生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

窓ガラスは種類がいっぱい!窓選びに悩んだら用途で選んでみましょう

投稿日:2018-06-13 更新日:2018-11-15

窓ガラスは種類がいっぱい!窓選びに悩んだら用途で選んでみましょう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「外からの音がうるさいなぁ」「結露がひどい!」「冷房が効かなくて部屋が暑い…」などお困りごとはありませんか?外からの影響を受けやすいのは窓ガラスに原因があるかもしれません。

日差しや冷気、騒音などはおもに窓を通して室内に入ってきます。もし外からの音や結露、冷暖房の効き具合の悪さでお悩みでしたら窓のリフォームをすることによって改善できることもありますよ。

今回はさまざまな種類の窓ガラスについて紹介します。「どんな窓ガラスがあるのか知りたい」または「これから窓のリフォームをしようかな」とお考えなら費用相場やメリットなども参考にしてみはいかがでしょうか。

防犯性を高めたいなら

空き巣は短時間で侵入できる家を狙うことが多いため、窓ガラスを割るのに時間がかかると途中であきらめることがあります。もし防犯ガラスだった場合、メーカーより見舞金が支給されて直すことができる場合があります。

空き巣の被害報告などが多いようでしたら防犯ガラスを使った窓をリフォームを検討するメリットは大きいといえます。
防犯ガラスの価格相場はガラスのサイズによって異なりますが、5万円~12万円前後です。

一般的な1枚ガラスはハンマーで叩けば簡単に割れてしまいます。窓ガラスにワイヤーが含まれている網ガラスは、防犯のためではなく災害時に散らばらないので安全というだけです。そのため網ガラスを割ること自体は簡単で、普通のガラスとさほど強度に差がありません。

一方、防犯ガラスはガラスが2枚構造となっていて、ガラスとガラスの間に特殊なフィルムを挟み込むことにより強度が高くなっています。

防犯性を高めたいなら

断熱性を高めたいなら

冬の寒さ対策をするなら断熱性にすぐれた複層ガラスが人気です。寒冷地域にお住まいのかたは冬に向けて窓のリフォームをおすすめします。

複層ガラスの効果

複層ガラスとは、ガラス板を2枚使って作られています。ガラス板とガラス板の間に空気の層を挟むことで、外の空気の温度が室内へダイレクトに伝わらないようにできる構造となっています。2枚ガラスの構造が一般的ですが、海外ではさらにもう1枚ガラスを差し込んでいるタイプもあります。層が厚ければ厚いほど断熱性能を向上させることができます。

ガラスとガラスの間に、乾燥空気やアルゴンガスという断熱性能に優れたガスを封入することにより室内暖房の熱を逃さずに暖めることができます。

複層ガラスは外側にあるガラスが冷やされても、2重構造の断熱効果で室内側のガラスまで冷気が届きづらくなり、結露しにくいのです。

ガラスのみの交換

現在の窓ガラスから複層ガラスに交換する場合、ガラスのみを交換する場合とサッシごと交換する場合で費用が異なっています。
既存のサッシのまま複層ガラスに交換するメリットは、サッシごと交換するときとくらべて比較的工事の時間が短く費用を安価に抑えることができます。

また複層ガラスは厚さが12ミリメートル以上なのに対して、既存のサッシは9ミリメートルとなっています。その差を埋めるために複層ガラスに対応したアタッチメントをサッシの下部に取り付けて設置します。

工事期間が短く費用が安価なのがメリットですが、結露が防ぎにくくなってしまうデメリットがあります。窓ガラスで結露が起こりにくくなっても、アルミサッシで結露が起こってしまうためです。アルミニウムは鍋などの調理器具にも用いられているため熱を通しいのです。

結露対策を本格的におこなうならサッシを樹脂製や木製に変更してみてはいかがでしょうか。遮熱ガラスへの窓交換リフォーム費用は5万~15万円前後です。

サッシごとの交換

サッシごと複層ガラスに交換すれば、結露対策にとても効果があります。ただし、外壁をサッシの大きさに合わせるために壁を壊す工事が必要な場合があることは要注意です。工事期間が2日以上かかることがあります。
サッシごと遮熱ガラスに交換する際の必要な費用は20~50万円前後となります。

断熱性を高めたいなら

防音性を高めたいなら

防音ガラスは、他のガラス同様2枚構造となっていますが、中間層(ガラスとガラスの間)には特殊中間膜を挟んで防音対策を施しています。

1枚ガラスの場合、外からの音が振動によってガラスを通して部屋に直接響いてしまいます。防音ガラスなら中間層によって振動を抑えることによって室内側のガラスが響きづらくなり、遮音効果を得られます。

騒音が気になるかたは、ガラスの厚みや中間層の幅によって音を抑える度合いが変わってくるため、より厚みがあって中間層の幅が広いガラス選んでみてはいかがでしょうか。

防音ガラスへの窓リフォーム費用は約5万円~15万円前後となります。

耐震性を高めたいなら

万が一の震災時に窓ガラスが割れたとき、役立つのがガラスの中に鉄線が入れた網入りガラスです。網が入っているので飛び散りにくいという特徴があります。網入りガラスで作られた複層ガラスもあります。
複層ガラスなら中間層が振動をやわらげてくれるため、一枚の網入りガラスよりも耐震性がぐっと向上します。

そのほかの対策として窓ガラスの飛散を防ぐために、飛散防止フィルムを張ることで窓ガラスが割れてしまっても破片の飛び散りを抑えることができます。
網ガラスへの窓リフォーム費用は7万円~20万円です。

耐震性を高めたいなら

まとめ

窓ガラス一つとってもさまざまな種類があります。ご自宅の環境に合わせてガラスを選ぶことでより快適な生活ができるでしょう。しかし、窓ガラスだけを交換しても日本の窓はアルミサッシが主流のためやはり断熱に弱くなっています。

交換費用は高くつきますが窓ガラスを交換するときには、サッシの交換も同時に行うほうがいいでしょう。窓のリフォームをしてみようかなと思ったら業者に相談・依頼してみてはいかがでしょうか。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 12,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-15 12:52:36
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_glass/84953/
窓・ドアの修理・防犯
「外からの音がうるさいなぁ」「結露がひどい!」「冷房が効かなくて部屋が暑い…」などお困りごとはありませんか?外からの影響を受けやすいのは窓ガラスに原因があるかもしれません。日差しや冷気、騒音などはおもに窓を通して室内に入ってきます。もし外からの音や結露、冷暖房の効き具合の悪さでお悩みでしたら窓のリフォームをすることによって改善できることもありますよ。今回はさまざまな種類の窓ガラスについて紹介します...
シェアリングテクノロジー株式会社

ガラス修理・交換のお問い合わせ・ご相談はこちら

ガラス修理・交換についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!