寧に巻きなおしていきましょう。ガラスは割れ物なので、やさしく取り扱うことを忘れないでください。

④窓を組み立てなおす
ゴムパッキンを巻きなおしたら、ガラスをサッシに取り付けて、サッシを組み立てなおしましょう。組みなおした窓をレールの上に戻せば、これでパッキン交換は完了です。

作業自体は単純ですが、窓ガラスは割れ物であり、さらに大きな窓には重量もあります。個人での交換は、危険と隣り合わせの作業になるかもしれません。

もしも交換作業が難しいと感じる場合や、大きな窓のゴムパッキンを交換したい場合は、無理に個人でおこなわずに窓修理の専門業者に依頼することもひとつの手段です。大切な窓のことなので、経験豊富なプロの技術に頼ってみるのもよいかもしれません。

窓のゴムパッキンを交換してみよう

ゴムパッキンの寿命を延ばすためには

窓のゴムパッキンの寿命は、一般的に「10年」程度だといわれています。しかし、置かれている環境や使い方によっては、10年より早く寿命を迎えてしまうかもしれません。

窓のゴムパッキンの劣化をおさえ、末永く使っていくためにも、寿命を延ばす工夫をしておきましょう。パッキンの寿命を延ばす方法としては以下のようなものが挙げられます。

・結露の防止
窓表面に水滴の生じる結露は、水気によるカビの発生につながる窓の大敵です。窓に断熱シートを貼りつけたり、結露を吸い取ってくれるフェルトテープをゴムパッキンの上に貼るなどして、湿気がこもるのを避けましょう。

・日ごろからの掃除
定期的なカビ取りがゴムパッキンの寿命を延ばすことはいうまでもありません。そして、カビが生えていなくてもゴムパッキンは掃除しておきたいところです。パッキンの上にホコリやゴミが積もれば、それがカビの栄養源となる可能性があるためです。

日ごろの窓掃除にひとつ手順をプラスしてみましょう。綿棒や小さい布切れを使って、ゴムパッキンをやさしく拭き掃除してみてください。ホコリがたくさん取れたら、そこは汚れやすい環境にあるということです。

またホコリが溜まらないよう、カーテンを閉めておくというのも有効な手段となります。夜間など、光を取り込む必要のないときは、カーテンを閉めてゴムパッキンを保護しておきましょう。

ゴムパッキンの寿命を延ばすためには

まとめ

あまり目を向けることのない窓のゴムパッキンですが、窓にとってなくてはならない重要な役割をもった部分です。ゴムパッキンの劣化は窓の寿命を縮めることに直結します。

ゴムパッキンの劣化を早める一番の原因はカビです。定期的にカビ取りをおこない、日ごろから掃除をしておくなど、常にゴムパッキンの健康状態には気を配ってあげましょう。

ゴムパッキンを労わることが、ひいては窓自体、家自体を大切にあつかうことにつながるはずです。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 13,200円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!