生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

窓の断熱で冬の寒さを乗り越える!最適な3つの方法をご紹介!

更新日:2021-04-30

窓の断熱で冬の寒さを乗り越える!最適な3つの方法をご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

みなさんはお部屋の冬の寒さ対策をされていますか。ただ暖房を使うだけでは、効率的にお部屋が暖まらなかったり、電気代が余計にかかってしまったりするケースがあります。

そんな冬の寒さ対策に有効といわれているのが、窓です。窓の断熱で冬の寒さを軽減することができるといわれています。上手に断熱ができると、お部屋の暖房器具と相乗効果があり、電気代の節約にもつながります。

今回はそんな窓の断熱方法についてまとめてみました。ぜひお読みください。

冬の寒さには窓の断熱対策が効果的

窓の断熱は冬の寒さを乗り越えることにとても効果的です。どれだけお部屋を暖めても、窓から熱が逃げてしまっているケースはとても多いです。

特に窓が結露している場合は要注意です。これは窓の断熱不足で、窓から熱が逃げていってしまっているサインでもあります。もしあなたのお部屋の窓が結露しているならば、早急に対策をたてることをおすすめします。

窓の断熱ができていないと、「コールドドラフト」と呼ばれる現象が起きてしまいます。コールドドラフトとは、暖房などで暖められた空気が窓辺で冷やされて、床面へと流れ込むことによって空気の下降気流ができてしまう現象です。

この結果、足元が冷えるため、暖房の設定温度以上に寒く感じてしまうような状況になります。暖房の効きが悪いと感じ、どんどん設定温度を上げて電気代が余分にかかってしまうというようなケースも生まれてしまいます。窓の断熱をすることでこのような事態を防ぐことができ、結果として電気代の節約にもつながるでしょう。

では、具体的に窓の断熱とはいったい何をすればよいのでしょうか。その方法を見ていきましょう。
      冬の寒さには窓の断熱対策が効果的

冬の窓断熱対策1.断熱シート・プチプチ

窓の断熱でよく用いられるのが「断熱シート」です。
断熱シートというとアルミのガサガサしたものを想像されるかもしれませんが、窓の断熱によく使われるのは梱包材のようなプチプチシートです。

このプチプチは荷物を運ぶときだけでなく、窓の断熱で冬の寒さを軽減させるときにも有効です。窓に貼り付けるだけと使い方も簡単なうえ、値段も手頃なため定番の断熱方法となっています。

貼る手順としては、
1.貼る窓をきれいにする
2.窓のサイズにシートをカットする
3.テープ・のりなどで貼り付ける

という簡単なものです。

市販のものですと、シート自体にのりやテープがついていたりして貼り付けやすくなるよう配慮がされている商品もあります。高価なものもありますが、安いものですと1,000円程度で買えるものもあり、最も手軽な断熱方法といえるでしょう。

断熱にとても効果がありますが、デメリットとして外が見えづらくなる、窓の開け閉めのさいにごわついてしまうといったところがあります。
         

冬の窓断熱対策2.断熱ボード

耐熱ボードの設置も窓の断熱で冬に行う対策として有効です。
設置というと物々しく聞こえますが、購入した断熱ボードを窓に立て掛けるだけでよいのでとても手軽に行えます。だいたい床から膝くらいの高さのサイズで十分な効果を得ることができます。

耐熱シートに比べると、窓に貼れるかどうかを考える必要がない、そこまで大きいサイズは必要ないので外の景色を見るのに邪魔にならない、コールドドラフトの冷気をしっかり遮断してくれるといったメリットがあります。

こちらも断熱シート同様1,000円程度で買えるものもあり、リーズナブルといえるでしょう。
        

冬の窓断熱対策3.断熱ガラス

上記2つはあくまで工夫の範囲でしたが、本格的に窓断熱で冬を乗り切るのならば、耐熱ガラスの導入も検討してみるとよいでしょう。

これは、「断熱ガラス」と呼ばれる、ひとつのサッシに二枚のガラスを設置するものや、「二重窓」と呼ばれる、窓の内側にもう一枚窓(室内窓)を設置するといった方です。

どちらも、ガラス二枚の間に空気の層を作ることで熱を通しにくくする(外の冷気を遮断する)という効果があり、こうした窓では結露もほとんど起こらなくなります。北海道や東北などの寒い地域では一般的な構造で、さらに断熱性に配慮した樹脂製のサッシを用いた窓や、魔法瓶と同じ原理で二枚のガラスの間を真空にした高性能な窓も販売されていたりもします。

しかし、賃貸住宅などの場合、窓自体を断熱窓にするのは難しい場合もあったり、施工費が高かったりするなど、実現に向けてのハードルもなかなか高いことが問題です。
一つの窓でおよそ70,000~100,000円ほどの予算を見ておくべきでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。窓の断熱をして冬の寒さを乗り切る方法を今回はご紹介させていただきました。

断熱シートや断熱ボードは手軽にできて、効果も高いといわれています。一方で、本格的な寒さ対策であるならば、北海道や東北地方などでは常識とされている断熱ガラスの導入も視野に入れることをおすすめします。

このような寒さ対策は、電気代の節約にもつながり、毎日の生活をちょっとだけお得にしてくれたりもします。
もし、お家の寒さにお困りでしたら、一度そういった業者に相談してみるのもよいでしょう。当サイトをご活用いただきますと、そういった業者を見つけることができます。

ガラス修理・交換の依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 13,200円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!