生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッシのカバー工法が室内環境を大きく改善させる!負担を軽減しよう

投稿日:2018-07-06 更新日:2018-11-15

「サッシのカバー工法」が室内環境を大きく改善させる!負担を軽減しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

お家の結露がひどかったり窓の動きが悪いなんていうことはないでしょうか?こんなときはどうすればよいのでしょうか。このコラムではサッシのカバー工法をご紹介していきます。あなたの住まいをより快適な空間にできる手助けをできればと思います。

窓やサッシの結露対策だけでなく、窓の開閉をしやすくするためのコツを注意と併せてみていきましょう。そしてご自身が納得できる方法を選択できることが大切です。結露の発生を軽減させたり、窓の開閉をしやすくする対策をしていけるといいですよね。

そもそもカバー工法ってなに?

「結露がひどくてどうにかしたい」「窓の動きが悪くてどうにかしたい」そんなときはサッシのカバー工法がおすすめです。どんなものかみていきましょう。

カバー工法とは、古いサッシに対して新しいサッシを取り付けることです。取り付けの時間もさほど必要でないので、簡単な作業で完了します。長時間の作業は身体に負担がかかるため、生活に悪影響が出ることもあります。でも、すぐに取り付けができるのであれば生活への負担が軽減されて助かりますね。

とくに小さなお子様がいらっしゃる家庭では、大きな音がでる工事がずっと続いていると精神的な負担になることがあります。

サッシのカバー工法は、作業にかかる時間を少なくするだけでなく、他にもメリットがあります。

そもそもカバー工法ってなに?

サッシをカバー工法にするメリット

サッシのカバー工法は、まるで新築のサッシかのようにスムーズかつ静かに開閉できるようにしてくれます。

そして、不快な結露の発生を軽減させてくれるのです。結露の発生の軽減ができて、しかも窓の動きをスムーズになるというのは大きなメリットですね。でも、メリットはそれだけではないんです。
もう一つのメリットは遮音性です。開閉が静かになるだけでなく、外の音も室内に入りずらくなります。

もちろんサッシの遮音性能にもよります。ガラスには「遮音性能等級」というものがあります。FL5-A12-FL5同等以上の遮音性能を有するガラスが快適な室内環境をもたらしてくれます。

身近な音の例です。

・車のクラクション(1m以内)→110dB
・主要な道路の騒音(30m以内)→70dB
・普通の会話→50dB
・図書館→40dB

このようにみていくと、好ましい室内のレベルは60dBといわれています。
できれば、このレベルを基準にガラスを選ぶとよいでしょう。

小さなお子様がいらっしゃる家庭ではとくに遮音性能が気になるところでしょう。静かな室内環境を保てるといいですよね。よく人が集まるリビングダイニングだけでなく、お子様部屋やほかの室内においても「外からの音を気にしないで過ごしたい」と思っている方は多いはずです。

サッシのカバー工法で、どのような部屋も静かな環境に変えられるのか気になりますね。

サッシをカバー工法にするメリット

どんな窓にもできるのか

サッシのカバー工法は、簡単に取り付けることができるので作業時間も短くてすみます。ですから、いろんな窓に試してみたいと考える方が多くいらっしゃるようです。リビングダイニングの窓以外にもお風呂場、キッチン、開閉できない窓にも適応できるのでしょうか。

結果からお伝えしますと、ほとんどの窓に設置ができます。ただし既存の雨戸があるものに関しては交換できない場合もあります。既存の雨戸がある一部の窓は、窓の飛び出しは抑えられているため、雨戸があっても工事ができる場合があります。工事ができるかどうかは業者へ相談するのがよいかと思います。

リビングダイニング以外の窓の性能も向上させることによって、家全体がより快適な環境になります。このように万能なサッシのカバー工法ですが、注意点もあります。

どんな窓にもできるのか

カバー工法にする注意点

サッシのカバー工法の注意点をみていきます。リフォームする前にまずサッシの交換をするタイミングがいつなのかを確認してみてください。サッシの寿命は約20年~30年といわれています。ただ最近のサッシの性能は向上しているため、だんだん寿命が延びている傾向があります。

また、経年劣化ではなく、地震によって建付けが悪くなっていることもあります。
サッシの下についているローラー(戸車)の消耗や破損してしまうためです。

交換の目安としては、開閉がスムーズにいかなかったり、結露が多く発生したりして困っているかどうかでしょう。住宅性能を向上させることができるのでおすすめです。

実際にカバー工法によってサッシを取り付ける場合は、サッシや窓の種類のよって金額が変わります。サッシの種類は木製、樹脂製、アルミ製、複合製に4つにわかれます。素材の見た目や断熱性に違いがでてきますので最適なものを選びましょう。

ガラスは1枚のシングルガラス、2枚のペアガラス、3枚のトリプルガラスによってもかわります。そのほかにも特殊金属膜がある高性能であるかによっても違いがでてきます。いくつかの業者の見積もりをとって、比較することが大切です。

まとめ

窓の結露がひどい場合や窓の開閉がしにくい場合の対策をみてきました。さまざまな対策があるなかで「サッシのカバー工法」というものがあります。サッシを新たに取り付ける対策方法をすれば、結露の発生の軽減や窓の開閉をスムーズにできます。しかも、遮音性能を向上させることもできるのです。

取り付け作業は簡単なので、すぐ完了できます。そのため、生活への負担を軽減してくれます。ただし、サッシを交換する方法にも注意点があります。交換するタイミングを業者に相談してみてください。また、サッシやガラスにはさまざまな種類がありますので、工事費用に違いが出てきます。見積もりを複数社からとって納得できる価格で依頼しましょう。

快適な室内環境を手に入れるために、最高の業者を選んでください。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 12,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-15 12:22:31
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_glass/95654/
窓・ドアの修理・防犯
お家の結露がひどかったり窓の動きが悪いなんていうことはないでしょうか?こんなときはどうすればよいのでしょうか。このコラムではサッシのカバー工法をご紹介していきます。あなたの住まいをより快適な空間にできる手助けをできればと思います。窓やサッシの結露対策だけでなく、窓の開閉をしやすくするためのコツを注意と併せてみていきましょう。そしてご自身が納得できる方法を選択できることが大切です。結露の発生を軽減さ...
シェアリングテクノロジー株式会社

ガラス修理・交換のお問い合わせ・ご相談はこちら

ガラス修理・交換についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!