生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンについた黒いポツポツの正体とは?結露とカーテンの関係

投稿日:2018-07-03 更新日:2018-11-15

カーテンについた黒いポツポツの正体とは?結露とカーテンの関係

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

冬場や夏場などエアコンを使用する時期になると、窓ガラスに結露が発生してしまうことはありませんか?

実は結露がカーテンについてしまうと、カーテンにカビが発生してしまう可能性があります。
カーテンを清潔に保つためには、結露を対策することがとても大切です。

今回はカーテンについてしまう結露についての対策方法などをご紹介いたします。

カーテンの黒いポツポツの正体はカビ

日常的に使用しているカーテン。カーテンを開けるときに、黒いポツポツしたものがついていることを発見したことはありませんか?

実はカーテンについている黒いポツポツの正体は、「カビ」です。カビはそのまま放置してしまうと、どんどん増え続けます。カビによってアレルギー症状がでてしまうこともあるため、放置するのはとても危険です。

カーテンの黒いポツポツしたカビができてしまう原因は、窓の結露がカーテンについてしまい、湿った状態になってしまうからです。放置せずに早めにカビ取りを行いましょう。

カーテンについたカビをとるためには、自分で洗濯する方法とクリーニング業者に依頼する方法があります。自分で洗濯をするときは、カーテンの洗濯表示を確認し、表示にあった洗濯方法で洗濯行いましょう。

カーテンの黒いポツポツの正体はカビ

カーテンで結露が発生しやすくなる

結露が発生してしまう原因は、空気の温度によって含まれる水蒸気の量を飽和水蒸気量が一定の量を超えてしまうことが原因です。空気は高い温度になると、多くの水蒸気を含むことができます。この水蒸気を多く含んだ空気が冷やされることによって、結露となります。

室内で結露ができてしまうのは、室内の暖かく水蒸気を含んだ空気が窓ガラスに冷やされるためです。

カーテンによって部屋の温度は窓に届きづらくなります。そのため窓ガラスは余計に冷やされてしまいます。その窓にカーテンの隙間から入った空気が冷やされることによって、結露がより多く発生してしまいます。

夜はカーテンを締めきっていることが多いと思います。翌朝になると結露が発生していることが多いため、結露がカーテンにずっとついていることがないようにしましょう。

カーテンで結露が発生しやすくなる

結露がカーテンにつくのを防ぐ方法

結露がカーテンにつくのを防ぐためには、結露を発生させないことがとても大切です。結露を発生させないために日常で簡単にできる方法があります。

・窓ガラスについた結露をふき取る
結露がカーテンにつくのを防ぐために、結露が発生したときは早めにふき取りましょう。水滴が多くついているときは、ワイパーなどを利用すると簡単にふき取ることができます。

・換気をする
結露を発生させないためには、室内の換気をすることがとても大切です。室内に暖かい水蒸気を多く含んだ空気のままだと、窓に冷やされて結露が発生してしまいます。換気を行い、空気を外へ逃がしてあげることが大切です。

・中性洗剤を利用する
中性洗剤を水で薄めて窓を拭く方法です。中性洗剤には水をはじく成分が含まれているため、結露ができにくくなる効果があります。しかし効果に持続性はないため、定期的に窓ガラスを拭くことが必要です。

・室内を暖めすぎない
室内の暖房を暖めすぎずに一定の温度を保つことで、窓ガラスに結露ができるのを防ぐことができます。

・結露を防止するグッズを利用する
結露の発生を防止するグッズを利用することによって、結露対策をすることができます。最近ではホームセンターなどで結露防止シートも販売されています。窓の大きさに合わせて簡単に貼ることができますよ。

結露がカーテンにつくのを防ぐ方法

窓リフォームで根本的に解決しよう

さまざまな対策をしても結露ができてしまい、結露がカーテンについてしまってカビが発生しやすい状態にある場合は、窓をリフォームすることがおすすめです。結露ができにくい窓ガラスに変えることで、結露の発生を防ぐことができます。

結露ができにくい窓ガラスは「複層ガラス」です。複層ガラスとは、2枚のガラスの間に乾燥した空気が含まれている断熱の効果があるガラスです。室内で熱が移動しやすい場所は窓なので、窓の断熱性を高めることで、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことができます。また、複層ガラスには紫外線カットや防火対策ができる多くのメリットがあります。

そして窓リフォームには補助金制度があることをご存知でしょうか。「省エネ化に関する高性能建材を用いた住宅の断熱改修を支援する事業」として、窓ガラスや断熱材をリフォームする際は補助金を利用してリフォームすることができます。また、自治体によってさまざまな補助金を行っていることもあります。各自治体に確認してみることもおすすめします。

この補助金制度は、時期や補助金対象が自治体によってことなることがあります。また、マンションにお住まいの方は、申請者がマンションの管理人になることがあるため、こちらも確認して申請しましょう。

まとめ

結露がカーテンについてしまうことによって、カーテンにカビが発生してしまうことがあります。カビは放置してしまうと、アレルギー症状の原因となり健康状態が悪くなってしまうことがあるのでとても危険です。

結露の発生を防ぐためには、室内の空気を換気することが大切です。しかし換気をしていても結露が発生してしまう可能性もあります。そのため、結露が発生しにくい複層ガラスに交換することをおすすめします。

複層ガラスに変えるときは、補助金を利用してリフォームすることもできます。自治体によってさまざまな補助金制度があるため、自分でリフォームする前に一度確認してみてはいかがでしょうか。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 12,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-15 12:25:29
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_glass/92100/
窓・ドアの修理・防犯
冬場や夏場などエアコンを使用する時期になると、窓ガラスに結露が発生してしまうことはありませんか?実は結露がカーテンについてしまうと、カーテンにカビが発生してしまう可能性があります。カーテンを清潔に保つためには、結露を対策することがとても大切です。今回はカーテンについてしまう結露についての対策方法などをご紹介いたします。
シェアリングテクノロジー株式会社

ガラス修理・交換のお問い合わせ・ご相談はこちら

ガラス修理・交換についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!